秋田でおすすめの人気お土産35選!お土産を渡す時のコツを解説

243

views

0

お土産を購入する側と受け取った時の気持ちをバランス良く考慮した物が秋田には多数存在します。そういった製作者の配慮があるからこそ、その意図をくみ取ったお土産選びが重要になります。そのため、これから読み進める方も、是非どういった方に贈るのかを思い描きながら秋田のおすすめお土産35選をご覧いただければと思います。

思いやりのある秋田のお土産とは?

伝統のある地域で購入するお土産は、思い出に浸れる物と他人に贈って満足してもらえる物と買い分けられるところです。例えば秋田だと、無理になまはげ関連のお土産を購入しなくても、単純な感想が持てるお土産がいくつも存在するため、分かり易いお土産選択を心掛けることができます。反対に伝統のある品々は、自分用のお土産に購入して、あとで楽しかった秋田旅行を振り返るきっかけにすることをおすすめします。よって今回は、秋田の事をより知って楽しめるような内容にしています。

絶対に買いたいお土産1:金萬本舗の「金萬」

カステラには蜜が多めに使われているので、中の白あんはカスタードクリームに近い甘さと食感になっています。一方カステラの外側は若干固めに焼かれており、金萬本舗の「金萬」の全体が崩れてくる心配も無く、手を汚すことなく食べられるので、女性からの人気も高いです。また真空パックに封入して賞味期限を長くしていることから、648円の10個入りよりも、1944円の30個入りに人気が高い特徴があります。反対に通常パッケージは、賞味期限が翌日までしかもちませんが、できたてを食べられるので、自分用の秋田のお土産を探している方におすすめ。

金萬 公営駐車場店
住所:
秋田県秋田市中通2丁目6−2
電話番号:
018-834-3822
営業時間:
09:00~18:30
アクセス:
秋田駅より徒歩3分
定休日:
無し

絶対に買いたいお土産2:お菓子の郷ジローの「秋田プリン」

ジャージー牛乳を使っているプリンなので、黄色染みた牛乳の色がプリン全体に現れています。また市販のプリンよりも牛乳の固形脂肪が沢山入っているため、柔らかい食感の中にも口内を撫でるような強いインパクトを感じられる秋田のお土産です。自分用のお土産には1本292円の物がおすすめですが、お裾分けする時には1804円の6本入りをおすすめします。ただし1つ90gなので、甘党の方は1箱購入しても一人で十分賞味期限内に食べられる程の量になっています。

お菓子の郷ジロー
住所:
秋田県秋田市御所野下堤2丁目1−8
電話番号:
0120-358-607
営業時間:
09:30~18:30
アクセス:
四ツ小屋駅より車で6分
定休日:
水曜日

絶対に買いたいお土産3:畠栄菓子舗の「あんごま餅」

プラスチックのパッケージに入っており、小は630円で14個、大は1260円で30個にカットされているため、一つのお土産で多くの人に配布できるメリットがあります。また畠栄菓子舗の「あんごま餅」は、お餅の中でも弾力のあるタイプなので、口の大きさに合わせてお餅を調節することができます。このことからお団子の様に形を変えて、爪楊枝でミニ串団子を作り食べる方法が定着しているようです。甘味の強いお餅が使われていますが、胡麻の風味で甘さをマイルドに仕上げているため、甘い物が苦手な人も一度食べて欲しい秋田のお土産です。

畠栄菓子舗
住所:
秋田県南秋田郡八郎潟町中田8-1
電話番号:
018-875-2719
営業時間:
08:00~19:00
アクセス:
八郎潟駅より徒歩3分
定休日:
火曜日/第1・第3水曜日

絶対に買いたいお土産4:菓子舗 栄太楼の「さなづら」

菓子舗 栄太楼の「さなづら」はお餅の駄菓子によく似ており、唯一違うところは高級ぶどうを食材に使っている点です。そのため食物繊維が豊富に含まれており、女性からはお通じが良くなると高く評価されています。形状はゼリー状になっているため、爪楊枝等で簡単に切り分けられる上に、駄菓子の存在を知っている方は、お箸で掴んで丸かじりする方もいます。よって賞味期限の40日を気にせず大量に買い込んでおき、秋田のお土産として壮年期や女性の方を中心に配り歩きましょう。

菓子舗 栄太楼幸町店
住所:
秋田県秋田市高陽幸町9-11
電話番号:
018-863-6133
営業時間:
09:00~18:00
アクセス:
秋田駅より車で9分
定休日:
日曜日

絶対に買いたいお土産5:フジタ製菓の「なまはげまんじゅう」

フジタ製菓の「なまはげまんじゅう」の材料には秋田県産の卵が使われています。秋田県産の卵には甘味があるため、フジタ製菓の「なまはげまんじゅう」は舌触りの優しい甘さが特徴的です。この甘さを活かしてフレーバーにはチョコレートやショコラも名を連ねています。反対に甘い物が苦手な人に向けた塩もろこし味も324円の低価格で購入できるため、大勢の人に秋田のお土産を購入していく時は参考にしてください。

フジタ製菓
住所:
秋田県秋田市牛島東7-10-43
電話番号:
018-833-7906
営業時間:
08:00~17:00
アクセス:
羽後牛島駅より車で8分
定休日:
第2・4土曜日、日祭日

絶対に買いたいお土産6:みうら庵の「もちもち三角バター餅」

お餅自体の弾力だけでなく、バターやベーキングパウダーを加えて調整することで、みうら庵の「もちもち三角バター餅」はゼリーの食感に近い物になっています。特にバターの影響は大きく、お餅の弾力以外の個性を全て支配するように味が強く現れているため、乳製品が好きな人におすすめの一品。ただしバターを使っている影響で、秋田県のお土産の中でも賞味期限が7日と短く、夏場になるとさらに短くなります。一方価格は430円と安いので、自分や身内用のお土産に購入することをおすすめします。

秋田空港
住所:
秋田県秋田市雄和椿川山籠49
電話番号:
018-886-3367
営業時間:
07:00~22:00
アクセス:
和田駅より車で14分
定休日:
無し

絶対に買いたいお土産7:唐土庵の「生もろこし」

水分を含ませない製法を使っているので、公式サイトでは唐土庵の「生もろこし」を冷凍庫で冷やした後に食べることを推奨しています。また材料に小豆が含まれているため、紅茶等のお茶菓子としても最適で、ビタミンB群やミネラルの摂取に優れていることから、健康食としても注目を浴びています。特に冷え性に悩んでいる女性にとっては、血行を促進できる効果があるため、事務等の座り仕事をしている方に向けた秋田のお土産として798円のパッケージをおすすめします。

唐土庵工場店
住所:
秋田県仙北市角館町小勝田下村21
電話番号:
0120-17-6654
営業時間:
08:30~17:30
アクセス:
角館駅より車で6分
定休日:
水曜日/日曜日

絶対に買いたいお土産8:蕗月堂の「バターもち」

箱の中に丁寧に納められたお餅達は、一見すると一口サイズのプチケーキのような形状をしており、これが女性から人気を集める切っ掛けになっています。また、味付けもバターを中心としたマイルドな構成になっており、蕗月堂の「バターもち」という商品名ですが、秋田県のご当地スイーツとしても注目されています。価格は6個入りが648円ですが、個包装されていないので、値段の安さを活かして一人一個秋田のお土産に購入していく方法をおすすめします。

有限会社蕗月堂
住所:
秋田県横手市十文字町西原一番町74
電話番号:
0182-42-0206
営業時間:
09:00~19:00
アクセス:
十文字駅より車で2分
定休日:
日曜日

絶対に買いたいお土産9:菓子舗 榮太楼の「あきたロール」

しなやかな外観と黒みを帯びた斑点、これを見た方の中にはパンダや犬のダルメシアンを連想する方が少なからずいます。そのため秋田県の可愛いお土産として話題にあがることが多く、友人や知り合いに動物好きがいる方への購入をおすすめ。その一方で味付けは秋田県の女性を表現するべく優しい味わいを追求しており、グラニュー糖とあきたこまちの米粉をたっぷりと使い甘くしています。これを1500円の低価格で購入できるので、秋田のお土産に是非検討してみましょう。

菓子舗 栄太楼幸町店
住所:
秋田県秋田市高陽幸町9-11
電話番号:
018-863-6133
営業時間:
09:00~18:00
アクセス:
秋田駅より車で9分
定休日:
日曜日

絶対に買いたいお土産10:三松堂の「あんドーナツ」

三松堂の「あんドーナツ」は秋田県のお土産の中で、ギャップが与える魅力を見事に使い分けている特徴があります。例えばパッケージは生卵をイメージさせるような形状ですが、中に入っているのはあんぱんです。そしてぱん生地の外観はカラッと揚げられているので、カレーパンを連想しますが、実はあんぱんです。このように良い意味で食べる人の期待を裏切る構成が特徴的で、1350円のパッケージには8個のあんぱんが入っています。また、味もあんこの量に対して甘さを強く感じる方が少ないので、あんぱんに期待以上のスペックを求めている方でも満足できるお土産です。

有限会社 三松堂
住所:
秋田県秋田市中通5丁目7-8
電話番号:
018-833-8401
営業時間:
09:30~18:00
アクセス:
秋田駅より車で9分
定休日:
日曜日/祝日

オススメお菓子1:渥美菓子店の「あつみのかりん糖」

膨張剤や砂糖や水飴といった夏場での保存に適していない素材を多く使っていることから、渥美菓子店の「あつみのかりん糖」は夏場以外で限定販売している秋田のお土産です。また冬の秋田は開催行事的にも魅力があるため、一袋215gを470円で購入し、食べ歩きを楽しむ方法が定着しています。よって自分用のお土産に購入する方が多く、他人に購入する際も甘党の方限定に対象を絞って配布する方が多いようです。また、一粒当たりの大きさが小さいので、御摘みに購入する方も多く、適度にお腹も膨れるため、買い溜めも検討してみましょう。

渥美菓子店
住所:
秋田県にかほ市金浦高森115−1
電話番号:
0184-38-2233
営業時間:
09:00~16:30
アクセス:
金浦駅より車で4分
定休日:
土曜日/日曜日

オススメお菓子2:藤倉食品の「豆富かすてら」

カステラとお豆腐の形状が似ていることから着想を得て、双方の材料を両方使って完成させた秋田のお土産が、藤倉食品の「豆富かすてら」です。中には豆腐と同じく凝固剤が使われており、味付けも醤油やワサビが合うように薄味にしています。また温めると湯豆腐のようにプルプルの食感が楽しめる上に、冷やすとカステラとしての魅力が増大するので、1個330円の物を複数購入して、様々な味と食感を楽しむ方法がおすすめ。なお、チョコレートやかぼちゃといった変わり種のフレーバーも430円で購入できるため、話題作りに是非!

藤倉食品
住所:
秋田県横手市横手町字大関越88
電話番号:
0182-32-0792
営業時間:
08:00~18:00
アクセス:
横手駅より車で6分
定休日:
不定休
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

オススメお菓子3:寿屋の「ぽてとまんじゅう」

噛みしめるとほくほくした食感と食物繊維の確かな存在感を感じられるので、ジャガイモやマッシュポテトが好きな方には是非購入して欲しい秋田のお土産。さらに嬉しいのはお饅頭の生地が薄くなっており、口内にくっ付いてしまうことも少ないので、口の大きい人は丸ごと一個パクリと食べることをおすすめします。また甘味は中のジャガイモよりもお饅頭の生地の方が甘く感じると感想を述べる方も多いので、食べる時は渋めの緑茶で流し込むようにする食べ方を実践してみましょう。この様にスピーディーに平らげてしまう方が多いので、6個入り504円をいくつか購入しておくことを強くおすすめします。

寿屋
住所:
秋田県秋田市御野場5丁目1−12
電話番号:
018-839-7063
営業時間:
08:30~18:00
アクセス:
四ツ小屋駅より車で5分
定休日:
月曜日

オススメお菓子4:お菓子のにこりの「なまはげのおくりもの」

買う人をにらみつけるようなパッケージをしていますが、中には胡麻の風味が優しく鼻を刺激してくるサブレが入っています。お菓子のにこりの「なまはげのおくりもの」と呼ばれるこの秋田のお土産は、栄養機能食品に使われているお米と同じ物を使っています。そのため、只のサブレ以上に健康食品としてのイメージが強く、なまはげを知らない人にも秋田のお土産として純粋に喜んでもらえます。ただし胡麻煎餅の食感を苦手と答える方もいるので、個包装された1400円の物を一つ購入しておき、希望者を募る形で配布する方法をおすすめします。

まちのお菓子屋にこり(nicori)
住所:
秋田県秋田市八橋三和町12-2
電話番号:
018-862-6232
営業時間:
平日09:00~18:30
アクセス:
秋田駅より車で12分
定休日:
火曜日

オススメお菓子5:角館 町家館の「青豆のドラジェ」

ポルトガル発祥のボーロと呼ばれるお菓子に近い形状で、日本では赤ちゃん向けのお菓子として販売されることもあります。ただし角館 町家館の「青豆のドラジェ」と通常のボーロが違うところは、無農薬枝豆を多く使っているので、ビスケット部分に使われている卵よりも、野菜の風味が強く現れています。また枝豆を使っている影響でお酒のおつまみに購入する方も多く、パッケージが缶詰に入っていることから、高級感溢れる雰囲気につられて知らぬ間に食べられている事例が続出!一方価格は一缶1000円と安いので、自分の分が食べられてしまう状況を防ぐために、大量に購入するべき秋田のお土産です。

角館 町家館アグリガーデン
住所:
秋田県仙北市角館町横町42番地1
電話番号:
0120-86-4931
営業時間:
08:00~17:00
アクセス:
角館駅より車で3分
定休日:
無し
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

オススメお菓子6:お菓子の晩梅の「ル・デセール」

お菓子の晩梅の「ル・デセール」は、トリュフチョコレートに近い食感でできている秋田のお土産です。ただし中にはスポンジケーキが入っている上に、大きさはトリュフチョコレートよりもはるかに大きい長方形なので、トリュフチョコレートにもっと大きな物があればと夢見ている方は是非購入してみてください。外側には大量のココアパウダーが塗されており、個包装になってはいますが、手で食べるのは難しいので、フォークで食べることを推奨します。おすすめの購入個数は8046円の50個入りで、一つ買うだけで職場への配布と自分の食欲を満たすことができます。

お菓子 晩梅
住所:
秋田県北秋田市住吉町8−1
電話番号:
0186-62-1066
営業時間:
09:00~19:00
アクセス:
鷹ノ巣駅より車で4分
定休日:
無し

オススメお菓子7:秋田いなふく米菓の「秋田犬あられんこ」

生活環境によってはペットを飼えない方も多く、そういった方の多くは別の場所から動物の癒しを補給することに飢えています。そこで秋田のお土産におすすめしたいのが、秋田いなふく米菓の「秋田犬あられんこ」で、秋田犬の豆知識等がパッケージに記載されているため、ワンちゃん好きには堪らないお菓子!また個包装されていますが、犬の顔がプリントされているので、ワンちゃん好きの方はハサミで丁寧にパッケージを開けて、袋を洗い大事に保管しておく方もいるようです。価格も15袋入って700円と安いので、好みのワンちゃんパッケージを狙って、自分用に複数個購入しておくことも検討してみましょう。

秋田いなふく米菓 直売所
住所:
秋田県秋田市川尻町大川反170-102
電話番号:
018-863-1729
営業時間:
09:00~16:30
アクセス:
羽後牛島駅より車で12分
定休日:
土曜日/日曜日

オススメお菓子8:木村屋の「とまと大福」

お菓子の水分をトマトジュースに頼っているので、しっとりとした食感がありつつも、野性味あふれる風味を感じられる秋田のお土産として有名なのが、木村屋の「とまと大福」です。大福を作る食材に和菓子として最低限の物しか使っておらず、中のジャムにもトマトがあるため、リコピンファンの方へ購入してあげましょう。味はトマトですが、食感は和菓子に近いので、いろんな意味で和洋折衷しているお菓子として有名な一品。また価格は6個入りが972円と、有機野菜のトマトと同じ感覚で購入できるため、配布用自分用共に購入しやすいレベルに推移しています。

木村屋大町本店
住所:
秋田県横手市大町5-23
電話番号:
0182-32-0700
営業時間:
09:00~18:00
アクセス:
横手駅より車で4分
定休日:
無し

オススメお菓子9:秋田菓子宗家 かおる堂の「秋田県産りんごを使ったパイ」

秋田県産のリンゴは果肉が柔らかく、それを秋田菓子宗家 かおる堂の「秋田県産りんごを使ったパイ」に使うことで、噛む力の弱いお子さんやご年配の方でも手軽に食べられるようにしています。また甘味成分が他の素材に溶け込みやすく、パイの外側はパリパリしていますが、中には瑞々しいリンゴの味が染みたパイ生地があるため、飲み物が無くても飲み込みやすいです。生物なので賞味期限を心配する声がありますが、30日の猶予があるので、配布数に合わせて2520円の物をいくつか秋田のお土産に購入しておきましょう。

秋田菓子宗家 かおる堂大町店
住所:
秋田県秋田市大町四丁目
電話番号:
018-823-8377
営業時間:
09:30~18:30
アクセス:
秋田駅より車で12分
定休日:
無し

オススメお菓子10:岡田製菓の「なまはげ もろこし」

箱を開けると並んでいるなまはげの顔達に、圧倒的な存在感を感想に述べる方もいますが、アニメでよく見る驚いた時に顎が外れた顔のそれと同じに見える方もいます。よってツボに入って笑ってしまう方も多く、話題性もある秋田のお土産なので、525円の24個入りよりも900円の48個入りを購入することをおすすめします。見かけはバラエティーに富んでいますが、味の方は抹茶や焦がし等、和菓子ならではの焼き菓子の味が体験できることから、和菓子好きの方に購入していけば、高い確率で喜んでもらえます。

イオンスーパーセンター横手南店
住所:
秋田県横手市婦気大堤中田4−1
電話番号:
0182-35-2340
営業時間:
08:00~22:00
アクセス:
柳田駅より車で7分
定休日:
無し

名物グルメ1:三高水産の「ぎばさ」

フコイダンは、肝機能を向上させたり抗がん作用があったりする優秀な栄養素の一つですが、一部の食品にしか含まれていません。そこでおすすめする秋田のお土産が三高水産の「ぎばさ」です。外観に抵抗を覚える方もいますが、磯の香が強くふりかけのようにご飯にかけて食べる方もいる程に、食べやすい健康食として有名です。また食べやすさと同時に価格も200g389円と安いので、お酒を飲みすぎている方や美容食を探している女性に、秋田のお土産として購入しておきましょう。

三高水産
住所:
秋田県男鹿市船川港双六館山122
電話番号:
0185-27-2578
営業時間:
08:00~15:00
アクセス:
男鹿駅より車で12分
定休日:
日曜日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ2:斎藤昭一商店の「きりたんぽ鍋セット」

伝統に拘るならばきりたんぽは冬のお鍋にする必要がありますが、斎藤昭一商店の「きりたんぽ鍋セット」を買ったからといって必ずしもお鍋にする必要はありません。例えばきりたんぽを串にさし、深めのフライパンに付属のスープを少し入れ、焼き目を入れて食べれば、夏でも食べられる串焼きになります。また付属のスープは出汁がしっかりしているので、お味噌とみりんを少しいれれば、豚汁に近い味付けが楽しめるようです。さらに2人前3700円のセットには舞茸やネギ等の野菜も含まれていることから、野菜いためにもできるマルチな機能を持った秋田のお土産として知られています。

さいとう イオンスタイル御所野店
住所:
秋田県秋田市御所野地蔵田1-1-1
電話番号:
018-889-6616
営業時間:
08:00~21:00
アクセス:
四ツ小屋駅より車で6分
定休日:
無し
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ3:佐藤養助商店の「稲庭うどん」

お土産にもらったうどんにつゆが付属していないと、つゆを買う手間が発生してしまいますが、それを解決できるのが秋田のお土産にある佐藤養助商店の「稲庭うどん」です。うどんの量に対して適切な量のおつゆが付属しているため、お鍋と水だけで美味しいうどんが食べられます。またうどんのみの物や、カレーうどんや豆乳スープうどん等のフレーバーが600円程の低価格で購入できるため、手軽にバリエーションのあるうどんライフが楽しめるところも大きな魅力。

佐藤養助 総本店
住所:
秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
電話番号:
0183-43-2911
営業時間:
09:00~17:00
アクセス:
三関駅より車で19分
定休日:
無し
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ4:雄勝野きむらやの「いぶりがっこ」

普段からお酒の御摘みにたくあんを食べている方は、一度雄勝野きむらやの「いぶりがっこ」を秋田のお土産に購入してみてください。材料は同じ大根を使っていますが、たくあんと違ってこちらは大根を燻製にしているため、お煎餅に近い食感です。また燻製にしている影響で噛むほど味が濃くなり、干しイカを食べているような感覚になれます。よって大量に購入するよりも、680円の小サイズを人数分購入しておき、賞味期限内に消費できるようにしておくべきです。

いぶりがっこ本舗 雄勝野きむらや
住所:
秋田県湯沢市下院内字常盤町91
電話番号:
0183-52-3650
営業時間:
9:00~売り切れ次第閉店
アクセス:
院内駅より車で3分
定休日:
日曜日/祝日
※営業時間や定休日は変更になることもございますのでサイトや店舗にご確認下さい。

名物グルメ5:ツバサの「きりたんぽカップスープ」

カップ麺の残り汁を使ったお粥や茶わん蒸しは、多くの人に知られている裏メニューの一つですが、ツバサの「きりたんぽカップスープ」はそれを疑似的に体験できる秋田のお土産です。きりたんぽは元々ご飯をすりつぶして作っているため、カレーやスープ類の料理との親和性が高く、それをインスタントにしている利点があります。また、フレーバーも中華スープをベースにした物だけでなく、海鮮ブイヤベースやカレースープも594円の低価格で購入できるため、お米とスープの組み合わせで試してみたい物を購入してみましょう。

道の駅 十文字 まめでらが〜
住所:
秋田県横手市十文字町字海道下21−4
電話番号:
0182-23-9320
営業時間:
09:00~19:00
アクセス:
十文字駅より車で4分
定休日:
無し
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 秋田といえばきりたんぽ!絶対美味しいおすすめ店5選

    秋田県の郷土料理で真っ先に思いつくのは「きりたんぽ」ではないでしょうか?きりたんぽは米どころでもある秋田県の美味しいお米をつぶして細竹のまわりに塗りつけて焼いたもの。味噌などを付けて食べたり、ゴボウやセリ、舞茸や比内地鶏を使った醤油味の鍋に入れてきりたんぽ鍋として食べるのがおなじみですね。今回は秋田県内に数あるお店の中からきりたんぽが食べられる、オススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 秋田のおすすめ観光スポット15選!世界遺産から名湯まで一挙公開

    秋田県の観光といえば、世界遺産?温泉?何が有名なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?今回は、秋田県の魅力的な観光スポット15選をご紹介します。

  • 秋田県を訪れたら絶対に食べてほしい!秋田スイーツ 3選

    自然が豊富な秋田県には個性的で美味しいスイーツがたくさんあります。今回は秋田県を訪れたら是非食べてほしい3つのスイーツを紹介していきます。中にはお取り寄せ可能なものも。

  • 隠れた名品を探せ!秋田県のおみやげ情報

    秋田県といえば、お米やきりたんぽ、自然の味覚が有名ですが、他にも隠された伝統工芸や銘菓がたくさんあるってご存知ですか? 今回は秋田県に行ったらぜひ買い求めたい、おみやげに最適の商品をご紹介します。

  • 秋田県のおすすめ温泉旅館23選!泊まるならここ!

    きりたんぼとなまはげで有名な秋田県。東北地方にはたくさんの温泉がある中、秋田県は特に温泉スポットが多いことでも知られています。そこで今回は、県内にあるおすすめの温泉宿を紹介したいと思います。

  • 秋田自動車道から気軽に行ける日帰り温泉スポット17選

    東北エリアは、温泉がたくさんあることで知られています。その中でも、岩手県や秋田県は温泉のメッカと言われているほど。今回は、岩手県から秋田県にかけて利用できる秋田自動車道から気軽に立ち寄れる日帰り温泉スポットを紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • 秋田でおすすめの比内地鶏の親子丼TOP10!半熟からふわとろま...

    秋田県には、田沢湖や乳頭温泉郷などの体が喜ぶ観光スポットがたくさんです。しかし!きりたんぽや稲庭うどん等のご当地グルメも負けていません。今回は秋田県が誇る「比内地鶏の親子丼」を心行くまで味わえるお店を紹介します。行列必須の名店や、ふらっと立ち寄れるお店まで詳しく説明していきます。

  • 秋田といえばきりたんぽ!絶対美味しいおすすめ店5選

    秋田県の郷土料理で真っ先に思いつくのは「きりたんぽ」ではないでしょうか?きりたんぽは米どころでもある秋田県の美味しいお米をつぶして細竹のまわりに塗りつけて焼いたもの。味噌などを付けて食べたり、ゴボウやセリ、舞茸や比内地鶏を使った醤油味の鍋に入れてきりたんぽ鍋として食べるのがおなじみですね。今回は秋田県内に数あるお店の中からきりたんぽが食べられる、オススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 秋田のおすすめ観光スポット15選!世界遺産から名湯まで一挙公開

    秋田県の観光といえば、世界遺産?温泉?何が有名なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?今回は、秋田県の魅力的な観光スポット15選をご紹介します。

  • 秋田県のおすすめ温泉旅館23選!泊まるならここ!

    きりたんぼとなまはげで有名な秋田県。東北地方にはたくさんの温泉がある中、秋田県は特に温泉スポットが多いことでも知られています。そこで今回は、県内にあるおすすめの温泉宿を紹介したいと思います。

  • 秋田自動車道から気軽に行ける日帰り温泉スポット17選

    東北エリアは、温泉がたくさんあることで知られています。その中でも、岩手県や秋田県は温泉のメッカと言われているほど。今回は、岩手県から秋田県にかけて利用できる秋田自動車道から気軽に立ち寄れる日帰り温泉スポットを紹介したいと思います。

  • 秋田県を訪れたら絶対に食べてほしい!秋田スイーツ 3選

    自然が豊富な秋田県には個性的で美味しいスイーツがたくさんあります。今回は秋田県を訪れたら是非食べてほしい3つのスイーツを紹介していきます。中にはお取り寄せ可能なものも。

  • 隠れた名品を探せ!秋田県のおみやげ情報

    秋田県といえば、お米やきりたんぽ、自然の味覚が有名ですが、他にも隠された伝統工芸や銘菓がたくさんあるってご存知ですか? 今回は秋田県に行ったらぜひ買い求めたい、おみやげに最適の商品をご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事