おしんの舞台にもなった銀山温泉街にあるおすすめ旅館8選

4,264

views

0

山形県尾花沢市エリアにある銀山温泉街。ここは、大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並んでいるため、非常にレトロ感のある素敵な雰囲気を味わうことができます。今回は、そんなノスタルジックな街並みを体感できる銀山温泉街のおすすめ宿を紹介したと思います。

①能登屋旅館

出典: rurubu.travel

大正ロマン漂う温泉街を眺めながら、ゆっくりのんびりとした時間が過ごせる宿です。景観は「家並み保存条例」により守られているため、ノスタルジックな雰囲気が漂います。ここでは、尾花沢牛や鴨などを使った地元料理が人気。また、温泉は大浴場、露天風呂、貸切風呂があります。貸切風呂では、オープン当時より元湯として利用されている洞窟風呂を利用できますよ。

能登屋旅館
住所:
山形県尾花沢市大字銀山新畑446
電話番号:
0237-28-2327
JR奥羽本線大石田駅からバス銀山温泉行き約50分、銀山温泉下車で徒歩約10分

②伝統の宿古山閣

築90年の木造建築の宿で、館内も当時の面影を残す造り。客室は全部で11室で、すべてのお部屋がトイレ付きです。また、食事は美味しい山形名物の尾花沢牛のしゃぶしゃぶがいただけます。一泊、約2万円以下から宿泊可能です。オフシーズンには少し安くなるかもしれないので、ぜひ宿泊プランをチェックしてみましょう。

伝統の宿古山閣
住所:
山形県尾花沢市銀山温泉423
電話番号:
0237-28-2039
大石田駅より尾花沢経由銀山行バスにて35分
山形北ICから国道13号で尾花沢方面へ車で約1時間

③旅館藤屋

出典: www.jalan.net

日常の忙しいひと時を離れて、静かな安らぎの時間を過ごせる旅館です。ここでは、5つの貸切風呂が利用できることで人気。5つすべてがプライベート空間で、24時間いつでも好きな時間に入れます。また、客室は3タイプあり、どの客室も銀山川に面していて、温泉街の街並みを一望できる環境です。

旅館藤屋
住所:
山形県尾花沢市大字銀山新畑443
電話番号:
0237-28-2141
JR山形新幹線で大石田駅下車、タクシーで約25分
東根ICから国道13号線を新庄方面へ車で約45分

④滝と蕎麦の宿 瀧見館

出典: www.jalan.net

銀山温泉の高台にある宿で、和室14室を完備しています。ここは宿の名前にもなっているように、元々は蕎麦屋としてオープンしました。現在も、昔から変わらない手作りのお蕎麦を食べれる他、地元の食材を使った里山料理などがいただけます。温泉は、大浴場と露天風呂があり、野鳥や美しい山々の景色を眺望できますよ。

滝と蕎麦の宿 瀧見館
住所:
山形県尾花沢市銀山新畑中山522
電話番号:
0237-28-3399
JR山形新幹線の大石田駅から送迎サービス有り
*3日前に要予約

⑤味とまごころの宿昭和館

出典: www.jalan.net

家族で営むこじんまりとした宿ですが、天然温泉はとても人気です。この温泉からは、街並みを眺めることができます。また、館内のいたるところに、昭和のレトロ感を感じさせる小物や雑貨類などが。しかも、女将さんが手作りしているものをロビーや売店で購入することもできます。ぜひ、お土産に買って帰ってみては?

味とまごころの宿昭和館
住所:
山形県尾花沢市大字銀山新畑420
電話番号:
0237-28-2151
JR大石田駅より送迎サービス有り*要予約

⑥旅館 永澤平八

出典: www.jalan.net

木造3階建ての建物で、9部屋ほどの客室しかありませんが、貸切露天風呂を完備。しかも貸切風呂は事前予約が必要ないので、あいていれば自由に利用できます。食事は、山形の旬の食材をそろえる和食で、ヘルシーなメニューです。もし、アレルギーや食べれない食材があれば予め伝えておくと、特別にアレンジしてくれます。

旅館 永澤平八
住所:
山形県尾花沢市大字銀山新畑445
電話番号:
0237-28-2137
JR大石田駅より送迎サービス有り*要予約

⑦古勢起屋旅館

現在、宿のオーナーは14代目で、代々この場所で旅館を営んでいます。昔ながらの造りが残っているところもあれば、一部改装をおこなって新しくリニューアルオープンしたところも。ここでは、半地下の位置にあるお風呂とひょうたん型のユニークなお風呂があります。また、姉妹館でもある銀山荘のお風呂を無料で利用することも可能です。

古勢起屋旅館
住所:
山形県尾花沢市銀山温泉417
電話番号:
0237-28-2322
JR大石田駅より送迎サービス有り*要予約
東北中央道東根ICから尾花沢方面へ車で約40分

⑧仙峡の宿 銀山荘

客室は、スタンダードルームとアップグレードルームの2タイプ。アップグレードルームには、和室スペースにプライベート半露天寝湯が付いています。しかも、バドガシュタイン鉱石を練りこんだタイルを使ったこだわりぶりです。どちらのお部屋からも、鳥のせせらぎを聞きながら銀山川の雄大な自然を眺められます。

料理は、地元食材をふんだんに使った郷土料理がいただけます。他にもリクエストに応じて、山形黒毛和牛しゃぶしゃぶ、ずわい蟹料理、焼きタラバ など追加してもOK。そして、朝食は、炊き立ての白ごはんか銀山温泉の名物のおしんめしを堪能できます。おしんめしとは、大根が入ったご飯のことで、なかなかの絶品です。

仙峡の宿 銀山荘
住所:
山形県尾花沢市銀山新畑85
電話番号:
0237-28-2322
JR大石田駅より送迎サービス有り*要予約
東北中央道東根IC尾花沢方面へ車で約40分

まとめ

今回は、日本国内でも昔の街並みを体験できる非常に珍しいスポット、銀山温泉街のおすすめ宿を紹介してみました。この名前は江戸時代、大銀山として栄えた延沢銀山の名称に由来しているそうです。昭和61年に「銀山温泉家並保存条例」を制定したため、現在でも昔と変わらない街並みを見学できます。みなさんも、カメラ片手に色々な場所で写真を撮ってみませんか?また、素敵な温泉にもぜひ入ってみましょう!

Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事