ヨーロッパの情緒香るハノイでの一人旅におすすめスポット15選!!

311

views

0

ベトナムのハノイと言えば教会や旧市街などヨーロッパの街並みがあり、イギリスに統治されていた時代の名残と東南アジアらしいベトナムの歴史が融合した街並みが印象的な場所です。そんなベトナムの一人旅にもおすすめなスポットを一挙にご紹介していきたいと思います!

ホアンキエム湖

ハノイの街の中心に位置する「ホアンキエム湖」。昔からハノイでは伝説の大亀が棲んでいたと言わているハノイの有名な湖です。朝にはランニングをする人や体操をする人、昼にはのんびりと本を読んだりお話をしたり、夜になると若者たちのデートスポットとなり、朝から晩まで地元ハノイの人々の憩いの場となっています。2014年にオープンしたベトナムの伝統料理が楽しめる「カウゴー」というレストランでは、ホアンキエム湖を一望することができます。5階と6階にあるレストランですが、おすすめは6階のテラス席です。夜になるとロマンチックな夜景を眺めることができます。

カウゴー
住所:
No 1/3/5/7 Dinh Tien Hoang Street, Hoan Kiem District, Hanoi
営業時間:
10:00~23:00
電話番号:
(04)-3926-0808
アクセス:
ハノイ大教会から徒歩10分
定休日:
なし

湖の真ん中に小さな島が浮かんでおり、赤い橋を渡って行くことができるそうです。その橋の入り口にはとても立派な門があり、龍や虎の絵が描かれています。橋の先にある「玉山祠」は入場料大人20000ドン/子供10000ドンとなっています。この中には伝説の巨大な亀の剥製が置かれており、実物を目にすることができます。1周1.8kmのホアンキエム湖の周りには様々な石造りの像や塔が建てられています。ぐるりとお散歩をするだけでもいろいろな発見ができますのでおすすめです。

ホアンキエム湖
住所:
Dinh Tien Hoang, Quan Hoan Kiem, Ha Noi
営業時間:
4~9月 7:00 10~3月 7:30 ~18:00
電話番号:
(04)-3825-5289
アクセス:
ハノイ大教会 徒歩10分
定休日 :
なし
休業日 旧暦12/30

ハノイ大教会

ハノイ最古の大教会となる「ハノイ大教会」は、高さは約31メートルもあり、左右には二つの鐘塔が天へと伸びています。11世紀頃からフランスに統治されていたこともあるためかノートルダム大聖堂と思わせるような作りをしており、ハノイのシンボル的な教会です。正式には「セント ジョセフ教会」と呼ばれる教会ですが、地元ハノイの方々は皆ハノイ大教会と呼んでいるそうです。ハノイでは所々に西洋風な街並みが見受けられ、有名な観光スポットとして旧市街などがあります。定期的にミサが行われていますが、そのミサが行われていない時は扉が開かれているので中を見ることができます。

入り口の横には聖母マリアが子供であるイエスキリストを抱いた像が建てられており、ハノイ大教会の中は外観の歴史あるネオゴシックな見た目と裏腹にとても洗練された空気感が伝わってきます。天井の高い作りと白く清潔感のある正面、両サイドから差し込む光がとても神秘的な空間を作り上げます。その、差し込む光の窓には、ヨーロッパの教会らしくステンドグラスが施されています。色鮮やかなステンドグラスは息をのむほどの美しさで、ベトナムハノイにいることを忘れてしまいそうになってしまいます。ベトナム戦争など、歴史的に様々なことが起こっていたベトナムの歴史を踏まえながら見てみると何か違ったものが見つけられるかもしれません。

ハノイ大教会
住所:
No.40 Nha Chung St., Hoan Kiem Dist, Hanoi city
電話番号:
(04)-3828-5967
アクセス:
ホアンキエム湖から徒歩5分
定休日:
なし(12:00~14:00閉門)

フィヴィ・マート

海外旅行に行くと地元のスーパーマーケットに行ってみたくなりませんか?そんな方におすすめなのがベトナムのチェーン展開している大型スーパーマーケット「フィヴィ・マート」です。ベトナムのお菓子や調味料などバラマキ用のお土産などを購入するのにはとても便利なところです。手頃なお値段で手に入れることができ、現地の食べ物や生活用品などが見られるのも楽しいですよね。ベトナムのバラマキ用のお土産として人気なのが、世界有数のコショウです。いろいろな風味のコショウがあり、レモンペッパーなど日本でも使いやすいものはお土産として人気です。また、ベトナム名物のフォーなどもインスタント化されて売られています。

最近では日本のイオンと提携しました。日本食を少し置いてあるそうなのでベトナムの味に飽きた時などにも使えるスーパーです。ハノイの市内に数店舗ありますが、ホアンキムエ湖のほど近くに店舗を構えていますので、観光客にはそちらが一番便利な店舗ではないでしょうか。そして、ベトナムのスーパーマーケットでは必ず、入店前に財布以外のお荷物をロッカーに預けるというのがルールですので気を付けてください。お帰りの際にも荷物を受け取ることを忘れないようにしましょう。

フィヴィ・マート
住所:
27A Ly Thai To, Hanoi
営業時間:
8:30~21:00
アクセス:
オペラハウス(ハノイ劇場)から徒歩約10分
定休日:
旧正月

ロンビエン橋

1902年に完成した紅河に架かる長さ1700mの鉄橋「ロンビエン橋」は、中央に鉄道が走る線路、そしてなんと左右にバイク専用道と歩道が設けられています。自動車の通行は禁止されていますがちょっぴりスリリングな橋です。ベトナム戦争当時、この橋はターゲットとされ幾度となく爆撃にやられていたそうですがその度修復され、今日までハノイの架け橋となっている一番古い橋です。お隣に架かっているチュオンズオン橋では自動車も通行可能となっており、夜になるとライトアップをするのでこちらのロンビエン橋からその姿を見ることができます。

夕暮れ時には美しい紅河を一望でき、その後のライトアップされたチュオンズオン橋のイルミネーションはロマンチックな光景でしょう。橋の手すり部分にはカップル達によって刻まれた名前がズラリと並んでいます。イルミネーションを見にきたカップル達がこの困難を乗り越え、決して落ちることのない橋に自分達の将来を重ねているのでしょう。ロンビエン駅からすぐの場所にあり、周りにはロンビエン市場やドンスアン市場など活気のある市場もありますので市場へお土産を買いに行かれた際などに足を運んでみるとよさそうです。歴史の重みを感じられるロンビエン橋。一度その目で確かめてみてください。

ロンビエン橋
住所:
Cau Long Bien, Hanoi
営業時間:
0:00~24:00
アクセス:
ロンビエン駅から徒歩7分
定休日:
なし

旧市街

フランスの植民地だった歴史を持つベトナム、そんなベトナムのハノイにも「旧市街」と呼ばれるハノイの古き良き街並みが見られるエリアがあります。ここでは、現地ハノイの人達向けのお店と観光客向けのお店が入り混じりどちらの雰囲気も楽しむことができます。このエリアでは東南アジアらしく、値段があるようでないので交渉が必須です。言語がわからなくても身振り手振りで「あちらの方が安かった!」と言う主張をするなど、東南アジアならではの交渉をしてみてください。ハノイの中心であるホアンキエム湖から徒歩で行ける距離ですので、ゆっくりと見て回ると裏路地などにも小さなお店があるので新しい発見があり面白いです。

このエリアは別名「ハノイ36通り」とも呼ばれており、当時この一帯は36の組合によって成り立っていたそうです。それぞれ組合ごとに売られている商品が違い、お互いに支え合っていたそうです。今ではたくさんのお店が連なるようになり、観光客にとってお土産になりそうな雑貨屋さんやおしゃれなカフェなどもありますので、ゆっくり散策しながらカフェでお茶してもいいですね。歴史ある旧市街で、現地の方々の暮らしを覗きながらステキなお土産を探してみましょう。

旧市街
住所:
Quan Hoan Kiem, Ha Noi
営業時間:
0:00~24:00
アクセス:
ホアンキエム湖から徒歩5分
定休日:
店による

ドンスアン市場

ハノイにある市場で一番大きな市場が「ドンスアン市場」です。世界でも珍しい3階建になっている市場の中は、1階には食料品や日用雑貨、2階と3階には衣料品やアクセサリーなどがそれぞれ販売されています。地元のハノイ人達が多く集まる場所として知られている市場ですが、最近ではお土産なども扱うお店ができたため、観光客にも人気のスポットとなっています。ベトナムはとても物価が安く、可愛い服やバッグなども見つかることもありますので女の子達にも人気のショッピングスポットです。女性が一番美しくなれる民族衣装としても知られているベトナムのアオザイもあるので、お土産にもいいです。

金曜を含めた週末の夜にはナイトマーケットも行われています。約300mもの長さに数百店ものお店が連なっているとも言われ、ハノイの人気ナイトスポットとなっています。ピンク色のネオンな看板の入り口と、オレンジ色に統一されたテントが目印で、普段は車やバイクの行き交う通りが週末にはこのようにナイトマーケットへ様変わりします。こちらも地元の方から観光客までたくさんの人達で賑わいを見せます。このナイトマーケットにはハノイのB級屋台グルメからアクセサリーなどの雑貨類まで様々あり、見ているだけでも楽しいです。ナイトマーケットの近くにはバーエリアもありますのでナイトマーケットの後に寄ってみるのもいいですね。

ドンスアン市場
住所:
Cho Dong Xuan, Hanoi
営業時間:
7:00~18:00
電話番号:
(04)97-584-55-86
アクセス:
ホアンキエム湖から徒歩1分
定休日:
市場は年中無休
ナイトマーケットは月~木(19:
00~24:00)

安南パーラー

ハノイ名物フルーツチェーが食べられることで人気の「安南パーラー」は、ハノイの人気エリア旧市街にお店を構え地元の人、観光客問わずたくさんの方で賑わうカフェです。安南パーラーではフルーツチェーを「ホアクアザム」と呼んでおり一番の人気メニューとなっています。この、チェーというのは、フルーツや豆などを煮た甘いデザート全般を言って、日本で言う「あんみつ」のようなものをいいます。お店によっても様々なチェーがあり、時には温かいチェーもあるそうです。安南パーラーのホアクアザムは、ココナッツミルクの中にキウイにマンゴー、スイカなどのカラフルなフルーツと黒いゼリーの入ったもので甘さが程よくとても美味しいです。

また、こちらでは日本語でメニューが記載されていたり、日本人のスタッフがいたりするため安心して注文が出来るのも嬉しいところです。他にもこちらの名物である「ベトナムプリン」は、日本のプリンと違いコーヒー味のカラメルです。そして、ミルクの代わりにコンデンスミルクを使うので甘さと濃厚さが絶品です。またアイスを乗せて食べると溶けたアイスと濃厚なプリンが絡まり美味しさがさらに増しておすすめです。ほかにも「バインミー」で作ったラスクも人気のお土産ですので買って帰るのもいいでしょう。

安南パーラー
住所:
24 Hang Vai St., Hoan Kiem Dist., Hanoi,
営業時間:
9:00~19:00
電話番号:
(04)24-3266-8096
アクセス:
ドンスアン市場から徒歩5分
定休日:
なし

バッチャン村

ハノイの中心地からアクセスもしやすい「バッチャン村」、この村と言えばベトナムを代表する陶器・バッチャン焼きを生産している村としても有名です。このバッチャン焼きの手描きで描かれる模様は、同じものは作れないと言われています。世界で一つだけのバッチャン焼きを手に入れることができ、ハノイのお土産としてもとても人気です。生産場所として人気のバッチャン村では、その焼き方や描き方、焼き終わったあとの種類豊富なバッチャンを見ることができ、さらにここで直接購入することもできます。お値段もリーズナブルで、お気に入りの陶器が見つけられるでしょう。

殆どの日本人観光客は、バッチャン村へツアーを利用して行くことが多いですが、個人で行くこともとても簡単です。個人で行けば時間の縛りもなく自分ペースで見ることができるのでおすすめです。ハノイの「ロンビエンバスターミナル」というところから路線バス47番で約40分、乗り換えもなく終点がバッチャン村ですので降り間違えることなく行くことができます。タクシーなどをチャーターして行くことも可能なので、上級者の方はチャーターして他のおすすめスポットなどを紹介してもらい回ってみるのも良さそうです。

バッチャン村
アクセス:
ハノイ中心地から車で約40分
定休日:
なし

ホーチミン廟

ベトナムホーチミンという都市名が実は人の名前であることをご存知でしょうか。ベトナム国民の父と崇められたその人は初代ベトナム民主共和国主席であり、ベトナムの民族解放、そしてベトナムが国として独立するため南北統一に生涯を捧げたと言われており、今でもベトナム国民にとって英雄的存在です。そのホーチミンの亡骸が眠る場所がここ「ホーチミン廟」です。ここでは、寺院同様にノースリーブやハーフパンツ等の露出の多い服装は禁止です。ベトナムの歴史を学びたい方は是非ここに足を運んでみてください。

ホーチミン廟
住所:
19 Ngoc Ha, Ba Dinh, Hanoi
営業時間:
8:00~16:00
アクセス:
ハノイ駅からタクシーで10分。
定休日:
なし(11:30~14:00閉鎖)

ホーチミン廟を見学した後は、そのままホーチミン氏が生前に生活をしていたと言われる「ホーチミンの家」も一緒に見学してみるといいでしょう。こちらも最近では人気の観光スポットとなっており、たくさんの方が足を運んでいます。ホーチミンの家は、元首相の家とは思えないような極々普通のベトナム人が過ごしていたであろう家で、とても素朴な暮らしをしていたことが覗えます。素朴な暮らしをし、国民の立場で様々なことを考えたからこそ視野を広げ国民のために動くことができたのではないでしょうか。行ってみると何かを考えさせられるそんな場所です。

ホーチミンの家
住所:
Ngoc Ha, Quan Ba Dinh, Ha Noi
営業時間:
7:30~16:00
アクセス:
ホーチミン廟から徒歩約3分
定休日:
なし(11:00~14:00閉鎖)

フォーティン

ベトナムの名物と言えばやはりフォーです。そのフォーをハノイで食べるならここ「フォー・ティン」が一番おすすめです。フォーとはライスヌードルの一種でベトナムの伝統的な料理とされていますが、実は20世紀始めに出来た料理です。比較的歴史としては浅いものですが、今ではベトナム全土で食べられている人気のベトナムフードです。このハノイにあるフォーの名店フォー・ティンは、ホアンキエム湖の近くにあるロードゥック通りという通りにあり、観光の最中にも行くことができる場所にあります。お店の入り口には大きな鍋が二つ、ドアがないので奥まで見える作りとなっています。

お鍋の中にはたっぷりのスープが入っており、お店の前からいい香りが漂ってきます。このお店ではフォー一品のみが提供されています。名物のフォーボーという牛肉のフォーの上にはネギとパクチーがたっぷり乗せられており、中身が見えないほど緑いっぱいのフォーでとてもインパクトのある見た目です。価格は5000ドンと日本円にして約250円と日本では考えられない安さです。肝心のお味は見た目ほどこってりはしておらず、程よいスープのコクが麺と絡まり香草達の風味がよりスープの深みを演出しています。

フォーティン
住所:
13 Lo Duc , Hai Ba Trung District , Ha Noi
営業時間:
6:00~20:30
電話番号:
(04)3821-2709
アクセス:
旧市街からタクシーで10分
定休日:
なし

ハロン湾

ベトナムの世界遺産「ハロン湾」。エメラルドグリーンの海水と石灰石でできた大小合わせて約3000もの島々には多くの熱帯雨林が生い茂り、そのコントラストが絶妙なバランスで美しい風景を演出します。ハロン湾はハノイから車で約3時間ほどのところにあり、多くのツアー会社がプランを組んでいます。基本的に日帰りツアーで行く方が多いですが、タクシーなどをチャーターしたりセスナで行ったりする方もいます。ハロン湾では、シーカヤックやボートなどに乗って絶景を楽しむことができます。

また、日帰りツアーの他にも船上で宿泊のできるプランもあります。宿泊の出来る船によってそれぞれ部屋のイメージやお料理、アクティビティなども違ってくるのでお好きなタイプを選ぶといいでしょう。宿泊プランを選択すると、美しいサンセットやサンライズ、そして満点の星空を見ることができます。特にサンセットやサンライズは、ハロン湾の島々が照らされてとても幻想的な風景を見ることができます。お時間に余裕がある方は是非ハロン湾で一泊してみることをおすすめします。

ハロン湾
住所:
Bai Chay Ward, Ha Long, Quang Ninh's
営業時間:
0:00~24:00
アクセス:
ザーラム・ターミナルとルオンイエン・ターミナルからバイチャイ行きのバスで約3時間半
定休日:
なし

フローラ

ベトナムには刺繍やパッチワークなど可愛くお土産に喜ばれそうな雑貨がたくさんあります。ハノイ大教会の近くにあるこちらの「フローラ」にもそんな可愛くて色鮮やかなパッチワーク雑貨が店内にたくさん並んでいます。このハノイ大教会付近のエリアはおしゃれな雑貨屋さんやカフェなどがたくさんあるショッピングエリアで、その中でもセンスのいいものを多く取り揃えているのがフローラです。カラフルなパッチワークの雑貨たちは全てハンドメイドでベトナム産の生地を丁寧に使って作られています。全てオリジナルでデザインもそれぞれ違うので自分だけの一つが見つけられます。

クッション、トートバッグ、ポーチにリュックサックまで幅広く展開しています。一番目を惹くものはパッチワークが丁寧に並べられたブランケットです。それぞれ色味が違うだけで印象がかなり異なり、どれにしようか迷ってしまうほどどれも可愛いです。そしてこちらではお洋服も扱っており、パッチワーク雑貨同様こちらもフローラオリジナルのハンドメイド商品です。シンプルなデザインですが、生地の質がとても良くナチュラルテイストなものが揃っています。お値段もとてもリーズナブルなものが多いので、自分へのお土産にも友人や彼女へのお土産にもおすすめなお店です。

フローラ
住所:
62 Au Trieu, q, Hoan Kiem, Hanoi, Vietnam
電話番号:
(04)39-288-338
アクセス:
ハノイ大教会から徒歩4分
定休日:
なし

フェーヴァ

ハノイで大注目のチョコレート専門店「フェーヴァ」。2015年にハノイに直営店をオープンさせ、ハノイのお土産の新定番となりつつあります。ベトナム産のカカオ豆を使い、定番のダーク・ミルク・ホワイトチョコレートをベースにゴマフレーバーや生姜フレーバー、さらにはベトナム名産のフーコック島産の黒コショウを使うなど定番チョコレートから変わり種のチョコレートまで様々な味を楽しむことができ、全18種のフレーバーを販売しています。カラフルなパッケージのチョコレートで見た目にもおしゃれなことからハノイの人達も手土産などに使っているそうです。

チョコレート用のボックス6・12・24・40個と4種類の展開で好みのフレーバーをセレクトすることができます。お値段も12枚入りで80000ドン(440円)とお手頃価格ですのでたくさん買ってお家で楽しんでもいいですね。このボックスはお店手作りだそうで、ボックスのカラーに合わせて紙袋も選んでくれるというところもおしゃれポイントです。お土産としてステキなチョコレートを選ぶとセンスがいいと思われそうですね。濃厚且つマイルドで口当たりの良いフェーヴァのチョコレートをお土産に選んでみてはいかがでしょうか。

フェーヴァ
住所:
8b Phan Boi Chau, Hoan Kiem Dist., Hanoi
営業時間:
8:00~19:00
電話番号:
(04)3266-8579
アクセス:
ハノイ駅から徒歩9分
定休日:
なし

ビンミツ

ハノイの観光名所である「文廟」から歩いてすぐのところにある「ビンミン」は日本で言う焼き鳥の人気店です。実はこのお店、東京にも支店を出しているというハノイ在住の日本人にとってとても有名なお店で、メニューは全て日本語のものも用意されているため、ハノイ初心者にも入りやすいお店です。もちろん、地元ハノイの方々にも人気があり価格もローカル価格でとってもリーズナブルなところも魅力の一つです。メニューは手羽先やモモ肉、砂肝など少ないメニューですが日本の焼き鳥屋さんにありそうなものばかり。お味は甘めのタレが病みつきになって白飯が欲しくなる味付けで、ビールもよく進みます。

また、こちらでもう一つ人気なのが、はちみつを染み込ませた甘いパンです。薄く伸ばして揚げ焼きのように焼かれたパンはおやつのようですが、昔懐かしい味でついつい食べたくなるお味です。さらに「足」と呼ばれるその名の通り、ニワトリの足をそのまま焼いたものなど見た目にも驚くものもあります。日本の焼き鳥屋さんではお目にかかることがほぼないかと思いますので、旅の思い出に試してみてください。日本の居酒屋のような雰囲気の「ビンミン」。ビールと焼き鳥で1日の疲れを吹っ飛ばしましょう。

ビンミツ
住所:
5 Ly Van Phuc Street Cat Linh Da Hanoi, Vietnam
営業時間:
16:00~24:00
電話番号:
(0493843-4583
アクセス:
ハノイ大教会から車で10分
定休日:
なし

ヴァン スアン マッサージ (3号店)

東南アジアの醍醐味の一つと言えば、マッサージではないでしょうか。東南アジア各地では日本では受けることができない価格でマッサージを楽しむことができます。特にひとり旅なら自分のペースで行けるので絶対に利用したいですよね。しかし、たくさんあるマッサージ店の中でどのマッサージ店を選んだらいいかわからないという方も多いかと思います。せっかく疲れを取りに来たのに揉み返しがきてしまって、その後の観光に支障が出るなんてもってのほかですよね。特に女性のひとり旅だとすると危険なところに行ってしまう恐れもあります。そんな方におすすめなのがこの「ヴァン スアン マッサージ」です。

ハノイ大教会から歩いて2分という好立地な場所にあり、このエリアの中でも人気で有名なマッサージ店です。わざわざ予約をしなくても利用できるので、疲れたと感じれば駆け込むことができます。旧市街エリアにあり、観光も買い物もどちらもできることからハノイに来ると必ず立ち寄るエリアです。日本人のお客さんも多いそうなのでスタッフも皆、日本人に慣れています。あまり海外に足を運ぶ機会のない方やひとり旅の方にはありがたいお店です。何より嬉しいのは、やはり値段がお安いところ。安いからと言って腕が悪いわけでなく、日本人の好むツボがよくわかっているということで人気を集めています。疲れた身体を癒しに行ってください。

ヴァン スアン マッサージ (3号店)
住所:
18 Ly Quoc Su Str. Hoan Kiem Dist, Hanoi
営業時間:
10:00~24:00
電話番号:
(04)2218-8833
アクセス:
ハノイ大教会から徒歩2分
定休日:
なし

まとめ

魅力的な場所がいっぱいありましたね。まだまだ続く東南アジアブーム。距離も遠からず近からずで異国感もあり、さらに物価も安いのでお得感も感じられるかと思います。そんなハノイで一人自由気ままな旅に出かけてみてはいかがでしょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事

  • 岩手県名物「わんこそば」体験できる店おすすめ14選

    岩手県の名物といえば「わんこそば」。チャレンジしてみたいけど、どこのお店へ行けばいいのかわからないということもありますよね?ですので今回は、宮沢賢治も愛したという、わんこそばにチャレンジできるオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 新宿駅で絶対買うべき!東京のお土産おすすめスイーツ15選

    新宿駅といえば日本一利用者の多い駅です。当然そんな駅の中に、お土産屋さんは数知れず。その中でも駅周辺で買うことができる特におすすめなお土産屋さんを15店舗ご紹介します。東京土産の参考にしていただければと思います。

  • ニッポン東西南北の面白い「すごいラブホ」を集めました!2人...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • 新大久保の激安コスメがおすすめ・人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。

  • 横浜中華街で占いするならココ!本当によく当たると評判のお...

    一年中多くの人で賑わう横浜中華街にはたくさんの占いの館があります。中華圏では古くから占いや風水が生活に根付いているというだけあって、やっぱりここは激戦区!「占いに興味はあるけれど、どこに行ったらいいのかわからない」という人のために、人気の占いの館5店をピックアップしてご紹介します!

  • 札幌で絶対ゲットしたいお土産15選!人気のオススメお土産を...

    北海道は美味しい食べ物が豊富に揃っています。札幌は北海道一大きい都市。観光地としても人気が高く、お土産屋さんも多数あります。実際に行くと何を買えばいいのか悩んでしまうことも…。今回はスイーツからお酒まで、地元の知る人のみぞ知る、札幌で買える最新お土産情報をご紹介します。

  • 静岡・浜松に行ったら買いたい!もらって嬉しいお土産15選!

    浜松は日照時間が長く温暖な気候で、海、川、山、湖に囲まれた自然豊かなスポット。徳川家康ゆかりの地としても有名で、観光地としても人気があります。そんな浜松には名産がたくさん!まだ浜松を訪れたことがないという方におすすめの定番土産から、珍しいお土産まで厳選してご紹介します。自分用にも欲しくなるものばかりですよ。

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • おすすめの淡路島のお土産15選!本当に買いたいアイテムはこれ!

    海に囲まれ、自然にも恵まれた淡路島には特産品を使った様々淡路島のお土産が販売されています。その中から淡路島のお土産にぜひ買って帰って頂きたい商品を厳選してご紹介します♪ サービスエリアなどには売っていない、そのお店でしか買う事の出来ない物もあるので、こちらを参考にして頂きお土産選びに役立てて頂ければ幸いです♡