【西表島旅行体験記】西表島での観光オススメスポットまとめ!美しい自然溢れる!

10,115

views

1

国内で最も手軽に行ける南国、沖縄。 そんな沖縄の中でも那覇とは比べものにならないほど美しい自然に溢れ得ているのが西表島です。 西表島に行く際には必ずやるべき5つのことを筆者の体験に基づいて紹介します。

西表島基本情報

沖縄県・八重山諸島の中心部であり、多くの観光客でにぎわう西表島。
面積は289.61km²で全国では12位、沖縄県内では沖縄本島に次いで第2位。
その一方で、人口は2,347人で、繁忙期には観光客が島の人口の2倍ほどになるそうです。

自然保護の観点から空港は存在せず、アクセスは隣の石垣島からの定期フェリーで40分程度。

石垣島へは成田空港からはスカイマーク、羽田空港からは ANAとJAL、関西空港からはLCCの Peachが石垣島への直行便が出ています。

簡単には行けないところも西表島の美しい自然を保つためだったのですね。

年間平均気温は23.7℃で、一年を通して暖かい気候。
コバルトブルーの海や熱帯林に囲まれて、パスポート無しでまるで海外にいるような感覚で、広大な自然を感じることができます。

そんな西表島に行ったら必ずやるべき5つのことをご紹介します。

⒈サバス島の周りでシュノーケリング

西表島と言えば、サンゴ礁が透き通って見えるコバルトブルーの海です。
西表島からフェリーで30分ほど沖に向かうと、サンゴでできたバラス島が見えてきます。

このバラス島は日本地図に載っていません。
なぜなら時間帯によっては潮が満ちて島がなくなってしまうからです。

そんなバラス島の周辺の海は透明度が高く、ダイビング、シュノーケルでも人気のポイントです。

私は、今までシュノーケリングした中でここの海が一番好きでした。
暖かくて水温が最適、波もなくて魚の種類もたくさん。
私は2時間近く泳いでいました。

もちろん得意な方はダイビングも楽しめます。
島からは様々なサバス島シュノーケリング・ダイビングツアーが出ているので、数日前に予約すれば問題ありません。

西表島の沖合の小さな島、バラス島とハトマ島へいけるツアー会社のサイト

⒉カヤックで海や川を探索

せっかくの大自然、シュノーケリングの次はカヤックで海やマングローブを探索してみましょう。

カヤック自体が透明になっていて、海底の様子が見えるクリアカヤックが近年人気のようです。

海だけでなく、マングローブをカヤックで探索するのもお勧め。
冒険しているような気持ちで童心に帰れます。

他にもサンセットカヤックやナイトカヤック等、時間によって顔の変わる海を楽しむんでみるのはいかがでしょうか。

3.マングローブをトレッキング

マングローブ探索は、私が西表島で最も楽しかった思い出の一つです。
カヤックでマングローブが生い茂る宮良川(みやらがわ)を進みます。

カヤックを岸辺にとめて、どろどろの泥湿地帯の森の中をトレッキング。
私が行ったのは6月頃だったのですが、熱くて常に水着でした。

道と思えない道を進んでいると、たくさんの野生の亀やトカゲや虫に出会えます。
滝や崖も国内とは思えない壮大さで近くでみると圧巻です。

ピナイサーラの滝はなんと最大落差55m。
これ、実は私が座っている上の写真の崖の下にある滝なんです。
この滝の頂上から下を見下ろす度胸試し。なんていうのもどうでしょう?

国の天然記念物に指定された特別大きい「サキシマスオウノキ」はここでしか見れません。
神秘的な形をしてますよね。

子供の頃の気持ちに戻って冒険気分を味わいたい方は是非マングローブトレッキングのツアーに参加するべき。
(ツアー参加なしでマングローブを巡る事は難しいです。必ず專門のツアーガイドと一緒に巡りましょう。)

4.ホテルでのんびり

西表島には、ホテルや民宿も数えるほどしかありません。
なので、個人的には以下3つの中のどれかに泊まれば間違いないかと思います。

星野リゾートリゾナーレ西表島

まずは星野リゾートリゾナーレ西表島。
私はここに宿泊しました。ここは、西表島でも最も人気のあるホテルで、リゾート感あふれる作りになっています。

出典: locari.jp

窓際に面したデイベッドが全ての客室に完備されています。
ここで波の音を聞きながらお昼寝なんてとても贅沢ですね。

ホテルのプールも綺麗でした。
海は長時間泳げないけど、プールだといくらでも泳いでいられますよね。

あと個人的には、泡盛、アイス、ジュースがプールで好きなだけ食べられるのがお気に入りでした。

プライベートビーチも人が少なくて素敵でした。
ただ、少し波が強かったかな・・・。

星野リゾート リゾナーレ西表島
住所:
〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原2-2
アクセス:
上原港から送迎バスで10分
電話番号:
050-3786-0055

ラ・ティーダ西表リゾート

プライベートコテージのラ・ティーダ西表リゾートは、バーベキューハウスの貸切やプライベートビーチがあるどちらかと言えばファミリー向けのホテルです。

お部屋は南国風でバルコニーから太平洋を一望できます。

価格も先ほどの星野リゾートの約半分ほどで良心的です。

もちろんプールでのんびりもできます。

ラ・ティーダ西表リゾート
住所:
沖縄県八重山郡竹富町南風見508-205
アクセス:
大原港から無料送迎車で約5分
電話番号:
0980-85-5555

西表島ジャングルホテル

西表島ジャングルホテルは、その名前のとおりジャングルにあるホテルと言っても過言ではありません。西表の広大な自然の中心部にあります。

宿泊客専用のプールも、デザインが自然の中をモチーフにしていますね。

お部屋はこんな感じです。

西表島ジャングルホテル パイヌマヤ
住所:
沖縄県八重山郡竹富町高那243
アクセス:
大原港から送迎バスで約30分(要予約)
電話番号:
0980-85-5700

いかがだったでしょうか?
海外の南国旅行も良いですが、日本人ならまずは日本の南国の素晴らしさを知っておきたいものです。
西表島は、まさに日本が世界に誇れる美しい自然をもった地です。
是非一度足を運んでみてください。

この記事を書いたのはー♡

TapTrip 公式Travel Model ― Romi

Romi

東京都港区在住の26歳。
国内外問わず旅行が大好き。1人で5ヶ月かけて25都市とまわる世界旅行にでた経験も。
実際に自分が行った場所で体験した内容を、自分の写真を使いつつ記事にしていきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事