• 記事
  • ムンバイ観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき人気観...

    インド屈指の大都会ムンバイは南アジアを代表する世界都市でもあります。かつてはイギリスの植民地だったこともあり、独特の様式美の建築物に代表されるヨーロッパの文化が感じられる街でもあります。そんなイギリス統治時代の面影が残るムンバイを肌で感じることのできるスポットをご紹介します。

  • エクアドルで訪れるべき観光スポット10選

    ガラパゴス諸島で有名な南米のエクアドルですが、それ以外にもアンデスの美しい山々や植民地時代の美しい町並みなど、見どころがたくさんあります。今回は、エクアドルで訪れるべきスポット10選をお届けします。

  • ペルー・リマ旅行でコロニアル建築を観光!歴史的建造物8選

    16世紀、スペインのコンキスタドール(征服者)であるフランシスコ・ピサロが、「王の都市」として建設したリマ。その後3世紀にわたり新世界の中心地であり、当時建てられた教会や修道院、家、橋や広場などのコロニアル建築が今なお数多く残っています。今回は世界遺産にも登録されたリマの歴史地区、地元でセルカド・デ・リマと呼ばれる街を歴史を感じながら街歩きしてみましょう。

  • ペルーの観光スポット5選!世界遺産が多数の謎に包まれた世...

    ペルーには有名すぎる世界遺産がいくつもあります。「マチュピチュ」「ナスカの地上絵」「インカ帝国の首都クスコ」は誰もが知る世界遺産ですね!そしてそれらの多くがどうして、どのように、なんのために作られたのかがいまだに分かっておらず謎のままというなんとも神秘的な場所。それらの歴史を紐解きに行ってみましょう!

  • メキシコの街タスコで歴史散策!銀山で潤ったメキシコ屈指の...

    植民地時代の美しい歴史的建造物はメキシコ観光の最大の見どころと言っていいでしょう。タスコはそんな風光明媚な街並みが残るメキシコ指折りの観光地。石畳が残る旧市街は、歴史ロマンの旅へと観光客を誘っているかのよう。山あいの街タスコの見どころを訪ねてみましょう。

  • マレーシア・ペナンの人気観光スポット!ジョージタウンで訪...

    ペナンは18世紀後半、イギリスの植民地でした。今でもペナン博物館やEOホテルなどに当時の面影が色濃く残っています。白を基調とした英国コロニアル建築が代表的なスタイルで、現在はライトアップされた夜景も大変に素敵です。今回は文化と貿易の交流地として栄えたジョージタウンの魅力と見事なまでに調和したコロニアル建築物を紹介します。

  • 1
  • ムンバイ観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき人気観...

    インド屈指の大都会ムンバイは南アジアを代表する世界都市でもあります。かつてはイギリスの植民地だったこともあり、独特の様式美の建築物に代表されるヨーロッパの文化が感じられる街でもあります。そんなイギリス統治時代の面影が残るムンバイを肌で感じることのできるスポットをご紹介します。

  • メキシコの街タスコで歴史散策!銀山で潤ったメキシコ屈指の...

    植民地時代の美しい歴史的建造物はメキシコ観光の最大の見どころと言っていいでしょう。タスコはそんな風光明媚な街並みが残るメキシコ指折りの観光地。石畳が残る旧市街は、歴史ロマンの旅へと観光客を誘っているかのよう。山あいの街タスコの見どころを訪ねてみましょう。

  • ペルーの観光スポット5選!世界遺産が多数の謎に包まれた世...

    ペルーには有名すぎる世界遺産がいくつもあります。「マチュピチュ」「ナスカの地上絵」「インカ帝国の首都クスコ」は誰もが知る世界遺産ですね!そしてそれらの多くがどうして、どのように、なんのために作られたのかがいまだに分かっておらず謎のままというなんとも神秘的な場所。それらの歴史を紐解きに行ってみましょう!

  • マレーシア・ペナンの人気観光スポット!ジョージタウンで訪...

    ペナンは18世紀後半、イギリスの植民地でした。今でもペナン博物館やEOホテルなどに当時の面影が色濃く残っています。白を基調とした英国コロニアル建築が代表的なスタイルで、現在はライトアップされた夜景も大変に素敵です。今回は文化と貿易の交流地として栄えたジョージタウンの魅力と見事なまでに調和したコロニアル建築物を紹介します。

  • エクアドルで訪れるべき観光スポット10選

    ガラパゴス諸島で有名な南米のエクアドルですが、それ以外にもアンデスの美しい山々や植民地時代の美しい町並みなど、見どころがたくさんあります。今回は、エクアドルで訪れるべきスポット10選をお届けします。

  • ペルー・リマ旅行でコロニアル建築を観光!歴史的建造物8選

    16世紀、スペインのコンキスタドール(征服者)であるフランシスコ・ピサロが、「王の都市」として建設したリマ。その後3世紀にわたり新世界の中心地であり、当時建てられた教会や修道院、家、橋や広場などのコロニアル建築が今なお数多く残っています。今回は世界遺産にも登録されたリマの歴史地区、地元でセルカド・デ・リマと呼ばれる街を歴史を感じながら街歩きしてみましょう。

  • 1
新着記事