ハノイでおすすめのお土産&人気観光スポット20選!

5,392

views

0

ベトナムの都市ハノイ。ホーチミンは経済の中心地といわれているのに対し、ハノイは歴史が長く、ベトナム文化の中心地といわれています。今回は、そんな文化の街ハノイにあるおすすめ観光地・雑貨屋をご紹介します。

ハノイ

ホーチミンに勝るとも劣らない人気の都市ハノイ。
ベトナム北部に位置する商業と観光の街で、現在約750万人が住んでいます。
ハノイがベトナムの商業の中心都市となったのは7世紀頃だといわれています。
ベトナム戦争によってハノイ市内は大きな被害を受けたものの、後に開発を進め、ベトナムの首都となりました。

日本からハノイへは現在羽田空港および成田空港より直行便がでており、約7時間でハノイ・ノイバイ国際空港に行くことが出来ます(帰りは約5時間で日本に帰国できます)。時差は2時間(ハノイの方が2時間遅い)。一年を通じて平均気温は15℃以上と暖かく、基本的には薄手の長袖~半袖で過ごせる日がほとんどでしょう。
日本のように縦に長いベトナムでは、2大観光都市のハノイとホーチミン間はなんと約1100㎞離れています。(東京-札幌間より離れています)。ただ、両方訪れる方は多く、飛行機なら約2時間でホーチミンからハノイへ行くことができますので、両方訪れたい方はチェックしてみてくださいね!

タンロン遺跡  

ハノイの観光スポットになっているタンロン遺跡は、2010年にユネスコに登録された世界遺産です。
建物はベトナム王朝時代に建てられたもので、古い歴史が保存されています。

入場料は大人30,000ドン。
広い敷地内には龍の階段や博物館があり、ゆっくり散策すると数時間はかかるでしょう。半日がかりでの観光におすすめです。

タンロン遺跡はハノイの市街地にあるため、個人でも簡単に行くことができる世界遺産です。現在ベトナムの首都は「ハノイ」という名前ですが、1010~1804年までは「タンロン(昇龍)と呼ばれておりました。遺跡は2002年に発見されたもので、中には約800年に亘る様々な時代の皇帝ゆかりの品々が残っています。
個人でも気楽に巡ることは可能ですが、説明があった方が深く理解できる物ばかりですので、日本語で行われるツアーに参加して見て回るのもオススメです。個人で見て回りたい方も観光ガイドを持参したり、事前の下調べをしっかり行ったりして行くと、一段上の感動を味わえることでしょう。ちなみに、博物館内の説明書きには英語表記もあり、入口では日本語のちょっとしたパンフレットも手渡されます。

タンロン遺跡 (Quán Thánh)
住所:
19C Hoang Dieu Street, Ba Dinh District
電話番号:
+84-4-37345927
月曜日が定休日

ホアンキエム湖

ハノイ市内中心部にあるこちらの湖には、ひとつの伝説があります。
今から700年ほど前、中国の統治化にあったベトナムである漁師が釣りをしていたところ、突然この湖から剣が出てきました。
この漁師は、当時まだ皇帝になる前だった黎利のところにその剣を持っていき、戦いの際に使ってくださいと差し出しました。
それまでずっと戦いに負けていた黎利の一軍ですが、この剣で戦うと勝利することができるようになりました。
ある日、皇帝になった黎利がこの湖を歩いていると、突然大亀が出てきて、彼の持っていた剣を持って湖の中に姿を消したそうです。

このような伝説があることから、地元の人には「剣を還した湖」として知られています。
また亀が生息している湖でもあり、玉山祠には伝説の大亀の剥製が展示されています。

湖は市内中心部にあり、タンロン遺跡からもタクシーで10分程度の所にあります。地図でご覧いただくとわかる通り、ハノイ市内には約30もの湖がありますが、おそらく最も有名なのがここホアンキエム湖でしょう。一年を通じて市民の憩いの場として愛されており、タンロン遺跡と打って変わって「今」のベトナムの首都を見て取ることができます。
写真撮影必須スポットは湖の中心にある亀の塔こと「タフ・ルア(Tháp Rùa)」や岸に架かる赤い橋「テフック(Cầu Thê Húc)で、一枚カメラに収めるだけでハノイらしい風景となるでしょう。日本でいう皇居・日比谷公園のような都市のオアシスの為、木陰で読書をしたり遊歩道をゆっくり散歩したりするのもよいでしょう。休日は湖の周りをランニングする人も多いです。

ホアンキエム湖 (Hoan Kiem Lake)
住所:
Hoan Kiem Lake, Hanoi

鎮武観 (Den Quan Thanh)

ハノイ市街北部にある鎮武観は、11世紀の李朝時代に創建された寺院です。1000年の間ハノイを守り続けてきた、ベトナムにおける道教の代表的な寺院としてよく知られています。
この街には東西南北それぞれを守護する寺があり、鎮武観の担当は北の方角。

北から来る敵というのは、中国のこと。玄天上帝(げんてんじょうてい)という北の方向を守る神様が祀られています。創建当時は木造でしたが、17世紀の修復の際銅像として生まれ変わりました。高さは4メートル弱、重さ約4トンという、ベトナム最大の銅像です。

虎と龍の柱に守られる社殿外観。境内は驚くほど喧騒から離れていて、静かな時間が流れる空間となっています。どちらかというと、観光客よりも地元の人たちの参拝が多く、一般人の生活に溶け込んだ雰囲気が感じられます。

鎮武観 (Den Quan Thanh)
住所:
Thanh Nien, Quan Tay Ho, Ha Noi
営業時間:
07:30~17:00
料金:
大人1万ドン、子供:5000ドン、13歳未満無料
アクセス:
ホーチミン廟(Lang Chu Tich Ho Chi Minh)から車で約5分

一柱寺(Chua Mot Cot)

世継ぎに恵まれないことに悩んでいた李王朝の太宗は、ある日蓮の上で子どもを抱いている観音菩薩の夢を見、その後子どもを授かることができました。そのことに感謝の気持ちを込めて建立したのが、この一柱寺だと言われています。もともとは延祐寺という寺の楼閣にあたる部分でした。

まるで宙に浮いているように見えるのは、名前の通り1本の柱で支えられているから。柱は高さ4メートル、直径1.2メートルで、約3平方メートルの御堂を支えています。池に浮かぶ蓮の花に見立てて、このような姿をとっているのです。

一柱寺(Chua Mot Cot)
住所:
Chua Mot Cot, Doi Can, Ba Dinh Ha Noi
電話番号:
+84 4 3858 7 325
アクセス:
ホーチミン廟から徒歩すぐ

鎮国寺(Chua Tran Quoc)

創建は6世紀という、非常に長い歴史を持つ鎮国寺。ベトナムで最古の寺です。
ただしその当時はホン河のほとりにあり、名前も「開国寺」でした。17世紀になってから、現在のタイ湖東岸に移設され、名前も「鎮国寺」となったのです。

本堂の中がこれまたバラエティー豊かで、釈迦や菩薩、三蔵法師などの仏教系の像をはじめ、武神となった中国の武将関羽、ベトナムの英雄チャン・フン・ダオ、地獄の十王などさまざまな神仏・聖人が祀られています。

12層ある仏塔も見もの!遠くから見ても目立ちますが、近くでよくよく目をこらして、細部まで眺めてみてください。1層1層に像が入っているというユニークなものです。

鎮国寺(Chua Tran Quoc)
住所:
32 Thanh Nien, Quan Tay Ho, Ha Noi
電話番号:
+84 4 3829 3869
開館時間:
7:30~11:30、13:30~18:30
アクセス:
ホーチミン廟から車で5分

ハノイの古刹を3ヶ所ご紹介しました。ベトナムの宗教観の一端が垣間見えたのではないでしょうか。ちょっと落ち着いた旅には、古刹巡りがおすすめです!

インディゴ・ストア (Indigo Store)

ベトナム北部の少数民族が染めた織り布や手作りアクセサリーなどを売っている服飾雑貨店です。
日本人オーナーと地元の少数民族出身の奥様二人で経営されています。

丁寧に作られたオリジナルの商品は、同じ柄やデザインのものは一つとしてありません。
また彼らはフェアトレードやベトナムの伝統技術を守る活動などを積極的に行っているそうです。

インディゴ・ストアはホアンキエム湖より歩いて5分程のところにあります。この辺は飲食店や可愛いショップがたくさん建ち並んでいるのでお買い物にはもってこいですよ!朝8時からやっているのも観光客には嬉しいです。
店内は1階2階がショップになっていて、さらに上階では体験教室なども定期開催しているそうです。店内に置かれたアイテムは、一見日本の藍染製品にも似ているのですが、ワンポイント入った布地や刺繍がなんともベトナムらしく、全体を引き立てるエッセンスとなっております。クセが強すぎない分、日本に帰ってからも普段使いしやすいものばかり!お土産にあげても喜ばれることと思います。

インディゴ・ストア (Indigo Store)
住所:
33A Van Mieu, Hanoi 10000, Vietnam
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
+84 4 3719 3090

ハノイ・モーメント (Hanoi Moment)

こちらはバッチャン焼きの陶器類を扱ったお店です。
バッチャン焼きとは、バッチャン村で作られた陶器のこと。
バッチャン焼きの歴史は600年以上ともいわれています。

マグカップやカップ&ソーサー、お皿など、色々なバッチャン焼きの商品が揃っています。
また日本人観光客向けに普段使いできる急須や茶碗などもあるので、気に入った商品があればぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
旅の思い出になりそうですね!

日本で一番古い歴史を持つと言われる有田焼ですら約400年前に誕生したものと言われておりますので、バッチャン焼きがいかに歴史ある物かはお分かりのことと思います。バッチャン焼きを求めてわざわざハノイに来る人も沢山います。バッチャン焼き製品はベトナム全土で買うことが出来ますが、村がハノイから車で30分ほどの所にあるため、ハノイでは特に様々な種類のバッチャン焼きに出会うことができるでしょう。ハノイ・モーメントのものは現代的なエッセンスが加えられたものや電子レンジ対応の物などもあり、日本に帰ってからも使いやすいものばかりです。描かれる柄にはそれぞれ「トンボ=幸運」「菊の花=金運」といった風に意味が込められていますので、是非使うシーンやあげる人のことを想いながらとっておきのバッチャン焼きをお選びください!

ハノイ・モーメント (Hanoi Moment)
住所:
101 Hang gai Str, Hanoi
営業時間:
08:30~20:30
電話番号:
+84 43928 7170

タンミー・デザイン (Tanmy Design)

こちらは刺繍製品やシルクを扱うお店です。
3階建ての中にはカフェも設けられています。

展示されている商品にはすべて値札がついているので、安心してお買い物することができますね。
スタッフもフレンドリーです。
安く買える商品から高い商品まで色々あります。クオリティーもデザインも良く、訪れた人から定評があります。

公式ホームページやfacebookではお店の情報が頻繁に更新されていますのでお店の雰囲気や最新情報を知りたい方は是非アクセスしてみてください。またInstagramも開設しており、事前に欲しいアイテムを探したり、お店に置いてある小物のテイストを把握したりしたい方にお役立ちです!眺めているだけでも全部の投稿に「イイネ!」を押してしまいたいくらい、可愛い小物だらけです。いくら見ていても見飽きないでしょう。
名残惜しくて、旅行から帰った後も引き続きフォローし続けるファンも多いそうです。
テーブルウェアやベッドリネンなども充実しておりますので、ご検討されたい方は是非ご自宅でサイズを測っていくのをお忘れなく!

タンミー・デザイン (Tanmy Design)
住所:
61 Hang Gai St., Hoan Kiem Dist., Hanoi, Vietnam
電話番号:
+84 4 3938 1154

ドンスアン市場 ・ ナイトマーケット

ホーチミン廟(Lang Chu Tich Ho Chi Minh)

ホーチミンの家(Nha San Bac Ho Chi Minh)

続きまして、ホーチミン主席の家です。ホーチミン廟を出て道なりに行くと1969年まで実際に住まわれていた家がそのまま残されています。1958年に建てられた、ベトナムを代表する高床式の木造家屋です。なんだか素朴でほっこりしますね。

家の中に入ることは残念ながら出来ませんが、周りから室内の様子をうかがえます。書斎や寝室に置かれた愛読書や家具、小物など当時のまま残されていて、ホーおじさんの人柄がダイレクトに伝わってきます。

ホーチミンの家(Nha San Bac Ho Chi Minh)
住所:
Ngoc Ha Q. Ba Dinh
営業時間:
07:30~16:00
電話番号:
(04) 3823 4760
定休日:
月・金の午後
料金:
4万ドン

文廟(Van Mieu)

ハノイ観光で外せないスポットと言えばこちらの文廟。1070年に建てられた、ベトナムで最も古い大学が置かれていた場所です。その当時は王族や貴族、官僚が学んでいましたが今現在は学問においてご利益があるところとして観光客もベトナム人も集まる観光スポットとなっています。

文廟には孔子の像が祀られていて、受験シーズンには多くの学生さんが合格祈願に訪れるんだとか。ベトナム最古の大学である「国子監」はフランスとの戦争で残念ながら破壊されてしまいましたが、現在は再建された国子監を見ることが出来ます。敷地内には池もあり、ベトナムを代表するハスの花もキレイに咲いていたりして、とても見ごたえがありますよ。

文廟(Van Mieu)
住所:
66 Nguyen Thai Hoc, Ba Dinh dist.
営業時間:
07:30~17:30
電話番号:
(04) 3823 5601
アクセス:
Van Mieu通りを左折し、突き当りを右折してすぐ
定休日:
なし
料金:
3万ドン

マーマイの家 (Pho Ma May)

マーマイの家とは、ハノイ旧市街の中心にある伝統的な中国風の木造家屋のこと。19世紀後半に建てられ、旧市街の古き良き街並みを残し、受け継いでいこうという活動の一環で一般公開されています。

中庭や寝室、居間など保存状態も良く、なかなか風情があり、当時の生活の息吹を感じられます。旧市街でのショッピングや散策の合間にフラッと立ち寄ってみるのもオススメです。

マーマイの家 (Pho Ma May)
住所:
87 Ma May
営業時間:
08:00~17:00
電話番号:
(04) 3926 0585
アクセス:
ホーチミン廟からタクシーで11分
定休日:
なし
料金:
1万ドン

ハノイ大教会

タンロン水上人形劇

京南ハノイランドマークタワー

インティメックス

トゥーレ公園

Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ベトナム基本情報 【お水事情編】

    日本では、蛇口をひねると当たり前のように出てくる安心安全なお水。実はこの当たり前は世界では驚きだったのです!世界中の至る所では、安心して飲めない水がほとんどなんです。旅行に行くと水が合わなかった。という事も多々ありますよね。それはなぜ?旅行に行った時にはどうすればいいの?そんな疑問にお答えしていきましょう。

  • 《レシピ付き》おすすめベトナム料理紹介!

    みんな大好きなベトナム料理。筆者も大好きです!また、ベトナムは北から南まで、いろいろな料理があります。今回は、自宅でも簡単にできる定番ベトナム料理のレシピ付きで紹介したいと思います!

  • ベトナム・ホーチミン発!絶対食べたいローカル飯

    女子旅の行き先として話題のベトナム・ホーチミン!もちろん現地ではローカルフードを楽しみたいですよね♪ベトナムといえばフォーを想像しますが、それ以外の少しマニアックな”レストランで食べられる”ストリートフードもあるんです!東南アジアが初めての方も、衛生・安全面共に安心して食事を楽しめるはず!現地の物価と比べると割高ですが、ランチでドリンク、デザートも付けてお腹いっぱい食べて一人600円〜1000円程度!それではベトナム滞在経験もある私が頼んだベトナムローカルフードをご紹介♡

  • ベトナム・フエで食べるべき名物グルメ3選!フォーもひと味...

    世界遺産の眠るフエ。ベトナム最後の王朝の歴史を辿ることのできる観光地として人気のフエには、一度食べればやみつきになるグルメがもりだくさん!中でも3大名物グルメとして有名な料理は、観光に訪れたなら一度は食べないと損です。そんな絶品の3大名物グルメをご紹介したいと思います。

  • ハノイのおすすめホテル15選!ベトナムの下町情緒と素晴らし...

    ベトナム第2の都市ハノイの観光スポットは、活気ある下町情緒のあふれる旧市街に密集しています。 そんなハノイのホテルはホスピタリティの高さが特徴。 観光スポットへのアクセスも抜群の旧市街のホテルをご紹介します。

  • ベトナム最後の楽園!秘境の地フーコック島へ

    まだあった手つかずの島。発展が急速に進むベトナムで、最後の楽園と言われたフーコック島。ホテルやビーチでゆっくりと過ごすのが基本の島。ベトナムホーチミンからフライトでたったの45分。今大人気のベトナムから足を伸ばしていざフーコック島へ。忙しい喧騒から離れきっと心も身体もリフレッシュされるはず。きっと忘れていた何かを思い出し取り戻せるに違いない。

このエリアの新着記事
  • ベトナム・ホイアンの人気スポット9選!歴史と伝統にふれられ...

    ホイアンはその昔、中継貿易都市として繁栄をきわめた古都で、16~17世紀には日本人町がありました。数は少ないのですが、現在もその名残を見ることができます。また日本が江戸時代に入り鎖国をしてからは多くの華僑が移り住み、今も中国風の建造物が残っています。今回はそんな古都ホイアンの観光スポットをご紹介します。

  • 【ベトナム】ホーチミンのおすすめ南国スイーツ4選!暑いサ...

    ベトナムはフランスの統治下にあった影響もあり、アジアでも独自の食文化が発達した国です。エスニックなベトナム料理は人気ですが、スイーツもおすすめです!特に冷たいスイーツは、暑いベトナムでは欠かせません!今回は地元で愛されている代表的なスイーツについて詳しくご紹介いたします。

  • 地元の人たちが通う店に行けば外れなし!ベトナム・ホーチミ...

    アジアの旅行先で人気の高いベトナム。エスニックなベトナム料理は日本でもかなり浸透した感がありますが、ベトナムを訪れたなら、より現地ならではの食事を堪能したいですよね。今回はホーチミンの観光客だけではなく、地元の人達が多く通う人気店を厳選してご紹介いたします。

  • ベトナム・ダナン完全ガイド!観光にグルメにお土産も!

    ベトナムの中部にダナンという町があるのをご存知ですか?ベトナム戦争中は、米国基地が建設されましたが、現在はリゾート地として、海外の観光客の間で大変人気があります。今回は、このダナンにあるオススメグルメや素敵なお土産が買えるお店を紹介しましょう。

  • ホーチミン観光で行くべきストリート3選!ベトナムお土産を...

    ベトナム最大の都市ホーチミンシティ。年々、人口が増える街には高層ビルが建ち並び、経済成長中の活気を感じさせます。そんなエネルギッシュなホーチミンシティには、おしゃれなレストランやショップが軒を連ねる通りがたくさん!今回はそんな通りの中から食と買い物の両面を満喫できる3つの名物ストリートをご紹介します。

  • ベトナムの少数民族・モン族の文化に触れてみよう

    ベトナム北部のハノイから列車やバスや乗り継いで、海抜約1,500mの村「サパ」にたどり着くと……。そこは色使いがオシャレな民族衣装を着た「モン族」という少数民族が住む、とてものどかな村。今回は、ベトナムの北部に位置するサパ近郊に住んでいるモン族をご紹介します!

  • ベトナム一人旅にオススメ!見応え満点の観光名所15選!

    ベトナムは歴史的遺跡や緑豊かな自然に触れられる人気の観光地。一人旅で訪れても存分に楽しめる場所としてもツーリストから人気を集めています。そんなベトナムを巡るオススメ観光名所15選をご紹介します!

  • ベトナム観光で絶対外せないスポット大特集15選!定番から穴...

    物価が安く、異国情緒漂う雰囲気が魅力のベトナム。アジアの旅行先として、人気が急上昇している国です。そこで今回は、ベトナムのホーチミンやハノイを中心に絶対に行きたいおすすめ観光スポットを厳選してまとめてみました。

  • ベトナムのお土産はこれで決まり!おすすめ人気お土産まとめ6選

    安くておいしいグルメの宝庫ベトナムで、いざ土産を選ぶときに何を買ったらよいのか悩みませんか。味はもちろんおいしくて、みんなが喜んでくれるようなバラマキ土産ってあるの?と思っている人必見!ベトナムで買って帰れば喜ばれること間違いなしのおすすめ土産6選を大公開しちゃいます。

  • ベトナム基本情報 【トイレ編】~使用に戸惑うローカルトイレ~

    海外旅行で気になることの1つが、訪問国のトイレ事情。特に女性や高齢者の方であれば、旅行を快適に楽しむためにも事前に知っておきたいものです。ここでは、ベトナムのトイレ事情についてご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事