イスタンブールで人気の観光名所おすすめ14選!文化の融合が美しい世界遺産も!

3,154

views

1

イスタンブールには宮殿や博物館がいっぱい。今回はイスタンブールを訪れたら是非まわってほしいトプカプ宮殿やアヤソフィア博物館、ブルーモスクなどの観光名所をご紹介します。宮殿の豪華な内装やモザイク画などのアートを楽しんでみてください。

①アヤソフィア -Ayasofya-

アヤソフィア(Ayasofya)はイスタンブールにある博物館。キリスト教とイスラム教の文化が共存してきた歴史を持っています。1985年にはイスタンブール歴史地区の一部として、ユネスコ世界文化遺産にも登録されました。

建物に入ってまず驚くのは天井の高さ。ドーム型の天井の装飾は荘厳で、とてもキレイです。また、アヤソフィアと言えばモザイク画が有名。2階柱廊にあるモザイク画「ディーシス(嘆願)」はモザイク芸術の最高傑作の1つで必見です。

アヤソフィア博物館(Ayasofya Muzesi)
住所:
Sultanahmet Meydani, Sultanahmet, Eminonu
アクセス:
トラムSultanahmet(スルタンアフメト)駅から徒歩約4分
営業時間:
9:00~17:00(最終入場16:00)
定休日:
月曜日
電話番号:
90(212)522 1750
料金:
30リラ

あわせて行きたい!地下宮殿 -Yerebatan Sarayi-

アヤソフィアを訪れたら、アヤソフィアすぐのイスタンブール地下宮殿(Yerebatan Sarayi)も訪れてほしいスポットの1つ。東ローマ帝国時代6世紀頃に建てられた巨大貯水槽です。

地下宮殿(Yerebatan Sarayi)
住所:
Alemdar Mh., Yerebatan Cd. 1/3, 34410 Fatih Istanbul
アクセス:
トラムSultanahmet(スルタンアフメト)駅から徒歩約3分
営業時間:
9:00~17:30
定休日:
なし
電話番号:
90(212)522 1259
料金:
20リラ

②トプカプ宮殿 -Topkapi Sarayi-

イスタンブール最大の観光名所「トプカプ宮殿(Topkapi Sarayi)」。あのオスマン帝国のスルタン(君主)が住んでいた宮殿です。

宮殿内は巨大ダイヤやエメラルドなど装飾品の数々が展示されています。

トプカプ宮殿(Topkapi Sarayi)
住所:
Cankurtaran Mh., 34122 Fatih, Istanbul
アクセス:
トラムSultanahmet(スルタンアフメト)駅から徒歩約8分
営業時間:
9:00~17:00(最終入場16:00)
定休日:
火曜日
電話番号:
(0212)512 0480
料金:
30リラ(ハレムは別途15リラ)

③スルタンアフメット・ジャミイ -Sultanahmet Camii-

世界一美しいモスクと評されているイスラム教の寺院「スルタンアフメット・ジャミイ(Sultanahmet Camii)」。

モスクはイスラム教の礼拝堂を意味する言葉で、スルタンアフメット・ジャミイは内装が青色を帯びているため「ブルーモスク」とも呼ばれています。

スルタンアフメット・ジャミイ(Sultanahmet Camii)
住所:
Hippodrome, Sultanahmet, Istanbul
アクセス:
トラムSultanahmet(スルタンアフメト)駅から徒歩約3分
営業時間:
9:00~17:30(礼拝時間を除く)
定休日:
なし
電話番号:
0212(518)1319
料金:
無料(任意の寄付)

④ドルマバフチェ宮殿 -Dolmabahce Sarayi-

トルコ共和国初期に大統領の執務室としても使われた「ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce Sarayi)」。宮殿の時計は初代大統領が亡くなった9時5分で止まったままとなっています。

内部は宮殿そのもの。バカラ製クリスタルのシャンデリアなど豪華絢爛です。

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce Sarayi)
住所:
Dolmabahce Caddesi Street, Besiktas, Istanbul 80680
アクセス:
トラムKabatas(カバタシュ)駅から徒歩約10分
営業時間:
9:00~16:00(冬期は15:00まで)
定休日:
月・木曜日
電話番号:
90(212)236 9000
料金:
30リラ

⑤カーリエ博物館 -Kariye Muzesi-

元々はギリシア正教会の修道院として建てられた「カーリエ博物館(Kariye Muzesi)」。

モザイク画やフレスコ画で有名で、壁や天井など所狭しと描かれています。

カーリエ博物館(Kariye Muzesi)
住所:
Kariye Mahallesi, Kariye Camii Sokak No.18 Fatih Istanbul
アクセス:
トラムEdirnekapi(エディルネカプ)駅から車で約3分
営業時間:
9:00~19:00(冬期は17:00まで)
定休日:
水曜日
電話番号:
(0212)631 9241
料金:
15リラ(12歳以下は無料)

⑥スルタンアフメット地区-Sultanahmet -

スルタンアフメット地区はイスタンブールの南側、いわゆる旧市街と呼ばれるエリアの半島の先あたり(東方面)を指します。イスタンブールでの滞在時間がほとんどない方はまずはスルタンアフメット地区だけを攻めれば、「イスタンブールに行きました!」と胸を張って言えるくらい、ここには観光スポットから土産物店、レストラン、ホテルなどが密集しているのでオススメですよ!
既出の「スルタンアフメット・ジャミイ(通称”ブルーモスク”)」や「アヤソフィア博物館」「地下宮殿」があるのもココ!「イスタンブールまで来たけれど何をしたらよいのかよくわからない!」という方もまずはスルタンアフメットに向かってみてください。

こちらが街中の様子です。道幅も広く、舗装された歩きやすい道路は小さなお子様からお年寄りまで快適に過ごせることでしょう。イスタンブールは高低差が激しく、観光の際に坂道が続くとあっという間に体力を消耗します。疲れを感じたら無理せずスルタンアフメット地区でのんびりされてくださいね。
お土産を買うも良し!カフェでお茶をするも良し!いづれも観光地価格ではありますが、清潔感たっぷりのお店でゆっくりすることが出来るので、海外旅行にあまり慣れていない方にもおすすめです。特に、世界ナンバーワンの消費量を誇るトルコの「紅茶」は必見!お土産にもぴったりですし、カフェで休憩する際ももってこいです。

スルタンアフメット地区-Sultanahmet -
住所:
Sultanahmet, Istanbul
アクセス:
トラムSultanahmet(スルタンアフメト)駅周辺
営業時間:
店により異なる

⑦ラフミ・M・コチ博物館-Rahmi M. Koç Müzesi-

ラフミ・M・コチ博物館はトルコの実業家であるラフミ・ムスタファ・コチ(Rahmi Mustafa Koç)氏の財団が運営している博物館です。「コチ」と言えばコチ・ホールディング(Koç Holding)を頂点とする、トルコきっての大財閥「コチ財閥(Koç grubu)」のことで、コチ財閥とサバンジュ財閥(Sabancı grubu)を合わせて「2大財閥」と呼ぶくらい、トルコでは名が知れています。
館内には彼らの所有する様々なコレクションが飾られており、上の写真のように飛行機・車・鉄道などの小さなお子様でも感覚的に楽しめるものが多いので、語学がわからない方にももってこい。是非足を運んでみてはいかがでしょうか?


ラフミ・M・コチ博物館-Rahmi M. Koç Müzesi-
住所:
Keçeci Piri Mahallesi, Hasköy Cad. No:5, 34445 Beyoğlu/İstanbul
電話番号:
+90 212 369 66 00
営業時間:
火曜~金曜10:00 – 17:00
*土日祝
冬季-18時まで
夏季-19時まで
定休日:
月曜
アクセス:
トラム「Kırmızı Minare」駅前
料金:
16トルコリラ

⑧イスタンブール・ドルフィナリウム-Istanbul Dolphinarium-

イスタンブールの市街地から少し離れた「エユップ(Eyüp)」という街にあるこちらの巨大テーマパークがイスタンブール・ドルフィナリウムです。「ドルフィナリウム」とは英語でイルカやアザラシといった海洋哺乳類を中心とした水族館型テーマパークのこと。ドルフィナリウムは世界中にあり、いずれも親子連れを中心に大人気のスポットですよね!ここ、イスタンブール・ドルフィナリウムも、そのスケールの大きさと愛くるしい海の仲間たちを一目見ようと、一年を通じて海外からの観光客だけでなく地元の親子連れからカップルまで多くの人が足を運んでいます。特にベルーガ・イルカ・オットセイ・セイウチは大人気なので絶対チェックしてくださいね!

ご覧ください!日本のイルカショーに負けず劣らず、イスタンブールのイルカショーも迫力満点ですね!トルコ語ではイルカはYunus(ユヌス)と言い、館内きっての人気者です。
イルカショーをご覧になるのももちろんオススメですが、日本では体験できないような一風変わった体験をされたい方にはイルカと泳げる「Swimming and Diving with Dolphins(スイミング・アンド・ダイビング・ウィズ・ドルフィンズ)」やイルカにタッチ出来る「Interaction with Dolphins(インタラクション・ウィズ・ドルフィンズ)」、「Dolphin Assisted Therapy(ドルフィン・アシステッド・セラピー)」などもオススメ。是非チェックしてみてください。

イスタンブール・ドルフィナリウム-Istanbul Dolphinarium-
住所:
Silahtarağa Mahallesi, Silahtarağa Cd. 2/4, 34050 Eyüp/İstanbul
電話番号:
+90 212 581 78 78
ショータイム:
14-15時
定休日:
月曜日
料金:
80トルコリラ
アクセス:
バス「Çeltik」駅すぐ

⑨ルメリ要塞-Rumeli Hisarı-

ルメリ要塞(もしくは”ルメリ・ヒサル”)は「ローマの城」の意味を持つイスタンブールの人気観光名所の一つです。オスマン帝国第7代スルタン(皇帝)のメフメト2世が、東ローマ帝国の首都コンスタンティノープル攻略中の1452年に、わずか4か月ほどの短期間で建てたことからその名が付いたルメリ要塞。実際には私たちが想像する豪華絢爛な「お城」ではなく上の写真のような「要塞」の要素が強いカッコイイ雰囲気ですので、是非足を運んでみてください。
場所は次項・写真2枚目でご紹介予定のボスポラス海峡に架かる大橋「ファーティフ・スルタン・メフメト橋」のすぐ近くなので周辺からは上の写真のような美しい海と大橋の景色を望むことが出来るでしょう。

当時約1万人もの人が駆り出され、あっという間に建てられたルメリ要塞は、近くから見ると実に大きく、4か月程度で建てられたなんて全く信じられません。
現在はもちろんその役目を終え、上の写真のように、市民の憩いの場として開放されています。特に、春~秋は風光明媚な高台の絶景スポットとして多くの観光客を楽しませており、ボスポラス海峡を観たい方には特にもってこいのスポットなので是非押さえておいてください。
クルーズ船に乗って海側からルメリ要塞を望むツアーも人気。ゆっくりとした旅をお望みの方や、体力に不安のある方、ご高齢の方等は是非こちらも検討してみてはいかがでしょうか?

ルメリ要塞-Rumeli Hisarı-
住所:
Tarabya Yenikoy Cad., Istanbul, Turkey
電話番号:
+90 212 263 53 05
営業時間:
9~19時(冬季は17時まで)
アクセス:
バス停「Rumelihisarı」駅徒歩約7分
定休日:
水曜日
料金:
10トルコリラ

⑩ボスポラス海峡-Bosporus-

トルコのヨーロッパ部分(いわゆる”オクシデント”)と、アジア部分(いわゆる”オリエント”)とを分かつ約30キロのボスポラス海峡。歴史や地理の教科書で誰もが一度は耳にしたことがある名前なのではないでしょうか?イスタンブールに来れば写真のようなボスポラス海峡の絶景を心行くまで堪能することができますよ!
「ボスポラス」はトルコ語ではなくギリシャ神話に基づく名前で、ラテン語で「牝牛の渡渉」を表しています。トルコでは「ボアジチ(Boğaziçi,”海峡の内”の意味)」と呼ばれておりますがもちろん「ボスポラス」でも通じますのでご安心を。トルコきっての人気観光地は一年を通じて多くの人で賑わっています。

ボスポラス海峡は遠くの高台から見るも良し!近くの港湾から見るも良し!見る角度や時間帯によって様々な表情を私たちに投げかけてくれます。
「クルーズ船に乗って船でボスポラス海峡を楽しむ」というスペシャルな方法もあり、人気観光地を水辺越しに見ることが出来るので、一風変わったトルコ旅行を計画している方は是非検討してみてはいかがでしょうか?
上の写真はボスポラス海峡に架かる橋の一つで「第一ボスポラス大橋(別名”ボアジチ大橋 ”Boğaziçi Köprüsü)です。長さはなんと1キロ以上!1973年に架けられ、現在はこれ以外に2つ、さらに長い大橋「ファーティフ・スルタン・メフメト橋(Fatih Sultan Mehmet Köprüsü)」「ヤウズ・スルタン・セリム橋(Yavuz Sultan Selim Köprüsü)」もございます。

ボスポラス海峡-Bosporus-
住所:
Bosphorus, İstanbul
アクセス:
市内桟橋より観賞可能

⑪グランドバザール-Kapalıçarşı-

グランドバザールはイスタンブールきってのアーケード街です。現地では「カパルチャルシュ(Kapalicarsi)」と呼ばれることも多いのでこちらの名前も控えておくと良いでしょう。
グランドバザールは「バザールに行ってみたいが、どこに行けば良いのかわからない」「治安の面や言葉が通じるか等不安がいっぱい」という方に特にオススメのバザールで、幾分観光地化されてしまってはいるものの、異国情緒をお腹いっぱい感じることが出来るでしょう。日曜祝日を除いて朝8時頃からお店が開き始めるので、時差ボケで早く起きてしまった朝の散歩ルートにもぴったり。是非トルコの活気を味わいに出かけてみてはいかがでしょうか?

上の写真はトルコランプと雑貨の専門店です。モスクの壁や窓ガラス(ステンドグラス)のような美しい柄と色合いのトルコランプは、オリエンタル雑貨が好きな方にはたまらないハズ!空港やホテルで買うよりかなりお安く入手できるので、楽しみにしていてくださいね。
もし「トルコの家電製品は日本と電圧やコンセントの違いなどがあるので、心配」という方は、写真下方面に写っているキャンドルホルダーもオススメですよ!中にキャンドルを入れるだけで、お部屋中がキラキラと輝きだします。小物入れやペン立てとしても便利に使えますので是非いろんなアイディアで日常生活にトルコ雑貨を取り入れてみてはいかがでしょうか?

グランドバザール-Kapalıçarşı-
住所:
Kapalicarsi, Sorguclu Han No.22, Beyazit, Istanbul
電話番号:
(0212)5191248
アクセス:
トラムヴァイT1番線、チェンベルリタシュ(Cemberlitas)から徒歩3分、トラム・ベヤズット(Beyazit)駅から徒歩2分
営業時間:
店により異なる
定休日:
日曜祝日

⑫ガラタ橋-Galata Köprüsü-

一瞬「釣り堀!?」と見紛う程のなんとも不思議な光景。この独特の景色を見ることが出来るのがここ「ガラタ橋」です。
トルコの新市街と旧市街を分かつ金角湾にかかる大橋は、なにを隠そう地元の人たちの「釣りのメッカ」!特に朝は欄干にぎゅうぎゅう詰めに並んで釣りを楽しむ地元民を見ることが出来ます。
聞けばアジなどの魚が釣れるそう。大の大人が真剣な表情で釣りをする姿はなんだかほのぼのしてしまいますね。なお観光客の私たちにオススメなのが橋の下に軒を連ねるレストラン街。魚料理はもちろん、ありとあらゆるトルコ料理に舌鼓を打つことが出来、景色もとっても綺麗なので是非足を運んでみてください。

ガラタ橋-Galata Köprüsü-
住所:
Hoca Kasim Koprusu Sok., Istanbul
アクセス:
トラムヴァイT1番線エミノニュ(Eminonu)駅、またはエミノニュ桟橋から徒歩2分
営業時間:
24時間通行可能

⑬イスタンブール考古学博物館-Arkeoloji Muzesi-

トプカプ宮殿のすぐ横にあることからセットで訪れる人も多い、イスタンブールきっての人気博物館がココ「イスタンブール考古学博物館」です。ここまで何度となく登場した「モスク」「オスマン帝国」「スルタン」といったワードがイマイチピンと来ない方も、ここに立ち寄ればスッキリ解決すること間違いなし!歴史が大好きな方はもちろん、歴史があまり得意でない方もおもいっきり楽しめると思います。施設は1869年に「帝国博物館」としてオープンした大変歴史のあるもので、現在約100万点ほどの発掘物が保管されていると言われています。駆け足でみても2時間は必要なほど大きな博物館なので是非時間をとってお越しください。

こちらが館内の様子です。3階建ての巨大施設は見逃せない貴重な展示物がてんこもり。特に有名な「アレキサンダー大王の石棺」はガラスケースに入って館内のひときわ目立つ位置に展示されているので是非お見逃しなく。
その他、上の写真のような彫刻品もイスタンブール考古学博物館の見どころスポットです。これらはアルカイック期からローマ時代にかけてつくられたものだと言われており、見れば見るほど今にも動き出しそうな躍動感に満ちたその姿は感動必至。血が通っていそうな肉体や柔らかそうな布地の質感、豊かな表情にもどうぞご注目ください。
なお、本施設はじめいくつか博物館を回る予定の方には「トルコ・ミュージアムパス」のご購入がオススメです。

イスタンブール考古学博物館(Arkeoloji Muzesi)
住所:
Alemdar Cad. Osman Hamdi Bey Yokusu Sok. Gulhane, Fatih, Istanbul
営業時間:
09:00~16:00
電話番号:
(0212)5207740
アクセス:
トラムヴァイT1番線ギュルハーネ(Gulhane)駅から徒歩3分
料金:
20トルコリラ

⑭スレイマン・モスク-Süleymaniye Camii-

スレイマン・モスク(スレイマニエ・モスク)はスルタンアフメット・ジャミイ(ジャミイはモスクのトルコ語です)と双璧をなす、イスタンブールきっての有名モスクです。
オスマン帝国第10代スルタン(皇帝)であったスレイマン1世の命により創られたモスクは、当時のオスマン帝国の勢いも後押しし、とにかくビックサイズで豪華絢爛な建築となりました。
写真で見る限り一見スルタンアフメット・ジャミイにも似ていますが、ミナレットの数が4本だったりドームが大きかったり、見れば見るほどその違いや、スレイマン・モスクならではの美しさを感じることでしょう。当時トルコ史上最高の建築家であったミマール・スィナン(Mimar Sinan)の最高傑作を是非ご堪能ください。

スレイマン・モスク-Süleymaniye Camii-
住所:
Süleymaniye Mah., Prof. Sıddık Sami Onar cad. No:1, 34116 Fatih/İstanbul,
電話番号:
+90 212 524 64 10
アクセス:
地下鉄M2番線ヴェズネジレル(Vezneciler)駅から徒歩6分
営業時間:
8時~18時
定休日:
なし
料金:
無料

イスタンブールの観光名所、いかがでしたでしょうか?豪華な宮殿は日常を忘れさせてくれるほど美しいですし、モザイク画などのアートに酔いしれるのもイスタンブールの楽しみ方の1つです。是非イスタンブールを訪れた際は宮殿や博物館を楽しんでみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ローカルが愛するトルコの大衆食堂「ロカンタ」のおすすめ店4...

    トルコ料理と言えば中華料理、フランス料理と並んで世界三大料理の一つです!高級なレストランで味わうトルコ料理はもちろんおいしいのですが、一般的な庶民が通う大衆食堂だって負けてはいません!地元客だけでなく旅行客も多く訪れる大衆食堂ロカンタを、今回は厳選してご紹介させて頂きます!

  • トルコのどこにでもあるスーパービムで買えるトルコ土産15選

    スーパービムはトルコに5千以上の店舗がある、どこででも見つけられるお店です。店内の商品は全国どの店舗でもほとんど同じで、値段もお手頃です。他のお店でお土産を買う前にスーパービムをチェックするとよいです。

  • トルコ基本情報【トイレ編】

    旅行中だろうと何だろうと、誰もが1日に数回お世話になるのがトイレ。文化が変われば使い方やマナーも変わってくるものです。トルコに行く前に、トイレの見つけ方や使い方など、現地のトイレ事情をしっかりチェックしておきましょう。

  • 【トルコ】古代史をひっくり返す大発見!ヒッタイト帝国の首...

    20世紀の初頭まで、エジプト古王国とも互角にわたりあえる巨大国だったにも関わらず歴史の中で完全に闇に葬られていた謎の帝国、ヒッタイト。首都ハットゥシャの遺跡の発見は、古代オリエント史をくつがえすものとなりました。ここではオリエント最強ともうたわれるヒッタイト帝国の文化を今に残すハットゥシャ遺跡について、ご紹介していきます。

  • トルコ基本情報【お金編】

    旅行に絶対忘れてはいけない大切なものの一つ、お金。馴染みのない通貨の国に行くと、レートと物価を覚えるのに結構時間がかかるものです。事前に少しでも知っておくと、現地に着いてからがスムーズになりますよ。今回は、トルコの通貨単位や両替方法、物価やチップの習慣について解説していきます。

  • トルコで有名な飲み物(ドリンク)まとめ!街角で飲んでみよう♪

    親日国家としても有名なトルコ。旅行した時には、トルコならではのご飯やドリンクが飲みたくありませんか?街角で簡単に飲める5大ドリンクを今日は紹介しちゃいます!旅行された際にはぜひチャレンジしてみてくださいね。

このエリアの新着記事
  • トルコ・カイセリ中心部の観光スポット!おすすめグルメにお...

    カイセリは人口134万人の中央アナトリアで最も大きい町です。 カッパドキアの中心へは車で1時間ほどで行けるので、カッパドキア観光にカイセリの空港を利用する人も多いです。 町の中心の観光スポットは近くに集中しているので、歩いて見て回れます。

  • 大津事件の絵も!トルコの穴場観光スポット「ムスタファパシ...

    ムスタファパシャはウルギュップから5kmのところにある小さな町。1890年のオスマン時代にはギリシャ人4500人、トルコ人600人とより多くのギリシャ人がいましたが、1923年の住民交換によりギリシャ人はいなくなり、建物だけが残りました。

  • トルコ・イスタンブールのおすすめホテル6選!予約を忘れずに♪

    ホテルは観光旅行で最も重要な要素のひとつ。せっかくの旅ですから、ホテルもリッチにいきたくはありませんか? ここでは、豪華な5つ星ホテルからデザインセンス溢れるユニークなものまで、イスタンブールでおすすめのホテルをご紹介していきます♪

  • 大量のフラミンゴも!トルコ「トゥズ湖」観光で塩が創る絶景...

    トゥズというのはトルコ語で塩という意味です。トゥズ湖はワン湖に次いでトルコで二番目に大きい湖で、雨が降ると面積は大きくなりますが、普段の面積は1500平方キロメートルほどです。そして、トルコで最も浅い湖です。お土産にかかとクリームもおすすめです。

  • トルコのどこにでもあるスーパービムで買えるトルコ土産15選

    スーパービムはトルコに5千以上の店舗がある、どこででも見つけられるお店です。店内の商品は全国どの店舗でもほとんど同じで、値段もお手頃です。他のお店でお土産を買う前にスーパービムをチェックするとよいです。

  • トルコの人気なお土産14選!おすすめのトルコ石のアクセサリ...

    トルコ共和国はアジアとヨーロッパ、2つの大陸にまたがる共和国です。様々な文化を持ち、トルコと名のつく食べ物や雑貨などを生み出してきました。トルコは料理も世界三大料理としても有名です。トルコのお土産には魅力的なものがたくさん!今回はそんなトルコに行ったら買うべきトルコのお土産を紹介します。

  • コンヤで行くべき人気のおすすめ観光スポット7選!外さない...

    トルコというと首都アンカラばかりに目が移りますが、そんなことはありません!「コンヤ」という都市を知っていますか? ここには宗教色の強い遺跡やきれいな彫刻が沢山! コンヤのお土産品やご飯を食べて、トルコをもっと満喫しましょう。

  • トルコ基本情報 【交通手段編】どれも利用してみたい交通機関...

    トルコ国内には、イスタンブール歴史地域など、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が11件、複合遺産が2件存在。保養地などもあり、観光資源に恵まれています。そんな世界有数の観光大国での交通事情をまとめてみました。

  • トルコ基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして楽しい旅...

    壮麗なモスクや宮殿、世界的に有名な遺跡など魅力あふれるトルコ。世界中から多くの観光客が訪れる人気度の高い国ですが、旅行の際に気になるのが、現地の治安。この記事ではトルコの治安情勢についてお知らせします。トルコでの滞在を楽しいものにするためのご参考にご覧下さい。

  • トルコ基本情報 【お水事情編】

    東洋と西洋の交わった国、トルコ。エキゾチックな魅力の都市イスタンブールや数々の世界遺産があって、みどころたっぷりです。一度は訪れたい国、そんなトルコのお水事情を探ってみました。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事