勝浦のおすすめ釣りスポット10選!初心者向けから中級者向けまで解説

222

views

0

千葉県外房にある勝浦のおすすめ釣りスポットを案内します。勝浦周辺は公共交通から徒歩圏内で驚くほど釣りに適したポイントが目白押し。その中でも特におすすめばかりを10か所厳選しました。

勝浦といえば海の幸!

勝浦は千葉県の外房地区にあります。南房総国定公園内にあり、海域公園として指定されています。この海域はリアス式になっており、小さな岬と入り江が交互に存在。岩場が基本で釣りのスポットが数多くあります。そして岩場だけではありません。小さな漁港が勝浦には数多くあり、いずれも釣りに適したスポット。さらに海岸もあるために、浜辺に適した魚もいて、あらゆる魚が釣れます。今回は初心者向けや中級以上向け両方のおすすめをひとつずつ紹介します。ちなみに勝浦という地名は日本に複数存在し、特に南紀の紀伊勝浦が有名なので混乱しないようにしましょう。

勝浦のおすすめ釣りスポット:1興津海浜公園・興津港

興津海浜公園は、勝浦の釣りスポットでのおすすめのひとつです。場所は勝浦駅から外房線で鴨川・館山方面でふた駅先の上総興津駅で下車。駅前からは目の前の国道128号線を越えると、せいぜい自転車が通れるくらいのスペースしかない細い路地が何本もあります。その路地を越えた先には海が広がっており、公共ビーチの興津海水浴場に到達します。そのまま右(西)方向に海岸沿いに進み、川を越えると海浜公園に到達。そこには突堤があり絶好の釣りスポットになります。またそこから先に進むと興津港という釣りスポットです。

興津海浜公園は、車中泊も可能な広い駐車場があります。さらにトイレもきれいなので、釣りの心得がない初心者でも気軽に釣りを楽しめます。釣具屋、コンビニと言った釣りに必要なものを気軽に調達できる場所が近いのもうれしいところ。突堤から釣れる魚はサビキでアジ・イワシ、投げでキス、ウキを使ってクロダイ・メジナが釣れます。子連れのファミリーも大いに楽しめるでしょう。また釣り場の周辺の水深も浅いので、ちょっと投げるのにも最適。またより本格的な釣りを楽しむ際には興津港から釣り船が出ています。そして船からは大きな真鯛やヒラメが狙えます。

興津海浜公園・興津港
住所:
千葉県勝浦市興津2494
電話番号:
無し
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
上総興津駅から徒歩12分

勝浦のおすすめ釣りスポット:2 勝浦漁港

勝浦漁港は、勝浦の釣りスポットでのおすすめのひとつです。場所は外房線勝浦駅。駅の南口からは南西方向に続く道を直進します。国道を越えると勝浦ホテルが見えますから、そこを左(東側)に進路を取ってください。そのまま道なりに直進すると勝浦漁港の前に出てきます。車で来る場合はホテルの周辺に無料駐車場がいくつかあります。その中でも6時30分から22時まで営業している墨名市営駐車場は、148台収容でき制限も少ないので非常に便利。ただしイベントを開催するときには使えないことがあるので注意しましょう。

勝浦港は漁港としても巨大で、釣りポイントも目白押しです。十分な水深があることでも知られており、岸壁には回遊魚が定期的に近づいてきます。そのため初心者も存分に釣りが楽しめるでしょう。ところがあまりにも多くの人が釣りに来るため、規制がかけられております。漁船が着岸するときはもちろんのこと、早朝4時から16時の間、釣りが禁止となってしまいました。そのため小さな子供連れには向いていません。それでも夕方から存分に魚が狙えます。カワハギ、アジ、イワシ、メジナ、カゴカキダイが群れを成して近づいてきます。

勝浦漁港
住所:
千葉県勝浦市浜勝浦
営業時間:
16:00~04:00
電話番号:
0470-73-6636
定休日:
無休
アクセス:
勝浦駅から徒歩10分

勝浦のおすすめ釣りスポット:3 松部漁港

松部漁港は、勝浦の釣りスポットでのおすすめのひとつです。場所は勝浦駅から鴨川方面にひと駅先の鵜原駅下車。駅からは、東方向に進路を取り、途中国道128号線・外房黒潮ラインを経由します。間にトンネルを越える必要があるので、通行には注意してください。2本目のトンネルの手前に、右に抜ける道があるので、右に進み直進すると港の前に到着します。また車で行く場合、港近くの駐車場は関係者専用のため使用不可。手前の「オートキャンプin勝浦まんぼう」というところで駐車します。ここは有料駐車場(24時間1000円)ですが、キャンプ場のトイレが使え、港まで歩いて4分と便利がいいです。

一番近い釣具店まで徒歩7分で、近くにカフェがあります。コンビニはひと駅先の勝浦中心部か、勝浦興津まで行かないとありません。車の場合はともかく公共交通で来る場合は、事前に用意しましょう。港内には多彩な魚が回遊しており、初心者もバッチリ遊べます。良く釣れるターゲットとしては、アジ、クロダイ、メジナ、アオリイカが狙えます。そして釣りの心得がある中級以上の人が目指すのは、沖側堤防の先端部。ここは外洋と接していることから大型の魚が狙えます。そしてコマセ(撒き餌)を続ければ、シマアジやカンパチが近くに寄ってきますから、大いに釣れます。

松部漁港
住所:
千葉県勝浦市松部 1963
電話番号:
0470-73-9573 (オートキャンプin勝浦まんぼう)
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
鵜原駅から徒歩14分

勝浦のおすすめ釣りスポット:4 守谷漁港

守谷漁港は、勝浦の釣りスポットでのおすすめのひとつです。場所は勝浦駅から鴨川方面にふた駅先の上総興津駅下車。駅からは、東方向に進路を取り、途中外房黒潮ライン・国道128号線を経由します。注意したいのは間にトンネルを越える必要があります。トンネル越えて次の右(南側)に続く道に曲がり、直進すると漁港の前に到達。車で来る場合は漁港の少し先に有料駐車場があります。簡易的なスペースですが24時間利用可能で、普通車が500円、2輪車は300円で駐車可能です。漁港の北側に広がっているのは海水浴場。その関係で港のすぐそばに、夏季限定で営業するカフェがあります。

ここはデートスポットにもなりえるような、きれいな雰囲気に包まれた場所です。手前の小突堤は港内になっており、浅く小型魚が中心です。子供に釣りを教えるのはまたとない場所といえるでしょう。その代わり荒れた日などは大型の魚が港内に逃げてくるのでねらい目です。また沖合に浮かぶテトラのあたりも面白いスポット。夕方からのコマセ次第でアジ、条件が整えばクロダイが釣れます。ここは昼より夜釣りに向いています。初心者よりも中級者以上向けの場所。ただここまでのアクセス、足場いずれも良いです。初心者が夜釣りに挑戦する場所としては面白いです。

守谷漁港
住所:
千葉県勝浦市守谷852
電話番号:
なし
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
上総興津駅から徒歩9分

勝浦のおすすめ釣りスポット:5 浜行川漁港

浜行川漁港は、勝浦の釣りスポットでのおすすめのひとつです。場所は勝浦駅から鴨川方面に3駅先の行川アイランド駅下車。駅からは、国道128号線・外房黒潮ライン沿いに東方向に道なりに歩きます。途中から分かれているので鉄道の高架をくぐらない右側の道沿いに歩いていいきます。やがてと浜行川漁港入り口の交差点があるので、ここを右側の道に入ってください。すると漁港の前に到達します。車で来た時の駐車場ですが、漁港入り口から左方向に進みます。リンナイガス看板のある建物から、さらにまっすぐに進むと有料駐車場が存在。また漁港内にはトイレがあります。

浜行川港は勝浦はおろか、外房全体としてのアジの名所です。餌で釣るほかアジング(アジのルアー釣り)を使っても存分に狙えるスポット。また夏から秋にかけてはサビキ釣りでも容易にアジが釣れるので初心者でも楽しめます。またアジ・イワシを代表とする回遊魚以外にもメジナ、クロダイといった根魚も釣れます。さらにこの場所では中級以上の熟達者が狙う石鯛が釣れることも。このほか堤防の内側が砂地となっており、シロギスも面白いです。このほか、カサゴ、ムラソイ、ハゼ、スズキなど多種多様の魚があるので、ぜひこのポイントでチャレンジしましょう。

浜行川漁港
住所:
千葉県勝浦市浜行川
電話番号:
なし
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
行川アイランド駅から徒歩12分

勝浦のおすすめ釣りスポット:6 部原海岸

部原(へらば)海岸は、勝浦の釣りスポットのおすすめひとつです。場所は勝浦駅下車で、いすみ市方面ににあります。駅からの行き方は次の通り。駅前から南方向に向かい、外房黒潮ラインこと国道128号線を左(東側)沿いに伝っていきますと、海岸の前に到着します。なお、徒歩で行くと45分かかります。勝浦駅からバスに乗りましょう。部原海岸バス停の目の前には海岸が広がっております。また車で行く場合は、簡易駐車場があります。ここは無料で車中泊も可能。トイレもあって大変便利ですが、休日の昼間はすぐ車でいっぱいになります。

ここは全長2キロメートルに続く浜辺なので、投げ釣りがメインとなります。ここはサーファーのメッカと言われているので、人が近くにいないか注意してください。投げ釣りで狙えるのは、キスやイシモチです。またルアーを使えば、スズキやヒラメが面白いでしょう。またこの海岸の沖合では、小魚の群れを肉食の魚が追い詰めて捕食する「ナブラ」現象が起きることがあります。そんなときでも焦らずに人には注意したいところ。またテトラがあるスポットがあります。そこには人が少なく逆に魚が近づくスポット。ウエーダーなどをしっかり着用していれば、初心者でもおすすめスポットです。

部原海岸
住所:
千葉県勝浦市部原
電話番号:
なし
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
勝浦駅から車で9分

勝浦のおすすめ釣りスポット:7 鵜原港

鵜原港は、勝浦の釣りスポットのおすすめひとつです。場所は勝浦駅からひと駅先の鵜原駅下車。ここからは、西方向に進み三差路を左(東南方向)、短いトンネルがあるほうを目印にしてください。短いトンネルを2本越えて3本目が見えたらその手前の細い路地に入ります。その先に進めば港の前に出ます。駐車場はありませんが、無料で駐車できるスペースは存在。トイレなどの設備は一切ありません。ちなみに1本目のトンネルを曲がって曲がれば海岸の前に到達します。駅から歩ける距離にあるのですが、小さな岬が何本もあります。それぞれ岬は岩場となっており、海岸伝いに進めません。

メインの国道から少し離れていて「秘境」の雰囲気がある鵜原港は、厳密にはふたつの漁港の総称です。それぞれ勝場港、長入港(なげりこう)と言います。それでも港の足場が良く、初心者や子連れが楽しめるスポット。狙える魚はアジ、メジナ、クロダイです。本来アジ以外はコマセ(撒き餌)を使って釣る方法が一般的です。ただこの港ではコマセ禁止なので注意しましょう。クロダイ・メジナは防波堤の淵に餌を落とし込んで釣るヘチ釣りが一般的。アジはルアーを使ったアジングでも楽めます。また長入港側ならサビキ釣りや浮き釣りも面白いです。

鵜原港
住所:
千葉県勝浦市鵜原988
電話番号:
なし
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
鵜原駅から徒歩10分

勝浦のおすすめ釣りスポット:8 吉尾港

吉尾港は、勝浦の釣りスポットのおすすめひとつです。場所は勝浦駅からひと駅先の鵜原駅下車。駅からはほぼ同じ時間で2ルートがあります。ひとつ目は松部漁港方面と同じ一旦国道128号線に出てトンネルを抜けて次の道をすぐに右(南方向)に向かう方法です。もうひとつは、鵜原港へ向かうのと同じルート。いくつもの短いトンネルを越えて道なりに進むと港に到達します。このルートの場合、途中「かつうら海中公園」があるので、セットで立ち寄っても面白いでしょう。漁港には駐車場がないので、空いているところに止めるしかありません。

吉尾港はシケにも強い釣り場ですが、周辺に何もないことなど初心者には少し使いづらさがあります。釣りの心得のある中級以上がフル装備し、必要なものをすべてあらかじめ準備すれば楽しい釣りスポット。左側に堤防があり、ここが釣りのポイントなっております。左側は岩礁地帯で小物が多いのが特徴。先端付近がエサ取りも少なくおすすめです。アジが良く釣れるところとしても名前が知られています。またクロダイを狙うなら港内。特に外海が荒れているような日には、退避して港内に来る、思わぬ獲物に巡り合えるでしょう。

吉尾港
住所:
千葉県勝浦市吉尾
電話番号:
なし
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
鵜原駅から徒歩17分

勝浦のおすすめ釣りスポット:9 尾名浦(めがね岩)

尾名浦は、勝浦の釣りスポットのおすすめひとつです。場所は勝浦駅からひと駅先の鵜原駅下車。行き方は鵜原駅から東方向、国道128号線を経由して松部漁港を目指します。漁港入り口の手前の道を右に向かい、短いトンネルをくぐり抜けます。そして2本目のトンネルを越えたところが尾名浦。小さな稲荷神社を目印にしましょう。本当に小さな入り江ですが、目の前には個性的な岩礁が見えます。これは、めがね岩と呼ばれているもので、風化と海蝕によってできた洞。釣りをしながら大自然が作り上げた美しいアートを堪能できます。

尾名浦は海水浴場ではありません。しかし磯に囲まれた小さな砂浜があり、波が穏やかなので小さな子供が遊びに来ています。また磯遊びやシュノーケリングで遊ぶ姿も。釣りは初心者でも楽しめる方法として、潮だまりにいる魚を狙うことです。フナムシやヤドカリを餌にすれば、簡単に魚が引っかかります。また岩場が多いのでそこで磯釣りをすれば、クロダイ、メジナ、石鯛を狙うことが可能。また回遊しているアジ、また夏場にはアオリイカが釣れます。問題は駐車場がないことです。路肩の空いているスペースに駐車するか、少し離れていますが「オートキャンプIn勝浦まんぼう」の有料駐車場を使いましょう。

尾名浦(めがね岩)
住所:
千葉県勝浦市松部1984
電話番号:
0470-73-1658
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
鵜原駅から徒歩18分

勝浦のおすすめ釣りスポット:10 八幡岬

八幡岬は、勝浦の釣りスポットのおすすめひとつです。場所は勝浦駅の南にあり、行き方は次の通り。駅前の南西に続く道をそのまま進み、勝浦ホテルが見えると、左(南東方向)に向かいます。勝浦漁港を越ええてさらに南方向に進み、終点が八幡岬になっております。ここには戦国時代に勝浦城がありました。また展望デッキからは沖合の海が眺められます。そして勝浦の中でも外海に面したところであるため釣り場としてはまたとない場所です。八幡岬には24時間無料の駐車場があり大変便利。駐車場から勝浦城跡の横にある道で海岸に降りることができます。ただポイントである先端は岩場を歩く必要があり、中級者以上向けとなっております。

八幡岬は初心者には厳しいですが、釣りの心得がある熟達者ならぜひチャレンジしたい人気スポットです。釣れる魚は磯の魚が中心で、クロダイ、メジナ、石鯛、イシガキダイなどです。またそのほかにもアジ、スズキ、サヨリ、ヒラマサと魚種が多彩。その中でも特に狙いたいのがメジナです。12月から4月にかけてがシーズンとなっており、35センチから40センチクラスのメジナが数多く釣れます。先端にはいくつものポイント。釣り方のコツとしては、釣り餌が舞い上がらないようにガン玉をハリスに打ちます。さらに浮きも沈みやすいので、浮力を残せるような工夫が必要です。

八幡岬
住所:
千葉県勝浦市浜勝浦
電話番号:
なし
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
勝浦駅から徒歩25分

勝浦にきたら四季折々の釣りを楽しんで!

勝浦は子供連れの初心者から、釣りに精通した熟達者まであらゆるスキルの釣り人が楽しめるスポットです。また磯釣り、海岸からの投げ釣り、ウキ釣りのほかに、ルアーやサビキ釣りなどあらゆる釣りが楽しめるのがうれしい点。それぞれ気になったり得意だったりする釣り方で、狙うべき魚にチャレンジしましょう。また通常では車がないと行けないような岩場などの穴場も、勝浦では公共交通の外房線の各駅から徒歩圏内で行けます。思い立ったら勝浦で釣りを楽しみ、釣れた魚を持ち帰って、その日の夕食に花を添えたいところです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」おすすめ...

    千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」はご存知ですか?港町でもあることから漁師さんや海女さんが体を温めるためにこのラーメンは誕生し、勝浦タンタンメン船団という団体もあるほど。その勝浦タンタンメンの基本は醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系で、具材はミジン切りの玉ネギと挽肉ですが、お店によってスープや具材はさまざまです。今回は、勝浦タンタンメン船団の中からオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 【千葉】勝浦タンタンメンって知ってる?勝浦市のご当地ラー...

    千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」をご存じですか?一般的な担々麺とは違い、シンプルな醤油ベースのスープにラー油が効いたオリジナルラーメンです。この勝浦タンタンメンを提供するお店のなかから、今回は3店厳選してご紹介します。

  • 【関東】日帰り温泉・勝浦つるんつるん温泉に行こう!お肌つ...

    とろみのあるお湯が美容と健康にとても効くと評判の勝浦つるんつるん温泉。東京都内からも日帰りできる距離にあり、気軽に温泉に入りに行くことができます。今回は、そんな勝浦の温泉と寄り道にぴったりな観光スポットをご紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエリアの新着記事
  • 千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」おすすめ...

    千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」はご存知ですか?港町でもあることから漁師さんや海女さんが体を温めるためにこのラーメンは誕生し、勝浦タンタンメン船団という団体もあるほど。その勝浦タンタンメンの基本は醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系で、具材はミジン切りの玉ネギと挽肉ですが、お店によってスープや具材はさまざまです。今回は、勝浦タンタンメン船団の中からオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 【千葉】勝浦タンタンメンって知ってる?勝浦市のご当地ラー...

    千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」をご存じですか?一般的な担々麺とは違い、シンプルな醤油ベースのスープにラー油が効いたオリジナルラーメンです。この勝浦タンタンメンを提供するお店のなかから、今回は3店厳選してご紹介します。

  • 【関東】日帰り温泉・勝浦つるんつるん温泉に行こう!お肌つ...

    とろみのあるお湯が美容と健康にとても効くと評判の勝浦つるんつるん温泉。東京都内からも日帰りできる距離にあり、気軽に温泉に入りに行くことができます。今回は、そんな勝浦の温泉と寄り道にぴったりな観光スポットをご紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。