盛岡で名物料理が食べられるお店TOP17!冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばなど一挙紹介!

240

views

0

盛岡の名物料理を案内。岩手県県庁所在地の盛岡には、いわゆる三大名物麺があります。そのほかにも、いろんな名物が食べられるようになっております。おすすめで評判の高いところを17か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

盛岡の名物料理とは・・?

出典: www.jalan.net

盛岡の名物料理は、いわゆる三大麺と呼ばれるものがあります。それは「わんこそば」「冷麺」「じゃじゃ麺」。このほか盛岡市民がソウルフードと思っている食べ物やスィーツ類、宮沢賢治ゆかりのカフェなど、楽しめるグルメが目白押し。観光やビジネスで盛岡に来たときには、こういった名物料理をぜひ頂きたいところです。ここではそんな盛岡の名物を評価の高い順番にひとつずつ紹介してきます。

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第1位 光原社 可否館

出典: www.jalan.net

光原社 可否館(こうげんしゃ かひかん)は、盛岡出身の童話作家・宮沢賢治ゆかりの場所。賢治が生前唯一出版した童話集・注文の多い料理店を発刊し、社名も賢治が名づけました。そんな光原社の敷地内にはいくつもの店舗があり、可否館という名の喫茶店があります。賢治の世界、童話で登場しそうな建物の扉を開けると、中も同様の雰囲気。欧米社会のステンドグラスやメキシコの民芸品である豚皮張り椅子など、いろんな地域のものが一緒になりながら見事に調和のとれた世界が広がっています。

出典: www.jalan.net

賢治ファンが盛岡に来たら必ず訪れる喫茶店のおすすめメニューは、いくつものメニューがあるコーヒー。注文するとその場でミルを使い豆を挽き、そしてハンドドリップで提供。珈琲好きにはたまらないひととき。その味わいが美味しいのはもちろん、そこに賢治の世界が良いアクセントになっています。コーヒーカップも「出西」「石飛勲」の器を使うこだわりよう。珈琲のほか、自家製ワインゼリーやオリジナルバニラアイスなどがおすすめ、セットで味わいましょう。

光原社 可否館
住所:
岩手県盛岡市材木町2-18
電話番号:
019-622-2894
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩10分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第2位 福田パン・長田町本店

出典: www.jalan.net

盛岡でパンといえば、その名前が必ず登場するほと有名なのが「福田パン」。市民にとってはソウルフードのようなポジションを持っているほどの存在。終戦から3年後の1948年に創業した創業者は宮沢賢治に直接指導を受けた教え子です。いつも混雑しているパン屋さんのメニューは60種類以上と大変と豊富で、その日用意したものがすべてなくなれば営業終了というスタイル。基本は好きな味の餡を2種類塗ってもらうので、出番の前に決めておくとスムーズです。

出典: www.jalan.net

そんな福田パンでのおすすめですが、イチオシがあんバター、バターとあんこの組み合わせで、3割近くの人が購入するほどの人気。またノスタルジックな風味を感じるピーナッツバターや料理パンとしても最適なコンビーフたまご、ヘルシーなオリジナル野菜と、その組み合わせバリエーションは数えきれないほど。レンコンシメジやキーマカレー玉子などもおすすめ。おしゃれなパンを作る店が増えて行く中で、昔ながらのコッペパンにいろんな味付けでバリエーションが豊富な福田パンがソウルフードな理由もうなづけます。

福田パン・長田町本店
住所:
岩手県盛岡市長田町12-11
電話番号:
019-622-5896
営業時間:
7:00~17:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩14分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第3位 藤原養蜂場

出典: www.jalan.net

藤原養蜂場(ふじわらようほうじょう)は、明治34年創業。盛岡で蜂蜜やローヤルゼリーなどを販売しています。実績のある純国産の蜂蜜ということで高い評価を得ています。その中でもイチオシは藤原黄金蜂蜜シリーズ。これはそれぞれの花が咲く最盛期に採菜したこだわりのもの。「栃」と「あかしあ」があります。6月頃に白い花を咲かせる栃シリーズは種類も豊富。ガラス瓶とポリ容器から選べます。

出典: www.jalan.net

味の特徴は、爽やかさを中心としながらコクがしっかりとしています。蜂蜜をつけた素材の美味しさをパワーアップさせてくれます。またこの蜂蜜を使ったジェラートも人気。本社と隣接する場所にジェラートワンという直営店舗があります。はちみつ入りジェラートの種類は15種類ほど。イートインスペースもあり、ジェラートのほか、たこ焼き、ひっつみ定食などもあります。また紅茶には蜂蜜使い放題というサービスがあります。

藤原養蜂場
住所:
岩手県盛岡市若園町3-10
電話番号:
019-624-3001
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
月曜日
アクセス:
盛岡駅から車で7分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第4位 東家本店

出典: www.jalan.net

東家本店(あずまやほんてん)は盛岡のそばどころ。盛岡のそばといえば、名物のわんこそばがあり、このお店でも食べられます。盛岡三大麺と言われるわんこそばは基本食べ放題で、多くのお椀をどんどん重ねながら食べるスタイル。そばは温かく、給仕が付きます。最近は椀の数制限があったり、冷たいそばをあらかじめ用意したりする店も増えてきましたが、東屋本店は明治40年創業からこの本来のスタイルで、わんこそばがいただけます。

出典: www.jalan.net

東家本店のわんこそばは、食べ終わったお椀をテーブルの上に重ねるものと、重ねずにお椀を引き下げ、算木で数をカウントするタイプの2種類。中学生までは550円割引で3歳以上は1100円引きとなっています。わんこそばの量は15杯で通常のかけそば1杯分で、100杯以上食べると手形がもらえます。今までの最高記録は男性500杯、女性570杯。また勘違いすることが多いのですが、特に急いで食べる必要はありません。マイペースで給仕との会話を楽しみながらいただきましょう。

東家本店
住所:
岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目8-3
電話番号:
019-622-2252
営業時間:
11:00~15:00、17:00~20:00
定休日:
月曜日
アクセス:
盛岡駅から車で8分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第5位 直利庵

出典: www.jalan.net

直利庵(ちょくりあん)は盛岡にあるそば屋。ここもわんこそばが名物です。こちらでは事前予約制の「特」をはじめ予約不要の「上」「並」から選べるようになっていて、その違いは一緒に供される刺身のグレードやおかずの量などによります。わんこそばの他にも通常のそばメニューの種類が豊富。かけそばをはじめその種類は40種類以上あり、どれを選べばよいのか迷うほど。事前予約制で、料金も時価というジャンボ天そば、ジャンボ天というのもおすすめです。

出典: www.jalan.net

そばメニューは大盛りと逆に半盛りを選べます。また「そば」そのものだけに関してはリーズナブルな料金でお代わりも可能。日本そばの他に中華そばのメニューがあり、チューシュー麺などもいただけます。また季節ごとにオリジナルの変わりそばがあります。特に秋には多く登場し、松茸そばなど豪華なものも含まれています。麺類のほか丼物もあります。酒類も豊富なので居酒屋利用にもばっちり。そばについてはテイクアウトメニューがあるので、お土産利用もできます。

直利庵
住所:
岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目12-13
電話番号:
019-624-0441
営業時間:
11:00~21:00
定休日:
水曜日
アクセス:
盛岡駅から車で8分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第6位 タルトタタン本店

出典: www.jalan.net

盛岡にはタルトタタンという名物のスィーツが有名です。このスィーツは本来フランスのもの。タタン姉妹がパリ郊外で宿屋を営み。彼女たちの作るりんご菓子が人気でした。そんな菓子を誤ってひっくり返してしまいます。そのまま捨てるのはもったいないと焼いてみると非常に美味しかったことから誕生しました。造り方ですが、りんごをバターと砂糖使ってキャラメル化するまで炒め、型の中に敷き詰めて上からタルト生地をかぶせて焼き上げます。

出典: cdn.jalan.jp

盛岡で、このタルトタタンの専門店がある理由は、りんごの主要生産地だから。郷土の名物であるりんごをおしゃれなスィーツとして提供しようとこのスィーツを出そうとなり、店名や社名も、解りやすい「タルトタタン」に統一しました。提供しているメニューはタルトタタンのほか、アップルサンドやダブルチョコレート、レモンバウム、デコレーションケーキなど各種ありますので、お土産に買って帰りたい逸品です。

タルトタタン本店
住所:
岩手県盛岡市八幡町13-34
電話番号:
019-626-1700
営業時間:
9:00~19:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から車で10分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第7位 白沢せんべい店

出典: www.jalan.net

白沢せんべい店は、盛岡の老舗和菓子店で名物。これはいわゆる「南部煎餅(なんぶせんべい)」と呼ばれるものの一種です。これは盛岡から見て東北の位置にある八戸が発祥で、藩で用意された非常食でした。最もオーソドックスな煎餅は、小麦粉と水を練って円形をした方で焼き上げます。縁には「みみ」と呼ばれる場所があるのが大きな特徴。そのまま食べるのが一般的ですが、赤飯や水あめを挟んで料理として食べることも。また派生製品として、せんべい汁というのがあります。

出典: www.jalan.net

昭和11年創業の白沢せんべい店は、この南部煎餅を20種類焼き上げています。定番もののほか季節限定物として、食べやすいチョコレート味の物やチーズ味の物も提供。特徴としては「手づくり」へのこだわりです。また一週間前までに予約すれば、工場見学や煎餅の手焼き体験ができます。諸説ありますが、南北朝時代に南朝の天皇だった長慶が、陸奥の国・長谷寺に行幸した際に提供したことが発祥とされる由緒正しい和菓子を頂いてみましょう。

白沢せんべい店
住所:
岩手県盛岡市紺屋町2-16
電話番号:
019-622-7224
営業時間:
9:00~17:40
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から車で6分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第8位 焼肉・冷麺 盛楼閣

出典: www.jalan.net

焼肉・冷麺 盛楼閣(セイロウカク)では、盛岡の三大名物麺のひとつ冷麺が食べられます。朝鮮半島の料理だったものが、日本に渡り盛岡で名物になりました。現在の北朝鮮出身の楊龍哲(よう りゅうてつ)が、食道園というレストランを開業して店で出したのがその始まり。その際ピピン冷麺と呼ばれるスープ無しの麺ではなく、スープを取り入れました。盛岡冷麺という名前は1980年代くらいから使われ始め。2000年には沖縄そば、讃岐うどんなどと同じ扱いとして本場の特産品として公正取引委員会により認定されました。

出典: www.jalan.net

盛楼閣(セイロウカク)の冷麺は、歯ごたえあるのが特徴。冷静スープ付で喉ごしも申し分ありません。添え物のキムチとの相性もバッチリ。通常の並盛りのほか大盛りを選ぶことも可能です。また冷麺ではない温麺というメニューも。後は焼き肉が楽しめます。霜降りの極上ロースをはじめ骨付きカルビや、牛タン、ハラミ、みのなど定番の焼き肉が食べられます。ただし焼肉を食べるときはテーブル席専門なので注意しましょう。

焼肉・冷麺 盛楼閣
住所:
岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5
電話番号:
019-654-8752
営業時間:
11:00~2:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩1分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第9位 チーズケーキハウスチロル

出典: www.jalan.net

ヨーロッパのオーストリアとイタリアにまたがるアルプスの山岳地帯をチロル地方と呼びます。その名前を使ったチーズケーキを盛岡で提供しています。もともとは喫茶店として昭和42年創業。半世紀の歴史を誇ります。「スプーンで食べる」がコンセプト。超濃厚なチーズケーキは、スプーンで一口ずつ救いながら味わってみましょう。まだチーズケーキが日本で出回り始めた当時。明確なレシピもなく試行錯誤で作り上げた逸品です。

通常の定番チーズケーキは、4号サイズから7号サイズまで選べます。またいちご入りのいちごチーズケーキやクッキーインチーズケーキなどバラエティも豊富。より濃厚なレアチーズケーキは「盛岡チロル雪解け」という名前がついています。喫茶店時代の名残ともいえるイートインスペースがあり、出来立てのチーズケーキをその場で食べることもできますし、お土産としてテイクアウトも可能。ちょっとリッチな盛岡土産として買って帰るのも楽しいところです。

チーズケーキハウスチロル
住所:
岩手県盛岡市山岸6丁目34-15
電話番号:
019-663-3355
営業時間:
10:00~18:30
定休日:
無休
アクセス:
山岸駅から車で5分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第10位 盛岡川徳 カフェモロゾフ

出典: www.jalan.net

ゴンチャロフやユーハイムなどと共に、兵庫県神戸の洋菓子店として有名なモロゾフ。ロシア革命から日本に逃れたモロゾフ家が伝えた、ロシア伝統の味は、遠く離れた東北の盛岡にも伝わりました。盛岡の名物百貨店「カワトク」に店舗があります。イートインができるカフェスタイルになっているので、百貨店でのショッピングで疲れたときに気軽に立ち寄れます。ロシア由来の洋菓子をコーヒーと共にゆったり味わってみましょう。

出典: www.jalan.net

盛岡川徳 カフェモロゾフのイチオシメニューはワッフルに関するもの。特にマスカルポーネクリームとミックスベリーのデザートワッフルは、ブルーベリーとイチゴというマスカルポーネとの相性の良いベリーをアーモンドワッフルの上に配しました。ドリンクと一緒に至福のひとときを味わいたいところ。スィーツのほか軽食メニューも用意しており、パスタセットは、サラダとドリンクが付いていて大変お得。またデザートとして店頭で最初から仕立てる焼き立てワッフルもおすすめです。

盛岡川徳 カフェモロゾフ
住所:
岩手県盛岡市菜園1丁目10-1
電話番号:
019-626-0853
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩15分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第11位 ぴょんぴょん舎 駅前店

出典: www.jalan.net

盛岡の三大名物麺のひとつ盛岡冷麺。このネーミングをはじめて使ったのがぴょんぴょん舎という店です。食道園の青木輝人が作り上げた冷麺がヒットしたことで、盛岡在住の在日朝鮮・韓国人が参入していきます。そんな中・昭和62年にぴょんぴょん舎を創業した邊龍雄(へんりゅうゆう)はその前年に日本麺サミットに出店した際に、運営をしていた盛岡市職員に「盛岡冷麺」と名付けることを進められたことがきっかけで、初めてこの名前を使いました。

出典: www.jalan.net

使い始めた当初は、在日の同胞たちからは否定的な目で見られました。「故郷の味の安売り」「日本に祖国の文化を売り渡した」などと言われます。その一方で一般市民からはこの名前が浸透し、やがて盛岡の名物になります。冷麺も日本人の口に合うように改良されていき、ついに2000年には公正取引委員会にも認められます。そんな名物誕生に重要な役割を果たした、お店の冷麺はぜひ味わいたいところ。力強い麺ととスープ、そして辛味キムチと3つの味を楽しみましょう。

ぴょんぴょん舎 駅前店
住所:
岩手県盛岡市盛岡駅前通9-3
電話番号:
050-3477-9381
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩3分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第12位 白龍

出典: www.jalan.net

盛岡三大名物麺のひとつに「じゃじゃ麺」というのがあります。これは中国満州(東北地方)に移住経験のある高階貫勝が、移住していたときに現地の人に教わった、炸醤麺(ジャージアンミエン)を、盛岡の人の口に合わせるように改良を重ねたもの。すでに進化しつくしたのでオリジナルとは別物となっています。中華めんではなく専用の麺を使い、その上に特製肉みそとキュウリ、ネギをかけて食べます。

出典: www.jalan.net

そして食べ終わった後の楽しみが。食べ終わった麺の器に卵を割って肉みそを加え、茹で汁を注いで出来上がるのが、鶏蛋湯(チータンタン)というスープです。白龍 (パイロン)は、じゃじゃ麺発祥の店。屋台から身を興した創業60年の老舗です。秘伝の肉みそは十数種類の材料を混ぜ込んで寝かせました。一度食べると病み付きになり、何度も通いたくなります。店内で食べられるほか、テイクアウトもできます。

白龍
住所:
岩手県盛岡市内丸5−15
電話番号:
019-624-2247
営業時間:
9:00~21:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩20分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第13位 食道園

出典: www.jalan.net

盛岡冷麺をはじめて作ったのが食道園です。大阪には同じ名前の焼き肉チェーン店がありますが、直接の関連はありません。創業者の青木輝人こと楊龍哲(よう りゅうてつ)は、1954年にテーブル4つだけの小さな店を開業しました。そのときに提供したのは自らが子供のころに住んでいた、現在の北朝鮮である咸興(ハムン)の冷麺を再現することから始めました。しかし習ったわけでなく、昔の記憶を頼りに独学で再現しようとします。

出典: www.jalan.net

楊自身が好きだったというスープ付の咸興冷麺を再現。しかし完全再現ではなく、変化を加えます。たとえば本来のそば粉ではなく小麦粉を主体とした麺に変えました。その際ジャガイモのでんぷんを加えたために非常に腰の強い麺になったのが特徴。キムチや牛骨スープでだしを取ります。このときにはまだ盛岡冷麺という言葉もなく、平壌冷麺という名前で販売しました。やがてこの味が盛岡の人たちに受け入れられ、同法の在日朝鮮・韓国人が参入。盛岡冷麺というカテゴリーになって現在に至ります。元祖であり本家の味をぜひ味わいましょう。

食道園
住所:
岩手県盛岡市大通1丁目8-2
電話番号:
019-651-4590
営業時間:
11:00~15:00、17:00~23:00
定休日:
火曜日
アクセス:
盛岡駅から徒歩16分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第14位 一風堂 盛岡店

出典: www.jalan.net

盛岡の新しい名物になりつつあるのが博多の豚骨ラーメン。一風堂は博多発祥ですが日本全国、そして海外にも出店を展開している大手チェーン店です。岩手県唯一の店舗である盛岡店のある場所は盛岡駅からみて東側、北上川を越えたところにあります。わんこそばをはじめ冷麺やじゃじゃ麺と盛岡にも名物となっている麺料理は多いですが、まだまだ九州博多の豚骨スープの店は少なく、そういう意味において非常に貴重な店といえます。

出典: www.jalan.net

お得なのはランチセット。一風堂定番の白丸元味や赤丸新味といったラーメンに100円プラスするだけで、餃子と白ごはんのセット、あるいは150円プラスればハーフサイズのチャーハンがつけられます。麺は平打ちちぢれ麺を使用しており、それも評判を揚げるきっかけに。水の代わりにルイボスティを用意したり、盛岡の歓楽街にあるため深夜遅くまで営業したりと非常に使い勝手の良い店。盛岡に出張などで来る機会があれば、ぜひ立ち寄っておきたいところです。

一風堂 盛岡店
住所:
岩手県盛岡市菜園2丁目3-4
電話番号:
019-604-3500
営業時間:
11:00~3:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩13分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第15位 やまなか屋 盛岡大通店

出典: www.jalan.net

やまなか家は東北地方を席巻する焼肉チェーン店。その一号店は盛岡にあります。場所は盛岡駅から北上川を渡った歓楽街。このお店は焼き肉店の敷居を下げました。それまでは専門店として部位の良い肉はそれなりの値段がしましたが、最も食欲旺盛な若者に食べてほしいという思いから居酒屋と融合。焼肉居酒屋という新業態で出した店です。居酒屋という気軽に飲める状況でありながら、少しだけリッチな肉を焼いて食べることができ高い評価を得ました。

出典: www.jalan.net

焼物メニューは大人数で利用するのに最適な元気盛をはじめ、各種盛り合わせと単品メニューが主体。単品も比較的御手頃価格になっています。居酒屋として楽しめるサラダ類やチーズ類、ナムルやチジミなどいろんなものが頼めて好評です。そしてやはり盛岡ということで、冷麺メニューが締めのおすすめ。作り置きではなく注文を聞いてから作り上げ、冷麺激戦区盛岡でも味に引けを取りません。また温かい温麺もあり、こちらも人気です。

やまなか屋 盛岡大通店
住所:
岩手県盛岡市開運橋通1-36
電話番号:
019-626-2660
営業時間:
17:00~24:00
定休日:
無休
アクセス:
盛岡駅から徒歩11分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第16位 はま寿司 盛岡上田店

出典: www.jalan.net

盛岡は岩手県でも西の山側にあるため、いわゆる寿司などの海産物の名物はあまりありません。そんな中、全国に500店舗展開しているチェーン店で、日本で二番目に大きいはま寿司は、気軽に寿司が食べられる店として市民から重宝されています。寿司が一皿100円からあり、平日には90円と非常に気軽に頼めるのがうれしいところ。一皿に2貫ずつというのが標準なので、カップルで利用してもケンカすることなく楽しめます。

出典: cdn.jalan.jp

はま寿司のメニューは通常の寿司ネタに加えて、あまり見かけないものも多いです。例えば上にアボガドを乗せている物ものやえび天、カルパッチョが乗ったもの、ハンバーグメニューなどもあります。例えば外国人の観光客を迎える際に、生ものが苦手な人が多いときには非常に重宝するでしょう。巻寿司ではカリフォルニアロール、また牛カルビなどの寿司もあります。刺身、ポテトフライ、たこ焼きといった居酒屋メニューも多いので、いろんな人が楽しめます。

はま寿司 盛岡上田店
住所:
岩手県盛岡市上田4丁目19-26
電話番号:
019-624-3903
営業時間:
11:00~23:00
定休日:
無休
アクセス:
上盛岡駅から徒歩26分

盛岡でおすすめの名物料理が食べられるお店:第17位 盛岡手づくり村

出典: www.jalan.net

盛岡の名物は飲食店で食事したり、お土産で買って帰ったりするのが一般的ですが、盛岡手作り村は、一歩進んだ「体験」ができるスポット。観光スポットとしていろんなものを手づくり。体験が味わえます。建物は江戸時代後期に作られた南部曲り家と呼ばれるもので、かつて馬の産地であったこの地方独特の物。当時をしのばせる農工具などもそのまま陳列されており、昔の盛岡の様子が見られます。またこの建物は無料公開しています。そのほかショッピング施設もあり、盛岡の特産品や食べ物を買って帰れます。

出典: www.jalan.net

手づくり工房では、9種類もの体験ができる教室があります。陶芸教室をはじめ、陶器の絵付け、藍染、竹細工、わら細工といった伝統的な体験教室だけでなく、ドライフラワーリースや木工教室といった比較的身近な内容も含まれます。さらに盛岡三大麺のひとつ冷麺づくりの工房もあり、盛岡で頂いた味を体験することで、帰ってから再現することも夢ではなくなりました。各教室については公式ページからリーフレットがあるので、確認のうえ気になるものに挑戦しましょう。

盛岡手づくり村
住所:
岩手県盛岡市繋尾入野64-102
電話番号:
019-689-2201
営業時間:
8:40~17:00
定休日:
無休
アクセス:
小岩井駅から車で5分
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【岩手・盛岡】岩山パークランドを大特集!たのしみ方&おすす...

    岩手県盛岡市にあるテーマパーク、岩山パークランド。ゴールデンウィークや夏休みには、たくさんの子供たちで賑わいます。今回はその岩山パークランドの魅力をたっぷりご紹介します!

  • 岩手・つなぎ温泉で泊まりたいおすすめ旅館7選

    岩手県盛岡市内にあるつなぎ温泉。現在、温泉宿は15軒ほどしかありませんが、温泉の歴史としては11世紀頃からすでに始まっていたとか!?以前は繋温泉と記されていましたが、その読みやすさから今は平仮名表記をすることが多いそうですよ。今回は、そんなつなぎ温泉エリアにあるおすすめの宿を紹介したいと思います。

  • 岩手・盛岡 歴史を感じる奥座敷「つなぎ温泉」おすすめ旅館5選

    北東北の観光の拠点にもなり、御所湖という季節によって素晴らしい景色を生み出す湖のほとりにある温泉街が「つなぎ温泉」。歴史もある温泉が魅力で入るとすべすべ肌になるとか。湖越しに見える岩手山もどっしりとして見とれますよ。五感をつかって癒やされる温泉宿のおすすめ5選をご紹介します。

  • 心洗われるパワースポット!岩手県盛岡市にある報恩寺

    岩手県盛岡市にある報恩寺。座禅堂と五百羅漢が有名で、実はまだパワースポットとしてはあまり知られていないスポットの一つです。岩手へ旅行に行ったついでに、たくさんの羅漢さんからパワーをもらいに立ち寄ってみませんか?

  • 岩手のご当地グルメ盛岡冷麺!絶品おすすめ店5選

    岩手県盛岡市の盛岡冷麺は、小麦粉やじゃがいもなどのデンプンで練られた、コシがあり半透明な麺が特徴。朝鮮半島の冷麺を参考に盛岡で独自の進化をしたといわれています。今では全国的に有名ですが、やはり食べるなら本場!ということで、盛岡市でオススメのお店を5店舗ご紹介したいと思います。

  • 【岩手】盛岡のおすすめホテル15選

    ビルやホテルなど、駅前には都会的な要素が立ち並ぶ岩手県盛岡市。豊かな自然と都市が融合する盛岡は、深い歴史があり多くの観光客が訪れます。今回は旅行にもビジネスにも使える盛岡のおすすめホテルをご紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • 盛岡で人気のおしゃれカフェTOP20!女子会からデートまで使え...

    岩手県盛岡市のおしゃれなカフェ屋さんをご紹介します!盛岡市は岩手県県庁所在地。「岩手わんこそば」「盛岡じゃじゃ麵」など、人気ご当地グルメも有名ですよね。また、同じ盛岡市内には、おしゃれなイオンモールが2店舗も!観光やショッピングデートにも人気なんです。せっかくの盛岡でカフェを楽しみませんか?

  • 岩手のご当地グルメ盛岡冷麺!絶品おすすめ店5選

    岩手県盛岡市の盛岡冷麺は、小麦粉やじゃがいもなどのデンプンで練られた、コシがあり半透明な麺が特徴。朝鮮半島の冷麺を参考に盛岡で独自の進化をしたといわれています。今では全国的に有名ですが、やはり食べるなら本場!ということで、盛岡市でオススメのお店を5店舗ご紹介したいと思います。

  • 岩手・盛岡 歴史を感じる奥座敷「つなぎ温泉」おすすめ旅館5選

    北東北の観光の拠点にもなり、御所湖という季節によって素晴らしい景色を生み出す湖のほとりにある温泉街が「つなぎ温泉」。歴史もある温泉が魅力で入るとすべすべ肌になるとか。湖越しに見える岩手山もどっしりとして見とれますよ。五感をつかって癒やされる温泉宿のおすすめ5選をご紹介します。

  • 心洗われるパワースポット!岩手県盛岡市にある報恩寺

    岩手県盛岡市にある報恩寺。座禅堂と五百羅漢が有名で、実はまだパワースポットとしてはあまり知られていないスポットの一つです。岩手へ旅行に行ったついでに、たくさんの羅漢さんからパワーをもらいに立ち寄ってみませんか?

  • 岩手県盛岡わんこそばとおすすめの名店まとめ!わんこそばに...

    岩手県の盛岡・花巻エリアには「わんこそば」の名店が点在しています。岩手県を訪れたら是非食べてほしいわんこそばですが、意外とその概要や起源をご存じない方も多いのではないでしょうか。今回はそんなわんこそばをご紹介しつつ、おすすめのお店なども紹介してきます。

  • 【岩手・盛岡】岩山パークランドを大特集!たのしみ方&おすす...

    岩手県盛岡市にあるテーマパーク、岩山パークランド。ゴールデンウィークや夏休みには、たくさんの子供たちで賑わいます。今回はその岩山パークランドの魅力をたっぷりご紹介します!

  • 【岩手】盛岡のおすすめホテル15選

    ビルやホテルなど、駅前には都会的な要素が立ち並ぶ岩手県盛岡市。豊かな自然と都市が融合する盛岡は、深い歴史があり多くの観光客が訪れます。今回は旅行にもビジネスにも使える盛岡のおすすめホテルをご紹介したいと思います。

  • 岩手・つなぎ温泉で泊まりたいおすすめ旅館7選

    岩手県盛岡市内にあるつなぎ温泉。現在、温泉宿は15軒ほどしかありませんが、温泉の歴史としては11世紀頃からすでに始まっていたとか!?以前は繋温泉と記されていましたが、その読みやすさから今は平仮名表記をすることが多いそうですよ。今回は、そんなつなぎ温泉エリアにあるおすすめの宿を紹介したいと思います。

この記事のキーワード