阿寒湖の人気観光スポット15選!北海道の絶景を満喫!

4,035

views

0

阿寒湖は北海道の人気観光地のひとつです。阿寒湖は釧路市にあり、北海道では5番目に大きい淡水湖。周辺は阿寒摩周国立公園となっていて、豊かな自然を楽しむことができます。ここでは阿寒湖や阿寒湖周辺の人気観光スポットを紹介しましょう。

1. 阿寒湖温泉

阿寒湖畔の南側に湧きでた温泉「阿寒湖温泉」。国道241号線から1本湖よりにある通りに沿って旅館、お土産店、飲食店などが並んでいて、昔ながらの温泉街という風情をみせています。ほとんどの旅館が阿寒湖に面しているので、お部屋から湖の風景を楽しむことができます。露天風呂からも四季折々の美しい風景を見ることができ、温泉が好きな人にはぜひ訪れてほしい場所です。

また、日帰り入浴を行っている旅館も多く、観光の途中に立ち寄ることもできます。阿寒湖を訪れた際には、温泉も楽しんでください。

阿寒湖温泉の泉質は単純泉、硫黄泉で、体がポカポカと温まると好評です。温泉街の西のはずれに観光用のアイヌ部落「アイヌコタン」があり、イヌの民族舞踊などが楽しめます。阿寒湖の湖畔には観光スポットも多く、温泉宿に泊まっていろいろな場所を訪れることができます。また、ウトロ、摩周湖、旭山動物園、富良野などの観光スポットにも近く、北海道の自然を満喫することもできます。

落ち着いた大人の宿やファミリーで楽しめるホテルなど、いろいろなタイプの旅館やホテルが揃っているので、お好みに合わせて選んでくださいね。

阿寒湖温泉
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
アクセス :
釧路駅からバスで120分

2.阿寒湖アイヌコタン

「阿寒湖アイヌコタン」は阿寒湖温泉郷にあるアイヌ文化を楽しむことができる施設です。シアターではアイヌ古式舞踊や人形劇などを観劇することができ、また民芸品やお土産店、アイヌ料理を楽しめる飲食店なども並んでいます。阿寒温泉郷の人気観光スポットです。

アイヌ古式舞踊は、国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統的な踊りです。昔からアイヌの人々は歌や踊によって喜びや悲しみを表現して来ました。また、祖先や神々に対して敬意や感謝を表す表現でもあったと言われています。独特な唄と掛け声に合わせて踊る、アイヌ舞踊をお楽しみください。

「イオマンテの火まつり」は心静かに祈り、炎のように歌い舞う幻想的な舞台です。春、夏、秋の3つのバージョンがあり、上演される期間が限られているのでホームページでご確認ください。

「アイヌ生活記念館」は、古い時代のアイヌ民家を再現しています。生活用具や衣服などアイヌ民族の文化や歴史を学ぶことができる貴重な資料館です。明治以降の同化政策により、アイヌ文化も失われつつありますが、自然や伝統に根差した深いアイヌ文化をぜひ学んでみてください。そのほか、工芸木彫り体験や刺繍体験など、アイヌ文化に触れられる体験も用意されています。

阿寒湖アイヌコタン
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-/-19
電話番号:
0154-67-2727
アクセス :
釧路駅からバスで130分

3. あいすランド阿寒

「あいすランド阿寒」は阿寒湖で冬のレジャーを楽しめる観光スポットです。結氷した阿寒湖の上ならではの遊びを満喫できる冬限定のレジャーランドとして、阿寒湖を訪れる観光客に人気を呼んでいます。スノーモービル、バナナボート、ワカサギ釣りなど冬ならではのレジャーをたっぷりとお楽しみください。

スノーモービルはオートマチックなので、初めての人でも安心して運転できます。所要時間は2,000mコースで平均5分ほど。雄大な阿寒湖の氷上を疾走するのはとても気持ちがいいですよ!

バナナボートは、小さな子供から大人まで楽しめるアトラクションです。コーナーでは左右に揺れ、スリリングな体験をすることもできます。四輪バギーは小学生から楽しめる乗り物です。スノーモービルとはひと味違った体験をすることができます。小学生以下の子供は大人と一緒に乗って、湖上を走ることができます。

そのほか、冬ならではの湖上を歩くスキー、アイススケート、天然わかさぎ釣りなどのアトラクションも楽しめます。凍結した阿寒湖は冬ならではの美しさ。大自然の中で思いっきり楽しんでみてください!

あいすランド阿寒
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖上
電話番号:
0154-67-2057
営業:
1月上旬~3月下旬
アクセス :
釧路駅からバスで120分

4. 雌阿寒岳

雌阿寒岳(めあかんだけ)は、阿寒湖畔に南西にある阿寒山群の主峰で、標高は1,499m。古くはアイヌ語で「マチネシリ」と呼ばれていました。日本百名山にも選定されている美しい山です。登山道は3コースあり、阿寒温泉コース(往復約4時間10分)とオンネトーコース(往復4時間50分)が一般的です。途中、高山植物を多く観察することができ、頂上からは火山特有の壮大な風景を望むことができます。

少し離れて雄阿寒岳(1,371m)があり、いずれも火山です。雄阿寒岳と阿寒富士は静かですが、雌阿寒岳は現在もさかんに活動していて小規模な噴火を繰り返しています。

最近では2006年3月21日に小規模噴火を起こしています。登山道は北海道の山の中では比較的整備されていて、コースからの眺望も良好です。家族連れや初心者もチャレンジすることができます。ただし活火山のため登山が制限される場合があるので注意が必要です。また夏場でも悪天候や落雷には十分注意をしてください。

なお、ポンマチネシリ火口周辺は今も火山活動が起こっていて、火口周辺では火山ガスや火山灰噴出に注意してください。登山の際には最新の情報を入手するようにしましょう。

雌阿寒岳
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
アクセス :
釧路駅からバスで130分

5. 阿寒湖畔エコミュージアムセンター

「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」は阿寒摩周国立公園阿寒地域の自然環境や特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」を展示している施設です。木の温もりが溢れる開放的な空間には5つのサロンが設置され、さまざまな展示を見ることができます。

樹木の標本や巨大なタペストリーや魚の水槽などは子供たちも楽しめることでしょう。また、ミニシアターでは阿寒湖周辺の大自然が紹介され、子供から大人まで楽しむことができます。特に、不定期で開催される無料のミニ講義は人気を呼んでいます。

データベースサロンでは、端末で阿寒地域で見られる哺乳類、鳥類、植物等を検索することができます。雌阿寒岳や雄阿寒岳の登山ルートやボッケなどの自然探勝路ルートも検索できるので、これらの地域を訪れる予定の人はぜひ、情報を入手してみてください。

阿寒湖畔エコミュージアムセンター裏の森に面して「憩いのサロン」が作られています。暖炉と動物の木彫りがあるゆったとしたスペースで、ここでお弁当を広げてゆっくりと昼食を楽しむこともできます。

阿寒湖畔エコミュージアムセンター
住所:
海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目1番1号
電話番号:
0154-67-4100
アクセス :
阿寒湖バスセンターから徒歩で10分

6. 阿寒国際ツルセンター

「阿寒国際ツルセンター」は絶滅の危機にあるタンチョウツルの保護や情報発信を目的とする研究施設です。資料や映像を展示する解説コーナーが併設されているほか、人工給餌を行う観察センターも隣接しています。

阿寒町は特別天然記念物 タンチョウの越冬地で、昔からタンチョウの保護活動が行われていました。1996年には「阿寒国際ツルセンター」が設立され、本格的に研究や保護を行っています。1階の展示コーナーでは、パネルや映像などを使って、タンチョウの生態や人とのかかわりなどを紹介しています。

タンチョウは白の身体に頭の先の赤いアクセント、黒い羽をもつ優雅な姿をしています。北海道東の湿原地帯を主な生息地にしていて、冬の湿原に舞い降りる姿はとても美しいもの。翼を広げると2m40cmほどの大きさになる大きな鳥で、冬に繁殖期を前にして求愛のダンスを踊る様子は、一度は見てみたい光景です。

江戸時代には北海道全域に生息していましたが、乱獲によって激減し、一時は絶滅したかと思われたほどでした。阿寒湖畔では、地元の人が餌付けをするなど、保護に努めています。

阿寒国際ツルセンター
住所:
北海道釧路市阿寒町上阿寒23-40
電話番号:
0154-66-4011
アクセス :
JR釧路駅より車で約42分

7. 阿寒湖遊覧船

阿寒湖を訪れたらぜひとも楽しみたいもののひとつが「阿寒湖遊覧船」です。阿寒湖観光汽船では、阿寒湖を巡る遊覧船を運航していて、4月中旬から11月末まで阿寒湖の観光を楽しむことができます。5月からは早朝の6時から運航されていて、朝日が昇る阿寒湖を楽しむこともできます。

遊覧船1周コースは所用時間85分。マリモ展示観察センターと景勝地瀧口を巡る阿寒湖の周遊コースとなります。途中、雄阿寒岳や雌阿寒岳など、阿寒湖畔の山々なども見ることができます。

阿寒湖遊覧船が運航する「阿寒湖マリモクルーズ」は、朝6時から17時まで1時間おきに就航。景勝地「滝口」をめぐり、その後はチュウルイ島に上陸し「マリモ観察展示センター」でマリモを観察することもできます。マリモの姿や生態を知る貴重な機会。ぜひ家族で楽しんでください。

湖に浮かぶ大島や小島、滝口などの景観を湖上から楽しむこともでき、阿寒湖の人気観光スポットとなっています。ゆったりと湖を周回する船の上で非日常を体験することができますよ!阿寒湖に来たらぜひ乗船してみてくださいね。

阿寒湖遊覧船
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
電話番号:
0154-67-2511

8. ボッケ(泥火山)

阿寒湖畔エコミュージアムセンター裏から続く「ボッケ自然探勝路」を15分ほど歩くと、「ボッケ」と呼ばれる泥火山があります。ボッケとはアイヌ語で「煮え立つ」という意味のポフケが訛ったもの。火山の地熱により100℃を超える熱泥と水が、火山ガスとともに、絶えず地表に噴出しているたいへん珍しいスポットです。

あちらこちらで「ポコ、ポコ」と音を立てている泥火山を間近にできる神秘的なスポット!地中のエネルギーを間近で感じることでしょう。近くの土は、地熱によってとても熱くなっているので、むやみに触らないようにしてくださいね。

この「ボッケ」がある「ボッケ自然探勝路」は、別名「ボッケの森」とも呼ばれています。阿寒温泉街から歩いて15分ほどのところにあり、30分から1時間ほどで周ることのできる約1.5㎞の散策路で、女性一人でも安心して歩くことができます。樹齢数100年以上と思われるカツラの巨木や多種多様の植物を観察することができます。

温泉街のホテルが見えてくるとゴールが近く、最後は阿寒湖温泉郷で足湯を楽しむこともできます。わずか1.5㎞の自然探勝路のですが、いろいろな見どころが詰まっているので、ぜひ歩いてみてください。

ボッケ(泥火山)
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
アクセス :
釧路駅からバスで130分

9. 雄阿寒岳

「雄阿寒岳(おあかんだけ)」は阿寒湖の東側にそびえる標高約1,370mの山です。円錐形の秀麗な姿をしていて、アイヌ語で「男性の山」と呼ばれています。滝口から登山道が整備されていて、途中、「太郎湖」と「次郎湖」を通り、山頂に到達することができます。頂上からは「ペンケトー」や「パンケトー」、そして広大な阿寒摩周国立公園を一望することができます。

雄阿寒岳は4合目付近まで針広混交林(針葉樹と広葉樹が混ざった森)の森となっています。5合目付近からハイマツ帯となり雌阿寒岳と阿寒湖を眺めることができます。

雄阿寒岳の山頂付近は岩場で狭くなっているので、大勢での登山の場合は8合目を集合場所とするのがよいでしょう。雄阿寒岳は、山頂までの往復の所要時間は約6時間程度です。登山の際は装備を整え、十分な時間的余裕をもって行ってください。

雄阿寒岳は5合目までの登りが急こう配続きで厳しく、雌阿寒岳に比べて登山者数が少なくなっています。9月末には山頭部では紅葉も始まり、見事な紅葉を見ながら登山を楽しむこともできます。足に自信のある人はぜひチャレンジしてみてください。

雄阿寒岳
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
電話番号:
0154-67-3200
アクセス :
釧路駅からバスで130分

10. 双岳台・双湖台

「双岳台」は 阿寒湖畔と弟子屈町を結ぶ阿寒横断道路(国道241号)の途中にある展望スポットです。ルート途中の最高地点(標高750m)に位置しています。道路脇に駐車スペースがあり、車を停めて阿寒岳と雌阿寒岳をともに眺望できます。この2つの山は「阿寒の夫婦山」とも呼ばれているもので、仲良く2つ並んでいる姿を見てみたいものですね。このルートでは自然豊かなワインディングロード・ドライブも楽しめますよ。最近ではあまり立ち止まらない人も多いそうですが、阿寒横断道路屈指の絶景ポイントになっているので、ぜひ車を停めて風景を眺めてみてください。

「双岳台」に似た名前のスポットで、「双湖台」というのがあります。こちらも阿寒湖畔と弟子屈町を結ぶ阿寒横断道路(国道241号)の展望所で、「双岳台」から約3キロ離れた場所にあります。深い森の中に青い水をたたえた2つの湖を見ることができ、左上に見えるのがパンケトーで、それに対し上流部にあり右下に見える北海道のような形をした湖がペンケトーとなっています。

「双岳台」、「双湖台」とも絶景ポイントとして知られています。ドライブの途中にぜひ立ち止まって、阿寒湖の風景を楽しんでください。

双岳台・双湖台
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖畔双岳台・双湖台
電話番号:
0154-67-2505
アクセス :
JR釧路駅より車で約100分、阿寒横断道路(国道241号)

11. 阿寒ネイチャーセンター

「阿寒ネイチャーセンター」は阿寒湖を中心に道東でのカヌーツアー、阿寒、オンネトー周辺のトレッキング、自然観察、スノーシューツアーを行っています。阿寒湖の大自然を満喫できるアクティビティ―が満載なので、阿寒湖を訪れた際にはぜひ参加してみてください。

1月6日~3月31日はウィンタープログラムとなっています。この期間は、「スノーシューで行く阿寒川ナイトツアー」や阿寒湖氷上散策など、冬ならではのアクティビティを行っています。準備を万端に整え、阿寒湖の冬を満喫してくださいね!

夏のアクティビティは5月1日~10月31日となります。この季節は、阿寒湖カナディアンカヌーがおすすめ。阿寒湖の自然満喫できる本格的なコースから初心者向けの体験コースまで、さまざまなコースが揃っています。大人気のアドベンチャーコースは、約2時間。2人乗りのカナディアンカヌーを自分たちで漕いで、阿寒湖の魅力を体験できます。3歳以上から参加できるので、家族で楽しむこともできますね。

半日かけてオンネトーの周囲を散策する満喫コースや、前田一歩園財団所有林を認定ガイドと歩くコース、阿寒スターウォッチング、阿寒湖ナイトカヌーなども行っています。

阿寒ネイチャーセンター
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉5-3-3
営業:
5月1日~10月31日
アクセス :
阿寒湖温泉各ホテルより 徒歩1分~15分

12. マリモ展示観察センター

「マリモ展示観察センター」は阿寒湖のほどにあるチュウルイ島にあります。ここへは阿寒湖遊覧船が運航する周遊船に乗って訪れることができます。散策時間は約15分ほどですが、ゆっくりとマリモを観察することができます。

マリモ展示観察センターには、湖底に生息するマリモの環境を再現した水槽があり、いくつものマリモを見ることができます。深緑の球体をしたマリモはとても美しく、神秘的。マリモの一生を5段階に分け、それぞれを小型水槽に展示しているコーナーもあります。マリモが好きな人にはぜひ訪れてほしいスポットです。

「波動水槽」では丸く形成されるマリモの様子を見ることもできます。マリモはたくさんの小さな糸状の藻がからまりあって球体を作っています。国の特別天然記念物となっていて、大きなものは径25cmにもなるそうです。以前は世界各地で確認されていましたが、その数は激減し、球体のマリモは今では阿寒湖でしか見ることができないそうです。この美しい姿がいつまでも残るといいですね。

マリモ展示観察センターがあるチュウルイ島は周囲360mという小さな島です。ここから見る雄阿寒岳や雌阿寒岳などの風景は絶景!ぜひこちらも楽しんでください。

マリモ展示観察センター
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉(チュウルイ島)
アクセス :
阿寒湖バスセンターから徒歩で10分 船で85分

13. 国設阿寒湖畔スキー場

「国設阿寒湖畔スキー場」は阿寒町にあるスキー場です。雄阿寒岳や阿寒湖の雄大な景色を望むゲレンデで、初心者から上級者まで楽しめるスキー場です。上級者コースから、初・中級者コースがあるほか、ボードパークやキッズパークもあります。上級コースのライトウィングは1,200m。平均斜度は16度、最大傾斜は26度です。初・中級コースのレフトウィングは900m。平均斜度は11度、最大傾斜は20度です。

レストハウス前には、子供たちが安心してそり遊びができるキッズパークが作られています。

レストハウスにはレストランがあり、人気の豚丼・チャーハンを始め、ラーメンやカレーなどボリュームタップりのメニューが揃っています。また、たけし食堂(カフェ)は店主自身がその日の朝に打つ手打ちそばが自慢!月・木曜日のみの「ぶっかけそば」は大好評!「いもだんご」やクレープも人気です。

スキー・スノーボードレンタル、ロッカーも完備。またスキー学校もありキー・スノーボード級別テスト、ジュニア講習検定会、エキスパート特別レッスン、テクニカルプライズテストなども行っています。阿寒湖周辺の大自然を楽しみながら冬の山も満喫してくださいね!

国設阿寒湖畔スキー場
住所:
北海道釧路市阿寒町シュリコマベツ4-4
電話番号:
0154-67-2881
アクセス :
釧路空港より車で約64分

14. 太郎湖・次郎湖

「太郎湖・次郎湖」は雄阿寒岳の裾野にひっそりと佇む秘湖として知られています。阿寒湖の東側にあり、周囲100m程度の小さな湖です。雄阿寒岳登山道の途中にあり、車で行くことはできません。雄阿寒岳登山道入口から登山道を10分ほど登ると太郎湖があり、さらに10分ほど登ると次郎湖があります。

周辺はクマの出没地域なので、訪れる際にはクマよけを持参するといいでしょう。また、地元のツアーガイド「阿寒湖ウォーカーズ」が、太郎湖&次郎湖ほか、阿寒湖周辺の大自然をガイドツアーで案内してくれるので、参加するのもおすすめです。

湖は、冬でも結氷しないほどの水量が大きな流れを保っていて、神秘的な雰囲気。岩の間から湧き出る水が、辺り一帯を力強い水音で癒しています。夏のウォーキングも楽しいのですが、冬にはスノーシューを履いてウォーキングができます。高低差があまりないので、年齢を問わず楽しむことができますよ。

また冬の次郎湖の対岸は、冬のスノーシュートレッキングでしか足を踏み入れることのできないスポット。この機会にぜひ、冬の阿寒湖周辺を散策してみてはいかがでしょうか。

太郎湖・次郎湖
住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
電話番号:
0154-67-3200
アクセス :
阿寒湖温泉から車で約5分

15. オンネトー

オンネトーは阿寒国立公園内にある湖で、アイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」という意味です。見る角度や天候によって湖水の色が美しく変化するという神秘的な湖で、パワースポットとしても有名です。オンネトーは、周囲約2.5kmの小さな湖ですが、澄んだ青、エメラルドグリーン、ダークブルーに色が変わることから、別名「五色沼」とも呼ばれています。

色が変化する理由はよくわかっていませんが、活火山である雌阿寒岳由来の水も流入しているため、ミネラルが多く含まれていて、太陽の照射によって色が変化すると考えられています。

夏の美しさもよく知られているオントネーですが、冬の風景も絶景!11月下旬から12月初旬にかけて結氷が始まり、龍神と呼ばれる白いラインを見せることがあります。エメラルドの氷に白いラインが映える光景は、一度は見てみたい絶景!このような色の組み合わせで結氷する湖は日本ではここだけと言われています。初冬の短い期間だけなのですが、ぜひ訪れてみてください。

完全に結氷した後の風景も素晴らしいものがあります。結氷中に雪が降った場合は、すばらしい冬景色を見ることができます。

オンネトー
住所:
北海道足寄郡足寄町茂足寄
電話番号:
0156-25-2141
旧足寄駅から車で60分

最後に

阿寒湖の観光スポットを紹介しましたがいかがでしたか?阿寒湖の周囲には魅力的な観光スポットが多く、豊かな自然を楽しむことができます。ぜひ訪れてみてくださいね!

北海道のおすすめ記事はこちら

MINK

いろいろな土地の魅力をお伝えできたらと思います。よろしくお願いします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード