【千葉】養老渓谷で滝めぐりをしよう♪ おすすめハイキングコース

1,745

views

0

千葉県大多喜町にある養老渓谷は豊かな自然と豊富な水量が魅力の観光スポットです。今回はそんな養老渓谷の滝をめぐるハイキングコースとコース上にある見どころ、そしておすすめの宿をご紹介します。

水月寺

養老渓谷の入口から車で10分ほどのところにある水月寺は、1384年建立の臨済宗妙心寺派の禅寺。春に美しいイワツツジやサツキが見られるお寺として有名です。境内には約500本ものツツジが植えられていて、イワツツジは住職自らが種から育てたもの。

境内にあるツツジの中には天然記念物に指定されているキヨスミミツバツツジも。キヨスミミツバツツジが群棲する姿は他ではなかなか見られないものです。さまざまな種類のツツジやサツキが植えられているので、見ごろは3月下旬から6月中旬と長く楽しめますよ。

水月寺
住所:
千葉県大多喜町小沢又578
アクセス:
養老渓谷駅から車で約11分

小沢又の滝

幻の滝とも言われる小沢又の滝は、私有地の中にある滝。土地を所有している方が歩道などの整備を行っています。そのため滝にいたる道に入るには、環境保存料として200円を支払います。

季節によって水量がことなるため、滝の表情がことなります。また春の新緑や夏の濃い緑、そして秋の紅葉など、周囲の景色とともに美しい景色を見られるのもうれしいところ。こちらの滝は滝の上まで行くこととができるので、さまざまな角度から楽しんでみてくださいね。

小沢又の滝
住所:
千葉県夷隅郡大多喜町小沢又1007-1
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0470-64-6661
アクセス:
養老渓谷駅から車で約16分
入場料:
200円

粟又の滝

通称・養老の滝として知られる粟又の滝。落差30メートルの滝ですが、長さが100メートルもあるためゆったりと水が岩肌を滑り落ちる姿を見ることができます。幅も30メートルと広いので自然の雄大さを実感。

こちらも周囲を緑豊かな森に囲まれているため、季節によってそれぞれに違う表情を見せてくれますよ。夏には滝つぼから流れる冷たい川水で水浴びを楽しむことも。秋には見事な紅葉が満喫できます。

粟又の滝
住所:
千葉県夷隅郡市原市大多喜町戸面
電話番号:
0436-96-0055(市原市観光協会)
アクセス:
養老渓谷駅から車で約6分

滝めぐり遊歩道

養老渓谷内には遊歩道が整備されています。そのためハイキングを楽しむ観光客もたくさん。今回ご紹介した3つのスポットもこの遊歩道を使った「滝めぐりコース」で訪れることができるスポットです。滝めぐりコースは粟又の滝から小沢又の滝をめぐり、水月寺をまわってから再度粟又の滝の近くに戻って展望台から滝を望むコース。

遊歩道にはところどころにこちらのような案内が立っています。遊歩道でめぐれるコースの全貌や現在地を確認できるだけでなく、現在地と周辺で見ることができる鳥たちの情報なども。この案内板を参考にバードウォッチングをしながらハイキングを楽しみましょう。

秘湯の宿 滝見苑

出典: www.jalan.net

粟又の滝から徒歩で2分ほどのところにある秘湯の宿滝見苑。養老渓谷の豊かな自然に囲まれたこの宿は崖の上に建っているので、眼下に望む渓谷の景色が美しいと人気です。とくにそんな美しい景色を堪能しながら温泉が楽しめる、露天風呂はおすすめ。

出典: www.jalan.net

こちらは露天風呂付き客室すみれの露天風呂の様子。広々とした空間にこじんまりとした露天風呂が、落ち着ける雰囲気ですね。もちろん外の景色は絶景。
また、こちらの宿の食事にはたくさんの山の幸と川の幸が提供されます。地元の旬の味を堪能して、美しい景色を眺めながら温泉に浸かるなんて至福の時ですね。

秘湯の宿 滝見苑
住所:
千葉県夷隅郡大多喜町粟又5
電話番号:
0470-85-0105
アクセス:
養老渓谷駅から車で約11分

まとめ

今回ご紹介したスポットの最寄駅である養老渓谷駅は、トロッコ列車で知られる小湊鉄道の駅。トロッコ列車は指定日のみの運行ですが、スケジュールが合うならトロッコ列車に揺られながらの旅から、養老渓谷を楽しんでみてくださいね。また春には菜の花が線路沿いに咲くのも有名なので、いろいろな時期に観光を楽しみましょう。

千葉のおすすめ記事はこちら

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事