中東クウェートの見どころ大特集!観光国としての成長を感じる可能性に満ちた国の魅力とは

14,865

views

1

湾岸危機の際に一時、イラク占領下に置かれたクウェート、とそれだけ聞くと物騒な印象を抱きますが、実際は平和な国なのです。まだまだ観光地化していない分、これからの展開が期待されるクウェートの見どころを紹介しましょう。

1. グランド・モスク

目に快適な色を配したモスクが1万人のムスリムを穏やかにする

街の中心部に位置する、クウェート最大のモスク。世界の7大モスクの1つ。1986年開業。配色は青とベージュ。目に快適な色を採用。建物自体は22万平方フィート(東京ドームの約2倍)、総面積は49万平方フィート(東京ドームの約3.5倍)。公式礼拝や金曜日の礼拝のみに使用。

女性はヘッドスカーフやアバヤが必要。貸し出しはしてくれる。入場には予約が必要。英語での案内ツアー(無料)。礼拝ホールは床面積にて1万人を収容。メインホール以外に、女性専用の1千人程度の収容可能なホール。イスラム参考図書など3800平方フィートのライブラリスペースに圧倒。

グランド・モスク (Grand Mosque)
住所:
Kuwait City, Kuwait
営業時間について:
入場は予約(案内ツアー付き)のみ。日曜日~木曜日まで。ツアーは朝の部:9:30-11:00。夜の部:17:00-19:00。
アクセス:
アラビア湾通りに、アルセイフ宮殿と証券取引所の向かいに位置している。
クウェート国際空港からタクシーで20分程度。
定休日:
金曜日、土曜日
電話番号:
+965 2246 7058
料金:
無料
おススメの時期:
夏季(4~10月)以外

2. ミラー・ハウス

画家のインスピレーションを信じることから始まったミラーの世界観

イタリア生まれの画家リディア・アルカッタンが建てた邸宅。ありとあらゆる平面が小さな鏡で覆われる。外から見ると蝶、惑星、手のひらが描かれ、家の中は可能な限りミラーで装飾。家具も同様。ミラーは白色セメントや接着剤などで接着。それぞれの部屋が「宇宙」「海の世界」「知識」などのテーマを持つ。

ツアーの終点にリディアのミラー作品があり購入可能。ツアーでは紅茶と自家製アップルケーキが用意され、食事を楽しみながらこのハウスが出来たきっかけやクゥエートの歴史を聞ける。ヒールの高いピンヒールでの入場は不可。

ミラー・ハウス (Mirror House)
住所:
Street 94 | kuwait asima Governate, Kuwait City 35809, Kuwait
営業時間について:
入場は予約(案内ツアー付き)のみ。一回のツアーあたりの最大催行人数は10名まで。
アクセス:
クウェート国際空港からタクシーで15分程度。
定休日:
無し(予約のみ)
電話番号:
+965 2251 8522
料金:
日曜日~木曜日までは2 Kuwait Dinar(KD)、金曜日・土曜日・祝日は3 KD、4歳以下は無料
おススメの時期:
夏季(4~10月)以外

3. タレク・ラジャブ・イスラム美術博物館

民族文化にインスパイアされて50年間に収集した3千点強の展示

1980年に開館。クウェート人で初めて海外留学をしたTareq Rajabが外来民族や少数派民族の芸術に興味を持ち、イスラム・中東・東南アジアの工芸品、碑・人物・習慣の写真の収集により実現した。

2つのブースがあり、1つは陶器、金属、ガラスなどの工芸品の展示。もう1つは、イスラムの歴史を衣装、様式、装飾品とともに説明。アラブ・イスラム関連書籍ライブラリは湾岸戦争の一時期は本館と隔離され、空爆シェルターとして使われていた。

タレク・ラジャブ・イスラム美術博物館 (Tareq Rajab Museum of Islamic Arts)
住所:
Jabriya Block 12 Street 1, Kuwait City, Kuwait
営業時間について:
金曜日以外は9:00-12:00、16:00-19:00。金曜日は左記の午前のみ。
ラマダンの際は金曜日は同じ。それ以外は午後が19:
00-22:00。
アクセス:
クウェート国際空港からタクシーで20分程度。
定休日:
無し
電話番号:
25317358
料金:
2 Kuwait Dinar。学生、子供は無料。
おススメの時期:
夏季(4~10月)以外

4. クウェート・タワー

クウェート市内をパノラミックに映し出す経済の象徴

アラビアン・ガルフ・ストリート沿いの海のそばに鉄筋コンクリート製の3基の塔。球体展望台のある第1の塔は高さ187メートルで高さ123メートル時点の球体に展望台、レストランがあり、その下半分は給水の役目を果たす。第2塔は高さ147メートルで給水塔。第3塔は高さ113メートルで電力制御と他の2塔への照明の役割を持つ。

湾岸戦争でイラク占領下の際には大規模な損傷を負う。第1塔のホライゾンレストランは日曜~木曜の朝の時間帯は女性専用。貸し会議室やイベント用応接室なども用意。

クウェート・タワー (Kuwait Towers)
住所:
Arabian Gulf Avenue | Sharq District, Kuwait City, Kuwait
営業時間:
9:00~23:00
アクセス:
クウェート国際空港からタクシーで25分程度。
定休日:
無し
電話番号:
(00965)22 444 119
料金:
1 Kuwait Dinar(レストラン利用で無料)
おススメの時期:
夏季(4~10月)以外

5. アメリカ文化センター

アーチ型ベランダに象徴されるアメリカ発文化

1930年代に湾岸沿いに建築され、元はアメリカ系の病院として30年もの間、クウェートに貢献し続けた。女性用病棟だった建物はこの建物のオーナーである文化的組織Dar al-Athar al-Islamiyyahの事務所等として使用。

男性用病棟だった建物は展示会スペースや博物館キュレーターのトレーニングセンター、200席の劇場などで構成。定期的に展示会や音楽イベント等のアクティビティを開催。

アメリカ文化センター (Amricani Cultural Centre)
住所:
Gulf Road | Next to the National Assembly Building, Kuwait City, Kuwait
営業時間について:
金曜日以外は10:00~19:00。金曜日は14:00~19:00。
アクセス:
クウェート国際空港からタクシーで25分程度。
定休日:
なし
電話番号:
(965) 2240 0992
料金:
無料
おススメの時期:
夏季(4~10月)以外

いかがでしたか?あまり観光向きでないとの話もありますが、結構一見の価値ありの場所が色々あるようです。せっかく中東方面をお考えなら旅の行き先の一つとして加えてみては。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • クウェート基本情報【気候・服装編】

    クウェートは中東の国のひとつで、イランやサウジアラビアと国境を接しています。国土のほとんどが荒野と砂漠で、夏の気温は50℃近く上がることもあります。ここではそんなクウェートの気候と服装について紹介しましょう。

  • クウェート基本情報 【時差・空港編】

    クウェートはペルシャ湾に面する石油産出国です。日本での認知度はあまり高くありませんが、比較的治安も良く観光に向いている国と言えます。ここではクウェートの時差やクウェート国際空港について紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • クウェート基本情報 【時差・空港編】

    クウェートはペルシャ湾に面する石油産出国です。日本での認知度はあまり高くありませんが、比較的治安も良く観光に向いている国と言えます。ここではクウェートの時差やクウェート国際空港について紹介しましょう。

  • クウェート基本情報【気候・服装編】

    クウェートは中東の国のひとつで、イランやサウジアラビアと国境を接しています。国土のほとんどが荒野と砂漠で、夏の気温は50℃近く上がることもあります。ここではそんなクウェートの気候と服装について紹介しましょう。

この記事のキーワード