ベトナム・ハノイのおすすめ観光スポット&お土産店!雑貨屋さんで宝探し

131

views

0

ベトナムの都市ハノイ。ホーチミンは経済の中心地といわれているのに対し、ハノイは歴史が長く、ベトナム文化の中心地といわれています。今回は、そんな文化の街ハノイにあるおすすめ雑貨屋をご紹介します。

ハノイ

ホーチミンに勝るとも劣らない人気の都市ハノイ。
ベトナム北部に位置する商業と観光の街で、現在約750万人が住んでいます。
ハノイがベトナムの商業の中心都市となったのは7世紀頃だといわれています。
ベトナム戦争によってハノイ市内は大きな被害を受けたものの、後に開発を進め、ベトナムの首都となりました。

日本からハノイへは現在羽田空港および成田空港より直行便がでており、約7時間でハノイ・ノイバイ国際空港に行くことが出来ます(帰りは約5時間で日本に帰国できます)。時差は2時間(ハノイの方が2時間遅い)。一年を通じて平均気温は15℃以上と暖かく、基本的には薄手の長袖~半袖で過ごせる日がほとんどでしょう。
日本のように縦に長いベトナムでは、2大観光都市のハノイとホーチミン間はなんと約1100㎞離れています。(東京-札幌間より離れています)。ただ、両方訪れる方は多く、飛行機なら約2時間でホーチミンからハノイへ行くことができますので、両方訪れたい方はチェックしてみてくださいね!

タンロン遺跡  

ハノイの観光スポットになっているタンロン遺跡は、2010年にユネスコに登録された世界遺産です。
建物はベトナム王朝時代に建てられたもので、古い歴史が保存されています。

入場料は大人30,000ドン。
広い敷地内には龍の階段や博物館があり、ゆっくり散策すると数時間はかかるでしょう。半日がかりでの観光におすすめです。

タンロン遺跡はハノイの市街地にあるため、個人でも簡単に行くことができる世界遺産です。現在ベトナムの首都は「ハノイ」という名前ですが、1010~1804年までは「タンロン(昇龍)と呼ばれておりました。遺跡は2002年に発見されたもので、中には約800年に亘る様々な時代の皇帝ゆかりの品々が残っています。
個人でも気楽に巡ることは可能ですが、説明があった方が深く理解できる物ばかりですので、日本語で行われるツアーに参加して見て回るのもオススメです。個人で見て回りたい方も観光ガイドを持参したり、事前の下調べをしっかり行ったりして行くと、一段上の感動を味わえることでしょう。ちなみに、博物館内の説明書きには英語表記もあり、入口では日本語のちょっとしたパンフレットも手渡されます。

タンロン遺跡 (Quán Thánh)
住所:
19C Hoang Dieu Street, Ba Dinh District
電話番号:
+84-4-37345927
月曜日が定休日

ホアンキエム湖

ハノイ市内中心部にあるこちらの湖には、ひとつの伝説があります。
今から700年ほど前、中国の統治化にあったベトナムである漁師が釣りをしていたところ、突然この湖から剣が出てきました。
この漁師は、当時まだ皇帝になる前だった黎利のところにその剣を持っていき、戦いの際に使ってくださいと差し出しました。
それまでずっと戦いに負けていた黎利の一軍ですが、この剣で戦うと勝利することができるようになりました。
ある日、皇帝になった黎利がこの湖を歩いていると、突然大亀が出てきて、彼の持っていた剣を持って湖の中に姿を消したそうです。

このような伝説があることから、地元の人には「剣を還した湖」として知られています。
また亀が生息している湖でもあり、玉山祠には伝説の大亀の剥製が展示されています。

湖は市内中心部にあり、タンロン遺跡からもタクシーで10分程度の所にあります。地図でご覧いただくとわかる通り、ハノイ市内には約30もの湖がありますが、おそらく最も有名なのがここホアンキエム湖でしょう。一年を通じて市民の憩いの場として愛されており、タンロン遺跡と打って変わって「今」のベトナムの首都を見て取ることができます。
写真撮影必須スポットは湖の中心にある亀の塔こと「タフ・ルア(Tháp Rùa)」や岸に架かる赤い橋「テフック(Cầu Thê Húc)で、一枚カメラに収めるだけでハノイらしい風景となるでしょう。日本でいう皇居・日比谷公園のような都市のオアシスの為、木陰で読書をしたり遊歩道をゆっくり散歩したりするのもよいでしょう。休日は湖の周りをランニングする人も多いです。

ホアンキエム湖 (Hoan Kiem Lake)
住所:
Hoan Kiem Lake, Hanoi

Hoan Kiem Lake

インディゴ・ストア Indigo Store

ベトナム北部の少数民族が染めた織り布や手作りアクセサリーなどを売っている服飾雑貨店です。
日本人オーナーと地元の少数民族出身の奥様二人で経営されています。

丁寧に作られたオリジナルの商品は、同じ柄やデザインのものは一つとしてありません。
また彼らはフェアトレードやベトナムの伝統技術を守る活動などを積極的に行っているそうです。

インディゴ・ストアはホアンキエム湖より歩いて5分程のところにあります。この辺は飲食店や可愛いショップがたくさん建ち並んでいるのでお買い物にはもってこいですよ!朝8時からやっているのも観光客には嬉しいです。
店内は1階2階がショップになっていて、さらに上階では体験教室なども定期開催しているそうです。店内に置かれたアイテムは、一見日本の藍染製品にも似ているのですが、ワンポイント入った布地や刺繍がなんともベトナムらしく、全体を引き立てるエッセンスとなっております。クセが強すぎない分、日本に帰ってからも普段使いしやすいものばかり!お土産にあげても喜ばれることと思います。

インディゴ・ストア (Indigo Store)
住所:
33A Van Mieu, Hanoi 10000, Vietnam
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
+84 4 3719 3090

ハノイ・モーメント Hanoi Moment

こちらはバッチャン焼きの陶器類を扱ったお店です。
バッチャン焼きとは、バッチャン村で作られた陶器のこと。
バッチャン焼きの歴史は600年以上ともいわれています。

マグカップやカップ&ソーサー、お皿など、色々なバッチャン焼きの商品が揃っています。
また日本人観光客向けに普段使いできる急須や茶碗などもあるので、気に入った商品があればぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
旅の思い出になりそうですね!

日本で一番古い歴史を持つと言われる有田焼ですら約400年前に誕生したものと言われておりますので、バッチャン焼きがいかに歴史ある物かはお分かりのことと思います。バッチャン焼きを求めてわざわざハノイに来る人も沢山います。バッチャン焼き製品はベトナム全土で買うことが出来ますが、村がハノイから車で30分ほどの所にあるため、ハノイでは特に様々な種類のバッチャン焼きに出会うことができるでしょう。ハノイ・モーメントのものは現代的なエッセンスが加えられたものや電子レンジ対応の物などもあり、日本に帰ってからも使いやすいものばかりです。描かれる柄にはそれぞれ「トンボ=幸運」「菊の花=金運」といった風に意味が込められていますので、是非使うシーンやあげる人のことを想いながらとっておきのバッチャン焼きをお選びください!

ハノイ・モーメント (Hanoi Moment)
住所:
101 Hang gai Str, Hanoi
営業時間:
08:30~20:30
電話番号:
+84 43928 7170

タンミー・デザイン Tanmy Design

こちらは刺繍製品やシルクを扱うお店です。
3階建ての中にはカフェも設けられています。

展示されている商品にはすべて値札がついているので、安心してお買い物することができますね。
スタッフもフレンドリーです。
安く買える商品から高い商品まで色々あります。クオリティーもデザインも良く、訪れた人から定評があります。

公式ホームページやfacebookではお店の情報が頻繁に更新されていますのでお店の雰囲気や最新情報を知りたい方は是非アクセスしてみてください。またInstagramも開設しており、事前に欲しいアイテムを探したり、お店に置いてある小物のテイストを把握したりしたい方にお役立ちです!眺めているだけでも全部の投稿に「イイネ!」を押してしまいたいくらい、可愛い小物だらけです。いくら見ていても見飽きないでしょう。
名残惜しくて、旅行から帰った後も引き続きフォローし続けるファンも多いそうです。
テーブルウェアやベッドリネンなども充実しておりますので、ご検討されたい方は是非ご自宅でサイズを測っていくのをお忘れなく!

タンミー・デザイン (Tanmy Design)
住所:
61 Hang Gai St., Hoan Kiem Dist., Hanoi, Vietnam
電話番号:
+84 4 3938 1154

まとめ

今回はハノイにある雑貨屋さんをご紹介してみました。
ご紹介したお店はどこも人気店です。
またハノイ市内には、昇龍遺跡やロンビエン橋といった観光スポットがあるほか、近郊にはバッチャン村やドンラム村といったベトナムの歴史と文化にふれることのできる観光スポットがあります。
ハノイを訪れた際は、観光名所と一緒に素敵なグッズが売っている雑貨屋さんにも寄ってみてください!

ちなみにベトナムの通貨「ベトナム・ドン(VND)」はやたらと桁数が多く、世界中の観光客をいつも悩ませます。換算方法のコツはインターネットで沢山紹介されていますが、定番かつちょっとしたお買い物の時に一番便利なのは「ざっくり1円=200ドンと考えておく」ことです。誤差は多少発生するものの、計算が楽ですので、是非頭の片隅に入れておいてくださいね!
現地ではアメリカやヨーロッパ、アジアの他の大都市(ソウル・台北等)などに比べると、首都ハノイですらまだまだクレジットカードが使えないことが多く、基本的には「現金社会」です。現地通貨への両替もお忘れなく。空港や街中の両替所の他ATMからもドンをゲットすることができます。

Gigi

在住歴10年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事

  • 箱根に行ったら買って帰りたい!人気のお土産15選

    神奈川を代表する人気の観光地といえば、やっぱり箱根。自然に恵まれた箱根には美味しいお土産がたくさんあります。可愛い雑貨と一緒にぜひ買って帰りたい箱根土産をご紹介します。

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • 京都で占いするならココ!本当によく当たると評判のお店ベス...

    占い激戦区京都!本当によく当たると評判のお店で人生相談したいという人におすすめのお店をご紹介します。どのお店も口コミで大評判。あなたの人生の迷いもスパッと解決間違いなし!

  • 新大久保の激安コスメがおすすめ・人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。

  • 福岡で本当に当たる占いはここだ!人気占い師紹介!

    みんな占いって好きですよね?悩んだ時や気になることがある時つい頼りたくなりますよね!占い師のところへ行ってみたことはありますか?実際にあって話してズバッと当てられたりするとビックリしますよね。でも当たる占い師ってわかりませんよね?そんな方のためにみんなの口コミや体験談を調べ、厳選してオススメの占い師を紹介します!福岡に行ったらこの方達のところへ行ってみてはいかがでしょうか?