イタリア・カプリ島「カルトゥージア」!王妃から愛された伝統の香水

3,800

views

0

カプリ島にある世界で一番小さな香水製造所「カルトゥージア」。王妃の歓迎から生まれた歴史ある伝統の香水メーカーです。カプリの花々やレモンフレーバーを使った“カプリらしい”香水が揃うカルトゥージア。その歴史やオススメアイテムをご紹介します。

カプリ島のカルトゥージア(Carthusia)って?

「カルトゥージア」はカプリ島の中心部に位置する香水店。おしゃれな外観からは想像出来ないほどその歴史は古く、1380年代まで遡ります。

カルトゥージア(Carthusia)
住所:
Viale Axel Munthe, 26 - IT
電話番号:
0818373668
アクセス:
サントステファノ教会より車で14分(4km)
価格:
オードトワレット55ユーロ~
おすすめの時期:
通年

カルトゥージアの香水について

王妃の歓迎から生まれた花の香り

1380年代、アンジュー家のジョヴァンナ王妃がカプリ島を訪問。サンジャコモの修道院は島中の美しい花々を生けて歓迎しました。王妃が帰った後、修道院長はその花器から神秘的な甘い香りが漂っていることに気づきます。その香りの源は、カプリ島に自生する植物 "ガロファノ・シルヴェストレ"が発していることが判明。そして、この水がカプリ島最初の香水になったと言われています。

世界で一番小さな香水製造所

1940年、古文書の中から香りの水の話を見つけた当時の修道院長は、ローマ法王の許可を得て伝説の香水を再現することに成功。

こうして世界で一番小さな香水製造所 「カルトゥージア」が生まれました。

門外不出だった幻の香水

2002年9月までイタリア国内にすら流通していなかったカルトゥージアの香水。カプリ島の香水製造所まで行かないと手に入らない門外不出の香水でした。

一度は訪れたいカプリ島の本店

今ではネット販売や空港内のショップなどでも販売されており、以前より容易に入手できるようになりました。

しかし!やっぱり本店は別格。品揃えも充実しています。

本店の店内では香水が手作りされており、その工程を見ることができます。カプリ島の香り高い果実ハーブをはじめとする天然原料を使い、伝統の手法を守り続けています。

自分用にもお土産にもぴったり! 素敵な香りとパッケージ

誕生の背景や歴史深さも相まって、素敵なデザインのパッケージは品も感じられます。
数ある商品の中からオススメをご紹介します。

フィオーリ ディ カプリ

カプリの花々と名付けられた香水。シクラメンやガーデニア、オレンジブロッサム、ベルガモットなど7種のカプリの花をミックスした女性らしい香り。

メディテラネオ

地中海と名付けられた香水。レモンの産地でもあるカプリ島らしいレモンリーフがアクセントの爽やかな香り。

最後に

「カルトゥージア」はいかがでしたか?カプリ島を訪れるなら、ぜひお気に入りの香りを探してみてくださいね!

laluce

イタリア在住。在住者ならではのディープな情報をお伝えします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 青の洞窟でお馴染みのカプリ島オススメお散歩コース

    青の洞窟があることで有名な、ティレニア海に浮かぶカプリ島。そんなカプリ島の魅力は、青の洞窟だけではないのです!その美しい海岸線や明るい街並みを歩けば、誰もが陽気な気分になってしまいます。ここでは、そんなカプリ島のお勧めのお散歩コースを紹介します。

このエリアの新着記事
  • 青の洞窟でお馴染みのカプリ島オススメお散歩コース

    青の洞窟があることで有名な、ティレニア海に浮かぶカプリ島。そんなカプリ島の魅力は、青の洞窟だけではないのです!その美しい海岸線や明るい街並みを歩けば、誰もが陽気な気分になってしまいます。ここでは、そんなカプリ島のお勧めのお散歩コースを紹介します。

この記事のキーワード