手つかずの自然が残る西表島!おすすめ人気観光スポット15選

951

views

0

日本でも人気の観光スポット、沖縄。その中でも西表島は手つかずの自然が残る、人気観光地です。ここでは西表島の観光スポットを紹介しましょう!

1. ピナイサーラの滝

ピナイサーラの滝は西表島の人気観光スポット。西表島に来た観光客は必ずと言っていいほど訪れる有名なスポットです。ピナイサーラの滝は沖縄では珍しく落差の大きい滝で、沖縄では最も大きいもの。西表島の北岸にある標高440mのテドウ山から流れるヒナイ川の中程にあります。落差は54mあり、幅200mにわたって垂直に流れる滝の光景は圧巻!

名前の由来は、あごひげを意味する「ピナイ」と「下がったもの」という意味の「サーラ」が組み合わさったものだそう。遠くから見ると老人の長いあごひげのように見えることから、この名前が付けられました。

ピナイサーラの滝へはツアーで行くのがおすすめ。カヌーで川の中流まで登り、その後、ジャングルの中を歩いて行きます。カヌーでマングローブの森を通り抜けたり、ツアーにやっては滝壺まで行ったりするので、冒険家気分をたっぷりと味わうことができます。

ツアーは半日コース、1日コースとあり、暑い季節には滝つぼで水遊びをすることもできます。また、滝の上まで登り、ここから西表島の大自然を望むことも。瀧の上から見る光景は絶景で、旅のいい思い出になることでしょう。

ピナイサーラの滝
住所:
沖縄県八重山郡竹富町上原
アクセス:
上原港からクルマで3分(滝が見える県道まで)

2. マリユドゥの滝

ピナイサーラの滝とととに西表島で人気のある滝がマリユドゥの滝です。浦内川にある滝で、「日本の滝100選」にも選ばれている名瀑。2段になって流れ、丸い滝つぼが特徴です。「マリ」は丸い、「ユリ」はよどみという意味で、滝の名前「マリユドゥ」はこの丸い滝つぼから来ています。

滝へは遊覧船の上流船着場からジャングルの中を40分ほど歩きます。道はある程度整備されていますが、サンダルよりはスニーカーなど足元のしっかりとした靴がおすすめです。近くに展望台があり、滝の全容を眺めることができます。

滝つぼは直径130mと大きく、高さ20mのところから流れ落ちる滝の光景は一度は見てみたいもの。2段になっているため、一気に水が落ちてくるわけではありませんが、水量が多く、とても美しい滝です。

浦内川の上流にはカンビレーの滝があり、このマリユドゥの滝と合せてツアーで訪れることが多いようです。ジャングルの中を歩いて行くので、周囲では珍しい動物や植物を観察することができます。カンビレーの滝までは15分ほどなので、いろいろ見ながら歩いていると、あっという間に着いてしまいます。

マリユドゥの滝
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字上原
アクセス:
大原港から車で約55分

3. カンビレーの滝

カンビレーの滝はマリユドゥの滝の上流にあります。カンピレーとは、「神の座」または「神々の交際」という意味で、昔から聖地として知られて来ました。マリユドゥの滝やピナイサーラの滝のように高い位置から水が流れ落ちるような滝ではなく、カンビレーの滝は河床の高低差が少ない滝が、長さ約200m、数段にわたって続くものです。マリユドゥの滝やピナイサーラの滝とは違った光景を見ることができ、西表島の人気観光スポットの一つになっています。

カンビレーの滝はマリユドゥの滝から歩いて15分ほどです。周囲には珍しい植物を見ることができます。

カンビレーの滝では、勢いのある流れが豪快に岩にあたって水しぶきを上げる光景を見ることができます。まさに「神の座」と言われるのにふさわしいスポット!水があたった場所はポットホールという穴が開きます。中にはハート型の穴もあり、これを探すのが観光客の間で流行っているのだそう。

カンビレーの滝までは、舟つき場からトレッキングで約45分です。道は比較的歩きやすいので、女性や子供でも頑張って歩ける距離でしょう。トレッキングの上級者であれば、この先の古見や大原に抜ける横断コースも可能です。

カンビレーの滝
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字上原
アクセス:
大原港から車で約55分

4. イダの浜

西表島の人気観光スポット、イダの浜は白浜港から船でしか行くことができない秘境です。西表島で最も透明度がよいとされる、美しいビーチがあり、一度訪れたら忘れられないスポットです。観光地化が進む沖縄で、手付かずの自然が残る貴重な場所とされ、また「最後のパラダイスビーチ」とも呼ばれています。

ホテルやマリンショップが開催しているツアーに参加して行くこともできますが、個人で行く場合は白浜港から定期船「ニューふなうき」に乗って行きます。ツアーに参加すると、イダの浜に加えてシュノーケリングや他の島へも連れて行ってもらえるので、効率よく観光ができます。

イダの浜はまるでプールのような、穏やかで透明な海が広がっています。刻々と時間ごとに変わるビーチの光景は、いつまで見ても飽きることはありません。ここではシュノーケルをぜひ楽しんでください。近年、沖縄では環境の変化によるサンゴの白色化が大きな問題になっていますが、イダの浜ではまだ元気なサンゴを見ることができます。透明度・魚影の濃さなど海中の華やかさは、日本の中でもトップクラス!

遊び疲れたら砂浜に寝そべって、空を見上げたり、海辺を歩くヤドカリなどを観察したりしてみてください。極上の休日を過ごすことができます。

イダの浜
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字西表
大原港から車で約80分

5. トゥドゥマリの浜(月ヶ浜)

トゥドゥマリの浜は、別名「月ヶ浜」とも呼ばれる西表島の弓なりに広がる美しいビーチです。島の北部、宇那利(うなり)崎の南側にあり、夕日の名所としても知られています。

浦内川の河口近くにあり、ビーチには川から運ばれたきめの細かい美しい砂が堆積しています。川から流れ出る淡水のためサンゴが発達しておらず、また波も高いため、ここはシュノーケルにはあまり向いていません。波打ち際で遊んだり、海岸をゆっくりと歩いたりするのがおすすめです。カップルでのんびりと夕日を眺めるのもいいですね!

トゥドゥマリとは沖縄の言葉で「留まる」という意味で、長く「神様が留まる場所」と信じられてきました。この砂浜の近くにある宇那利崎の「宇那利」は「女性」という意味で、女神が航海を守っていると言われています。以前は、ウミガメの産卵場所として有名だったのですが、近くにリゾートホテルができ、環境が変わってしまったためウミガメの数は減ってしまいました。美しい海の自然は、いつまでも守って行きたいものですね。

砂は歩くと「キュ、キュ」と音がして楽しいです。いわゆる鳴き砂と呼ばれるもので、素足で歩いて楽しんでみてください。

トゥドゥマリの浜
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字上原
アクセス:
大原港から車で約50分

6. 大見謝ロードパーク

大見謝ロードパークは大見謝川の川沿いにあります。海を見渡せる展望台とマングローブ林の中を歩ける遊歩道があり、西表島の人気観光スポットの一つです。

上原港から車で15分ほどの場所にあり、木造の遊歩道はマングローブ林の中を通り、ちょっとした冒険家気分を味わうことができます。マングローブ林の中には珍しい生き物を観察することができるので、子供達にもおすすめ!大見謝川に下りることもでき、夏は子供達がたくさん水遊びをしています。ぜひ、一緒に遊んでみてください!

展望台からは 大見謝の湾とジャングルに囲まれた西表島の綺麗な海を望むことができます。この展望台の脇から大見謝川に下りることができます。大見謝橋の下の沢はちょっとした淵になっていて、ここが地元の子供達の遊び場になっています。手軽に自然に触れられる場所として、観光客にも人気。レンタカーなどで観光をする途中に立ち寄ってみるのもいいでしょう。

沢にはカニや小さな海の生物がたくさん住んでいて、家族で楽しめるスポットです。安全に気を付けて、水遊びを楽しんでくださいね!

大見謝ロードパーク
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字高那
アクセス:
大原港から車で約35分

7. バラス島

バラス島は、西表島のすぐ近くにぽっかりと浮かぶ白いサンゴ礁のかけらが集まってできた、小さな島です。直径数十mほどで地図にも乗っていない小さい島。サンゴ礁の白い浜辺と青い海の色のコントラストがたいへん美しく、「奇跡の島」とも呼ばれています。SNSなどで広がり、今では西表島の人気観光スポットのひとつになっています。

「バラス」とは沖縄の言葉でサンゴの欠片という意味だそう。その名の通りサンゴが積み重なってできていて、季節や訪れる時間帯によって姿を変えるのが特徴です。サンゴ以外、土や砂もなく、もちろん動物も植物もいない無人島です。

バラス島は鳩間島と西表島の間にあり、ホテルや旅行会社などのツアーで行くことができます。夏のシーズンは訪れる人が多く、ゆっくりとすることができないかもしれないので、観光客が落ち着いた9~10月がねらい目。冬は波が荒く行くことができません。

バラス島は抜群の透明度を誇ります。できたらシュノーケルを楽しんでみるのがおすすめ。遠浅で、ダイビングの講習にも使われることがあるそうです。手つかずの自然が残る、エメラルドグリーンの海で存分に楽しんでくださいね!

バラス島
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字上原
アクセス:
上原港から船で10分

8. ユツン川

西表島のユツン川は、大自然を満喫できる場所として人気を呼んでいます。全長は短いのですが、周囲にはマングローブの林が広がり、ここでしか見ることができない植物などを観察することができます。まるで、ジブリ映画の「もののけ姫」に登場するような光景を目の当たりにすることができます。

ユツン川周辺は、人気のトレッキングコースとなっています。落差が35mある3段の滝があり、迫力満点の光景を見ることができます。その先にも小さな滝があり、夏は滝つぼに入って水遊びをすることもできます。

この滝の上はピナイサーラの滝上よりも高く、標高250mの位置から西表島のマングローブ林を一望することができます。カヌーでマングローブの中を下流に向かって進むと海に出ることができます。河口の干潟では生き物の観察ができるなど、いろいろな楽しみ方ができます。

このユツン川の沢登りのトレッキングコースは比較的難易度が高く、山歩きに慣れた人やトレッキングの経験者向けとなります。雨が降ると滝の水量が多くなるので注意が必要です。また、ネイチャーガイドと一緒に歩くと、いろいろな発見ができ楽しいですよ。

ユツン川
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字高那
アクセス:
大原港から車で約30分、上原港から車で約25分

9. 西表野生生物保護センター

西表野生生物保護センターは、西表島を訪れる人に野生生物保護への理解や関心を深めてもらう目的で作られました。実はここ、国の特別天然記念物に指定されている『イリオモテヤマネコ』の保護活動の拠点にもなっています。

施設では生きた『イリオモテヤマネコ』を見ることはできませんが、はく製や『イリオモテヤマネコ』について詳しい展示があります。映像などもあり、『イリオモテヤマネコ』の他にも西表島に住む動物たちについて詳しく学ぶことができます。

その他にも、西表島の自然や地理などの情報がきれいなパネルで紹介されていたり、西表島に関する書籍や写真集を閲覧したりすることができます。西表島の自然について理解を深めたいときには、ぜひとも訪れてほしい観光スポットです。

イリオモテヤマネコは絶滅危惧種となっています。屋外には事故などに遭って弱ったヤマネコのリハビリのためのケージがあり、館内のビデオモニターでそのヤマネコの行動をリアルタイムで見ることができます。自然について考えさせてくれる施設ですね。

西表野生生物保護センター
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字古見
アクセス:
大原港から車で約15分、または上原港から車で約40分

10. 星砂の浜

西表島の星砂の浜は、ビーチに星の形をした砂があることからこう呼ばれるようになりました。ロマンチックな場所として女性にも大人気のスポットで、西表島を訪れる人の多くがこの星砂の浜を訪れます。以前は浜辺全体に散りばめられていた星砂ですが、観光客が押し寄せため、現在では星砂を見つけるのは非常に難しいとのこと。

星砂は有孔虫と呼ばれる海の生物の骨。それが砂浜に打ち上げられて、多く見られるのです。波打ち際で見かけることが多いので、じっくりと探してみてください。

星砂の浜は西表島の北部にあります。上原港から車で約5分、自転車で15分ほどのところにあります。大きな岩があるため、風が強い時でも波が穏やかで、海水浴やシュノーケルもおすすめ。遠浅で水温も高いため、家族連れにもぴったりのビーチです。ここでは、なんと100種類以上もの熱帯魚を見ることができます。星砂だけではなく、シュノーケルもぜひ楽しんでくださいね。

近くにはレストハウスもあり、ランチを食べることも。ここから見るビーチの風景も素敵で、人気を呼んでいます。

星砂の浜
住所:
沖縄県八重山郡竹富町上原
アクセス:
大原港から車で約50分

11. 由布島

由布島(ゆぶじま)は西表島のすぐ近くにある周囲約2キロメートルの小さな島です。島全体が亜熱帯植物園となっていて、亜熱帯地方特有の美しい植物を見ることができます。

由布島といえば水牛車。西表島と由布島を結ぶ観光用の水牛車は、西表島観光のハイライトです。遠浅の海を水牛車に身をゆだね、ゆったりと渡ってみましょう。水牛には一頭ずつ名前が付いていて、年齢や性格なども紹介されるそうです。歩くよりも遅いスピードで歩き、御者がお話をしてくれるこもあります。

西表島と由布島の間は、満潮時でも1mほどにしかなりません。水牛車では約15分の道のりです。由布島の植物園には、水牛達が休憩する池や蝶々園などがあります。蝶々園にはオオゴマダラの黄金色のサナギを通年観ることができます。また、貝の館やレストラン、売店なども揃っています。

その他、由布島には、昔あった小学校の旧校門跡、昔使われた井戸、眺めのいい由布茶屋などの観光スポットがあります。30種類以上のブーゲンビリアが咲くブーゲンビリアガーデンも訪れてみてください。

由布島
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字上原
アクセス:
上原港からバスで22分

12. 仲間川クルーズ

仲間川クルーズは西表島の人気観光スポット。日本に植生するマングローブ林は約600ヘクタールと言われていますが、その約4分の1がこの仲間川流域に生育しています。「仲間川天然保護区域」として国の天然記念物に指定されている貴重なエリアで、遊覧船に乗って観光することができます。

仲間川は全長約17.5Kmあり、周辺のマングローブは日本最大級。遊覧船に乗ると、船頭さんがおもしろい話を交えながら、西表島の自然について説明してくれます。仲間川は水深が浅く、運航最低限の潮位がないときは運航できないので、乗船する際には事前にお問い合わせください。

仲間川クルーズに乗って上流の船着き場に着くと、ここから歩いて沖縄県内最大級と言われるサキシマスオウノキを見学することができます。サキシマスオウノキは板状の根が特徴。たいへん頑丈な根で、昔はまな板や船の舵などにも利用されたそうです。

サキシマスオウノキは平成12年に林野庁の「森の巨人たち100選」に選ばれた、とても珍しい木です。樹齢は400年と推定され、高さは20m、幹の太さは360cmという巨木です。仲間川クルーズと一緒に楽しんでくださいね!

仲間川クルーズ
アクセス:
大原港から徒歩30秒

13. 野原崎展望台

マンタで有名なヨナラ水道を挟んで小浜島、石垣島を一望できる展望台として有名な、西表島の野原崎(のばるざき)展望台。沖縄の海を眺めるのに最適な場所です。野原先の目の前に広がるヨナラ水道の海の色は美しいエメラルドグリーン。青い海と白い雲の光景にはため息が出そう。撮影スポットとしても人気です。

周辺のコーラルラインと呼ばれる道も美しい海が眺められると人気です。野原崎展望台とコーラルラインはレンタカーでのドライブコースとしても人気です。

野原崎という名の通り、緑の多い開放感あふれる場所です。牛も放牧されていてのどかな雰囲気を味わえるビュースポット。休憩所もあるので、車を停めてゆっくりと風景を眺めてみましょう。西表島にはいくつものビュースポットがありますが、ここからの風景は格別です。

眼下に見える「ヨナラ水道」は、マンタの通り道として西表島で有数の人気ダイビングスポットです。ダイビングを楽しみたい人は、西表島に多くあるダイビングショップにお問い合わせください。沖縄のダイナミックな海を楽しめることでしょう!

野原崎展望台
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字古見
アクセス:
大原港から車で約20分

14. 前良川(マイラ川)

前良川(マイラ川)は大原から車で約10分のところにある自然豊かな川です。川の両岸に生えるマングローブ林は見事で、カヌーツアーで訪れることもできます。西表島を訪れたらカヌーツアーに参加してみたいと思っている人も多いと思いますが、後良川やその他の川より流れが早くないため、カヌー初心者も楽しむことができます。

前良川(マイラ川)のカヌーツアーは、人が少なくのんびりとした雰囲気を楽しめます。普通半日コースで、片道40分のカヌーを漕いだら、10分ほどのトレッキングコースを歩いてマングローブ林を楽しみます。

それぞれの行程が短いため体力に自信のない人や、小さな子ども達でも安心。無理のないスケジュールでカヌーを楽しめることから人気を呼んでいます。

行程は短くても、周辺のマングローブ林ではさまざな生き物を見ることができます。西表島に特有の生物を観察することもでき、楽しい思い出になることでしょう。ツアーの目的地であるマイラの滝は、落差5mほどの穏やかな滝です。水遊びもゆっくりと楽しむことができます。他のカヌーツアーではハードルが高いと思っている人も、ぜひ参加してみてください。

前良川
住所:
沖縄県八重山郡竹富町字古見
アクセス:
大原港から車で約10分

15.宇那利崎公園(うなりざき公園)

住吉集落の宇那利崎にある、宇那利崎公園(うなりざき公園)は西表島の絶景ポイントとして有名です。西表島の西部、上原港から車で約10分ほどのところにあり、レンタカーを借りてドライブするといいでしょう。

駐車場から遊歩道が伸びていて、その先の二階建ての展望台からは雄大な風景を一望することができます。遊歩道は海沿いに伸びているので、風景を眺めながら歩いてみてください。公園内には屋外ステージや芝生広場、遊具などもあり、休日には地元の人たちで賑わいます。

実はここ、西表島一とも言われる美しい夕日を見ることができるスポットとしても有名です。昼間の風景はもちろんですが、ぜひ夕日も眺めてみてください!夕日だけではなく、星空を眺めるスポットとしても人気です。

宇那利崎公園は、以前は黒真珠の観光施設がありました。今では廃墟となった建物を壊して整備され、人気の観光スポットになっています。広々とした公園で、西表島らしい雰囲気を満喫できる場所です。西表島を訪れた際には、ぜひ見学に行ってみてくださいね。

宇那利崎公園(うなりざき公園)
住所:
沖縄県八重山郡竹富町上原
アクセス:
上原港から車で約20分

最後に

手つかずの自然が残る西表島。大自然を満喫できる観光スポットがたくさんあります。カヌーやトレキング、ダイビング、シュノーケルなど、西表島ではいろいろなアクティビティも楽しんでくださいね!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 沖縄のシンボル!首里城のみどころ大解剖

    今回ご紹介するのは日本にあり世界遺産のひとつ“首里城跡”!!沖縄のシンボルともいえる首里城跡(首里城公園)の歴史的かつ神秘的な魅力をとことん大解剖しちゃいます。

  • 那覇国際通りのお土産なら!お土産ショップ13店をピックアップ!

    那覇最大の繁華街、国際通り。お土産選びといえばこの繁華街が有名です。一体どんなお土産が買われているのか、売っているのか、気になるお店舗、土産をご紹介します。

  • 沖縄おすすめローカルフード「ジューシー」でオススメのお店5...

    沖縄に行ったら是非食べていただきたいのがご当地グルメの「ジューシー」なんです!そもそもジューシーってなんなのかというと、沖縄の方言で雑炊をヤファラジューシー、炊き込みご飯のことをクファジューシーといい、ジューシーとはその2つの総称。味の決め手は豚のだし汁!地域や家庭によってだし汁や具材はさまざまで、バリエーションにも富んでいます。その中でも沖縄に行ったならぜひ食べたい、オススメの5店舗をご紹介したいと思います。

  • 沖縄の人気お土産おすすめ30選!最新の人気お土産から定番の...

    人気の観光地・沖縄。グルメも観光もショッピングも楽しい場所ですね。ここでは沖縄を訪れたら、ぜひとも手に入れたいお土産を紹介しましょう!

  • 沖縄在住者が選ぶ絶対外せない人気観光スポットおすすめ25選...

    日本で最も南にある沖縄県。日本国内とは思えない景色が広がるリゾート地であり、戦争と大きく関わる歴史的建造物が残る地でもあります。訪れたことのない人でも聞き覚えのある知名度の高いスポットがたくさんありますよ。今回は、1度は訪れてほしい沖縄の観光スポットを25カ所に厳選してお届けします!

  • 【沖縄】沖縄のおすすめホテル15選!日本屈指のリゾートでス...

    美しいビーチに世界遺産、日本屈指のリゾート地である沖縄。リゾートだけでなく、歴史が深いところも沖縄の魅力のひとつです。ショッピングやグルメ、アクティビティ満載の南国を楽しむために最適のホテル15選をご紹介します!

  • 那覇に行ったらここに泊まりたい!おすすめの人気ホテル15選

    沖縄の県庁所在地で、政治・経済・文化の中心地である那覇。沖縄は独特の文化が根付き、世界中から絶えず観光客が訪れる場所ですね。今回は、そんな那覇でオススメのホテルをご紹介していきます。旅の参考にしてみてくださいね。

  • おきなわワールドで沖縄の魅力を体感!蛇や鍾乳洞を間近で見...

    沖縄の自然や文化、歴史を学ぶことができるスポットです。お土産もたくさん買えますし、沖縄県産の食材も楽しめますよ。今回は、おきなわワールドのイベントやみどころを紹介したいと思います。

  • 沖縄・波照間島は日本一星空がキレイな島!大人に楽しむ素敵...

    八重山方言で「ベスマ(我らの島)」と呼ばれる波照間島(はてるじま)は琉球王朝時代から神秘的な島として畏敬されていたそうです。日本の最南端にある友人島でもある波照間島は、人口が少ないためか、古くからの自然を色濃く残しています。信号機が一つもなく、自転車で半日もあれば回れるほど小さい島です。長くいても飽きないほど美しい光景をどこからでも見ることができます。特に日本で一番美しいと言われる星空は、天然のプラネタリウム。何もないからこそ味わえる、波照間島の自然をたっぷりと感じてみませんか?

  • 沖縄トロピカルスイーツがおいしい!かき氷&スムージー人気...

    夏の暑い中食べるかき氷は格別だけど、冬場でも食べられるのは沖縄ならでは。シロップだけじゃなく南国の新鮮なフルーツが山盛りで美容にもよさそうなかき氷や沖縄独特の冷やしぜんざい、話題のヘルシースムージーなど沖縄名物スイーツの名店をご紹介!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事