水戸の美味しい名物TOP15!納豆だけじゃない美味しい食べ物が沢山

646

views

0

水戸の名物を案内します。水戸といえば納豆がついつい頭の中に浮かびますが、実際には納豆以外にもいろいろな食べ物があり、名物としておいしいものばかりです。そんな水戸の名物を15アイテム厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

水戸といえば納豆!だけじゃない

出典: www.jalan.net

水戸の名物を紹介します。水戸は納豆が有名なイメージが強いですが、納豆だけが水戸の名物ではありません。水戸と茨城県内にはいろいろなご当地のお土産が存在しており、おいしい食べ物をその場で食べたり、あるいはお土産に持ち帰ったりできます。そんな水戸の名物を茨城県の県内から水戸に入ってくるものも含めて、おすすめを15アイテム厳選しました。

水戸でおすすめの名物:第1位 黄門料理

黄門料理は、水戸の名物料理です。これは水戸黄門でおなじみの水戸藩の二代目藩主、徳川光圀(みつくに)という人物にちなんだ料理。彼の思想・好んだ料理で、これを食べた光圀は当時の平均年齢よりも20歳近く長生きしました。そんな健康的な料理を再現したものです。

光圀は食べ物へのこだわりが強いと伝えられ、中国の明滅亡時に日本に亡命した朱舜水(しゅしゅんすい)との交流を通じて、牛肉料理をはじめチーズの一種「白牛酪(はくぎゅうらく)」や中国製のハム、あるいは餃子の存在を知り、そして食べたと伝わります。

また、光圀は牛乳酒を好んだとも伝えられます。それは牛乳に酒と水、そして砂糖を使いました。そんな水戸黄門由来の料理を文献を元に再現し、現代人の味覚に合わせた黄門料理が誕生。

水戸市内にある数カ所の飲食店で黄門料理を食べられます。たとえば老舗の日本料理店「水戸山口楼本店」でも、2日前までの予約制で出している黄門会席15000円相当や黄門料理御膳7500円相当を、リッチにいただけます。かつての人気時代劇だった水戸黄門が実際に食べた料理に近いものを水戸でいただければ、良き思い出になります。

山口楼本店
住所:
茨城県水戸市大工町1丁目5-20
営業時間:
11:00-24:00
電話番号:
029-231-1231
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅から車で10分

水戸でおすすめの名物:第2位 あんこう鍋「元祖あんこう鍋 山翠」

出典: www.jalan.net

アンコウ料理は水戸の名物のひとつ。アンコウは、茨城県全体で食べられることが多い食材。鹿島灘地域は黒潮と親潮がぶつかる海域ということもあり、プランクトンが豊富。そのため、特に上質のアンコウが水揚げされています。水戸もそんなアンコウ料理を出しているお店がいくつもあります。

最も基本的な食べ方はあんこう鍋。これは、西のふぐと並んで東日本を代表する鍋料理。見た目こそグロテスクながら、ふぐと違い毒がないため肝をはじめあらゆる部位が食べられるので、アンコウの部位を7つ道具と称して重宝されます。

出典: www.jalan.net

水戸市内にある、あんこう鍋でのお店でイチオシは、山翠 (さんすい) 。元祖あんこう鍋と店名に書かれている名店で、こちらではあんこう鍋のコースを提供しています。2時間飲み放題付なので、宴会にはぴったり。あらゆる部位をおいしくいただけます。

また、このお店ではアンコウのほかにも奥久慈しゃも鍋やブナ豚のしゃぶしゃぶなども用意しています。季節ごとの郷土料理のコースもあるので、水戸の味を堪能したい時に注文するのも良いでしょう。そのほかランチタイムも営業しており、あんこう鍋こそないものの、リーズナブルでおいしいごはんが味わえます。

元祖あんこう鍋 山翠
住所:
茨城県水戸市泉町2丁目2-40
営業時間:
11:00~14:30、17:00~22:00
電話番号:
029-221-3617
定休日:
火曜日
アクセス:
水戸駅から車で6分

水戸でおすすめの名物:第3位 常陸牛「巨匠」

出典: www.jalan.net

常陸牛(ひたちぎゅう)は、水戸の名物です。厳密には茨城県のブランド牛で、茨城産の黒毛和牛の中でも肉質等級が4以上で歩留等級がAもしくはBと格付けされた牛肉のみが認められた名称。幕末ごろから牛肉の飼育が始められ、九代藩主徳川斉昭の時代に桜野牧を設置したことから始まります。

肉の特徴は赤みが主体ですが、その中に脂身がほどよく入り込んでいます。名乗れる条件が厳しいなか、海外との取引では、ベトナムやタイなどに輸出。2016年の時点で173戸の農家、販売店は500店を越えています。

出典: www.jalan.net

水戸市内には常陸牛が食べられる店がいくつかありますが、イチオシは、巨匠(きょしょう)。こちらはステーキハウスで鉄板焼きなども行っています。常陸牛はランチタイムから提供しておりビーフカツレツランチ1500円、ランプステーキランチ2500円、サーロインステーキランチ4500円など。

夜はランプステーキ、みすじステーキ、サーロウィンステーキ、ヒレステーキと常陸牛の部位ごとのステーキを提供。150グラムと250グラムから選べます。常陸牛のほかにはキングサーモン、海鮮サラダなどのメニューがあり、たくさん肉を食べた後には、最適なアイスクリームなどもあります。

巨匠
住所:
茨城県水戸市栄町1丁目1-8
営業時間:
11:00~14:00、17:00~2:00
電話番号:
029-233-2904
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅から車で9分

水戸でおすすめの名物:第4位 奥久慈しゃも

出典: www.jalan.net

水戸の北、茨城県北部に奥久慈という地域があります。ここでは、しゃも(軍鶏)が名物です。闘鶏で使われるほど気性の荒い、闘争本能を持つしゃもは、小型ながらも肉が引き締まっており、おいしいと評判。ジビエを思わせる野趣あふれる味わいとその歯ごたえは、ブロイラーでは体験できません。

特に奥久慈のしゃもは、ヘルシーで低脂肪。茨城県内はもとより、東京都内からも買い付けに来る業者がいるほどです。そんなおいしいチキン料理は、もちろん水戸市内で食べられるので、ぜひ味わってみましょう。

水戸で、奥久慈しゃもを食べれるおすすめのお店が、五鐵 夢境庵(ごてつ むきょうあん)。あんこうや黄門料理も出していますが、イチオシは奥久慈しゃもということで、軍鶏鍋を2人前から提供しています。通常の鍋とすき焼き鍋から選んでください。

また、しっかりとした歯ごたえが味わえる、もも焼きや手羽焼き、唐揚げなども提供。奥久慈しゃもの有精卵を使った茶碗蒸しも絶品です。そしてランチタイムでもこのしゃもが食べられるようになっており、軍鶏親子丼はぜひ味わっておきたいところ。いちど奥久慈しゃもを食べると、ブロイラーが食べられなくなるかもしれません。

五鐵夢境庵
住所:
茨城県水戸市南町1丁目3-27
営業時間:
11:00~14:00、17:00~21:00
電話番号:
029-225-6073
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅から車で6分

水戸でおすすめの名物:第5位 水戸うどん

出典: www.jalan.net

水戸にもおいしいうどんを出している店がいくつもあります。また通常のうどんもおいしいですが、JA水戸では新しいうどんを開発しました。それはモロヘイヤが入っているうどん。モロヘイヤを粉末状にして小麦と混ぜ合わせて、麺として練り込んでいます。

製造場所は筑西市にある新井製麺所で、無着色なためモロヘイヤの色がうっすらついています。その味わいはモロヘイヤの風味が生きており、コシもしっかりしています。無添加食品というのもうれしいところ。これは水戸のお土産としてぜひ検討しておきたい逸品です。

水戸のうどんの名店の中でも、ぜひおすすめしたいのがうどん家 ふ和ら(ふわら)。こちらではカルボナーラのパスタをうどんで再現したという、出汁で作ったカルボナーラうどんがあり大人気です。うどんの新しい可能性を感じる味わいをぜひ体験したいところ。

また特製カレーうどんも侮れません。もちろん定番のうどんも用意しており、ざるうどん、かけうどんというシンプルな物。またはかき揚げうどん、鍋焼き肉汁つけうどん、返したきぬうどんなどもおすすめです。そのほか黒板にはいろいろなうどんがあるので、好みで選びましょう。

うどん家 ふ和ら
住所:
茨城県水戸市南町2丁目4-45
営業時間:
11:30~15:00、17:30~23:00
電話番号:
029-303-7900
定休日:
日曜日
アクセス:
水戸駅から車で8分

水戸でおすすめの名物:第6位 川魚料理

出典: www.jalan.net

水戸を含めた茨城県では川魚料理が名物。これは琵琶湖に次ぐ広さを持つ霞ヶ浦があるからです。そこで取れる鯉は特産品として、旨煮や鯉寿司などとして提供する店がいくつもあります。鉄分が多く昔から二日酔いや貧血などの予防として珍重されました。

また、アメリカナマズなどのナマズを霞ヶ浦で養殖しており、生臭みが無い食材として評判。日本有数の天然ウナギの産地でもあり、特に牛久地域ではうなぎの専門店が軒を並べます。水戸に来たなら海ではなく川に生息する魚を味わってみるのも旅の良き思い出です。

出典: www.jalan.net

水戸の川魚でおすすめのお店が、川桝 (かわます)。ここはうなぎを専門に扱うお店。うな丼は2段階、うな重は5段階から選べます。また。蒲重、蒲焼、白焼きなども選べます。今では高級食材となってしまいましたが、地元の天然うなぎのおいしさは格別。

また、うなぎと共に味わいたい一品料理もそろっています。肝焼き、うざく、焼き鳥、柳川など。うなぎの茶碗蒸しも絶品です。料理のほかアルコールドリンクも含めて全体的に割高ですが、それでも納得できるものが食べられるので、特別な記念日や接待などで利用したいところです。

川桝
住所:
茨城県水戸市宮町1丁目3-23
営業時間:
11:00~21:00
電話番号:
029-221-3606
定休日:
日曜日
アクセス:
水戸駅から徒歩4分

水戸でおすすめの名物:第7位 ローズポーク

水戸の名物として、ローズポークもおすすめです。これは茨城のブランド豚ですが、3種類の豚を購買することで生まれた品種。茨城県の花であるローズの名を用いていますが、これはもともと茨城県の養豚試験場が系統豚として開発した豚の名前です。

この品種は、どの業者も利用できるものではなく、あらかじめ指定された生産者と販売者のみとなっており、厳重に管理されています。その肉質は光沢と保水性があり、きめ細かな肉質でしまりが良いこと、あるいは白い脂肪でしまりよく、粘りがあることなどが挙げられます。

ローズポークの味わいは、風味があり、歯触りの良さと柔らかさが求められます。水戸市内にいくつか食べられるお店がありますが、イチオシが「こだわりとんかつ あぢま 京成店」。ローズポークを使ったとんかつがいただけます。

最も人気があるのは、特選ロースかつ定食で150グラムのボリューム。かぶりつくと肉汁があふれ出てくるのがわかります。ロースカツ定食は120グラムや230グラムのジャンボサイズ、あるいは限定の200グラム厚切り定食などもあります。限られた店でしか食べられない茨城・水戸の名ポークを、ぜひいただきましょう。

こだわりとんかつ あぢま 京成店
住所:
茨城県水戸市泉町1丁目6-1
営業時間:
11:00~22:00
電話番号:
029-302-5067
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅から車で9分

水戸でおすすめの名物:第8位 おみたまプリン

かつてメディアにも紹介され大人気だったのがおみたまプリン。2005年に販売されたプリンですが、高価な商品なのにあっという間に完売したという伝説の逸品でした。しばらく販売が中断していましたが、入手が容易な状態で復活しました。

ちなみに「おみたま」というのは、平成の大合併でできた新しい地名に由来するもので、現在の小美玉市のこと。合併前の町おこしで旧小川町商工会がこだわりのプリン開発に尽力しました。プリンの中はクリーム層とプリン層に分かれていますが、これは自然に起きる現象。そこに絡めるジュレが乗っています。

本来は茨城空港の開港に合わせて作られたスィーツ。復活後は水戸の駅前でも手に入るようになりました。それは茨城味撰倶楽部というお店で、場所は水戸駅前のエクセルみなみの中にあります。

ここは小美玉プリンをはじめ、茨城県のこだわりの名産品がそろったお土産屋なので、ぜひ立ち寄りたいところ。茨城ブランドを誇る60社もの商品があるため、どれを購入すればよいか迷ってしまうでしょう。おみたまプリンのほかにおすすめなのが、大洗の干物、常陸牛カレー、涸沼のしじみなどです。

エクセルみなみ 茨城味撰倶楽部
住所:
茨城県水戸市宮町1丁目7-31
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
029-231-7711
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅直結

水戸でおすすめの名物:第9位 常陸秋そば

出典: www.jalan.net

常陸秋そば(ひたちあきそば)は、水戸を含めた茨城のそばブランドです。県の北部はもともと江戸時代からのそばどころで知られていましたが、この事業は1978年から進められ、県内にある当時の在来種の中でも最もよい品種を元に1985年に新たに作られました。

主に県の北部で栽培されています。特徴は黒褐色していて身が大きめ、そして粒がそろっており、そばのレベルとしては、全国のそば職人からトップクラスと評価されているほど。2003年には常陸秋そばフェスティバルを初めて開催し、ブランドそばとしてその地位を確立しつつあります。

プロのそば職人も一目置く常陸秋そばは、水戸でいくつか食べられるお店がありますが、おすすめしたいのがそば眞(そばしん)。こちらはこの常陸秋そばを挽くところから始めます。挽きたてたそば粉をその場で打ち、そしてゆでたてを提供。

そばの種類は、そば粉が8割の二八そばです。専用の小部屋で打っているため、のどごしがツルツルと味わえるバランスの良いそばを味わえます。メニューは、最もそばの風味が味わえる冷たいそばのほか、寒い時には体が温まるあったかいそばや、お得なセットメニューがあります。

蕎麦屋そば眞
住所:
茨城県水戸市南町1丁目2-4
営業時間:
11:30~14:00、17:30~20:30
電話番号:
029-224-0375
定休日:
土・日曜日
アクセス:
水戸駅から徒歩10分

水戸でおすすめの名物:第10位 水戸藩ラーメン

出典: www.jalan.net

水戸藩ラーメンは、水戸で食べられるご当地グルメ。こちらはカレーと並んで国民食となったラーメンを、江戸時代の初期に水戸黄門こと徳川光圀が日本で初めて食べたという由来から来ています。滅亡した中国の明から亡命した朱 舜水(しゅ しゅんすい)の影響で食べたとされた、当時の中華めんを再現しました。

当時はバブル景気崩壊後の時代で、町おこしとして市内の製麺業者が取り組みました。大きな特徴は、レンコンの粉を練り込んだ麺にあります。さらにニラ、ラッキョウ、ネギ、ショウガ、ニンニクという薬味が添えられます。

1993年から発売開始。光圀の時代は綱吉の生類憐みの令があった時代でしたが、それを無視していたために動物性のスープも使われていた可能性があります。現在、この水戸藩ラーメンが水戸で食べられる店はいくつもありますが、おすすめなのが、石田屋水戸藩らーめん。

こんにゃくラーメンの食感にも近い水戸藩ラーメンをはじめ通常のラーメンやワンタンなど、いろいろなラーメンがいただけます。また丼物やチャーハン、カレーライスなどもあり、中華系の定食もあるので、ラーメン専門店ではなく昔ながらの中華料理店に近いものが食べられます。

石田屋水戸藩らーめん
住所:
茨城県水戸市柳町1丁目6-23
営業時間:
11:30~19:00
電話番号:
029-226-8966
定休日:
水曜日
アクセス:
水戸駅から車で5分

水戸でおすすめの名物:第11位 スタミナラーメン

出典: www.jalan.net

水戸には水戸藩ラーメンとは別にスタミナラーメンというご当地グルメがあります。厳密にはひたちなか市の味。最初に味が付いたレバーやキャベツ、ニンジンなどの具で甘辛いあんを用意します。そこからは2パターンあり、ホットと呼ばれるそのまま醤油ラーメンの上にかけるタイプと、冷やしと呼ばれる冷水で締めた麺にかけるタイプがあります。

1970年頃に勝田駅前にあった大進という店のオーナーが発案しました。それを実際につくった店長の長井順一は独立し、スタミナラーメン松五郎を開店。これがスタミナラーメン発祥の地として現在も絶大な人気があります。

総本家とされるスタミナラーメン松五郎は、2代目となり現在ひたちなか市のとなり水戸市内に店があります。メニューは通常のスタミナが750円、そのほかは、1.5玉の麺を使う大盛り800円、2玉850円、2.5玉900円、3玉950円という具合にボリュームたっぷりの麺を用意しています。

これは「若い学生に栄養のあるものを食べてほしい」という先代の願いが込められているから。同様に冷やし麺も並から3玉まで選べるようになっており、料金はホットと同じです。また通常のラーメンやスタミナ丼などのご飯ものもメニューに入っています。

スタミナラーメン 松五郎
住所:
茨城県水戸市袴塚1丁目4−2557番
営業時間:
11:00~14:20、17:00~19:50
電話番号:
029-221-9598
定休日:
月曜日
アクセス:
水戸駅から車で11分

水戸でおすすめの名物:第12位 ほしいも

出典: www.jalan.net

ほしいも(干し芋)は、水戸を含めた茨城の名物。生産量が日本一を誇ります。原料であるサツマイモの生産量も日本で2番目に多いことから、この食品を積極的に作りました。シェアは全国で90パーセントとその高さがうかがえます。

実はほしいもも二種類あり、一般的なタイプは平干しと呼ばれるもの。長期保存にも向いている保存食としても使われます。それに対して茨城ならではのものが丸干しというタイプ。原料をそのまま干したもので、厚みがあるために干すのに時間がかかるため、生産量が少なく希少品です。

水戸でこの干し芋を買うのなら幸田商店がおすすめ。本社と工場は隣りのひたちなか市にありますが、水戸駅前のエクセルみなみに直営店があるので、水戸観光のお土産にうってつけです。

商品は平干しタイプには、紅はるか、シルクスィート、いずみ種、玉豊など多数の品種を使っており、それぞれにパッケージに名前が書いてあるので食べ比べも可能。このほか丸干しには、紅はるかといずみ種、さらに珍しい角干しタイプには紅はるかを使っています。こちらでは干し芋のほかにも、乾燥野菜やいろんなお菓子を販売しています。

幸田商店 エクセルみなみ店
住所:
茨城県水戸市宮町1丁目7-31 3F
営業時間:
10:00~20:30
電話番号:
029-228-1137
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅直結

水戸でおすすめの名物:第13位 茶の実トリュフ

水戸を含めた茨城で、和スーツなどを求めるのなら、茶の実トリュフがおすすめです。これは水戸から見て西側にあり、埼玉県との県境付近にある猿島茶の本場「野口熊太郎茶園」が直営している日本茶カフェが開発したオリジナルスィーツ。

もともとはこの店でしか食べられないものでしたが、お土産用に購入できるようになっており、緑茶のミニボトルとセットで販売しています。その味わいは口に含むとあっという間に溶けてしまい、口の中に残されたのは甘さだけというもの。ついつい次のひとつに手が出てしまいそうなスィーツです。

苦みのある日本茶との相性が絶妙なこのスィーツは、通販などでも買えるのですが、水戸市内でも購入できる場所があります。それは見晴亭というお土産店。水戸・茨城が誇る観光名所偕楽園の東門すぐのところにあります。20坪ほどのスペースに700はあろうかという茨城の名産品がそろっています。

お土産のほかパンフレットも数多く置いてあるので、最初に立ち寄って情報収集にも適した場所。そして帰りに茶の実トリュフをはじめとするお土産を物色しましょう。また食べ物のほか、郷土の工芸品も販売しています。

見晴亭
住所:
茨城県水戸市常磐町1丁目3-2
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
029-306-8911
定休日:
無休
アクセス:
偕楽園前駅から徒歩1分

水戸でおすすめの名物:第14位 梅菓子

水戸は梅菓子を名物としています。これは日本三大名園のひとつとして名前が知られている偕楽園に3000本とも言われている梅が植えられている名所だからです。特に2月から3月にかけて行われる水戸の梅まつりには、藩校のあった弘道館の梅も咲き誇り、そんな梅を愛でながらお土産に梅菓子を買い求めておきたいところ。

例えば梅肉を寒天や砂糖と一緒につめてゼリーにした「のし梅」、紅梅色の華やかさが何ともいえない梅ようかん、梅肉を混ぜ込んで作った梅さぶれ、そして藩主徳川斉昭が考案したという梅干し「紫錦梅」は、偕楽園の梅の実を使いました。

出典: www.jalan.net

そのなかでも、水戸の梅はイチオシといえる逸品。餅入りの求肥を用意し、それに赤しその葉でつつんで作られる和菓子。これはもともと徳川斉昭が作られたという菓子がヒントになったのだと伝わります。また別の店では明治時代に時の県令(知事)が、観光客向けの土産の開発を命じたことで誕生したという説も。

現在でも複数の店で同名のお菓子が作られています。最も手に入りやすいのがあさ川のもので、水戸駅と直結しているエクセルみなみに直営店舗を有しています。水戸観光の帰りに立ち寄って買って帰りたい逸品です。

老舗の銘菓 あさ川 エクセルみなみ店
住所:
茨城県水戸市宮町1丁目7-31
営業時間:
10:00~20:30
電話番号:
029-231-3662
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅直結

水戸でおすすめの名物:第15位 水戸納豆

出典: www.jalan.net

水戸の名物で忘れてはいけないのは納豆。大豆の発酵食品で強力な納豆菌を使います。水戸では納豆造りが大変古く、平安時代にさかのぼります。伝承では奥州に向かう源義家が途中水戸の屋敷に立ち寄った際に、煮豆の残りから偶然に誕生したとされます。

明治維新までは家庭で食べられる食べ物でしたが、明治時代に天狗納豆が発売されてから、全国に向けて売られるようになりました。昭和初期の頃には全国のブランドとして広まり、今では水戸の名物として知らない人を探すのが難しいほどの存在となりました。

水戸のお土産店に行けばどこでも販売している納豆。おすすめは水戸納豆株式会社の直営店が水戸駅に直結しているエクセルみなみにあります。昭和の創業ながら当時の製法を守りつつ、造り続けられています。

最もオーソドックスな経木納豆は、松の木を使った経木入りの納豆で、創業当初と変わらぬ味。冷凍保存も可能です。また、北海道産のユキシズカ大豆を使用した、にがり水仕込水戸納豆は、にがり水を使用しており、まろやかな味わいに仕上がりました。このほか、贈答・ギフトにも最適なセットなどもあるので、観光の帰りにぜひ立ちよりましょう。

水戸納豆製造
住所:
茨城県水戸市宮町1丁目7-31
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
029-306-9202
定休日:
無休
アクセス:
水戸駅直結

ぜひ水戸で名物を堪能してください!

出典: www.jalan.net

水戸の名物は、納豆のほか水戸黄門で有名な光圀由来の物、幕末に活躍した水戸斉昭に関するものをはじめ、ブランド化した特産物や町おこしで開発されたご当地グルメなど実にいろいろなものがあります。ぜひ水戸に観光に来る機会があれば、これらの名物をできるだけ食べ、そしてお土産に持ち帰りましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【茨城】水戸のおすすめホテル15選

    東京から比較的近く、「水戸黄門」でおなじみの水戸徳川家にも所縁のある茨城県水戸市。今回はビジネスや観光で訪れる人も多いであろう、水戸のおすすめホテル15軒を紹介します!

  • 茨城県・偕楽園周辺の観光スポット!関東を代表する庭園を味...

    時は江戸時代。徳川一族が愛でた素晴らしい庭園が茨城県水戸エリアに遺されています。整った景観にもてなされて当時の雰囲気を感じ取りませんか?今回は偕楽園一帯の観光スポットをご紹介します。

  • 茨城・水戸駅3分以内の駅近ホテルおすすめ3選!水戸観光にぴ...

    茨城県庁所在地水戸市の中心駅「水戸駅」周辺にはビジネスや観光に便利なホテルが数多くあります。そこで今回は、駅直結もしくは徒歩3分以内でアクセスできる「本当の駅近ホテル」をテーマにおすすめホテルをご紹介します!

  • 水戸で人気のパンケーキのお店人気TOP15!シンプルなものから...

    茨城県水戸市にはさまざまなタイプのパンケーキ店があり、知る人ぞ知る「パンケーキ激戦区」となっています。有名チェーン店をはじめ昔ながらの喫茶店のものまで豊富なラインナップのお店が並び、魅力あふれるパンケーキ店ばかり。今回はそんな水戸でおすすめしたいおすすめのパンケーキ店15軒を選りすぐりでお届けします。

このエリアの新着記事
  • 水戸で人気のパンケーキのお店人気TOP15!シンプルなものから...

    茨城県水戸市にはさまざまなタイプのパンケーキ店があり、知る人ぞ知る「パンケーキ激戦区」となっています。有名チェーン店をはじめ昔ながらの喫茶店のものまで豊富なラインナップのお店が並び、魅力あふれるパンケーキ店ばかり。今回はそんな水戸でおすすめしたいおすすめのパンケーキ店15軒を選りすぐりでお届けします。

  • 茨城県・偕楽園周辺の観光スポット!関東を代表する庭園を味...

    時は江戸時代。徳川一族が愛でた素晴らしい庭園が茨城県水戸エリアに遺されています。整った景観にもてなされて当時の雰囲気を感じ取りませんか?今回は偕楽園一帯の観光スポットをご紹介します。

  • 茨城・水戸駅3分以内の駅近ホテルおすすめ3選!水戸観光にぴ...

    茨城県庁所在地水戸市の中心駅「水戸駅」周辺にはビジネスや観光に便利なホテルが数多くあります。そこで今回は、駅直結もしくは徒歩3分以内でアクセスできる「本当の駅近ホテル」をテーマにおすすめホテルをご紹介します!

  • 【茨城】水戸のおすすめホテル15選

    東京から比較的近く、「水戸黄門」でおなじみの水戸徳川家にも所縁のある茨城県水戸市。今回はビジネスや観光で訪れる人も多いであろう、水戸のおすすめホテル15軒を紹介します!

この記事のキーワード