郡山でおすすめの人気お土産29選!銘菓や名物グルメを一挙紹介

505

views

0

郡山は毎年多くの人達が観光やビジネスで訪れる街。そのため、街の至るところには郡山を代表するお土産や福島の名物グルメを販売するお店が立ち並んでいます。そんな多くのお店が建ち並ぶ郡山にこれから訪れてお土産選びに困らないように、選び抜いた29個のお土産をご紹介します。

郡山で買うならどんなお土産選ぶ?

郡山と言えばどんなお土産が頭に浮かぶでしょうか。今まで何度も訪れたことのある人はご存知かもしれませんが、初めて郡山を訪れる人達のために、「ままどおる」や「薄皮饅頭」などを含めた絶対に買いたいお土産をはじめ、「クリームボックス」や「檸檬」を含めたおすすめのお土産、更には「笹かまぼこ」や「おにぎり」といった名物グルメに至る29個のお菓子や食べ物を厳選しました。これから郡山でお土産を選ぶ際には、おすすめのお土産を参考にしてもらった人が喜ぶお菓子や食べ物を選んでみましょう

絶対に買いたいお土産1:三万石の「ままどおる」

郡山にお店を構える三万石では、しっとりとした生地が特徴のお饅頭「ままどおる」が販売されています。販売当初から変わらない味で人気のままどおるは、薄めの生地の中にミルク味のあんが入った細長い形のお菓子です。そして、1つずつ袋詰めされて5個入り540円から販売。優しい味わいのお菓子のためお子様へのお土産にもおすすめです。また、36個入りの大容量パッケージも販売されているので、職場へのお土産にも便利と言えるでしょう。人気のままどおるを、三万石郡山店でお土産に購入してみてください。

三万石 郡山本店
住所:
福島県郡山市駅前2-2-13
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
024-932-1661
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅から徒歩3分
平均予算:
1,500円〜2,000円

絶対に買いたいお土産2:向山製作所の「生キャラメル」

向山製鉄所が手掛ける「生キャラメル」は、柔らかさと歯にくっつかないのが特徴のお菓子。この生キャラメルは、プレーン味をはじめノースミルクにカラメル、黒糖に紅茶など、さまざまなフレーバーが作られており、素材の旨味を口の中で感じる味わいとなっています。そして、料金は950円とリーズナブルな価格設定となっているので、家族や友人などへのお土産におすすめです。また、向山製鉄所の生キャラメルは、郡山駅構内の郡山おみやげ館内で販売されているので、お土産探しに立ち寄ってみてください。

向山製作所cafe エスパル郡山店
住所:
福島県郡山市燧田195 郡山おみやげ館内
営業時間:
08:00~20:00
電話番号:
024-973-6888
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅構内
平均予算:
1,000円

絶対に買いたいお土産3:よしだやの「どら焼き」

郡山で有名なよしだやの「どら焼き」は、すぐに売り切れてしまうほど人気の和菓子。濃厚な餡が特徴のこのどら焼きは、もちもちの生地にあんこやジャム、クリームにくるみゆべしなど、常に10種類前後の味が販売されています。また、味の中にはティラミスやフレッシュフルーツといった変わったどらやきも販売されているので、いつもとは違うお土産にしたいという人にもおすすめです。しかも、料金は1個160円と安い価格設定となっているのは、うれしいポイントと言えるでしょう。和菓子が好きな人へのお土産を探している人は、よしだやのどら焼きをお土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

よしだや 大槻町店
住所:
福島県郡山市大槻町土瓜1-221
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
024-961-7801
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山中央スマートICから約5分
平均予算:
200円〜1,000円

絶対に買いたいお土産4:柏屋の「薄皮饅頭」

柏屋本店では、上品で口当たり抜群の和菓子「薄皮饅頭」があります。一口サイズのこのお饅頭は、郡山駅から2分のお店で購入することができます。そして、甘さを控えめにしているにも関わらず、小豆の風味豊かな味わいが多くの人達に支持されています。そんな薄皮饅頭は、8個入り1080円、10個入り1350円、15個入り1987円と、どのサイズもリーズナブルな価格設定。お土産を送る相手の人数やシーンによってサイズを変えて購入できるのは、うれしいポイントと言えるでしょう。お饅頭が好きな人へのお土産には、薄皮饅頭を送ってみてください。

柏屋 本店
住所:
福島県郡山市中町11-8
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
024-932-5580
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅前ロータリーから徒歩2分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産5:かんのやの「会津あかべぇサブレー」

会津の赤べこをモチーフにした「会津あかべぇサブレー」は、かわいい見た目が人気のお菓子。赤べこの形になっているこのサブレーは、郡山では本店文助で販売されています。また、サクサク食感と口の中で広がるバターの風味は、世代を問わず多くの人達におすすめのお土産と言えるでしょう。そして、プレーン味とチョコ味の2種類が5枚ずつ入って、756円で販売されています。かんのやの「会津あかべぇサブレー」は、リーズナブルな価格設定と可愛らしい見た目から、家族や友人へのお土産にぜひ購入してみてください。

かんのや 本店文助
住所:
福島県郡山市西田町大田字宮木田39
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0247-62-2016
定休日:
年中無休
アクセス:
三春駅から徒歩21分
平均予算:
1,000円

絶対に買いたいお土産6:モン・リブランの「ワッフル」

モン・リブランの「ワッフル」は、生地からはみ出すほどのクリームが詰まった洋菓子です。常に15種類の味をそろえているワッフルは、ふわふわもちもちの生地が特徴的。安積に構えたお店では、1個250円で販売されています。そんなお店のワッフルは、「ラムレーズン」や「いちごクリーム」味が大人気。豊富な味のバリエーションがそろうワッフルは、世代を問わずおすすめです。味のバリエーションの中には、季節限定販売の味もあるので、見つけたらぜひお土産に買っていきましょう。

モン・リブラン
住所:
福島県郡山市安積3丁目332-2
営業時間:
08:30~18:30
電話番号:
024-947-1618
定休日:
年中無休
アクセス:
安積永盛駅より徒歩19分
平均予算:
250円〜1,000円

絶対に買いたいお土産7:大黒屋の「郡山生チョコケーキ」

大黒屋で販売されている「郡山生チョコケーキ」は、生チョコとココアの味わいが濃厚なトリュフケーキ。食べやすいサイズ感のこのケーキは、郡山駅から徒歩5分の大黒屋本店で販売されています。料金は4個入りで598円。あまりの安さに3時のおやつにぴったりです。ほかにも、8個入り1198円のパッケージや、12個入り1788円の大容量パッケージも販売。チョコレートが好きな人へのお土産には、12個入りの生チョコケーキがおすすめと言えるでしょう。郡山のお土産で悩んだ人は、絶品の生チョコケーキを買ってみましょう。

大黒屋 本店
住所:
福島県郡山市中町14-8
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
024-932-3517
定休日:
水曜
アクセス:
郡山駅から徒歩6分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産8:玉嶋屋の「玉羊羹」

郡山で「玉羊羹」と言えば、ゴムの中に羊羹を詰めた玉嶋屋の人気和菓子。小豆の風味と甘さ控えめの玉羊羹は、郡山市のうすい百貨店の地下1階で販売されていて、5個入り540円で1個あたり100円と安い料金設定です。また、玉羊羹の大きさが1口大サイズとなっているため、お子様でも安心して食べられる和菓子と言えるでしょう。しかも、玉嶋屋の玉羊羹は賞味期限も長いため日持ちするお土産としておすすめです。郡山のうすい百貨店を訪れた際には、玉嶋屋へ立ち寄って小豆の風味豊かな玉羊羹をお土産にしてみてください。

玉嶋屋 うすい店
住所:
福島県郡山市中町13-1 うすい百貨店 B1F
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
024-932-0001
定休日:
元旦1日のみ
アクセス:
郡山駅から418m
平均予算:
500円〜1,000円

絶対に買いたいお土産9:大黒屋の「くるみゆべし」

上質なもち米にくるみを合わせてしょうゆを染み込ませた「くるみゆべし」は、甘さ控えめの大黒屋の人気土産です。添加物を使わずに作られたくるみゆべしは、郡山駅から徒歩5分の大黒屋本店で購入することができます。価格も10個入りで1070円と手ごろ。くるみは、コレステロールを血液から排除する効果が期待できるオレイン酸などを含んでいることから、くるみゆべしは体にも優しいお菓子と言えます。そのため、日頃から健康的な食事にこだわる人やダイエット中の人へのお土産としておすすめです。素材の旨味を最大限に活かした健康的なお土産「くるみゆべし」を、郡山土産として買ってみてください。

大黒屋 本店
住所:
福島県郡山市中町14-8
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
024-932-3517
定休日:
水曜
アクセス:
郡山駅から徒歩6分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子1:ロミオ の「クリームボックス」

ベーカリーロミオで販売されている「クリームボックス」は、食パンの上にクリームをたっぷりと塗ったお菓子パン。熟成させた生地と濃厚なミルクの味わいが特徴のクリームボックスは、イトーヨーカドー郡山店で買うことができ、料金は1個130円と安い料金設定となっています。あまりにも安く、濃厚なミルクの味わいはお子様のおやつにもぴったりなため、ご自宅用のお土産におすすめです。郡山ではソウルフードと呼ばれるほど人気のパンとなっているので、郡山を訪れた際にはぜひ、ベーカリーロミオのクリームボックスをお土産にしてみてください。

ベーカリーロミオ イトーヨーカドー郡山店
住所:
福島県郡山市西の内2-11-40 イトーヨーカドー郡山店1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
024-939-1220
定休日:
イトーヨーカドーに準ずる
アクセス:
郡山富田駅から1.4km
平均予算:
200円〜1,000円

オススメお菓子2:太陽堂むぎせんべい本舗の「むぎせんべい」

太陽堂むぎせんべい本舗の「むぎせんべい」は、潰したピーナッツを散りばめたさくさく食感のせんべい。昔から地元で人気のむぎせんべいは、郡山ではなかなか購入することができず、どうしても購入したい人は、福島市を訪れてみるといいでしょう。そして、せんべいを噛むごとに口の中に広がる風味は、年配者を中心に人気があります。また、食べきるまでにたくさん噛むため、ダイエットを試みている人へのお土産におすすめです。料金は、10枚入りで850円となっていますので、素朴な味わいの「むぎせんべい」を購入しみてください。

太陽堂むぎせんべい本舗
住所:
福島県福島市陣場町9-30
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
024-531-3077
定休日:
不定休
アクセス:
曽根田駅から459m
平均予算:
1,000円

オススメお菓子3:柏屋の「檸檬」

柏屋の「檸檬」は、レモンのさわやかさと濃厚なチーズが口の中に広がるお菓子。日本でも有名な「Kiriクリームチーズ」を使って焼き上げられているこのチーズケーキは、1個194で柏屋本店で買うことができます。そして、直径が6.5cmと食べやすい大きさとなっているため、小さなお子様にもおすすめです。また、単品での購入以外にも3個入り594円、6個入り1296円、12個入り2592円と、数の異なるパッケージを販売。しかも、「檸檬」は高級感のあるパッケージにされているため、お土産をプレゼントする相手に応じて選んで購入してみてください。

柏屋本店
住所:
住所福島県郡山市中町11-8
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
024-932-5580
定休日:
不定休
アクセス:
郡山駅から徒歩2分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子4:ダイオー の「いもくり佐太郎」

おすすめのお菓子「いもくり佐太郎」は、栗本来の甘さが口の中に広がる福島県限定のスイーツ。口当たりがやさしい絶妙な焼き加減のこのスイートポテトは、食感を感じるようにお菓子の表面だけ焼き上げられています。そのおかげで栗の旨味を感じることができるため、小さい子供からお年寄りまで幅広い人達へのお土産におすすめです。また、いもくり佐太郎は4個入り720円で販売されているので、お値段的にもとても買いやすいでしょう。福島県限定の和風スイートポテト「いもくり佐太郎」を、郡山のお土産として郡山駅エスパル店で購入してみてください。

ダイオー 郡山駅エスパル店
住所:
福島県郡山市燧田195
営業時間:
08:00~20:00
電話番号:
024-925-6500
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅構内
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子5:旅館源平の「源平だんご」

郡山市にある旅館源平では、毎年3月初旬から5月初旬にかけて柔らかくてもちもちした串に刺さない「源平だんご」が販売されています。1つのカップに複数のお団子が入っているこの和菓子は、1口で食べられるサイズが特徴となっていて、「しょうゆ」に「こしあん」、「ごま」に「ずんだ」など、味のバリエーションも豊富。どの味を選んでも、柔らかい団子との相性が良く絶品です。そんな源平だんごは、1個300円から販売されていて、中には2種類の味を詰め合わせたものや3種類の味を詰め込んだ、贅沢なパッケージ販売も行われています。賞味期限が当日中であるため、お花見をするときの手土産としておすすめ。旅館源平は駅からは遠いですが、春に郡山を訪れた際にはぜひお土産に購入してみてください。

旅館源平
住所:
福島県郡山市開成3-4-3
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
024-922-2496
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山富田駅から約3km
平均予算:
1,200円

オススメお菓子6:オフィスゼロの「福島いかにんじんせんべい」

郡山でおすすめの「福島いかにんじんせんべい」は、名前の通りにいかと人参を乾燥させて作ったお菓子。南部せんべいと同じ形をしたこのおせんべいは、見た目はシンプルでありながら生地にはダシがしっかりと染み込んだスルメとにんじんが練り込んであり、やみつきになる味付けとなっています。そして、個包装されており14枚680円と買いやすい料金設定は魅力的です。そのため、日頃からお酒を飲む人へのお土産としておすすめです。また、郡山では駅構内のお土産館「鏡屋」で販売されているので、近くを訪れた時に立ち寄ってみましょう。一度食べたらやみつきになってしまう「福島いかにんじんせんべい」をお土産に買ってみるのはいかがでしょうか。

鏡屋
住所:
福島県郡山市ひうち田195
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
024-931-3240
定休日:
1月1日、9月第二水曜日
アクセス:
郡山駅構内
平均予算:
680円

オススメお菓子7:いわきチョコレートの「めひかり塩チョコ」

いわきチョコレートが作っている「めひかり塩チョコ」は、チョコレートの甘さに天然塩の旨味と生キャラメルの味わいが合わさった絶品のお菓子。魚を型どったこのチョコレートは、郡山駅構内のおみやげ館「地酒の森」で10個入り1296円で販売されています。そして、見た目がめひかりの形に見えることでお子様へのお土産におすすめです。また、駅構内にお店があることで、気軽にお土産を買うことができるでしょう。天然塩の旨味と生キャラメルが絶妙にマッチしたチョコレートを、郡山のお土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

郡山駅おみやげ館 地酒の森
住所:
福島県郡山市燧田195
営業時間:
08:00~20:00
電話番号:
024-925-6500
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅構内
平均予算:
1,300円

オススメお菓子8:かんのやの「ゆべし」

かんのやが作る「ゆべし」は、うるち米のもちもち感とけしの実をまぶしたお菓子。お店独自の作り方で出来上がったゆべしは、中身の餡が甘すぎずいくつでも食べられるほどの食べやすさとなっています。そして、郡山では「かんのや本店文助」で6個入り713円で販売。個包装がされており、8個入りや10個入り、16個入りや24個入りもあるため、人数や相手によって個数を選ぶことができるのはうれしいポイントです。かんのやの「ゆべし」は、福島銘菓として大人気のお菓子となっていますので、郡山のお土産としてゆべしを買ってみてください。

かんのや本店文助
住所:
福島県郡山市西田町大田字宮木田39
営業時間:
08:30~18:00
電話番号:
0247-62-2016
定休日:
年中無休
アクセス:
三春駅から2.6km
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子9:太郎庵の「会津チーズ饅頭くいっちい」

太郎庵で作られている「会津チーズ饅頭くいっちい」は、クリームチーズがたっぷり詰め込まれたお饅頭。お酒との相性抜群のチーズ饅頭は、郡山桑野店で販売されています。個包装されており、5個入りは615円。そして、8個入り1080円、21個入り2671円、30個入り3741円と、大容量パッケージの販売もされているため、郡山のお土産として世代を問わずおすすめです。また、見た目は小さく食べやすく、濃厚なチーズが饅頭の外と中の両方に使われているため、普段からチーズを食べる人やワインを飲む人におすすめのお菓子と言えるでしょう。太郎庵を代表する人気のお饅頭をお土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

太郎庵 郡山桑野店
住所:
福島県郡山市桑野3丁目19-6
営業時間:
09:30~18:30
電話番号:
024-983-0004
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山富田駅から2.6km
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子10:みよし堂の「くるみゆべし」

郡山おすすめの「くるみゆべし」は、くるみの歯ごたえともちもち食感がたまらない人気のお菓子。ほどよい甘さが特徴のくるみゆべしは、みよし堂麓山本店で購入することができ、2個入り237円で販売。あまりのお手頃な値段設定にお土産として多めに買って、自分も味わってみるのもいいですね。また、味の種類も複数用意されていて、「くるみ」と「ごま」、「ゆず」に「抹茶」と、もちもち食感と合わせて素材の味を感じることもできる仕上がりとなっています。郡山の銘菓としても有名な「くるみゆべし」をお土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

みよし堂 麓山本店
住所:
福島県郡山市麓山2-12-23
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
024-995-3440
定休日:
日曜、祝日
アクセス:
郡山駅から車で7分
平均予算:
300円〜1,000円

名物グルメ1:まる福の「郡山ラーメン 大地の「麺」

郡山の名物「大地の麺」は、つるっとした食感とちょうどいいコシが大人気の郡山グルメ。郡山が誇るお米「あさか舞」を使って作られているこの麺は、安積にあるまる福株式会社で販売されていて、4食入りで880円ととてもリーズナブルなお値段で購入することができます。のどごし抜群の麺とこだわり抜かれたしょうゆ味のスープがセットになった「大地の麺」は、あまりにお手頃な価格のためラーメン好きな人へのお土産におすすめです。郡山でラーメンを買う際には、「郡山ラーメン 大地の麺」をお土産の候補に入れてみてください。

まる福株式会社
住所:
福島県郡山市安積2-259
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0120029927
定休日:
日曜
アクセス:
安積永盛駅から徒歩2分
平均予算:
1,000円

名物グルメ2:モーニングの「ヨーグルト」

モーニングが手がける「ヨーグルト」は、1日のはじまりを気持ちよく迎えることができる、濃厚な味わいのヨーグルト。瓶に詰められて販売されているこのヨーグルトは、「プレーン」をはじめ「ブルーベリー」や「ストロベリー」、「ナタデココ」に「アロエ」など、味の種類も豊富に作られています。そして、ヨーグルトは6個セットで3996円で販売。少し高めのヨーグルトですが、フルーツの甘みとミルクの濃厚な味わいが特徴的で、友人へのお土産としておすすめです。また、季節によっては限定味のヨーグルトの販売が行われているので、事前に公式サイトを確認してからお土産に購入してみるのもいいでしょう。

モーニング 菜根本店
住所:
福島県郡山市菜根5-12-10
営業時間:
08:00~19:30
電話番号:
024-938-0762
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅から車で約12分
平均予算:
2,000円〜4,000円

名物グルメ3:味さとの「エゴマ餃子」

郡山の名物グルメの「エゴマ餃子」は、食材や調味料にこだわって作る濃厚なあんが絶品の餃子。試行錯誤をして誕生したこの餃子は、型くずれしにくい生地の中にたくさんの具材が、これでもかと言わんばかりに詰められています。そのため、ボリューム満点の見た目は食欲を掻き立ててくれるでしょう。そんなエゴマ餃子はお土産用に冷凍された状態で販売。30個1600円と破格の料金設定は、お土産として魅力のポイントと言えるでしょう。美味しい餃子をお土産にしたい人は、郡山市久留米にある「清水屋グルメショップ 味さと」へ立ち寄ってみてください。

清水屋グルメショップ 味さと
住所:
福島県郡山市久留米2丁目26
営業時間:
11:30~21:00
電話番号:
024-947-1858
定休日:
月曜
アクセス:
安積永盛駅から2.8km
平均予算:
1,000円〜1,500円

名物グルメ4:笹の川酒造の「笹の川」

笹の川酒造を代表する日本酒「笹の川」は、ミネラルウォーターを飲んでいるかのような滑らかな口当たりが特徴のお酒。酒米を使って作られているこのお酒は、郡山駅から15分の場所にある笹の川酒造で買うことができ、料金は720mlで1320円と買いやすい価格設定となっています。また、1.8lの大容量タイプは2200円となっているので、日本酒好きには大容量タイプがお土産におすすめです。郡山には数多くの酒造がありますが、ミネラルウォーターのような滑らかな日本酒を探している人は、ぜひ「笹の川」をお土産に購入してみてください。

笹の川酒造
住所:
福島県郡山市笹川1丁目178
営業時間:
08:30~17:00
電話番号:
024-945-0261
定休日:
土日、祝日
アクセス:
安積永盛駅から徒歩15分
平均予算:
1,500円〜2,500円

名物グルメ5:たけやの「おにぎり」

たけやが販売している「おにぎり」は、地元の人達にも人気の絶品グルメ。種類豊富な味が用意されているおにぎりは、郡山駅から徒歩15分のお店で買うことができ、1個110円とリーズナブルな価格設定となっています。また、定番の「鮭」や「わかめ」をはじめ、「梅」や「昆布」、「味噌」に「味ごはん」など、味の種類も豊富です。お土産用で持ち帰る人には、12種類の味が常時販売されているので、世代問わず多くの人へのお土産に購入してみましょう。ただし、夏場におにぎりを持ち帰る人は、保冷バッグを使って活用して、美味しい状態でお土産を持ち帰ってください。

おにぎり たけや
住所:
福島県郡山市堂前町18-3
営業時間:
07:00~19:00
電話番号:
024-932-5862
定休日:
月曜
アクセス:
郡山駅から徒歩14分
平均予算:
110円〜500円

名物グルメ6:金寶仁井田本家の「自然酒」

金寶仁井田本家では、原料でもあるお米の旨味を濃縮させた「自然酒」が販売されています。お米の甘さを感じるこのお酒は、郡山駅構内の地酒の森で買うことができ、720ml1925円と買いやすい料金設定で販売。アクセスしやすい駅でお土産が販売されているので、多くの人が気軽にお土産を購入することができるでしょう。また、特別なお土産として「自然酒」を買う人は、別途151円のお金を払うと化粧箱に入れてもらえるので、送る相手に応じた梱包を選びましょう。お米の旨味を感じる美味しい日本酒をお土産にするために、郡山駅構内の地酒の森へ立ち寄ってみてください。

地酒の森 JR郡山駅店
住所:
福島県郡山市燧田195 郡山駅構内
営業時間:
08:00~20:00
電話番号:
024-925-6500
定休日:
年中無休
アクセス:
郡山駅構内
平均予算:
2,000円
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【福島】郡山のおすすめ人気ホテル15選!

    若者に人気の街、郡山。福島の中でも近代化が進む都市です。郡山は自然豊かなエリアでありながら、大型商業施設も増えている傾向にあります。今回は郡山のおすすめホテルをまとめてみました。

  • 郡山でおすすめの名物グルメTOP20!郷土料理からお菓子まで食...

    東京から電車で1時間半ほどの距離にある福島県郡山市には、おいしいお店がたくさん。「郡山ブラックラーメン」から「ままどおる」まで、郡山にきたら絶対に食べたい名物グルメをたっぷりと20選ご紹介します。

  • 【福島】郡山のおすすめホテル15選

    福島県のほぼ中央に位置する郡山市。 東西南北の都市につながる交通の要所でもあり、豊かな自然と都会っぽさが混在するこの街のおすすめホテル15選をご紹介します!

このエリアの新着記事
  • 郡山でおすすめの名物グルメTOP20!郷土料理からお菓子まで食...

    東京から電車で1時間半ほどの距離にある福島県郡山市には、おいしいお店がたくさん。「郡山ブラックラーメン」から「ままどおる」まで、郡山にきたら絶対に食べたい名物グルメをたっぷりと20選ご紹介します。

  • 【福島】郡山のおすすめ人気ホテル15選!

    若者に人気の街、郡山。福島の中でも近代化が進む都市です。郡山は自然豊かなエリアでありながら、大型商業施設も増えている傾向にあります。今回は郡山のおすすめホテルをまとめてみました。

  • 【福島】郡山のおすすめホテル15選

    福島県のほぼ中央に位置する郡山市。 東西南北の都市につながる交通の要所でもあり、豊かな自然と都会っぽさが混在するこの街のおすすめホテル15選をご紹介します!

この記事のキーワード
新着記事