カリブ海の世界遺産の島バルバドス!人気観光スポットおすすめ3選

19,211

views

1

「バルバドス」ってご存知ですか?カリブ海の東端に位置する島国です。日本人には知られていないその島は世界遺産に指定された美しい街並みと大自然を満喫できるアクティビティがあります。今回はバルバドスのおさえておきたい情報を教えちゃいます!

バルバドスって?知っておきたい基本情報

まずバルバドスはどこにあるのでしょうか?
カリブ海は東から南東にかけてウィンドワード諸島がありますが、バルバドルはその一部。
北西にセントルシアがあり西にセントビンセント・グレナディーン、南西にグレナダとトリニダート・トバコがあります。

なんと島全体がサンゴでできているサンゴ礁の島!
島はほとんど平たんで一番高いのは中央の314mのヒラビー山。
その位置から東側の大西洋はサーフィンの大会が開催されるような大波があり、西側のゆったりと泳げるような穏やかなカリブ海が広がります。

バルバドスはイギリス連邦王国の一国!
カリブ海のイギリス統治の中でもイギリスと関係が最も深く、別名は「リトル・イングランド」と呼ばれている程。

実はカリブ海の中で最も裕福な国のうちの一つなんです。
安定的な政治と高い教育水準をもつバルバドス。
公用語は英語で通貨はバルバドス・ドル(BBD)を使用。
ツアー会社ではアメリカドルが使えますが細かいお金はBBDなのでUS$もしくはイギリスポンドを少し持っていって現地で両替しましょう。

世界遺産「ブリッジタウン歴史地区とギャリソン」

バルバドスには世界遺産がひとつあります。
それが首都ブリッジタウンに残る歴史地区(旧市街)とギャリソン(駐屯地)。
他のカリブ海の国はスペインのコロニアル調の建物が多く残ったりオランダの植民都市だったりしますが、ここはイギリスの影響がとっても大きい!

イギリス本国のジョージアン建築を独自の「カリビアン・ジョージアン」という様式で取り入れた建築物が美しい歴史地区。
ギャリソンの兵舎や要塞などを含めた防衛施設。

かつての大英帝国がカリブ海を拠点に栄えた面影を肌身で感じてみてはいかが?

ブリッジタウン歴史地区とギャリソン(Historic Bridgetown and its Garrison)
住所:
Historic Bridgetown / Garrison, Barbados
アクセス:
グラントレー・アダムス国際空港から車で約25分。
定休日:
なし(地区内の各建物や施設を確認。)
電話番号:
+1 (246) 427-2623 (バルバドス観光案内所)
料金:
なし(地区内の各建物や施設を確認。)

美しいトロピカルガーテン「ハント・ガーデン」

バルバドスの中心より少し北に行った場所セント・ジョセフの青々と茂った丘と丘の間に「ハント・ガーデン」があります。

大変有名な園芸家のアンソニー・ハントさんが作り上げたのは他には中々ない熱帯雨林の庭園!
背の高い木もあれば南国の可愛らしい花々もありミステリアスな雰囲気を持つカリブ海のジャングルが美しく表現されています。

自然のままの形を残しながらも整頓された小道は歩きやすく所々にベンチや可愛らしい椅子が!
たくさんの鳥や動物や昆虫が集まってくるので音を聞きながら目でも楽しみながらバルバドスの自然を体感しちゃいましょう。

訪れた人々の多くが「他にはない庭園で本当に美しい!」と絶賛するほど!!
オーナーのアンソニーさんの人柄は素晴らしく、彼とのお話しも魅力のうちの一つ。
バルバドスに来たら訪れておきたい場所です。

ハント・ガーデン(Hunte's Garden)
住所:
Hunte's Gardens and Nursery Castle Grant, St. Joseph, Barbados, W.I
営業時間:
9:00~16:00
アクセス:
グラントレー・アダムス国際空港から車で約30分。
定休日:
6月1日~30日
電話番号:
+246- 433-3333
料金:
US$15

大小数々の鍾乳石が広がる洞窟「ハリソン・ケーブ」

地球の神秘的な光景をあなたの目で確認しませんか?
バルバドスにはとても美しい鍾乳洞があります。
その名も「ハリソン・ケーブ」!

洞窟内には小川があったりキラキラと輝く水たまりがあったり場所によって様々な形の鍾乳洞があったり…
自然の美しさを目の当たりするはず!

用意されているのは知識が豊富なガイドと共に冒険できる1時間~4時間までの多彩な探検コース。
あなたにあったスケジュールと内容でバルバドスの地下の世界を堪能しちゃいましょう!

ハリソン・ケーブ(Harrison's Cave)
住所:
Harrison’s Cave Welchman Hall, St. Thomas Barbados
営業時間:
9:00~16:00
アクセス:
グラントレー・アダムス国際空港から車で約40分。
定休日:
クリスマス、グッドフライデー、イースター(日曜日)、カドーメントデー(バルバドルのカーニバル)
電話番号:
(246) 417-3700
料金:
US$25.25(小峡谷ツアーはUS$12.62~、その他5~12歳限定で参加できるジュニアツアーもあり)

いかがでしたか?
他のカリブ海の島々とは異なる雰囲気を持つバルバドス。
美しいビーチはもちろんの事、他の自然も十分に満喫することが出来ます。
またイギリス風の建物や歴史も一緒に楽しみたいですね!
今年の長期のお休みはカリブ海の東端「バルバドス」まで出かけてみちゃいましょう!!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カリブ海バルバトス島マウントゲイ蒸留所ビジターセンター徹...

    白い砂浜のカリブ海。その一番東端にある島国バルバドスには、ラム酒世界最古の蒸留所であるマウントゲイ蒸留所があります。バルバドス島の砂糖は高値で取引がされている高級品。そのサトウキビで造ったラム酒を味わってみませんか。

  • バルバドス基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海に浮かぶバルバドスは、常夏の国。一年を通じて観光を楽しむことができますが、雨の少ない乾期がベストシーズン。ここではそんなバルバドスの気候や訪れる際の服装についてまとめてみました。

  • バルバドス基本情報 【時差・空港編】

    カリブ海に浮かぶ島国、バルバドスへは世界中から旅行者が訪れます。ここではバルバドスの時差やアクセス方法、バルバドスの空港などについて紹介しましょう。

  • バルバドス基本情報 【治安・情勢編】

    バルバドスはカリブ海に浮かぶ島です。観光に力を入れている国で、治安は良好です。でも旅の基本的ルールを守って楽しく過ごしたいですね!ここではバルバドスを訪れた際に注意したいことをまとめてみました。

このエリアの新着記事
  • バルバドス基本情報 【治安・情勢編】

    バルバドスはカリブ海に浮かぶ島です。観光に力を入れている国で、治安は良好です。でも旅の基本的ルールを守って楽しく過ごしたいですね!ここではバルバドスを訪れた際に注意したいことをまとめてみました。

  • バルバドス基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海に浮かぶバルバドスは、常夏の国。一年を通じて観光を楽しむことができますが、雨の少ない乾期がベストシーズン。ここではそんなバルバドスの気候や訪れる際の服装についてまとめてみました。

  • バルバドス基本情報 【時差・空港編】

    カリブ海に浮かぶ島国、バルバドスへは世界中から旅行者が訪れます。ここではバルバドスの時差やアクセス方法、バルバドスの空港などについて紹介しましょう。

  • カリブ海バルバトス島マウントゲイ蒸留所ビジターセンター徹...

    白い砂浜のカリブ海。その一番東端にある島国バルバドスには、ラム酒世界最古の蒸留所であるマウントゲイ蒸留所があります。バルバドス島の砂糖は高値で取引がされている高級品。そのサトウキビで造ったラム酒を味わってみませんか。

この記事のキーワード
新着記事