高雄国際空港(KHH)完全ガイド!市内へのアクセスと空港での過ごし方まとめ!

455

views

0

高雄国際空港は台湾第二の都市高雄にある飛行場。高雄国際空港から市内アクセスに便利なタクシーの料金や高雄MRTで使えるipassの使い方と購入方法をご紹介。高雄空港から国内線に乗り継ぎして台湾のハワイ・ポンフーのベストシーズンを満喫するのもおすすめ。コインロッカーやラウンジ、喫煙所、SIM販売場所の情報も満載です。

高雄国際空港(KHH)の概要

高雄国際空港から台湾南部の街・高雄や台南観光へ!グルメ・絶景・リゾートを満喫

高雄国際空港は台湾第二の都市・高雄にある飛行場。台湾観光と言えば、九份や国立故宮博物院のある台北をイメージしますが、台湾南部の高雄は、また違った味わいのため新しい台湾を発見できること間違いなし。というのも、高雄にはグルメも絶景も、そしてリゾートもあり見るべきスポット・行くべきスポットが勢ぞろいしているのです。

台湾南部への観光は市内まで6キロメートルとアクセスの良い高雄国際空港がおすすめ。高雄国際空港にはどのような特徴や施設があるのでしょうか。

高雄空港からの乗り継ぎ便で台湾の穴場離島リゾート・ポンフーを訪ねるのもおすすめ

高雄国際空港からの国内線乗り継ぎ便を利用して、台湾の穴場離島でリゾート地のポンフー(澎湖諸島)を訪ねてみるのもおすすめ。大小90の島々からなるポンフー諸島は、ハワイとほぼ同じ緯度にあるので「台湾のハワイ」なんて愛称で呼ばれることも。美しいサンゴ礁鑑賞を楽しめるシュノーケリングが楽しめるため、多くの現地マリンスポーツツアーも敢行されています。

台湾のハワイ・ポンフー諸島への行き方には、船という手段もありますが、やはりお手軽なのは高雄国際空港からポンフー本島の空港・馬公空港へのフライト。所要時間40分ほどで台湾の穴場リゾートに到着!ポンフーのベストシーズンは2カ月にも及ぶ花火大会が開かれる4月から6月。打ち上げ花火と一緒に楽しめるのは、豪華ゲストによる音楽パフォーマンスや、露店の数々。ポンフーの澎湖海上花火フェスティバル2019は6月27日まで開催予定。ドローンによる演出もあるのでお見逃しなく!

高雄国際空港からの国内線乗り継ぎで、同じようにおすすめなのが、ポンフー諸島の南部に位置するチーメイユイ(七美嶼)へのフライト。七海へもやはり船での行き方がありますが、高雄国際空港から七美空港へ飛行機で移動するのがおすすめ。所要時間は40分。七海には必見の絶景スポットがあります。それがこの「シュワンシンシーフー(雙心石滬)」。

魚をとるために並べられた石が二つのハート型をしていることから、ダブルハートと呼ばれています。高雄や台南を代表するこのような美しい絶景フォトスポットで、ぜひ記念写真を撮りたいですね。また高雄は、港町のため魚介グルメが有名ですが、特にポンフー名産の牡蠣はクセのない味でたくさんの数をペロリと食べられてしまうのに、低価格でコスパ最強と口コミも好評価。

高雄国際空港は小さい規模の飛行場のため、国際線から国内線へのターミナル間移動も徒歩で完了。ターミナル同士は歩いて5分ほどの連絡通路で結ばれています。

東京から高雄国際空港への直行便に羽田発はなし…関空から高雄空港ならLCCに乗ろう

気になる日本から高雄国際空港への直行便についても少しご案内しましょう。現在東京から高雄国際空港への直行便を就航しているのはJAL(日本航空) やANA(全日本空輸)、エバー航空、チャイナエアライン、そしてタイガーエア台湾、バニラエアなどのLCCです。残念ながら羽田空港から高雄国際空港への直行便はありません。

東京から高雄へのフライトは4時間ほど。日本と高雄の時差はマイナス1時間でサマータイムは導入されていません。

関西国際空港(関空)から高雄国際空港への直行便なら、ピーチ航空やスクート航空などLCCを利用してみるのもおすすめ。と言うのも、関西国際空港から高雄国際空港までのフライトは3時間10分と東京発よりも短いのです。機内の座席が狭く居心地が悪いと感じがちなLCCですが飛行時間が短めなら、これまで嫌厭(けんえん)してきた方も、高雄観光を機にLCCに初搭乗してみることができるかもしれませんね。

高雄への航空券のセールを検索できる横断比較サイト・スカイスキャナーなどで調べると格安チケットの販売も多数。13,000円台から、またはそれ以下の値段で直行便を利用することも可能ですよ。

台南空港と高雄国際空港どっちが便利でおすすめ?という疑問にお答えします

高雄や台南の観光を初めて検討しているという方からよく聞かれるのが「台南空港と高雄国際空港どっちが便利でおすすめなの?」という疑問。台南空港は台南市内までたった5キロメートルと抜群の立地にあるため、便利であれば利用したいですよね。台南空港は高雄国際空港と同じく、国内線と国際線の就航がありますが日本からの直行便は関西国際空港からのチャイナエアラインのみが利用可能なので、搭乗できる人は限られてしまいます。

多くの選択肢から高雄への直行便をセレクトしたい、という方には、やはり台南空港よりも高雄国際空港がおすすめです。

高雄国際空港(KHH)から市内へのアクセス方法は?

高雄国際空港から早朝でも深夜でも市内へタクシーで楽々アクセス!気になる料金は?

続いてご紹介するのは高雄国際空港から市内へのアクセスについて。早朝や深夜でも、高雄国際空港からホテルや目的地に直行できるタクシーは、最もお手軽な手段です。

高雄国際空港のタクシー乗り場の場所は到着ロビーをでて右手にすすんだところ。英語や日本語を話さないドライバーも多くいるため、目的地を現地の言葉で書いた紙をみせるとスムーズにコミュニケーションをとれますよ。国際線のタクシー乗り場から乗車する場合にのみ、運賃とは別に待機料50元(170円)がかかります。

さらに、トランクに荷物を積む際には別途10元(30円)が加算されます。最近では高雄のタクシーでも日本のようにクレジットカード払いOKの車が増えていますが、未対応の場合や少額の料金だと断られることもあるため現金での支払いがおすすめ。高雄のタクシーは基本的に車体が黄色で屋根の上には、このように車体番号が記載されています。トラブルにあった時のためにメモしておきましょう。

高雄国際空港から市内へのアクセスでタクシーを利用した際の料金や所要時間は以下のとおりです。複数人で乗れば割安にもなるので、おすすめです。

●高雄国際空港から市内(タクシー)
料金 250から300元(870円から1,040円)
※23時から6時は20元(70円)の深夜割増料金あり
所要時間 20分程度

高雄国際空港からMRTで市内へアクセス!時刻表・始発・料金について

高雄国際空港から市内へは、高雄の観光スポットをめぐる時にかかせない地下鉄・MRT(高雄捷運)でアクセスすることも可能です。台湾南部を走っているMRTは南北に走る紅線と、東西に走る橙線の二路線。路線図上ではその名のとおり、紅線は赤色でそして橙線はオレンジ色で記されています。高雄国際空港とMRT紅線は直結しているため、駅まで迷う心配もなし。

MRTという看板に従ってすすむと高雄国際空港のMRT駅「高雄國際機場站」にたどり着きます。国際線ターミナルに最も近い7番出口には、エスカレーターがついているため重いスーツケースがあっても安心。ここから台湾鉄道が連絡する「高雄車駅」までむかうのが一般的。台灣高鐵に乗り換え可能な「左營駅」まで行くこともできます。

高雄国際空港のMRTは始発ではないので、どちらへ向かう場合も南岡山方面へ乗車してくださいね。高雄国際空港から市内へのアクセスでMRT紅線を利用した際の料金や所要時間は以下のとおりです。時刻表や始発の時間も気になりますね。

●高雄国際空港から市内へ(MRT紅線)
料金 高雄国際空港駅から高雄車駅 片道切符で35元(120円)
   高雄国際空港駅から左營駅 片道切符で50元(170円)
所要時間 高雄国際空港駅から高雄車駅まで16分
     高雄国際空港駅から左營駅まで28分
始発 05時56分 終電 00時02分
(ラッシュ時は4分から6分毎に運行・それ以外は8分前後間隔)
※時刻表はMRT公式ホームページから確認可能

MRTの構内や車内は、どこも清潔でゴミひとつ落ちていません。というのもMRTの改札へ一歩入ったら一切の飲食と喫煙が厳禁。海外からの旅行者といえども罰金対象となるので気をつけて!

こちらはMRT紅線と橙線の両方が乗り入れているMRT「美麗島駅」。4500枚ものステンドグラスを使って表現されているのは水・土・光・火という四つのテーマ。世界で最も美しい地下鉄駅と評されたこともあるんですよ。高雄最大級の夜市・六合観光夜市の最寄り駅でもあるため、高雄旅行中に目にする方も多いかもしれませんね。

高雄MRT美麗島駅ではこのステンドグラスが幻想的に光る無料の「光のショー」を開催。「光のショー」の開催時間は金曜日以外の平日が午前11時、午後3時、午後8時の三回。金曜日は午後7時、そして土曜日と日曜日には午後5時と午後7時にも追加でショーが行われるので、夜市に行く予定がなくともアート好きな方はぜひ立ち寄ってみてください。この美しさは感嘆のため息ものですよ。

高雄のMRTの乗り方やお得な悠遊カード・ ipassの情報も知っておこう

高雄のMRTの乗り方と、お得な交通系ICカード悠遊カードや ipassの情報についても高雄観光の前に知っておきましょう。高雄MRTの一日乗車券(片道切符)は、青色で丸い形をしたプラスチック製のトークンです。乗車駅の改札では、この絵が描かれた自動改札機の読み取り部にトークンをかざせばゲートが開きます。降車駅の改札でも同じようにトークンを読み取り部にかざし、返却口に投入しましょう。

高雄MRTの券売機はタッチパネル式。日本語にも切り替え可能なため操作も分かりやすいですよ。一日乗車券を買う時は、券売機上方にある路線図や、パネルに表示される路線図から行き先駅までの料金を確認して、選択。さらに欲しい枚数を入力してお金をいれるだけ。紙幣とコインの両方が使えますが、おつりの出ない券売機もあるため小銭を用意しておくのがおすすめ。

日本の交通系ICカードSuicaやICOCAのように必要な分の金額をチャージして使えるのが「悠遊カード(悠遊卡)」。イージーカードとも呼ばれています。電車に乗る度に小銭をとりだして切符を買う必要がないため非常に便利。

しかも悠遊カードを使えば高雄MRTの料金が15パーセント割引、台湾鉄道の料金が70キロメートル地点まで10パーセント割引となるのでお得です。コンビニエンスストアでの支払いにも使えるためお財布をだして、どのコインを使えば良いのかアタフタすることもありません。

悠遊カードの値段は通常タイプのもので100元(380円)で、最低100元からチャージできます。悠遊カードの販売場所は、券売機やコンビニエンスストア、各MRT駅の窓口など。今回の高雄観光ではたくさん交通機関に乗るぞ、という方は高雄国際空港についたらMRT駅ですぐに悠遊カードを購入しましょう。近頃は事前にインターネットの通信販売で悠遊カードを日本で購入してから渡航する旅行者も多いよう。

悠遊カードの払戻場所は高雄国際空港の悠遊カードのサービスカウンターなど。手数料として20元(70円)がかかり、デポジット代は返金されません。悠遊カードに有効期限はないので、台湾リピーターになるぞ!という方は持ち帰ってもOK。高雄観光をともにした記念のお土産にしましょう。

悠遊カードにはいろいろなデザインがあり、キティちゃんやドラえもんなど人気キャラクターとコラボしたものやキーホルダータイプのものが販売されています。こちらはセーラームーンのコンパクト型悠遊カード。90年代世代にプレゼントしたら喜んでくれそう!

高雄観光で悠遊カードとならんで人気なのがipass(一卡通)というICカード。ipassとは悠遊カードと同じくチャージ可能なICカードで、使い方はトークンと同様に改札の読み取り部にかざすだけ。

高雄でipassが購入できるのはコンビニエンスストアや、高雄国際空港の悠遊カードのサービスカウンターなど。ipassで適応される割引も魅力的なものばかり。高雄MRTの料金が15パーセント割引、LRTという路面電車では30元の運賃が10元にそして、市バスでは3回目からの乗車が無料になります。さらに海沿いのサイクリングが人気の旗津半島へ渡るフェリーの乗車料金は半額に!

一卡通(ipass)と悠遊卡(悠遊カード)の違いは利用できる交通機関や割引の適応。例えば台北の猫空ロープウェイはipassでは利用不可。一方で高雄の市バスの割引は悠遊カードにはありません。とりあえず高雄を中心に周る予定の方は一卡通の購入がおすすめです。目いっぱいの割引を使って高雄観光を楽しみましょう。

高雄国際空港からは台湾南端のリゾート墾丁行きの機場快線バス918路線が運行中

高雄国際空港からは台湾南端のリゾート墾丁(ケンティン)行きの快線バス918路線が運行しています。バスのチケットは到着ロビー5番出口そばのカスタマーセンターで購入しましょう。悠遊カードで支払えますが、バス乗車の時にドライバーに見せる必要がある予約票を受け取るのを忘れずに。

「Bus Stop」と書かれた看板に従ってすすむとMRT駅の2番出口そばのバス乗り場にたどり着きます。墾丁行きの機場快線バス918路線は、このような赤いバス。高雄国際空港から墾丁行きの918バスを利用した際の料金や所時間は以下のとおりです。

●高雄国際空港から墾丁へ(918バス)
料金 片道418元(1,450円) 往復600元(2,090円)
所要時間 2時間
時刻表 10時10分発/11時10分発/12時50分発/13時50分発/16時10分発/17時10分発/18時50分発/19時50分発

高雄国際空港から墾丁への918バスは本数こそ少ないものの、乗り換えもなしに墾丁へ直行できるため便利。墾丁では、白砂のビーチやシュノーケリングスポットが今日もお客さまを待っています。台湾本島最南端の街でマッサージをうけたりグルメを食べたりと、考えただけでワクワクしますね。

空港送迎サービスを事前予約

高雄国際空港から市内へのアクセスには空港送迎サービスの事前予約もおすすめ。VELTRAの空港送迎プランには、貸し切りチャーター車や日本語ガイドつきのモニターツアーなどがあります。モニターツアーでは、体験談を投稿すると料金の半額が返金されるため、かなりお得!口コミが多く寄せられているプランもあるので、評判を読んでからぜひ検討してみてください。

高雄国際空港(KHH)でのおすすめの過ごし方

高雄国際空港にはコインロッカーと手荷物預かりサービスがあるので大荷物でも安心

続いてご紹介するのは、高雄国際空港でのおすすめの過ごし方について。高雄国際空港は小規模の飛行場ですが、時間つぶしのできるショップや、便利なサービスは最低限そろっています。余った高雄での時間を満喫したいけれど重いスーツケースをひっぱって腕がへとへと。そのような時は高雄国際空港のコインロッカーや手荷物預かりサービスを活用しましょう。

実は高雄では高雄国際空港以外にも行李房とよばれる手荷物預かりサービスを、主要観光スポット各所で利用できます。ロッカーがあると旅行者には心強いですよね。こちらは国際線ターミナル3階出国ホール東側にあるロッカーです。

国内線ターミナル1階出国ホール東口にあるコインロッカーの場所は遺失物窓口のそば。高雄国内にも多数の設置があるOWLocker社のコインロッカーが置かれています。

操作はタッチパネル式で日本語表示にも対応しているため旅行中には強い味方になってくれそう。大きさは縦42センチ・横58センチ・高さ42センチの小と、縦42センチ・横58センチ・高さ84センチの大の二種類。タッチパネルで「荷物を入れる」を選択すると、6ケタの番号のパスワードを入力するよう指示されます。お好きな番号を入れてくださいね。

支払いには現金またはLINE Payが選択できます。現金支払いでは100元紙幣と10元そして50元のコインが使用可能。支払いが完了するとロッカーが施錠されるので60秒以内に荷物を入れましょう。領収書には先ほど選んだパスワードが書かれているので受け取りを忘れずに。

出典: owlocker.com

コインロッカーの料金は大で24時間以内なら3時間ごとに60元(210円)。24時間以降は48時間以内まで3時間ごとに40元(140円)、48時間以降144時間以内なら3時間ごとに30元(100円)。

コインロッカー小の料金は24時間以内なら3時間ごとに40元、24時間以降は48時間以内まで3時間ごとに30元、48時間以降144時間以内なら3時間ごとに20元(70円)です。

国際線ターミナル3階出国ロビーの西側には、このような手荷物預かりサービスのカウンターが設けられています。営業時間は午前5時から午後9時まで。

三辺の合計が110センチ以下のSサイズなら1日預かりで50元(170円)、131センチから150センチ以下の大きめのスーツケースはLサイズとして扱われ150元(520円)で預け入れ可能。自転車やサーフボード、車いすなど特別に大きな荷物も1日300元(1,040円)で保管してもらえるため、上手に活用すれば効率よく高雄国際空港内をまわれそうですね。

高雄国際空港のラウンジ利用ならプライオリティパスが使えるモアプレミアムへ!

高雄国際空港でラウンジを使う予定がある方は、プライオリティパス所持で利用可能なモアプレミアムラウンジ(More Premium Lounge)がおすすめです。ラウンジの場所は国際線ターミナルの出入国審査をぬけたゲート7から12のそば。営業時間は午前5時30分から午後8時30分です。高雄国際空港のプライオリティパス利用ラウンジは、会員一名につき同伴者三名まで入室OK。

喫煙所やシャワー室はありませんが、ホットミールやデザートの評判は上々。肉燥飯に牛肉麺、肉饅頭など出国直前まで台湾料理を満喫できるメニューが豊富に並んでいます。そして特筆すべきなのはデザートのハーゲンダッツのアイスクリーム。しかもカップでの提供ではなく、ご自身でディッシャーを使ってすくうセルフスタイルのため、胸がたかなること間違いなし!

高雄国際空港のモアプレミアムラウンジは、ダイナースクラブカードの提示でも利用できます。

高雄国際空港に喫煙所はあるの?場所はどこ?

高雄国際空港のモアプレミアムラウンジには喫煙所がないため気を落とされた愛煙家の皆さん、ご安心ください。高雄国際空港にも喫煙所があるので場所をご案内しますね。案内版上で喫煙所は「戸外休憩區」と表記されています。

まずは出国エリアをでてMRTの駅へ向かう途中の空港ビルのはじ。ゴミ箱兼灰皿が設置されています。そして、出国エリア前には東側と西側に屋根付きの東屋風喫煙所が一つずつ作られています。さらに、出国手続き後の23ゲートのそばの扉をでたところと、29ゲートのそばの扉をでたところに、10人ほどが座れるベンチがついた喫煙所が置かれています。

高雄国際空港の喫煙所の場所さえ知っておけば、愛煙家の方も心配することなく高雄観光を楽しめますね。安心して高雄空港内の散策を楽しんでくださいね。

高雄国際空港の展望デッキは望遠鏡完備の心づくしのおもてなしがうれしい

乗りもの好きのお子さんと一緒の高雄旅行なら、高雄国際空港の展望デッキへ行って飛行機鑑賞をするのもおすすめの過ごし方です。多くの空港に展望デッキが設置されていますが、高雄国際空港の展望デッキはなんと望遠鏡まで完備していて至れり尽くせり!午前6時30分から午後9時まで一般に開放されています。場所は国際線ターミナル3階から連絡通路を通って国内線ターミナルへむかう途中。「View Deck」という看板が目印です。

高雄国際空港の展望デッキには飛行機模型がたくさん展示されているため、飛行機好きさんは楽しめること間違いなしです。カウンターになったスペースがおしゃれですよね。すこしリラックスしたい時に訪ねてみるのもおすすめ。コックピットを再現したスペースも作られているので記念に一枚写真撮影はいかがですか?早朝は特にお客さんが少ないので穴場スポットですよ。

高雄国際空港でお土産選びはいかが?台湾のバナナの産地・旗山で作られるバナナケーキ

高雄国際空港には食品をメインに販売する「新東陽販売店」、化粧品やブランド品を売る免税店の「エバーリッチ(EVERRICH DUTY FREE SHOP)」、国立歴史博物館のミュージアムショップなどがあるのでお土産探しに困ることはありません。せっかくですから高雄ならではのお土産を購入したいですね。

台湾といえばマンゴーにドラゴンフルーツ、スターフルーツ、ライチなどが豊富に生産されるフルーツ天国。ドライフルーツやパイナップルケーキは定番土産として日本人にも人気です。

ひと味違った高雄発のお土産なら「バナナケーキ」がおすすめ。高雄中部の街チーサン(旗山)はバナナの一大生産地として知られています。そこで誕生したのがバナナを使ったスイーツの数々。チーサンにはバナナパフェやバナナ饅頭、バナナからすみまで売られています。特に「シィァンジャオ ダンガオ(吉美香蕉蛋)」というパン屋さんのバナナケーキは一番人気と称されるほどのおいしさです。

高雄国際空港のコンビニでもお土産選びはいかが?台湾のシートマスクは万能プチプラ

近頃ではお値段が安いにもかかわらず品質が高いコスパ抜群のプチプラ化粧品が多く売られていますね。海外で手に入れたプチプラコスメの情報は全世代の女性が、そして時には美意識の高い男性までもが注目している話題。口コミ評価が高い商品はついついお土産リストに加えてしまいたくなるもの。時短ケアが叶うシートマスクは自分用にもお友だち用にもおすすめの台湾土産。

シートマスクはスーパーやドラッグストアなど多くのショップで手に入ります。高雄国際空港にはファミリーマートがありシートマスクの取り扱いもあるので悠遊カードや ipassに残金がある方は、ここでお土産を購入してみるのもいいですね。

台湾で売られているシートマスクで人気なのは「我的美麗日記」というシリーズのもの。日本では「私のきれい日記」という商品名で販売されています。そのほかにも台湾大手の化粧品メーカー・森田薬粧の「Dr.Morita」シリーズは根強い支持を受けていて有名。

台湾の私のきれい日記シリーズのフェイスマスクは種類が充実しているので日本未発売のものもたくさん。自然鑰匙篇シリーズや、O2活氧膜シリーズは日本未上陸なのでコンビニエンスストアで探してみては?

帰国前ギリギリまで遊ぶなら!高雄国際空港周辺のカフェ&観光はここで決まり

高雄国際空港での乗り継ぎなどで長い待ち時間ができて、時間つぶしをする方におすすめの高雄国際空港周辺のカフェと周辺観光スポットをご紹介しましょう。こちらは、高雄国際空港の滑走路のすぐ隣にお店をかまえるカフェ「老爸咖排」。大迫力の航空機を目の前に見ながら冷えたアイスコーヒーやおいしいサンドイッチなどの軽食、甘いスイーツを食べられるなんてぜいたく!

そしてカフェ「老爸咖排」のそばにあるのが、ミニ動物園の「淨園休閒農場」。ヤギやコブタ、ウサギ、ライオン、カバ、シマウマ、フラミンゴ、ハクチョウなどが飼育されており餌やり体験をすることも可能。非常に小さな動物園なので歩き回って疲れてしまうこともありません。帰国する前に高雄国際空港周辺の観光スポットで、もうひと遊びしたいというお子さま連れのファミリーにもおすすめです。

高雄国際空港は充電スポットが充実!スタバにも充電コンセントあり

高雄国際空港には、無料の充電スポットが多数用意されています。入国ゲートをぬけてすぐの窓際のスペースには「Charging Area」という看板が出ておりタブレットやスマホなどの端末を充電できます。国際線ターミナル1階にあるスターバックスにも、座席の下に充電用のコンセントがあるため自由に使ってOK。スターバックスの営業時間は午前6時から深夜0時までです。

国際線の搭乗口そばにあるスマホ充電チャージャーは、このような形をしています。「モバイルバッテリーチャージャー」という日本語とともに絵で使い方が説明されているので分かりやすいですね。ひとつひとつの置き場に鍵が設置されているため、防犯面もかんぺき。鍵の紛失とスマホの置き忘れ帰国にはくれぐれもご注意を!

台湾では高雄国際空港でSIM購入?それともポケットWi-Fiのレンタルが必要? 

高雄への旅行にはスマホやタブレットを持参する予定がありますか?台湾では日本以上にインターネットが普及しているため無料Wi-Fiスポットも多数。もちろん高雄国際空港でもiTaiwanという無料Wi-Fiサービスの利用が可能です。iTaiwanは国際線ターミナル1階にあるスターバックスの隣の旅客サービスセンターで申請手続きができます。営業時間は平日午前8時から午後4時30分。午後12時30分から午後1時までの間は閉まっているので要注意。

iTaiwanの申請に必要なのはパスポートの提示だけ。オンライン上でパスポート番号と生年月日を入力すればすぐにWi-Fiが使えるようになります。事前に公式ホームページ上からの登録も可能です。

便利な一方で、公衆Wi-Fiはセキュリティなどの安全性で心配になることもありますよね。そのような方は高雄で使えるSIMを高雄国際空港で購入するのがおすすめ。旅客サービスセンターそばには台湾大手の通信会社・中華電信と台湾大哥大のカウンターがあり、海外からの旅行者向けSIMプランを複数提供しています。

中華電信の3日間データ使い放題プランは300元(1,040円)。7日間データ使い放題プランは500元(1,740円)です。ただし4G対応の端末に限り有効のSIMカードなので、お使いの端末をよく確認しましょう。

台湾でポケットWi-Fiが必要か検討中の方は、大手三社「イモトのWiFi」「フォートラベル GLOBAL WiFi」「ワイホー」のいずれかのレンタルがおすすめです。

高雄国際空港(KHH)から始まる高雄旅行でたくさんの想い出を!

高雄国際空港からの市内へのアクセスと空港でのおすすめの過ごし方をご紹介しました。高雄国際空港の国内線乗り継ぎをして台湾のハワイと呼ばれるリゾート地をまわるのもよし、ご案内した市内へのアクセス方法を駆使して高雄観光を120パーセント漫喫するのもよし。高雄国際空港ではコインロッカーやラウンジ、喫煙所、空港周辺の観光施設などを活用して自分らしく過ごしましょう。

高雄でWi-Fiを使う予定の方は、ご紹介したSIMの購入やポケットWi-Fiのレンタル、無料充電スポットの利用も検討してみて。高雄国際空港から始まる高雄旅行でたくさんの想い出を作ってくださいね。

AoiMakoto

読者の皆さんとTapTripで世界1周を目指します!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事