パプアニューギニア基本情報 【気候・服装編】

6,885

views

0

「南太平洋最後の楽園」とも呼ばれる自然豊かなパプアニューギニア。青い海が広がり、ジャングルや熱帯雨林などの大自然を満喫することができます。ここではパプアニューギニアの気候や服装について紹介しましょう。

パプアニューギニアとは

南太平洋にあるニューギニア島の東半分と周辺の600の島々からなる国です。ニューギニア島は世界で2番目に大きな島で赤道のすぐ南に位置し、日本からは飛行機で約6時間半。「南太平洋最後の楽園」とも言われ、手つかずの海と美しい自然が広がる国です。

パプアニューギニアには長い歴史の中で培われた伝統文化が息づいていて、観光もとても楽しい国です。また透き通るような海はダイバーの憧れの地となっていて、一年を通じて多くのダイバーが世界中からやって来ます。

パプアニューギニアの気候

パプアニューギニアは熱帯地帯にあるため、一年を通じて暑く平均気温は30℃くらいです。一般に11月~4月の雨季と5月~10月の乾季に大別することができますが、地域によって降水量が異なります。年間降雨量は地域によって1200~9000mmと極端に差があるのが特徴です。

ソロモン湾に面するラエから アロタウの地域、ポートモレスビーは乾季と雨季が逆で4月から9月が雨季となります

気温も地域によって差があり、ポートモレスビーの年間平均気温は27℃、ハイランド地方では 夜間になると10℃近くまで冷え込むこともあります。

ポートモレスビーでは湿度が低く、あまり蒸し暑さは感じません。夜は気温が下がり快適に眠ることができます。

パプアニューギニアの服装

パプアニューギニアでは一年を通じて、半袖、半ズボンの夏服で過ごすことができます。日中は気温が高く、また紫外線も強いため注意が必要です。日焼け止めはもちろん、帽子、サングラスなどは必須。また虫よけのために長袖があるといいでしょう。

高地を訪れる予定のある人は長ズボン、長袖のシャツ、薄手のジャケット、帽子などが必要です。またジャングルには蚊が多くマラリア対策のために蚊取り線香や蚊除けスプレーがあるといいでしょう。急激なスコールに備えて、レインコートなどの雨具も必要です。また旅先では日本と同じような薬が手に入り難いので、常用の薬を用意しておくことをおすすめします。

リゾートホテルに滞在する際には、夜に少しおしゃれな服を着るとムードもアップしそうです。また、サンダル、スニーカー、ジョギングシューズでは入れないバーやレ ストランもあるのでご注意ください

最後に

パプアニューギニアには熱帯雨林やマングローブなどが広がり、大自然を体験することができます。散策や洞窟探検、登山の他、カヌーやカヤック、フィッシングなどのアクティビティのほか、世界有数のダイビングスポットも点在し有意義に過ごすことができるでしょう。

MINK

いろいろな土地の魅力をお伝えできたらと思います。よろしくお願いします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • パプアニューギニア基本情報 【気候・服装編】

    「南太平洋最後の楽園」とも呼ばれる自然豊かなパプアニューギニア。青い海が広がり、ジャングルや熱帯雨林などの大自然を満喫することができます。ここではパプアニューギニアの気候や服装について紹介しましょう。

  • パプアニューギニア旅行で人気の観光スポットおすすめ10選!...

    ダイビング、シュノーケリング、サーフィン、フィッシングでよく知られたパプアニューギニアですが、他にもオススメの観光スポットはたくさんあるんです。トレッキング、自然観察などのアウトドアアクティビティも実は人気。先住民族の伝統美術や芸能も国中にあふれています。幅広くパプアニューギニア観光を楽しんでみませんか?

  • パプアニューギニアの部族・ワンダートライブズ!バラエティ...

    飛行機の直行便を使えば東京から7時間弱で到着するパプアニューギニア。いまだに解明されていない「未開のジャングル」ともいえる深い森林を抱え「地球最後の秘境」とも言われています。800以上の部族が存在しているというパプアニューギニアの変わった風習や伝統文化も興味深いですよ。

  • パプアニューギニア基本情報 【時差・空港編】

    パプアニューギニアは「南太平洋の最後の楽園」と呼ばれる美しい島国。ダイビングのメッカとして世界中から多くの人が訪れています。本記事ではそんなパプアニューギニアの時差や空港について紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • パプアニューギニア基本情報 【治安・情勢編】

    「南大平洋の楽園」とも呼ばれるパブアニューギニアですが、残念ながら治安はあまりよくありません。訪れる際には身の回りの危険に気をつけ、安全に旅行をするよう努めましょう。ここではパブアニューギニアの治安や情勢、気をつけたいことについてまとめてみました。

  • パプアニューギニア基本情報 【時差・空港編】

    パプアニューギニアは「南太平洋の最後の楽園」と呼ばれる美しい島国。ダイビングのメッカとして世界中から多くの人が訪れています。本記事ではそんなパプアニューギニアの時差や空港について紹介しましょう。

  • パプアニューギニアの部族・ワンダートライブズ!バラエティ...

    飛行機の直行便を使えば東京から7時間弱で到着するパプアニューギニア。いまだに解明されていない「未開のジャングル」ともいえる深い森林を抱え「地球最後の秘境」とも言われています。800以上の部族が存在しているというパプアニューギニアの変わった風習や伝統文化も興味深いですよ。

  • パプアニューギニア旅行で人気の観光スポットおすすめ10選!...

    ダイビング、シュノーケリング、サーフィン、フィッシングでよく知られたパプアニューギニアですが、他にもオススメの観光スポットはたくさんあるんです。トレッキング、自然観察などのアウトドアアクティビティも実は人気。先住民族の伝統美術や芸能も国中にあふれています。幅広くパプアニューギニア観光を楽しんでみませんか?

新着記事