富山でおすすめの人気お土産35選!お菓子から現代的な伝統工芸品まで勢揃い

690

views

0

富山でお土産におすすめしたいお菓子、お酒、グッズを35品ご紹介。ご当地感満載の名物がたくさん揃っています。

富山のお土産にはおいしいものがたくさん

Photo by 244mu

tumblr

立山と富山湾を擁し、水、米、魚介類とおいしい食べ物がたくさんある富山県。そんなおいしい食材を使った名物グルメを35品ご紹介します。味はもちろん、見た目やパッケージもおしゃれな商品が多く、お土産に最適です。

絶対に買いたいお土産1:月世界本舗の「月世界」

富山で絶対に買いたいお土産1品目は、月世界本舗の「月世界」。「月世界」は、明治30年創業の老舗の和菓子屋さん月世界本舗の看板商品。新鮮な卵、和三盆、寒天、糖蜜を煮詰めて乾燥させたもので、暁に浮かぶ月をイメージしたように、白っぽくて四角い見た目をしています。

味は上品な落雁に似ていますが、落雁よりも軽くて口の中でサッと溶ける味わいが特徴。爽やかな口触りなので、緑茶はもちろん、コーヒーにもよく合います。お値段は、1本(4個入り)で486円(税込)。個包装です。上品で軽やかな「月世界」は、味にうるさい方もうならせるでしょう。

月世界本舗
住所:
富山県富山市上本町8-6
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
076-421-2398
定休日:
 
アクセス:
富山地方鉄道市電「西町駅」2番出口から南へ徒歩5分

絶対に買いたいお土産2:富山不破福寿堂の「鹿の子餅」

富山で絶対に買いたいお土産、2品目は富山不破福寿堂の「鹿の子餅(かのこもち)」。まるで富山県のシンボル「立山」に降り積もる雪のように真っ白でふわふわのお餅の中に、金時豆を小鹿に見立ててあしらったかわいらしいお菓子です。

米どころの富山県で作られた餅米と、北海道産の金時豆を使用し、丁寧に作られた逸品なので、大切な人へのお土産にぜひ。お値段は、6個入りで951円(税込)です。

富山不破福寿堂
住所:
富山県富山市鹿島町1丁目1
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
076-423-6420
定休日:
毎週日曜日
アクセス:
富山市電安野屋電停から徒歩5分

絶対に買いたいお土産3:リブランの「甘金丹」

富山で絶対に買いたいお土産3品目は、リブランの「甘金丹(かんこんたん)」。リブランは、富山県で初めて生クリームを使ったケーキの製造・販売を行った、老舗のお菓子屋さん。県内に多数店舗を構え、ケーキを買ったり、ギフトのお菓子を買ったりする際に、県民に幅広く利用されています。

「甘金丹」はリブランを代表する銘菓で、スポンジ生地でとろけるようななめらかなカスタードクリームを包んだ、洋風のお饅頭。優しい味わいのお菓子なので、お子さんから年配の方まで、幅広い年代に好まれること請け合いです。お値段は、個包装の6個入で1,080円(税込)。

リブラン栄町総本店
住所:
富山県富山市栄町2-1-5
電話番号:
0120-084-688
営業時間:
【フルールリブラン】日~木 9:00~19:30/金・土 9:00~20:00【ゆり邑】9:00~19:00
定休日:
なし
アクセス:
JR富山駅から車で10分

絶対に買いたいお土産4:大野屋の「高岡ラムネ」

富山で絶対に買いたいお土産4品目は、大野屋の「高岡ラムネ」。天保9年(1838年)から菓子製造業を営む「大野屋」は、古くから人々に愛される定番のお菓子から、時代のニーズに合わせた斬新なお菓子まで幅広い商品を売り出しています。

「高岡ラムネ」は、富山県産のコシヒカリと国産生姜を使って作られた、高岡の新名物。高岡の文化財である「御車山(みくるまやま)」をかたどったラムネや、花や貝をかたどったラムネなど、職人さんがひとつひとつ手作りしたキュートなラムネが楽しめます。

1袋が10個入りで、種類によりお値段は、540円~550円。賞味期限は60日と長め。見た目がかわいらしいので、女性のお友達へのお土産におすすめです。

大野屋 高岡木舟町本店
住所:
富山県高岡市木舟町12番地
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0766-25-0215
定休日:
毎週水曜日(祭日を除く)
アクセス:
JR高岡駅北口より徒歩7分

絶対に買いたいお土産5:サクラスイーツの「クラシックチーズケーキ」

富山で絶対に買いたいお土産5品目は、サクラスイーツの「クラシックチーズケーキ」。素材と味にこだわるおしゃれなスイーツショップサクラスイーツの、原点とも言える商品です。味はもちろん、真ん中に白く桜の花びらの模様があしらわれた見た目もとてもかわいらしく、ギフトにも最適。

お値段は、12㎝のサイズが1,296円(税込)、17㎝のサイズで2,980円(税込)。大切な人へのお土産にして、切り分けて一緒に召し上がられてみてはいかがでしょうか。

サクラスイーツ マリエとやま店
住所:
富山県富山市桜町1丁目1−61
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
076-445-4589
定休日:
無休
アクセス:
JR富山駅から徒歩1分

絶対に買いたいお土産6:ささら屋の「しろえび紀行」

富山で絶対に買いたいお土産6品目は、ささら屋の「しろえび紀行」。富山湾の宝石とも言われるしろえびと富山産のお米を使って、さっぱりと焼き上げられた塩味のおせんべいです。軽い食感で、しろえびの上品な香りが楽しめるので、年配の方に受けのよいおせんべいです。

お値段は、2枚×16袋入りで864円(税込)。個包装で持ち運びやすいので、大人数分のお土産におすすめ。福光本店では、実際にしろえびせんべいを網の上で焼き上げる「手焼き体験」も実施しているので、旅の思い出作りにぜひ。

ささら屋 福光本店
住所:
富山県南砺市吉江中1213
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0763-52-6785
定休日:
元日・不定休
アクセス:
北陸道立山インターから車で2分

絶対に買いたいお土産7:高野屋商店の「最中の皮屋のもなか」

富山で絶対に買いたいお土産7品目は、高野屋商店の「最中の皮屋のもなか」。昭和25年から最中の皮の製造一筋の高野屋商店が売り出している、もなかの皮とあんこが別々にセットになった商品です。富山県産のもち米の製粉から、生地作り、焼き上げまで、全て手作業で行われており、そのおいしさは別格。

お値段は、735円(24本入り・つぶあん35g付)。食べる直前に、最中の皮に自分であんこを入れて完成させるので、サクサクパリパリの皮のおいしさを感じられます。

高野もなか屋
住所:
富山県富山市八尾町石戸872-2
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
076-454-2728
定休日:
不定休
アクセス:
北陸自動車道 富山ICより車で20分

絶対に買いたいお土産8:梨の菓 瀧味堂の「くれは梨もなか」

富山で絶対に買いたいお土産8品目は、梨の菓 瀧味堂(りのか・たきみどう)の「くれは梨もなか」。高野屋商店の「最中の皮屋のもなか」に続いて、またしてもおいしい最中のご紹介です。

富山県では「呉羽梨(くれはなし)」と呼ばれる梨の生産が盛ん。その、甘さとみずみずしさがたまらない「呉羽梨」を、初秋だけでなく通年味わえるようにと誕生したのが、「くれは梨もなか」です。梨の果肉と、小豆餡・梨餡の2色のあんこをつめた、梨のふくよかな味を堪能できる銘菓です。

個包装で、価格は、6個入り 813円(税込)、15個入り 1,840円(税込)など。手のひらサイズの梨の形をしたキュートな最中なので、女性へのお土産に特におすすめします。

梨の菓 瀧味堂
住所:
富山県富山市呉羽丸富町7187-41
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
076-436-6809
定休日:
毎週水曜日
アクセス:
あいの風とやま鉄道呉羽駅より車で約3分

絶対に買いたいお土産9:薄氷本補 五郎丸屋の「T五」

富山で絶対に買いたいお土産9品目は、薄氷本補 五郎丸屋の「T五(ティーゴ)」。創業260年の老舗の和菓子屋の薄氷本補 五郎丸屋が、その技術を駆使して編み出した斬新なデザインのお菓子です。口の中で薄氷のように溶ける干菓子で、桜・抹茶・柚子・和三盆・胡麻の5種類のフレーバーがあります。この5つの味(Taste)と色合い(Tone)を味わってほしいという意味で、「T五」というすこし変わった名前が付けられたそう。

お値段は、5枚入りが756円(税込)、10枚入りが1,296円(税込)など。観光庁が選出した2013年の「世界にも通用する究極のお土産」にも選ばれており、上品さと斬新さが同居するお菓子なので、オシャレで意識が高い人へプレゼントすると喜ばれそうです。

薄氷本補 五郎丸屋
住所:
富山県小矢部市中央町5-5
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
0766-67-0039
定休日:
日曜日・月曜日
アクセス:
あいの風とやま鉄道石動駅より徒歩約8分

絶対に買いたいお土産10:中尾清月堂の「乳菓 丸 -maru-」

富山で絶対に買いたいお土産10品目は、中尾清月堂の「乳菓 丸 -maru-」。富山でいくつも支店を持つ老舗の和菓子屋中尾清月堂の販売する、優しいくちどけのミルクまんじゅうになります。ミルク・卵・バターをたっぷりと使い、リッチな風合いなのでお子さんからご年配の方まで幅広いファンがいるお菓子です。

お値段は、105円(1個)、1,050円(8個入)。お味は、「珈琲」「紅茶」「チーズ」の3種類。丸い箱に入っていて、パッケージもにもカラフルな水玉模様が描かれており、いただくとうれしくなるようなキュートなお土産です。

中尾清月堂 高岡本店
住所:
富山県高岡市宮田町2-1
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
0766-25-0514
定休日:
毎週水曜日
アクセス:
能越自動車道高岡ICより車で10分

オススメお菓子1:引網香月堂の「万葉の梅園」

富山でお土産におすすめのお菓子1品目は、引網香月堂(ひきあみこうげつどう)の「万葉の梅園」。富山県は、実は大伴家持が奈良時代に国守として赴任した「万葉の地」。そこで「万葉集」の梅の歌にちなんで作られたのが、「万葉の梅園」にです。蜜で軟らかく煮た国産の梅をまるごと一粒、自家製の白あんと求肥で包んだお菓子です。

お値段は、個包装の6個入りで1,264円(税込)、10個入りで2,106円(税込)。富山の歴史を感じられる、お茶うけに最適のお土産です。

引網香月堂 古沢本店
住所:
富山県富山市古沢111−3
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
076-471-8755
定休日:
毎週月曜日・火曜日
アクセス:
JR婦中鵜坂駅から車で10分

オススメお菓子2:パティスリー・ル・クールの「黄金マドレーヌ」

富山でお土産におすすめのお菓子2品目は、パティスリー・ル・クールの「黄金マドレーヌ」。その名前の通り、小金色に輝くマドレーヌです。

スペイン産アーモンドパウダー、卵黄、バターを惜しげもなく使い、スチームで優しく蒸しあげることで、この色と艶を出しているそう。しっとりとした優しい味わいがたまりません。

お値段は、1個200円。ギフトはもちろん、とっておきのご褒美おやつとしてご自宅用にもおすすめ。

パティスリー・ル・クール
住所:
富山県射水市戸破895-2
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
0766-57-1021
定休日:
月曜日※火曜日はロールケーキ、シフォンケーキ、プリン、焼菓子のみの販売
アクセス:
北陸自動車道富山西ICから車で約20分

オススメお菓子3:和菓子屋大塚屋の「三角どらやき」

富山でお土産におすすめのお菓子3品目は、大塚屋の「三角どらやき」。その名前の通り、ちょっと珍しい三角の形をしたどら焼きです。

もちもちとした皮で粒あんをぐるっと巻き上げることで、この形になっているそうです。見た目はすこし奇抜ですが、もっちりとした皮とたっぷり入った粒あんのハーモーニーが楽しめます。何個でも食べたくなる飽きのこない味で、リピーターも多い人気商品です。

お値段は、1個190円。大塚屋は、富山市の岩瀬の古い街並みの中にあるお菓子屋さんなので、周囲をぶらぶらと散歩すると歴史を感じます。海も近いですよ。

和菓子屋大塚屋
住所:
富山県富山市岩瀬大町152
電話番号:
076-437-9678
営業時間:
[火~土]8:30~17:30[日・祝]8:30~16:00
定休日:
毎週月曜日
アクセス:
富山ライトレール「競輪場前」電停から徒歩5分

オススメお菓子4:せんべいの田中屋の「有磯せんべい」

富山でお土産におすすめのお菓子4品目は、せんべいの田中屋の「有磯(ありそ)せんべい」。昭和3年創業で、戦前からおせんべいを焼き続けている田中屋の、一番のおすすめの商品がこちらの「有磯せんべい」です。「有磯(ありそ)」とは富山湾のことを意味し、白えび、ブリ、ほたるいか、紅ズワイガニ、イカ墨、バイガイという富山湾の海の幸6種類を豪快に使っているので、富山のお土産にぴったり。

お値段は、個包装の30袋入りで2,160円(税込)。「日本ギフト大賞 富山賞 2018」にも選ばれており、富山湾で獲れた珍しい海の幸を堪能できると人気を博しています。

せんべいの田中屋 本店
住所:
富山県富山市問屋町1-2-46
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
076-451-8066
定休日:
毎週日曜日
アクセス:
富山地鉄東新庄駅 徒歩13分

オススメお菓子5:佐々木千歳堂の「みかさ山」

富山でお土産におすすめのお菓子5品目は、佐々木千歳堂の「みかさ山」。ふっくらとした生地と、自家製の餡釜で炊き上げられたあんこの味わいが絶妙などら焼きです。

プレーンな「小倉」のほか、「チーズ」「リンゴ」といった変わり種、富山らしい「滑川海洋深層塩」「富山ブラック」といった強烈なインパクトのあるものまで、お味は全12種類。

お値段は、1個160円から180円(税別)。味のバリエーションも豊富なので、大人数へのお土産にもおすすめです。

佐々木千歳堂 本店
住所:
富山県富山市城北町9-11
電話番号:
076-432-7266  
営業時間:
月~土 8:00~19:00、日・祝 8:00~12:00
定休日:
不定休
アクセス:
市電「地鉄ビル前」電停から徒歩5分

オススメお菓子6:美都家の「反魂旦」

富山でお土産におすすめのお菓子6品目は、美都家の「反魂旦(はんごんたん)」。白いんげん豆のしっとりとしたあんこを、やわらかなココア生地でくるんだ小ぶりな焼きまんじゅうです。富山と言えば薬売りで有名ですが、この「反魂旦」は丸薬に見立てたお菓子で、富山を代表する銘菓です。

お値段は、1箱20個入りで1,350円(税別)。売薬さんがノベルティとして配っていた紙風船がついてくるのもうれしいです。富山らしい、ユニークだけれど味も絶品のおすすめのお土産です。

美都家
住所:
富山県高岡市大坪町1丁目4番1号
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
0766-22-2864
定休日:
毎週木曜日
アクセス:
万葉線坂下町電停より徒歩11分

オススメお菓子7:あいば食品の「富山ブラック風味キャラメル」

富山でお土産におすすめのお菓子7品目は、あいば食品の「富山ブラック風味キャラメル」。富山のご当地ラーメンと言えば、「富山ブラック」。肉体労働者の人々のための、白いごはんのおかずになるようなラーメンとして発祥したため、真っ黒で塩辛く、醤油とブラックペッパーの風味が効いたラーメンです。

このラーメンをキャラメルにしたのが、こちらの「富山ブラック風味キャラメル」。お味は、黒コショウの風味がピリリと効いています。お友達などへのネタ的なお土産に最適の一品。

とやマルシェ
住所:
富山市明輪町1-220
営業時間:
08:30~20:30
電話番号:
076-471-8100
定休日:
なし
アクセス:
JR富山駅構内

オススメお菓子8:有限会社藤屋の「富山ブラックドロップ」

富山でお土産におすすめのお菓子8品目は、有限会社藤屋の「富山ブラックドロップ」。またしても懲りずに「富山ブラックラーメン」関連のお菓子のご紹介になります。こちらは名前の通り、富山ブラックラーメンの風味をいかしたドロップです。

先にご紹介した「富山ブラック風味キャラメル」は真っ黒なキャラメルでしたが、「富山ブラックドロップ」は薄茶色の飴に、黒コショウが点のように埋まっている見た目をしています。お味は、甘さが控えめで醤油の濃い味が鼻につきます。

お値段は、1缶350円。こちらも、ネタ的なお土産としては最高でしょう。

とやマルシェ
住所:
富山市明輪町1-220
営業時間:
08:30~20:30
電話番号:
076-471-8100
定休日:
なし
アクセス:
JR富山駅構内

オススメお菓子9:カルビーの「ポテトチップス白えび味」

富山でお土産におすすめのお菓子9品目は、カルビーの「ポテトチップス白えび味」。「富山湾の宝石」と称される白えびを、ぜいたくにポテトチップスにした商品です。

富山県産の白エビと、愛知県産の白醤油を使い、エビのうまみとだしの風味が効いた味に仕上がっています。ご当地ポテトチップスなので、富山県及び近隣の県でしか購入できません。

お値段は、1袋(145グラム)388円。お子さんへのお土産におすすめです。

有磯海サービスエリア(上り)
住所:
富山県滑川市栗山 字松ヶ窪2913-10
電話番号:
076-471-2901
営業時間:
24時間
定休日:
なし
アクセス:
北陸自動車道有磯海サービスエリアで停車

オススメお菓子10:御菓蔵の「越中富山の常備菓子」

富山でお土産におすすめのお菓子10品目は、御菓蔵(おかくら)の「越中富山の常備菓子」。富山の置き薬の箱をイメージしたパッケージがとてもレトロでかわいいです。箱の中には、しそ、白エビ、黒豆、たまねぎ、こんぶのおかきの詰め合わせが入っています。

お値段は、1箱1,080円(税込)。箱を丸ごと1個プレゼントしても良いですし、箱の中のおかきは個包装になっているので、職場のお土産に買っていっても喜ばれそうです。紙風船と、富山の方言のしおりも入っているので、お子さんへのお土産にもおすすめ。直売店ではおかきの製造を見学したり試食もできるので、観光スポットとしても充実しています。

御菓蔵直売店
住所:
富山県砺波市太田1891-5
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0763-33-6560
定休日:
年中無休(元旦を除く)
アクセス:
北陸自動車道砺波ICから車で約10分

名物グルメ1:ますのすし本舗 源の「ますのすし」

富山でお土産におすすめの名物グルメ1品目は、ますのすし本舗 源の「ますのすし」。富山の駅弁と言えば「ますのすし」。県内にはさまざまなますのすしの製造メーカーがありますが、知名度とシェアで圧倒的なのがますのすし本舗 源です。職人がこだわりぬいたお米と魚を使い、「駅弁の西の横綱」とも称される「ますのすし」はお土産の大定番。

お値段は、一重が1,500円(税込)、二重が2,900円(税込)。自分用に購入して新幹線の中で食べるのもおすすめ。さらに旅情が増すこと間違いありません。

源 中央改札前売店
住所:
富山県富山市明輪町1-225
営業時間:
06:00~21:30
電話番号:
076-4312104
定休日:
なし
アクセス:
JR富山駅中央改札前

名物グルメ2:宇奈月ビール株式会社の「宇奈月ビール」

富山でお土産におすすめの名物グルメ2品目は、宇奈月ビール株式会社の「宇奈月ビール」。立山の雪解け水と、地元の麦を使って作られた、富山を代表するご当地ビールです。本場ドイツから醸造技師を招いて、研究を重ねて完成したその味は本格派。

淡い黄金色のケルシュ「十字峡」、美しい琥珀色のアルト「トロッコ」、黒ビールのボック「カモシカ」の3種類があります。価格は、1本420円~450円(税込)。最高の原料と、確かな技術で作られたひと味違う地ビールです。

道の駅 うなづき
住所:
富山県黒部市宇奈月町下立686
電話番号:
0765-65-2277
営業時間:
(4月~11月)9:00~18:00(12月~3月)[平日] 9:00~15:30 [土・日・祝] 9:00~17:00
定休日:
なし
アクセス:
富山地方鉄道下立駅から徒歩5分

名物グルメ3:皇国晴酒造の「大吟醸 幻の瀧」

富山でお土産におすすめの名物グルメ3品目は、皇国晴酒造(みくにはれしゅぞう)の「大吟醸 幻の瀧」。水とお米がおいしい富山県は、地酒も格別。

「大吟醸 幻の瀧」は、フルーティーな香りで、丸みがありつつもキレがあり、軽やかな口当たりだけれども重厚感があるという、相反するような性質をバランスよく成立させている稀有な清酒です。お値段は、1800mlが4,000円(税抜)、720mlが2,500円(税抜)。

皇国晴酒造
住所:
富山県黒部市生地296
営業時間:
08:00~21:00
電話番号:
0120-383-928
定休日:
なし
アクセス:
あいの風とやま鉄道 黒部駅から車で6分

名物グルメ4:となみ野農業協同組合の「大門素麺」

富山でお土産におすすめの名物グルメ4品目は、となみ野農業協同組合の「大門素麺(おおかどそうめん)」。砺波市の大門で江戸時代から作り続けられている、由緒ある素麺です。手延べした素麺を、女性の髪形の「丸髷」のように丸めた形が特徴。

大門素麺は、ひとつひとつ和紙で包まれてそこに生産者さんの名前が記名してあり、作り手の思いが伝わってくるような商品です。お値段は1個(350g)で650円(税込)。1個で大体3~4人前になります。ご自宅用としてもおすすめ。

道の駅となみ野の郷
住所:
富山県砺波市宮沢町3-11
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0763-58-5831
定休日:
12月31日~1月2日
アクセス:
北陸自動車道「砺波IC」から約2Km

名物グルメ5:道正昆布の「黒とろろ昆布」

富山でお土産におすすめの名物グルメ5品目は、道正昆布の「黒とろろ昆布」。富山県はこんぶの消費量が日本一とも言われており、板状の昆布を薄く削った「とろろ昆布」はごはんのマストアイテムです。

こちらの「黒とろろ昆布」は、お酢と砂糖で味付けられており、お料理にぴったり。おにぎりにまぶしたり、うどんやお味噌汁に入れたりすると、とてもおいしいです。お値段は、1袋25グラムで216円、70グラムで540円。お料理好きな方へのお土産にぜひ。

大阪屋ショップ 下堀店
住所:
富山県富山市下堀56
電話番号:
(076)464-3990
営業時間:
平日/10:00~21:00・土日祝/9:30~21:00
定休日:
なし
アクセス:
富山地鉄朝菜町駅から徒歩分
Yoshino

読書が趣味で村上春樹ファン歴20年です。文学にまつわる土地を旅しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 富山駅周辺で海鮮ランチを食べられるお店4選!駅から徒歩3分...

    富山県の主要ターミナルで、富山観光の拠点でもある富山駅。駅周辺には、富山ならではのご当地グルメを楽しめるお店が沢山あります。その中でも今回は富山駅から徒歩3分以内で行けるキトキト(富山弁で「新鮮な」という意味)の魚介を使った料理を楽しめるランチスポットをご紹介!

  • 富山駅周辺でおすすめの暇つぶしスポット15選!お金をかけず...

    北陸新幹線(長野~金沢間)は2020年3月に開業5周年を迎えました。富山駅は、東京から金沢を約2時間半で結ぶ最速型車両「かがやき」の停車駅であり、再整備によってグッドデザイン賞を受賞し、ますます注目を浴びています。そこで今回は、立ち寄った際に便利な、富山駅周辺の暇つぶしスポット15選を紹介します。

  • 富山駅周辺散策!時間のある方もない方も富山の魅力をエキチ...

    黒部アルペンルートの行き帰りに、出張のついでに、もちろん富山駅周辺の観光を目指して!富山駅の徒歩圏内で楽しめるスポットをご紹介します。富山城、郷土博物館や世界一美しいスタバの建物、天門橋から眺める立山連峰、また、ライトアップも必見です。歴史と近代を感じる風景で癒しの時間を過ごしてみませんか。

  • 富山県の岩瀬にある古い街並みは北前船で栄えた街だった

    富山港の近くにある岩瀬はかつての北前船で財を成し栄えた街で、今もその歴史を伝える数々の建造物が残されており、街ぐるみで古きよき時代の街並みを再現し、活性化を図っている。訪れるとどこか懐かしい、美しい街並みに心が和みます。

  • 富山のおすすめホテル15選!

    富山城などの史跡や周辺には五箇山合掌集落、黒部ダムなど様々な見どころがある富山県。 今回はそんな富山県の中心都市、富山市で宿泊する際におすすめのホテル15選を紹介したいと思います!

  • 富山タウンって?町歩きが楽しい新旧融合の町!みどころ紹介

    富山タウンは江戸時代加賀藩前田家の城下町として栄え、現在も古さと新しさが交わる町です。北アルプスの玄関口でもあり、有名な立山黒部アルペンルートの出発点。運河がめぐる現代の顔と昔の面影を伝える北前船など古の顔を併せ持っています。

このエリアの新着記事
  • 富山駅周辺でおすすめの暇つぶしスポット15選!お金をかけず...

    北陸新幹線(長野~金沢間)は2020年3月に開業5周年を迎えました。富山駅は、東京から金沢を約2時間半で結ぶ最速型車両「かがやき」の停車駅であり、再整備によってグッドデザイン賞を受賞し、ますます注目を浴びています。そこで今回は、立ち寄った際に便利な、富山駅周辺の暇つぶしスポット15選を紹介します。

  • 富山で食べたいお寿司TOP20!美味しい寿司屋が勢ぞろい

    富山県には、「天然の生け簀」と呼ばれる富山湾があり、ここでしか獲れない白エビやホタルイカなどの絶品の海の幸がリーズナブルに堪能できます。富山を旅行した際にぜひ訪れたいお寿司屋さんを、おすすめの順に20店舗ご紹介します。

  • 富山県の岩瀬にある古い街並みは北前船で栄えた街だった

    富山港の近くにある岩瀬はかつての北前船で財を成し栄えた街で、今もその歴史を伝える数々の建造物が残されており、街ぐるみで古きよき時代の街並みを再現し、活性化を図っている。訪れるとどこか懐かしい、美しい街並みに心が和みます。

  • 富山のおすすめホテル15選!

    富山城などの史跡や周辺には五箇山合掌集落、黒部ダムなど様々な見どころがある富山県。 今回はそんな富山県の中心都市、富山市で宿泊する際におすすめのホテル15選を紹介したいと思います!

  • 富山駅周辺で海鮮ランチを食べられるお店4選!駅から徒歩3分...

    富山県の主要ターミナルで、富山観光の拠点でもある富山駅。駅周辺には、富山ならではのご当地グルメを楽しめるお店が沢山あります。その中でも今回は富山駅から徒歩3分以内で行けるキトキト(富山弁で「新鮮な」という意味)の魚介を使った料理を楽しめるランチスポットをご紹介!

  • 富山タウンって?町歩きが楽しい新旧融合の町!みどころ紹介

    富山タウンは江戸時代加賀藩前田家の城下町として栄え、現在も古さと新しさが交わる町です。北アルプスの玄関口でもあり、有名な立山黒部アルペンルートの出発点。運河がめぐる現代の顔と昔の面影を伝える北前船など古の顔を併せ持っています。

  • 富山駅周辺散策!時間のある方もない方も富山の魅力をエキチ...

    黒部アルペンルートの行き帰りに、出張のついでに、もちろん富山駅周辺の観光を目指して!富山駅の徒歩圏内で楽しめるスポットをご紹介します。富山城、郷土博物館や世界一美しいスタバの建物、天門橋から眺める立山連峰、また、ライトアップも必見です。歴史と近代を感じる風景で癒しの時間を過ごしてみませんか。

  • 快適なひと時を楽しもう!立山山麓で泊まれる旅館4選

    立山山麓といえば、やはりスキーですよね!冬になるとゲレンデが美しい白に染まり、たくさんの人々がそこでスキーを楽しみます。ここでは、そんな立山山麓で宿泊できる宿を4つご紹介します。それぞれの宿にそれぞれの良さがあるので、じっくり検討してみてくださいね。

この記事のキーワード
新着記事