岩手・花巻温泉で源泉かけ流しのプチ湯治体験!自炊もできて地元の旬を楽しめる

1,945

views

0

温泉ファンのあこがれ、「湯治」。長期間の湯治は無理だけど、旅行感覚でその雰囲気だけでも楽しむことができるのをご存知ですか?岩手県の花巻南温泉郷にある、湯治可能な旅館やそのシステムなどをご紹介したいと思います!

アクセス良好!昔ながらの湯治宿に泊まれる「岩手県・花巻南温泉郷」

花巻温泉郷は「いわて花巻空港」や「新花巻駅」から車で20~30分の山の中にあります。花巻温泉郷の中でも豊沢川沿いの地域は有名な湯治宿があり、花巻南温泉郷と呼ばれています。シャトルバスや路線バスが運行しており非常に便利です。

街から離れて山の手の温泉郷に入っていくと、そこは大自然がいっぱいの風光明媚な温泉地。
夏には涼しい避暑地、秋には紅葉…そして、特にオススメなのは冬の大迫力の雪景色です。雪になじみのない地域の方々は、ここで雰囲気抜群の雪見風呂をご堪能ください。まるで別世界に来たような気分になれますよ。

1泊からOK!自炊もできる湯治宿の魅力

本来、湯治とは長期間宿に滞在して体の不調を改善させるものですが、旅行感覚で気軽に利用できる湯治宿もあります。
湯治宿の魅力は、なんと言ってもその宿泊料金の安さにあります。もともと長期滞在型のシステムが根付いていて、湯治宿の客室には必要最低限のものだけが備え付けられており、必要なものは持ち込み、あるいはレンタルをするスタイルになっています。共同の炊事場では簡単な食事が作れるようになっているので、自炊したい人やいつもとは違った旅にしたい人は是非利用してみてください。

湯治で有名な宿

そんな湯治場として有名な宿が、豊沢川沿いの花巻南温泉郷にある「藤三旅館」と「大沢旅館」です。湯治場ではありますが一般の旅館も併設しており、売店やレストランなど施設も充実しているので昔のような完全な湯治スタイルというものではなく、雰囲気だけを味わってみるということもできるのが非常に魅力です。

藤三旅館

出典: www.tocoo.jp

藤三旅館の「鉛温泉」が発見されたのはおよそ600年前。加水・加温なしの源泉かけ流し、100%の天然温泉です。中でも有名な「白猿の湯」は、深さが1.25mもある珍しい「立位湯」。全身に万遍なく水圧がかかり、血行促進の効果があると言われています。温泉の力で体に備わっている本来の自然治癒力を高めてみましょう。

出典: 4travel.jp

出典: 4travel.jp

藤三旅館
住所:
〒025-0252 岩手県花巻市鉛字中平75-1
電話番号:
電話:0198-25-2311(代表) 湯治部:0198-25-2901
アクセス:
いわて花巻空港から車で30分
チェックイン:
15:00~
チェックアウト:
10:00
一泊料金:
湯治部 素泊まり3,000円~

大沢旅館 湯治屋

出典: iiyudane.com

宮沢賢治ゆかりの大沢温泉湯治屋。新しいものと古いものが入り混じり、快適ながらも大正時代にタイプスリップしたような非日常感をを味わうことができる歴史のある宿です。敷地内には男性は5か所、女性は6か所の温泉があり、手軽に湯めぐりを楽しむことができます。

大沢温泉 湯治屋
住所:
〒025-0244 岩手県花巻市湯口字大沢181
電話番号:
0198-25-2021 (湯治屋 0198-25-2315)
アクセス:
いわて花巻空港から車で30分
チェックイン:
15:00~
チェックアウト:
10:00
一泊料金:
湯治屋 素泊まり2,500円~

ノスタルジックな非日常を体験させてくれる湯治旅

いつもの温泉旅行とは違った体験ができ、思い出に残るプチ湯治旅。大自然が美しい岩手の山奥で、歴史を感じながら静かな時を過ごしてみてはいかがでしょうか。日頃のストレスがあっという間に癒えていくに違いありません。

ケリー

たまに海外旅行に行く主婦。
海好き。南国大好き。
スキューバダイビング少しやります。

思い出に残っている場所…マウナケア山(ハワイ)、ハミルトン島(オーストラリア)

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード