アンドラ基本情報 【時差・空港編】

3,166

views

0

スペインとフランスの間、ピレネー山脈に位置するアンドラ公国。本記事では、日本とアンドラとの時差や、アンドラまでの所要時間などの基本情報をまとめました。

アンドラと日本との時差

日本ではあまりメジャーではないアンドラ公国。日本とアンドラの間には、いったいどれくらい時差があるのでしょう。また、アンドラにはサマータイムはあるのでしょうか。

日本との時差

日本とアンドラとの時差は8時間。日本の方が8時間進んでいます。たとえば、日本が夜12時のとき、アンドラはまだ同じ日の午後4時となります。

サマータイムがある

アンドラはサマータイム制を導入しています。サマータイム適用期間中の日本との時差は1時間縮まり、7時間になります。先ほどの例でいうと、日本が夜12時のとき、アンドラは同日の午後5時ということになります。

サマータイムの適用期間

アンドラのサマータイム適用期間は、毎年3月の最終日曜日から、10月の最終日曜日までです。日本人にはなじみの薄いサマータイム。この期間をまたいで旅行するときには、十分に注意しましょう。

アンドラまでの飛行時間

続いて、日本から遠く離れたヨーロッパの小さな国アンドラまで旅行するとしたら、いったいどれくらい時間がかかるのでしょうか。

アンドラには空港がない

人口8万人の小さな国アンドラには空港がありません。また、周辺国からの鉄道も、アンドラにはつながっていません。旅行するとしたら、周辺国の空港まで飛行機で、そこからはバスでアンドラに入るのが一般的。

よく使われるルートとしては、まず日本からヨーロッパ主要都市まで直行便を使い、そこからアンドラに近いフランスのトゥールーズ・ブラニャック空港かスペインのバルセロナ・エル・プラット国際空港を使う方法。

そこからアンドラまでは、長距離バスでの移動になります。トゥールーズからもバルセロナからも、アンドラまではバスで約3時間でのアクセスです。

日本からヨーロッパ主要都市までが直行便で約12~13時間、そこからトゥールーズかバルセロナまでを約2時間。さらにバスで3時間の移動となるので、乗継時間を入れると20時間以上はかかるということになります。

アンドラの出入国

アンドラは、欧州の多くの国々が加盟しているシェンゲン協定に加盟していません。また、国境での出入国審査は基本的に行っていません。

アンドラには空港がないので必ず他国経由で出入国することになります。上述したフランスやスペインの最寄りの空港を利用する場合、シェンゲン圏最初と最後の経由地の空港で出入国審査が行われます。

アンドラは出入国審査は行っていないとはいえ、国境付近などでパスポートの提示を求められることもあります。たとえスペインやフランスからの日帰り旅行でも、旅行中はパスポートを必ず携帯しましょう。

最後に

険しい山々に抱かれたアンドラは、他のヨーロッパ諸国に比べて付加価値税が少ないことで有名です。ヨーロッパを旅行するときに少し遠出して、あまり知られていないアンドラへのバス旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ヨーロッパ・アンドラで人気の観光スポット7選!ヨーロピアン...

    皆さんはアンドラという国をご存知ですか?ピレネー山脈の中腹にある小さな国ながら、ショッピングにスポーツにと楽しみ満載の地とあって、世界中から多くの人が訪れる人気の観光地なんです。今回は、そんなアンドラの名所をたっぷりとご紹介します!

  • アンドラ基本情報 【気候・服装編】

    フランスとスペインの間にあるピレネー山脈。その谷間に広がるアンドラ公国は、首都のアンドラ・ラ・ベリャの年間平均気温が7.6度、年間平均最高気温 も12.4度と一年を通じてとても涼しく、夏は避暑地として、そして、冬はウィンタースポーツが楽しめます。年間降水量は967mmと非常に多く、一年中雨がよく降ります。アンドラ公国を訪れる時に参考にして欲しい季節ごとの気候に関する情報、おすすめの服装についてご紹介していきます!

  • アンドラ基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    南ヨーロッパの小国・アンドラ公国をご存知でしょうか?スペインとフランスの国境付近にあり、面積は金沢市と同じくらいです。しかし、夏はトレッキング、冬はスキーとレジャー産業が盛んです。豊かな自然に囲まれた世界遺産「マドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷」もあります。そして、一番の魅力は消費税がかからない国であるということです。ショッピングがお得に楽しめるのです!そんなアンドラ公国の公用語・カタルーニャ語と、旅行中に役立つ簡単な会話についてご紹介していきます!是非、アンドラを訪れる際にお役立て下さい♪

  • アンドラ基本情報 【時差・空港編】

    スペインとフランスの間、ピレネー山脈に位置するアンドラ公国。本記事では、日本とアンドラとの時差や、アンドラまでの所要時間などの基本情報をまとめました。

  • アンドラ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】ヨーロッ...

    フランスとスペインの国境にそびえるピレネー山脈の中腹に位置する「アンドラ公国」。面積468㎢という小さな国ですが、歴史ある古い街並みや世界遺産、そして買い物スポットとみどころ満載。そこで今回は、アンドラの祝日・祭日・ビジネスアワーをまとめてみました。

このエリアの新着記事
  • アンドラ基本情報 【治安・情勢編】~知る人ぞ知る豊かで安全...

    アンドラはフランスとスペインの間にある小さな公国で、面積は東京都(2,188km2)の約5分の1で、人口は約8万人。高い山々に囲まれた高原地帯の首都の気候は、日本の軽井沢のようです。一味違うラグジュアリーな旅を満喫したい方にぜひおすすめの美しい国アンドラの治安についてご案内しましょう。

  • アンドラ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】ヨーロッ...

    フランスとスペインの国境にそびえるピレネー山脈の中腹に位置する「アンドラ公国」。面積468㎢という小さな国ですが、歴史ある古い街並みや世界遺産、そして買い物スポットとみどころ満載。そこで今回は、アンドラの祝日・祭日・ビジネスアワーをまとめてみました。

  • アンドラ基本情報 【気候・服装編】

    フランスとスペインの間にあるピレネー山脈。その谷間に広がるアンドラ公国は、首都のアンドラ・ラ・ベリャの年間平均気温が7.6度、年間平均最高気温 も12.4度と一年を通じてとても涼しく、夏は避暑地として、そして、冬はウィンタースポーツが楽しめます。年間降水量は967mmと非常に多く、一年中雨がよく降ります。アンドラ公国を訪れる時に参考にして欲しい季節ごとの気候に関する情報、おすすめの服装についてご紹介していきます!

  • アンドラ基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    南ヨーロッパの小国・アンドラ公国をご存知でしょうか?スペインとフランスの国境付近にあり、面積は金沢市と同じくらいです。しかし、夏はトレッキング、冬はスキーとレジャー産業が盛んです。豊かな自然に囲まれた世界遺産「マドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷」もあります。そして、一番の魅力は消費税がかからない国であるということです。ショッピングがお得に楽しめるのです!そんなアンドラ公国の公用語・カタルーニャ語と、旅行中に役立つ簡単な会話についてご紹介していきます!是非、アンドラを訪れる際にお役立て下さい♪

  • ヨーロッパ・アンドラで人気の観光スポット7選!ヨーロピアン...

    皆さんはアンドラという国をご存知ですか?ピレネー山脈の中腹にある小さな国ながら、ショッピングにスポーツにと楽しみ満載の地とあって、世界中から多くの人が訪れる人気の観光地なんです。今回は、そんなアンドラの名所をたっぷりとご紹介します!

新着記事