甘党必見!トリノで見つけた絶品チョコレート屋さん7選

11,729

views

0

イタリア北部にある町トリノ、昔からチョコレートの町として有名だとご存知でしたか?かつてはチョコレート作りを学ぶために、ヨーロッパのあらゆる地域からチョコレート職人がトリノにやって来ていたとか。そう、チョコレートの都はなにを隠そう実はトリノ。町を歩いていると、どこもかしこもお菓子屋さん、チョコレート屋さん。トリノに立ち寄った際に絶対試してほしいお店をご紹介します。

かつての王宮御用達!シックな造りのお店で味わう老舗の最上級チョコレート

ストラッタ (Stratta)

1836年創業の老舗店はトリノの中心部サンカルロ広場に面しています。名物はもちろんジャンドゥイオットという三角のチョコレート。ジャンドゥイオットはカカオとヘーゼルナッツを合わせたクリーミーな味わいのトリノ名物。店頭には色とりどりの砂糖菓子も常に何十種類と並べられていてとても色鮮やか。ただ、店内のカフェは狭いのであまり人がいない時をねらってのんびり目と舌で味わいたいですね。

ストラッタ (Stratta)
住所:
piazza San Carlo 191
電話:
011-547920
営業時間:
10:00~13:00、15:00~19:00
定休日:
日曜、月曜朝
アクセス:
ポルタヌォーバ駅からローマ通りを直進し、サンカルロ広場へ。広場に向かって右手側の回廊を進む。

アル ビチェリン(Al Bicerin)

出典: www.afar.com

1763年創業と、今回紹介する中では一番の歴史を持つお店。店名でもある「ビチェリン」とは、コーヒーとチョコ、そして牛乳を層にした飲み物。その発祥の地として、いまでも多くの人がその味を楽しもうと訪れます。その他にも少々リキュールのきいた甘い飲み物「ザバイオーネ」やホットチョコレート、アイスチョコレートなどチョコ系の飲み物は豊富。さらにシナモンやラム酒などを混ぜたりと、老舗とはいえいろいろと挑戦できるので、カフェとしてぜひおススメの一店です。

アル ビチェリン(Al Bicerin)
住所:
piazza della Consolata 5
営業時間:
8:30~19:30
電話:
011 4369325
定休日:
水曜
アクセス:
ポルタヌォーバ駅からローマ通りを直進、カステッロ広場へ行き、左奥にあるドゥオモのある通りへ向かう。ドゥオモ手前のvia della basilica(バジリカ通り)、via Santa chiara(サンタキアラ通り)を進み、Bazar Boninoというお店の裏側。少し入り組んでいるため分かりづらい。

ペイラーノ (Peyrano)

日本でもお馴染みペイラーノも老舗として名を連ねます。チョコレート職人の中でも、殻の付いた生のカカオ豆を焙煎することから始める人は数えるほどしかいません。イタリアには5人とか。ペイラーノはそのなかのひとつ。丁寧な作業のため、もちろん大量生産はできませんが、その味はどれをとっても抜群です。

ペイラーノ (Peyrano)
住所:
Corso Vittorio Emanuele II, 76 
電話:
011.538765
営業時間:
7:00~14:15 16:40~ 20:45
定休日:
月曜、金曜
アクセス:
ポルタヌォーバ駅から徒歩約8分。駅を出て右折、ヴィットーリオ エマヌエーレ大通を直進。

地元の人も旅行者も、もはや見逃すことはできない大人気のチョコレート屋さんはココ!

ダ ジェルトージオ(Da Gertosio)

普段使いのカフェとしても多くのトリノ市民が通うカフェ&お菓子屋さん。でも実はジャンドゥイオットはここが一番と言わせるほどの腕を誇るチョコレート屋としても有名。その他にも昔から有名なチョコレートケーキやチョコ付のグリッシーニなど、お土産向きの品揃えも良いのでぜひ立ち寄りたい場所。お店の人のサービスは通りすがりの旅行者にも甚だ好評。

ダ ジェルトージオ(Da Gertosio)
住所:
Via Lagrange, 34
電話:
011.562.1942
営業時間:
9:30~12:40 15:40~20:15
定休日:
水、木曜
アクセス:
ポルタヌォーバ駅からローマ通りのすぐ右隣にあるラグランジュ通り沿い左手。

グイド ゴビーノ (Guido Gobino)

その名を知らない人はあまりいないのでは、と言われるほどチョコレート職人としてじわじわと名をあげているトリノ人のひとり。古き良き伝統を守りつつも新しいことへと挑戦し続けるそのスタイルは老若男女問わず好まれているとか。味ももちろんお墨付き。きっとお気に入りのひとつを見つけることができるはず!

グイド ゴビーノ (Guido Gobino)
住所:
Via Lagrange 1, 10123 Torino
電話:
011.56.607.07
営業時間:
月曜 15:00~20:00 火曜~日曜 10:00~20:00
定休日:
不定休
アクセス:
ポルタヌォーバ駅からローマ通りのすぐ右隣にあるラグランジュ通りすぐ。

ギーゴ (Ghigo)

店頭やショーケースには常にたくさんの種類のチョコレートやお菓子が所狭しに並べられています。思わず立ち止まってしまうこのお店は、中心部のヴィットーリオ広場近くのトリノ市民の散歩コース真っただ中という好立地。こちらのおススメとしてよく取りあげられるのは、寒い時期に飲むチョコラータカルダ(ホットチョコ)。もともとは牛乳屋さんだったここの一番の名物は、その場で作りたてをよそってもらえる生クリーム。トリノでも一二を争うホットチョコの美味しいお店としてよく取り上げられることも。

ギーゴ (Ghigo)
住所:
Via Po,52/b
電話:
011 887017
営業時間:
月曜~金曜 7:30~20:00 土日 8:00~20:00  
定休日:
不定休
アクセス:
ポルタヌォーバ駅からローマ通りをカステッロ広場へと進み、右手へ折れポー通りへ。そのまま直進し、ヴィットーリオ広場の手前あたり。

チョコレート界の新鋭といえばこの人。イタリアでいま注目されているチョコレート職人

グイド カスターニャ(Guido Castagna)トリノ支店

開業10年と歴史は浅めながらも、そのカカオ豆への愛と堅実なチョコ作りで様々な賞を受賞し、あっという間にイタリアナンバーワンのチョコ職人に上り詰めたのがこのグイドカスターニャ。「ペイラーノ」と同じく生のカカオ豆から焙煎する職人のうちのひとり。最高品質のカカオを使った丁寧な手法で、ビターでも決して苦みを感じず口のなかでとろけるよう!そんなカカオたっぷりの板チョコはもちろん、スパイスをのせたチョコの詰め合わせやクリーム状の「クレーマ+55(Crema+55)」「クレーマ ジャンドゥイヤCQ(Crema Gianduja CQ)」などおススメもたくさん。ぜひ食べてみたいいま一番注目のチョコレート屋さんです。

グイド カスターニャ(Guido Castagna)
住所:
Via Maria Vittoria,27/c
電話:
011.19.88.65.85
営業時間:
月曜 15:30~19:30 火曜~土曜 10:30~13:30、15:00~19:30
定休日:
日曜
アクセス:
ポルタヌォーバ駅からローマ通りをサンカルロ広場まで進み右折し、マリアヴィットーリア通りへ入りしばらく直進し左手に店舗。

日本でもみなさんお馴染みのチョコレート屋さんが入っていたかもしれませんね。

なかなか日本では手に入らない貴重なチョコレートもあるので、イタリアトリノ近郊へおいでの際には足を運んでもらいたい数件を今日はご紹介しました。

ここにはとても載せきれないほどたくさんのチョコレート屋さんに出会えることができる、トリノへの旅。
ぜひ一度、ゆっくり訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • トリノ観光のおすすめ人気観光8選!優雅でロマンチックな街で...

    洗練されたヨーロッパの街並み、憧れますよね。中でも大人気の国の筆頭に挙がるイタリア!石やレンガでできた重厚な壁、隙間なくぎっしり石が敷き詰められた道。自然を尊重したつくりの広場には噴水から水が心地よく流れています。今回ご紹介したいのは北部にある町トリノ(Torino)。ぜひトリノの優雅な雰囲気の中で、映画に出てくるような憧れのワンシーンを体験してみてください。

このエリアの新着記事
  • トリノ観光のおすすめ人気観光8選!優雅でロマンチックな街で...

    洗練されたヨーロッパの街並み、憧れますよね。中でも大人気の国の筆頭に挙がるイタリア!石やレンガでできた重厚な壁、隙間なくぎっしり石が敷き詰められた道。自然を尊重したつくりの広場には噴水から水が心地よく流れています。今回ご紹介したいのは北部にある町トリノ(Torino)。ぜひトリノの優雅な雰囲気の中で、映画に出てくるような憧れのワンシーンを体験してみてください。

新着記事