福島・裏磐梯のおすすめ北欧スタイルホテル「ホテリ・アアルト」特集

1,511

views

0

鬱蒼と茂る森、青く輝く湖、季節によって多彩な表情を見せる花々。そんな豊かな環境に囲まれたホテリ・アアルトは、福島県会津地方にある美しい宿です。周辺の自然と調和した空間でくつろげば、まるで北欧の街を訪れたような感覚を覚えるはず。今回はこのホテルの魅力をたっぷりとご紹介します。

福島県北部に広がる高原、裏磐梯

福島県会津地方に広がる裏磐梯は、明治21年に起こった会津磐梯山の噴火によって生まれた高原。
磐梯山、安達太良山、吾妻山といった山々に300を越すと言われる湖畔群、沼や湿地などの豊かな自然が織りなす変化に富んだ景観を楽しむことができる美しい場所です。

裏磐梯の森に佇むホテリ・アアルト

自然と調和した佇まい

そんな裏磐梯の静かな森に囲まれ、まるで自然と一体となっているかのように周辺の景観と溶け込む宿、「ホテリ・アアルト」。
フィンランド語で「ホテリ」はホテル、「アアルト」は波という意味を持ち、自然とともに暮らす北欧と日本のライフスタイルをつなげるという想いから、この名がつけられたといいます。

このホテルは、この地にあった築40年の山荘をリユースしたもの。
3人の建築家、益子義弘氏・河合俊和氏・大竹慎太郎氏の手により見事に蘇りました。
無垢の木がぬくもりを感じさせてくれるロビーは居心地がよく、テーブルやチェアには北欧デザイナーの手によるこだわりのものをチョイス。
コンセプトに違わず上質な空間を実現しています。

こだわりの客室

客室は、ひとつひとつ趣の異なる13の部屋を用意。
ホテルというより、親しい友人宅に招かれたような安らげる雰囲気が魅力です。
こちらは一番人気のスイートルーム。離れとなっていて、落ち着いたひとときを過ごすことができます。

全室に共通しているのは、最も美しく景色が見える場所に窓が設置されているということ。
洗練された内装とともに、絵のように広がる裏磐梯の景色を堪能できるとはなんとも贅沢ですね。

思いを込めたおもてなし「たごころ食堂」

旅の楽しみのひとつである「食」にも、ホテリ・アアルトはこだわりを持っています。
「田」に「心」と書いて「思」…。「たごころ食堂」と名付けられたダイニングでは、一品一品に思いを込めて会津の味を提供。
食器やランチョンマットなどのカトラリーにも会津産のものを使用するなど、細部にも郷土への愛が感じられます。

使用する食材は「地産地消」がモットー。鮮度抜群の山の幸や高原野菜をふんだんに使った創作料理を心ゆくまでお楽しみください。
会津の地酒も豊富に取り揃えています。

旅の疲れを癒やす「弁天の湯」

水の神である弁財天になぞらえ、この温泉は「弁天の湯」と呼ばれています。
季節によって様々に姿を変える美しい景色を眺めながら、ゆったりと湯を楽しみましょう。
ほのかに硫黄が含まれる源泉掛け流しのお湯で、旅の疲れを癒やしてください。

ホテリ・アアルト
住所:
福島県耶麻郡北塩原村大字檜原大府平1073−153
営業時間:
15:00~翌12:00
アクセス:
JR猪苗代駅下車、磐梯東都バスで20分。駅から無料送迎のサービスも行っているので、希望する場合は予約時に連絡
電話番号:
0241-23-5100
定休日:
無休

いかがでしたか?
ホテリ・アアルトは、周辺に広がる裏磐梯の自然を余すところなく堪能する、そのちょっとした手助けをしてくれるようなやさしい宿です。
心が疲れた時はぜひ訪れて、思い思いの時間を過ごしてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 福島五色沼の見どころ徹底解析!日本のロッキー山脈のふもと...

    死ぬまでに見てみたい絶景の一つにカナダのロッキー山脈の氷河湖が挙がりますが、日本にもその名所にそっくりな場所があったんです!!ご存じでしたか、福島県の磐梯山のふもとに広がる五色沼。自由自在に色を変化させ、あたりの自然と融合した風景はまさに絶景!わが目を疑うような色のオンパレードに驚きますよ!

このエリアの新着記事
  • 福島五色沼の見どころ徹底解析!日本のロッキー山脈のふもと...

    死ぬまでに見てみたい絶景の一つにカナダのロッキー山脈の氷河湖が挙がりますが、日本にもその名所にそっくりな場所があったんです!!ご存じでしたか、福島県の磐梯山のふもとに広がる五色沼。自由自在に色を変化させ、あたりの自然と融合した風景はまさに絶景!わが目を疑うような色のオンパレードに驚きますよ!