食べてよし!入ってよし!日本三大泉の下呂温泉で一人旅におすすめ15スポット!!

4,009

views

0

日本三大泉でお馴染み下呂温泉、たまには一人のんびりと温泉の旅も憧れますよね。そんな方にオススメの温泉&一人でも楽しめるおすすめ周辺スポットをたくさんご紹介していきたいと思います。

湯めぐり手形

温泉大国である日本の中でも名高く日本三名泉のひとつとして知られている下呂温泉。せっかく来たからにはいくつかの温泉に入ってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが「湯めぐり手形」。ここ下呂温泉で販売されているお得なチケットで、1枚1300円で3軒のお風呂を楽しむことができます。こちらは購入日から6ヶ月間は有効で、1日で使い切らなくとも宿泊をされる方は滞在中にいろいろなお風呂を楽しめます。この湯めぐり手形の加盟店は25店舗もあり、どのお風呂に入ろうか迷ってしまいますね。

注意したいのがお宿ごとに湯めぐり手形を使える時間帯が違うことです。長いところで8時間ほど開放しているところもあれば、早朝のみ、夜のみなどと設定されているところもあります。行ってみたいお風呂があれば事前にホームページでお風呂の開放時間を調べてから行くようにしましょう。せっかく湯めぐり手形を購入したのに入れなかったというのは残念ですからね。
購入場所は旅館、お土産屋、旅行会社、そしてコンビニのデイリーヤマザキなど約25店舗で購入することができます。オンラインでは購入することができませんので実際に足を運んでからの購入となります。

湯めぐり手形
住所:
岐阜県下呂市湯之島801-2
営業時間:
お宿による~
電話番号:
0576-25-2064
アクセス:
名古屋駅から高山本線ワイドビューひだにて約1時間半
定休日:
なし

下呂温泉合掌村

岐阜県の人気観光スポットと言えば下呂温泉と並んで白川郷が有名です。白川郷には合掌造りの家屋がズラリと並び、1995年にユネスコの世界遺産にも登録されました。合掌造りは日本が誇る住宅建築様式の一つです。その白川村から移築したのがここ「下呂温泉合掌村」で国指定重要有形民俗文化財の「旧大江戸家住宅」を含め、合掌造りの民家が10棟も配されています。つまり、白川郷まで行かずとも下呂温泉合掌村で実際の合掌造りが見られるということとなり、下呂温泉と共に日本の古き良き風景を楽しむことができます。

下呂温泉合掌村の入場料金は大人(高校生以上)800円、子供(小・中学生)400円。合掌造りの建物の中にはお食事処や資料館、売店など外から見るだけではなく中からも見ることができます。「合掌の里」の中心には2本仲良く寄り添う夫婦杉が植えられています。その横には下呂温泉のお湯を楽しむことができる足湯もあり、散策して歩き疲れた足を癒すのにも最適です。また、合掌造りの集落「合掌の里」と共に「歳時記の森」という季節によって桜やモミジなどが咲き誇るエリアがあります。春先の桜から初夏にかけての新緑、秋になると紅葉の季節となり、季節の移り変わりを感じることができます。

下呂温泉合掌村
住所:
岐阜県下呂市森2369
営業時間:
8:30~17:00
電話番号:
0576-25-2239
アクセス:
下呂駅から徒歩20分
定休日:
なし

いでゆ朝市

下呂温泉合掌村の入り口では、定期的に「いでゆ朝市」という朝市が行われています。このいでゆ朝市では、地元で採れた農家直送の野菜や特産品であるトマトジュースに地酒など、スーパーで買うよりもお安く新鮮なお野菜を購入することができます。作り手の方の顔を見てお話をしながら購入できるのはいいですよね。お帰りになる前日などであれば、お野菜を購入して帰りたいと思う方もいるのではないでしょうか。お野菜の販売は金曜~月曜の週末を中心に行っているので、週末の旅行などの場合には購入することができます。

しかしながら、一人旅だとなかなかお野菜は買って帰れないという方が多いかと思います。しかし、お野菜以外に加工品であるトマトジュースやブルーベリーのジャムなどを地元の人たちが収穫・製造をして販売しています。手作りで無添加の品々が購入でき、お土産として持って帰れるものがたくさんあります。食料品の他にも和雑貨や骨董品などもあり、ポーチや巾着、食器などが販売されています。地元の人たちの手作りの1点ものなどもありますので、ここでしか出会えないものもあるかもしれません。真冬は営業していないので暖かいシーズンに行かれる方は下呂温泉合掌村へ行く前に覗いてみると面白いですよ。

いでゆ朝市
住所:
岐阜県下呂市森2369
営業時間:
8:00~12:00
電話番号:
0576-24-1000
アクセス:
下呂駅から徒歩20分
定休日:
12月の第1月曜~3月の第1金曜
野菜販売は金曜~月曜のみ

下呂発温泉博物館

下呂温泉の温泉街に位置する、温泉の科学と文化を紹介するというちょっと珍しい「下呂発博物館」。この温泉専門の博物館は、下呂温泉の発見秘話、温泉の湧き出すしくみや泉質、効能など下呂温泉に関する情報を紹介しています。温泉を科学的な視点から見るなど、知らないけど知ってみると面白いと思うようなことをたくさん知ることができる施設です。温泉の歴史として、江戸末期から明治の温泉番付などの意外と知らなかった温泉の文化も紹介しています。また、ここでは版画体験も行なっていて、下呂温泉にちなんだものが描かれた作品を作ることができます。

入場料は大人400円、小人200円とリーズナブルな博物館で、入場券は発券機で購入します。たまに温泉と間違える人がいるのか「ここは温泉ではありませんよ」という張り紙があったりして、クスッと笑ってしまいます。博物館の中は7ブロックに分かれており、それぞれのブロックでいろいろな視点から温泉についての資料が置かれています。入り口のところにそれがわかるようパネルがあります。若干ネタバレのような気もしますが、そのユルさもまたこの下呂発温泉博物館だというような気がしてしまいます。意外と知らなかった温泉の秘密、下呂温泉に来たら覗いてみると面白いですよ。

下呂発温泉博物館
住所:
岐阜県下呂市湯之島543-2
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
0576-25-3400
アクセス:
JR下呂駅から徒歩約8分
定休日:
木曜

温泉寺

下呂温泉には昔から伝わる「白鷺伝説」というものがあります。この白鷺伝説とは、白鷺を追った村人が白鷺が浸かっていたお湯に入るとみるみるうちに足の疲れが取れ、その噂を聞きつけたほかの村人達もそのお湯に浸かると疲れが取れたため村中に広がったと言われています。村人から白鷺が逃げる際に一瞬止まった木の下に薬師如来の像があったことから、あの白鷺は薬師如来の化身だと言われ、その後、薬師如来を祀るようになったと言われています。それをきっかけに「しらさぎ物語」という名物お菓子まで作られ、岐阜県を代表するお菓子となりました。

ここ温泉寺の境内は、173段の長い石段を登りきったところにあり、後ろを振り返ると下呂温泉の街並みを一望することができる隠れ絶景ポイントがあります。またここには温泉の歴史を記した「湯文」という文化財にも登録されている貴重な資料も所蔵されています。そして、江戸時代中期に今の北海道である蝦夷地の開拓事業に携わっていた武川久兵衛のお墓があることでも知られています。この地で飛騨屋を開業し、材木商としてその名を轟かせました。温泉以外にそんな歴史があるとは思いませんよね。意外な歴史を学びながら、疲れがある方や痛いところがある方は、ここに祀られる薬師如来へお参りすると疲れや痛みが軽減するかもしれませんよ。

温泉寺
住所:
岐阜県下呂市湯之島680
営業時間:
0:00~24:00
電話番号:
0576-25-2465
アクセス:
下呂駅から徒歩で20分
定休日:
なし

禅昌寺

下呂市萩原町中呂にある「龍澤山 禅昌寺」、平安時代に創設されたと言われる臨済宗妙心寺派のお寺で、お城があったのかと思うようなお堀があり、建構えもかなり立派です。ここには樹齢約1200年、樹高45メートルに周囲12メートルとも言われる国指定の巨大な天然記念物の大杉もあります。 長い年月をかけこの地に生き続けている杉の偉大さを感じます。周りの杉にも立派な太さのものがありますが、下呂温泉を見守り続けているこの杉を見てしまうと、その年月の重みを感じることができるでしょう。

さらに岐阜県の名勝に指定されている金森宗和が造園した「萬歳洞」という庭園があります。この金森宗和は茶道宗和流の祖であることで有名ですが、その茶道と共に優れた作庭家でもありました。「萬歳洞」は、巨石を置きそれを山に見立て、その間を水が流れていき心字池へと流れ着くというようになっており、優れた感性で作られた美しくもありまた計算し尽くされた素晴らしい庭園となっています。拝観料 300円というのもお安く感じてしまうほど圧巻の庭園です。また、寺宝として雪舟が描いた「八方にらみ達磨(だるま)」もあり、こちらも外せない作品です。

禅昌寺
住所:
岐阜県下呂市萩原町中呂1819
営業時間:
8:30~16:00
電話番号:
0576-52-1353
アクセス:
禅昌寺駅から徒歩約5分
定休日:
なし

足湯

ここ下呂温泉には気軽に入れる足湯があちらこちらにあります。湯めぐり手形と言われる温泉巡りもありますが、こちらの足湯は歩き疲れた足を癒すのにぴったりです。様々な足湯がありますが、その中でも人気の足湯が「さるぼぼ黄金足湯」と言われる2010年にオープンした下呂ロイヤルホテル雅亭の敷地内にある足湯です。足湯の真ん中には可愛らしい七福神達が宝船に乗っており、浴槽内は金色で縁起の良さそうな足湯スポットとなっています。ホテルの敷地内にありますが、宿泊者以外でも利用可能なのでたくさんの方が日々訪れています。

さるぼぼ黄金足湯
住所:
岐阜県下呂市湯之島758-15
営業時間:
9:00~21:00
電話番号:
0576-24-1001
アクセス:
下呂駅から徒歩約7分
定休日:
なし

そしてもう一つ人気の足湯スポットがこちらの「鷺の足湯」という下呂温泉で最初にできたと言われる足湯です。ここは中央駐車場のすぐ横にあるということもあり、立ち寄りやすい場所ですので、たくさんの方が利用しています。さらにここは24時間いつでも利用できるようになっており、自分の好きなタイミングで利用することができるのも人気のポイントとなっています。朝の散歩などに出かけた際に立ち寄ってみると、あまり人がいなくて貸切なんてこともあるかもしれません。足湯に気軽に入るのも屈指の温泉街ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

鷺の足湯
住所:
岐阜県下呂市湯之島
営業時間:
0:00~24:00
電話番号:
0576-24-1000
アクセス:
下呂駅から徒歩約8分
定休日:
なし

宴蔵

下呂温泉のある岐阜県下呂市は、トマトが有名な特産物です。どうしても下呂温泉に来ると温泉のイメージしかなく、ここでの名物グルメとして想像できるものがないという方もいるかもしれません。しかし下呂市にある下呂温泉、B級グルメとも言える名物がこの「トマト丼」です。トマトの酸味がお肉の油を抑えてくれるため、さっぱりとしていて特にトマトが美味しい季節である夏にもってこいのグルメとなっています。トマトは脂肪燃焼効果もあり、また身体を冷やしてくれます。夏場の暑い季節に温泉に入った後、このトマト丼をいただくのも良さそうですね。

このトマト丼が食べられるお店、下呂温泉にもいくつかありますがおすすめのお店が「宴蔵」です。宴蔵で出されているトマト丼には、岐阜県の飛騨地方で飼育されている飛騨牛や飛騨けんとんなどの地元の食材が使われています。せっかく岐阜県に来たなら飛騨のお肉を食べたいですよね。その飛騨牛や飛騨けんとんと下呂市名産のトマトを使ったトマト丼は贅沢そのものの一品となります。飛騨では飛騨牛が全国的に有名ですが、豚も有名で飛騨けんとんは飛騨なっとく豚という豚を使っており、納豆を粉末状にしたお米を食べさせ胃腸の働きを良くさせた健康豚だそうです。豚で食べても美味しそうですね。

宴蔵
住所:
岐阜県下呂市森971-59
営業時間:
8:30~22:00
電話番号:
0576-24-2883
アクセス:
下呂駅から徒歩10分
定休日:
不定休(15:00~17:00閉店)

紅葉ライトアップ

下呂温泉の温泉寺では、秋になると80本ものもみじが色鮮やかに紅葉します。大体11月くらいに毎年燃えるように赤い紅葉を見ることができます。その11月の中旬あたりの約10日間はライトアップがされ、夜間も鑑賞が可能です。昼間に見るもみじとは一味も二味も違うもみじを眺めることができます。ライトアップされたもみじは、当てられた部分は色が飛び黄色く光り輝き、その当てられた部分から徐々にグラデーションしていくように先の方は赤く燃え上がって見えます。桜のライトアップよりも色鮮やかに見えるので見応えがあります。

また、期間中にはもみじ足湯という約15人ほどが浸かれる足湯が登場します。寒くなり始める頃でもあるので、鮮やかにライトアップされたもみじを足湯に浸かって芯から温まりながら見られるのも魅力的です。もみじが見られるのは本堂だけでなく、その裏手の本堂横「閑水庭」や枯山水庭園「龍紅窟」でも見ることができ、背景が変わるとまたもみじの見え方も変わってきます。この頃の日没は16時半頃となっており、日没し始めると共にライトアップをし、21時頃まで開催しています。日没頃から見るとだんだんと色味が変わるもみじを見ることが出来るのでその時間から見るのもおすすめです。

紅葉ライトアップ
住所:
岐阜県下呂市湯之島680
営業時間:
日没~21:00
電話番号:
0576-25-2465
アクセス:
下呂駅から徒歩で20分
定休日:
開催中以外

下呂温泉花火ミュージカル冬公演

下呂温泉では、世間的にも珍しい冬の花火が名物となっています。「下呂温泉花火ミュージカル冬公演」と題したこの花火は、光と音のエンターテイメントショーで毎年冬のシーズンになると毎週土曜に開催されます。この冬の花火は20時からの約15分間色とりどりの花火が河原沿いで打ち上がり、夏の風物詩とされている花火が下呂温泉では冬の風物詩ともなっています。月毎にテーマが代わり、1月には新春、2月にはバレンタイン、3月には桃の節句や旅立ちをイメージした花火が打ち上がるなど毎月違う花火が見られるのもいいですね。クリスマスの日にも花火は打ち上がり、この特別な日をさらに盛り上げてくれます。

花火以外にもこのシーズンには下呂温泉をイルミネーションで光輝く街へと変身させます。可愛らしいハートの雪行灯も12月~4月まで期間、街にとりつけられます。さらに、しらさぎ緑地公園ではバザーを行ない、このイベントのマスコットキャラクターの 「はなミュー」がダンスを踊ってその場を盛り上げてくれます。イベントの日にはホットな嬉しいサービスとして甘酒が振る舞われます。甘酒片手に地元の人たちに混ざって地元ならではのイベントに参加してみるというのも楽しそうですよね。

冬の花火
住所:
下呂大橋下流飛騨川河畔
営業時間:
20:00~20:15
電話番号:
0576-25-4711
アクセス:
下呂駅から徒歩約5分
定休日:
12月~3月の土曜日以外、4月~11月

ゆあみ屋

下呂温泉に来たら是非食べたいスイーツがこちら「ゆあみ屋」の温玉ソフトです。名前通り、ソフトクリームの上に温泉たまごが乗ったちょっと変わったソフトクリームで、食べる際にこの温泉たまごを崩してソフトクリームと共に口に入れます。すると、なんとも言えない不思議な食感と風味が病みつきになるたまらないスイーツへと変わります。さらに、このソフトクリームの下には玄米フレークが敷かれており、そのサクサクの食感と温玉ソフトの不思議食感は相性がよく絶妙なバランス。暑い日などにおすすめなスイーツです。

また、下呂温泉にはあちらこちらに足湯があり、こちらのゆあみ屋の中にも10人ほど座れるスペースの足湯があります。寒い日などは足湯に浸かりながら温玉ソフトを食べられるので、寒い日でも足元ポカポカの中ソフトクリームを堪能することができます。もう一つおすすめなスイーツが温泉で温められた「ほんわかプリン」というプリンです。定番のプレーンとショコラの2種類と共に、季節限定の味もあるのでそちらもチェックするといいですよ。場所は下呂温泉街のシンボル的存在である「チャップリン像」の目の前にあるのですぐに分かると思います。

ゆあみ屋
住所:
岐阜県下呂市湯之島801-2
営業時間:
9:00~4月~11月 21:00 12月~3月 18:30
電話番号:
0576-25-6040
アクセス:
下呂駅から徒歩約6分
定休日:
水曜日

いで湯夜市

下呂温泉の夏の風物詩「いでゆ夜市」。白鷺橋から阿多野橋に至る阿多野谷沿いに焼き鳥、焼きそばなどの夏祭りの定番屋台から、地酒や地元の高原野菜や漬物などまで飛騨の名産品も含めた約50軒の夜店が賑やかに並びます。日程は毎年7月中旬から8月下旬までの毎週土曜日に開催されています。初日のオープニング(開店式)には、鏡割りや龍神子ども太鼓、ふるまい酒などがあり、毎週違ったイベントが行われ、毎年夏の土曜日の温泉街は大賑わいを見せます。体験ブースでは「ろくろ」の体験なども実施されているので、この機会に試してみるのもいいですね。

8月4日にはいでゆ夜市と共に「歌塚祭り東西カラオケ大会」を開催しています。一般の方が応募をし、地元ののど自慢大会が行われ毎年盛大な盛り上がりを見せます。これは「歌塚供養祭」という下呂温泉に伝わる伝説の歌の上手な2人の若者への弔いとして行われているものです。その昔2人の若者が1人の愛する女性のために川を挟んで東と西に立ち、その場で一昼夜歌を歌い、争い続けその最後には力尽き共に命を落としたという伝説があります。2人のために村人たちは毎年歌い続けているそうです。悲しいお話ではありますが、こうやって楽しいお祭りとして地元の人たちの交流の場となっていることから、今となってはいい行事ですね。

いで湯夜市
住所:
下呂大橋下流飛騨川河畔
営業時間:
19:00~22:00
電話番号:
0576-24-1000
アクセス:
下呂駅から徒歩約5分
定休日:
7月中旬~8月の土曜日以外
※詳細はホームページにて

仲佐

下呂温泉に来たらやはりここ「仲佐」の蕎麦を食べずには帰れません。仲佐の蕎麦は日本国内のグルメの集合サイト、食べログの「百名店2018」や「THE TABELOG AWARD2018」のBronzeに輝くなど超がつくほどの有名な蕎麦屋さんです。仲佐の蕎麦は全て手回しの石臼で手挽きしているそうで、この製法で製粉されると粒子の細かいそば粉が出来上がり、蕎麦を打った時の滑らかさでプリッとした蕎麦が出来上がります。GWやお盆など繁忙期になると開店後すぐに満席となる場合があります。予約も可能ですので予約しておくといいでしょう。

仲佐のメニューは基本的に蕎麦のみですが、蕎麦以外にも天ぷらや焼き味噌などお酒のあてになるものがたくさんあります。地酒などと共に一品料理を楽しんでから蕎麦を堪能するのもいいでしょう。蕎麦はざる蕎麦やかけ蕎麦に加えて天ざるなどどれも美味しそうで迷ってしまいます。蕎麦の風味を楽しみたい方はざる蕎麦がおすすめです。香り高い蕎麦の風味とコシのある食感がたまらないです。天ざるにすると様々な旬のお野菜が添えられ、冬になると飛騨ねぎ天ざるという冬季限定のざる蕎麦があります。甘みのある飛騨ねぎの天ぷらがとても美味しいのでおすすめです。

仲佐
住所:
下呂市森918-47
営業時間:
11:30~売り切れまで
電話番号:
0576-25-2261
アクセス:
下呂駅から徒歩約10分
定休日:
水曜日(祝日の場合は営業)

湯島庵

岐阜県名物の飛騨牛、その飛騨牛を贅沢にも握りにした「炙り肉寿司」を堪能することができるお店がここ「湯島庵」です。こちらのお店はメディアにも取り上げられたこともある岐阜県内でも有名なお店。最高級のA5等級飛騨牛を1頭買いし、様々な調理法で提供しています。寿司同様に鮮度が命ですので、この炙り肉寿司は注文を受けてから調理されます。肉寿司を一口食べると舌の熱でとろけて、ちょうど良い脂と肉の旨味が口いっぱいに広がり唸らずにはいられない一品となっています。きめの細かさと柔らかさが特徴の贅沢な肉寿司ですので、是非ともこの美味しさを確認してみてください。

炙り肉寿司と並んで人気のメニューが「飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン」です。なんと高級な飛騨牛をカレーに入れて、さらにカレーパンにしてしまうという贅沢極まりない一品です。最高級の飛騨牛をカレーに入れることで本来のカレー以上にお肉の旨味エキスと脂がカレーの中に溶け込み想像以上のカレーを作り上げます。また、湯島庵では下呂のクラフト地ビールも飲めるので、ビールと共に炙り肉寿司やカレーパンを堪能するのもおすすめです。是非ともこの贅沢な一口で至福の時間を味わってみてください。

湯島庵
住所:
岐阜県下呂市湯之島845
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
0576-25-6226
アクセス:
下呂駅から徒歩約8分
定休日:
水曜日(不定休有)

睦館

温泉街から少し離れた下呂駅に近い場所にある約20部屋ほどのこぢんまりとした小さな旅館「睦館」。部屋数も少ないためサービスがよく行き届いていると評判のお宿です。こちらでは一人旅限定のプランも用意しており、食事もグループや家族に混じってするのではなくお部屋食となるので、寛いで一人旅を楽しめます。食事は岐阜県名物の飛騨牛を使ったすき焼きやステーキなどプランによったメニュー展開となっており、食前酒から始まって先付、前菜、お造りにメインと10品以上のメニューが並びとても豪華にテーブルを演出してくれます。

温泉には露天風呂も付いて宿泊者も少ないため、外の空気を吸いながらのんびりとお風呂に浸かることができます。温泉の効能はゆっくり時間をかけて肌に浸透していくそうで、お湯から出た後にシャワーなどで流してしまうとせっかく肌についたお湯が流れてしまい効能が薄れてしまいます。そのため湯上がりはタオルで肌の表面にある水分を軽く拭く程度にしておきましょう。ボディクリームなどを塗っておくと肌に入り込んだ水分を閉じ込めることができます。しっかりと効能も逃がさないようにすると、さらに効果を実感することができるでしょう。お一人で来られた際にはここ睦館がおすすめですよ。

睦館
住所:
岐阜県下呂市幸田1167-1
営業時間:
0:00~24:00
電話番号:
0576-25-3100
アクセス:
下呂駅から徒歩約3分
定休日:
なし

まとめ

いかがでしたか?
家族やグループで来るイメージの温泉街もたまには一人で訪れるのもいいですよね。見どころも美味しいグルメもたくさんある、自然に囲まれた下呂温泉へ心も身体もリフレッシュの旅に出かけてみましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • お得で楽しい湯めぐり手形で巡る!下呂温泉ツアーおススメの...

    日本が誇る温泉地「下呂温泉」。 たくさんの宿があるのでどこの温泉を利用すればいいのか悩んでしまいます。 そんな時にオススメなのが「温泉手形」!温泉手形で廻れる宿を厳選して3軒ご紹介します。

  • 下呂温泉で絶対ゲットしたい人気のお土産15選!おすすめお土...

    飛騨川の流域で古くから温泉が楽しめると人々を癒してきた下呂温泉。滑らかさが特徴的なアルカリ性単純温泉は健康になりたい人や美しくなりたい人にぴったり。また、下呂温泉のお土産はユニークなものが多く、下呂温泉のお土産選びも楽しみの一つです。旅行に行ったら絶対購入したい下呂温泉のお土産と、販売しているお店をご紹介します。

  • 下呂温泉の女子旅におすすめの旅館&ホテル15選!女同士で盛...

    日ごろの疲れを癒すには、やはり温泉でゆっくり浸かってリラックスしたいものです。日本の三大名泉として知名度を誇る下呂温泉には、女子旅にもってこいの旅館やホテルが数多く立ち並んでいます。今回は、数ある温泉宿の中から、特におすすめの旅館とホテルをご紹介します。ぜひ下呂温泉のお湯に浸かって、お肌と心をリフレッシュしませんか?

  • 岐阜県・下呂温泉特集!魅力たっぷりの温泉、行き方から楽し...

    有名なようで、どこにあるのか、どうやっていくのか、その魅力についてよく御存じない方が多いであろう下呂温泉。温泉好きな方ならきっとハマるであろう下呂温泉に是非行っていただきたい!そんな思いからこの記事を作りました。露天風呂だけでなく、足湯から見える景色も充実しており、思い思いのスタイルで楽しむことも出来る魅惑の地ですよ。

  • 下呂温泉のおすすめ旅館3選!眺めのいい絶景を臨める温泉はこ...

    行ってみたい温泉として、毎年ランキング上位に位置する岐阜県の下呂温泉。一度は行ってみたいけど、何処を選んだら良いのか迷ってしまう…という方が多いのではないでしょうか。それでは、数ある温泉旅館から特に眺めの良い温泉で人気の3選ご紹介します!

  • 下呂温泉のおすすめ観光スポット15選!寺社仏閣・遺跡に遺構...

    白鷺が温泉の湧き出る在り処を知らせたという伝説が伝わる下呂温泉。豊富な湯量とお湯の良さは誰もが知るところで、1年を通して大勢の方々が訪れてきます。大規模に開発された場所とは異なり、湯治場の風情を残しながら、素朴で素敵な観光地になっています。今回は、様々な下呂温泉のスポット中から15選でご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 【岐阜】下呂温泉のおすすめお手頃旅館4選!天下の三名泉!

    下呂温泉は1000年もの歴史があり、有馬・草津とともに天下の三名泉と呼ばれる由緒ある温泉。70軒ほどの宿泊施設が立ち並ぶ大きな温泉街で、どこからでもアクセスしやすい立地も人気の理由です。今回はたくさんの宿の中から、下呂温泉でお手頃に泊まれる宿を4軒厳選してご紹介します。

  • 岐阜県・下呂温泉特集!魅力たっぷりの温泉、行き方から楽し...

    有名なようで、どこにあるのか、どうやっていくのか、その魅力についてよく御存じない方が多いであろう下呂温泉。温泉好きな方ならきっとハマるであろう下呂温泉に是非行っていただきたい!そんな思いからこの記事を作りました。露天風呂だけでなく、足湯から見える景色も充実しており、思い思いのスタイルで楽しむことも出来る魅惑の地ですよ。

  • お得で楽しい湯めぐり手形で巡る!下呂温泉ツアーおススメの...

    日本が誇る温泉地「下呂温泉」。 たくさんの宿があるのでどこの温泉を利用すればいいのか悩んでしまいます。 そんな時にオススメなのが「温泉手形」!温泉手形で廻れる宿を厳選して3軒ご紹介します。

  • 下呂温泉で絶対ゲットしたい人気のお土産15選!おすすめお土...

    飛騨川の流域で古くから温泉が楽しめると人々を癒してきた下呂温泉。滑らかさが特徴的なアルカリ性単純温泉は健康になりたい人や美しくなりたい人にぴったり。また、下呂温泉のお土産はユニークなものが多く、下呂温泉のお土産選びも楽しみの一つです。旅行に行ったら絶対購入したい下呂温泉のお土産と、販売しているお店をご紹介します。

  • 下呂温泉の女子旅におすすめの旅館&ホテル15選!女同士で盛...

    日ごろの疲れを癒すには、やはり温泉でゆっくり浸かってリラックスしたいものです。日本の三大名泉として知名度を誇る下呂温泉には、女子旅にもってこいの旅館やホテルが数多く立ち並んでいます。今回は、数ある温泉宿の中から、特におすすめの旅館とホテルをご紹介します。ぜひ下呂温泉のお湯に浸かって、お肌と心をリフレッシュしませんか?

  • 下呂のレア旅を満喫しよう♪ おすすめツアー3選

    岐阜といえば、日本三大名湯として知られている下呂温泉が有名ですよね。しかし、下呂では温泉に入る以外にも体験できることがたくさんあります。レアな体験をして、一生忘れられない最高の思い出を作ってくださいね!

  • 日本三名泉!下呂温泉のおすすめの旅館6選

    日本三名泉にも数えられる下呂温泉は、延喜年中(901-923年)の開湯と伝えられています。当時は人が入るのも困難な山中にあったそうですが、今では大きな旅館が並び賑わいを見せています。ここではそんな下呂温泉の温泉旅館を紹介しましょう。

  • 下呂温泉のおすすめ観光スポット15選!寺社仏閣・遺跡に遺構...

    白鷺が温泉の湧き出る在り処を知らせたという伝説が伝わる下呂温泉。豊富な湯量とお湯の良さは誰もが知るところで、1年を通して大勢の方々が訪れてきます。大規模に開発された場所とは異なり、湯治場の風情を残しながら、素朴で素敵な観光地になっています。今回は、様々な下呂温泉のスポット中から15選でご紹介します。

  • 下呂温泉のおすすめ旅館3選!眺めのいい絶景を臨める温泉はこ...

    行ってみたい温泉として、毎年ランキング上位に位置する岐阜県の下呂温泉。一度は行ってみたいけど、何処を選んだら良いのか迷ってしまう…という方が多いのではないでしょうか。それでは、数ある温泉旅館から特に眺めの良い温泉で人気の3選ご紹介します!

新着記事