バーレーン基本情報【交通手段編】

1,436

views

0

バーレーン王国は中東のアラビア湾のほぼ中央に浮かぶ島国。古くから貿易の中継地点として栄え、世界遺産などの観光名所があります。2004年からはモータースポーツの最高峰F1グランプリが開催され、多くの観光客が訪れるようになりました。そこで今回はバーレーンで移動する際の交通手段についてご紹介します。

バーレーンでの移動手段

島国バーレーンでは、主な交通手段はバスとタクシーとレンタカー。主な島は橋で結ばれています。現在は全長25キロのキング・ファハド・コーズウェイの開通により隣国のサウジアラビアとの間を約1時間で行き来することが可能です。

バーレーンはイスラム圏の国の中では戒律が緩やかで、アルコールがOKの国。週末にはサウジアラビアやクウェートから多くの観光客が訪れ、橋が車で渋滞することも。

バスの場合

首都マナマ市内を走る公共のバスは運行路線が限られており、本数も少なく、運行時間も不規則です。バーレーン国内の移動には主要都市を結ぶ長距離バスが運行しています。また、F1グランプリの期間中はホテルやショッピングモールから無料シャトルバスがサーキットまで運行しているので、観戦する場合にはこちらの利用がおすすめ。

バーレーン空港に到着してマナマ市内のホテルへ移動する場合には、多くのホテルで宿泊客専用の送迎バスが運行しています。詳細は旅行会社、または宿泊先のホテルに事前に確認しておきましょう。
マナマ市内からバスでムハラクにある空港に向かう場合には、直接空港に行くバスがないため、途中ムハラクのバスターミナルで乗り換えます。空港行きはLine1のバスで所要時間は20分ほど。

タクシーの場合

タクシーを利用する場合には、ホテルで呼んでもらいましょう。ただし、夜の22時から朝の6時までのホテルや空港への送迎は追加料金がかかります。また、客待ちタクシーの中には外国人に対して料金メーターを使用しないで高額な運賃を請求する、いわゆる「ぼったくり」タクシーがいます。特に大通りやタクシー乗り場にいるタクシーに乗車する場合にはメーター使用の有無や料金の確認をしましょう。

レンタカーの場合

レンタカーも移動に便利で、バーレーン空港にはレンタカー会社が入っています。レンタカーを利用したい場合は、空港内にあるレンタカー会社に申し込みましょう。また、事前にネット予約も可能。カウンターで手続きをして、空港ビルの外で車を受け取るシステムで、申込時に運転免許書の提示が必要です。

ガソリンの値段も安く、交通標識はアラビア語だけではなく、英語表記も。
郊外へ観光で利用する場合、目的地に到着したらまずは駐車場を探しましょう。有料の駐車場の標識には英語で使用方法が記載されています。

最後に

バーレーンでの交通手段についてご紹介しました。利用する前に行き先、料金等はしっかり確認することが必要です。事前予約ができるものは行く前にしておいた方が安心ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 中東の島国バーレーンの見どころ7選!世界遺産などの観光名所...

    日本から見ると馴染みが薄いながら、中東のイスラム国としては比較的自由な国、バーレーン。近年はF1も開催され、さらに金融センターを目指して外国資本が多数進出していて、観光にも力を入れている中東の島国の見どころを紹介しましょう。

  • バーレーン基本情報【気候・服装編】

    中東のバーレーン王国は、約30以上の島々で構成されている島国。日本ではあまりなじみのない国でしたが、最近ではサッカーやF1グランプリなどのスポーツイベントで国の名前を聞いたことがある方も多いでしょう。そこで訪問時の参考に、バーレーンの気候や現地での服装についてご紹介したいと思います。

  • バーレーン基本情報【交通手段編】

    バーレーン王国は中東のアラビア湾のほぼ中央に浮かぶ島国。古くから貿易の中継地点として栄え、世界遺産などの観光名所があります。2004年からはモータースポーツの最高峰F1グランプリが開催され、多くの観光客が訪れるようになりました。そこで今回はバーレーンで移動する際の交通手段についてご紹介します。

  • バーレーン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    イスラム教の国バーレーンの祝日は、イスラムの暦に従って定められています。日本ではあまり知られていない行事も催されています。ぜひ地元の人と一緒に楽しんでみてください。本記事ではバーレーンの祝祭日、イベント、ビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • バーレーン基本情報 【治安・情勢編】

    バーレーンは湾岸諸国の中でも外国人に寛容な治安の良い国と言われています。本記事ではそんなバーレーンの治安と注意点をまとめてみました。ルールを守って楽しい旅にしてください!

このエリアの新着記事
  • バーレーン基本情報【気候・服装編】

    中東のバーレーン王国は、約30以上の島々で構成されている島国。日本ではあまりなじみのない国でしたが、最近ではサッカーやF1グランプリなどのスポーツイベントで国の名前を聞いたことがある方も多いでしょう。そこで訪問時の参考に、バーレーンの気候や現地での服装についてご紹介したいと思います。

  • バーレーン基本情報 【時差・空港編】

    バーレーンは中東にある島国です。治安もよく、周辺諸国からは多くの観光客が訪れます。ここではそんなバーレーンの時差やバーレーン国際空港について紹介しましょう。

  • バーレーン基本情報 【治安・情勢編】

    バーレーンは湾岸諸国の中でも外国人に寛容な治安の良い国と言われています。本記事ではそんなバーレーンの治安と注意点をまとめてみました。ルールを守って楽しい旅にしてください!

  • バーレーン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    イスラム教の国バーレーンの祝日は、イスラムの暦に従って定められています。日本ではあまり知られていない行事も催されています。ぜひ地元の人と一緒に楽しんでみてください。本記事ではバーレーンの祝祭日、イベント、ビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • 中東の島国バーレーンの見どころ7選!世界遺産などの観光名所...

    日本から見ると馴染みが薄いながら、中東のイスラム国としては比較的自由な国、バーレーン。近年はF1も開催され、さらに金融センターを目指して外国資本が多数進出していて、観光にも力を入れている中東の島国の見どころを紹介しましょう。

この記事のキーワード