イスタンブールのアジアサイド・旧市街・新市街!絶対行くべきおすすめ観光スポット徹底ガイド!

1258

views

0

トルコの中心地、イスタンブールはヨーロッパ・サイドとアジア・サイドに分かれています。ヨーロッパサイドには旧市街・新市街があり、観光名所の多いヨーロッパ・サイドに人気が傾きがちですが、アジア・サイドにも魅力がいっぱい!今回は様々な逸話が残る美しい建築物とともに、地域別にイスタンブールのおすすめ観光スポットを紹介していきます!

アジア・サイド~ウスキュダル周辺~

トルコの中心地、イスタンブールはヨーロッパ・サイドとアジア・サイドに分かれています。観光名所の多いヨーロッパ・サイドに人気が傾きがちですが、アジア・サイドにも魅力がいっぱい!
まずは、様々な逸話が残る美しい建築物とともに、アジア・サイドについてご紹介していきましょう♪

ベイレルベイ宮殿(Beylerbeyi Palace)

トルコ北西部の都市イスタンブールにある宮殿。1860年代、オスマン帝国のスルタン・アブドゥル・アジズがアルメニアの建築家サルキス・バルヤンに設計を命じた宮殿で、バロック様式を取り入れた夏の離宮として建てられました。オスマン帝国と関係が深い各国国家元首などが滞在したことで有名です。

ベイレルベイ宮殿 (Beylerbeyi Palace)
住所:
Beylerbeyi, Beylerbeyi Sarayı, 34676 İstanbul/Üsküdar/İstanbul, トルコ
アクセス:
第一大橋またはウスキュダル(Uskudar)からバスに乗り、Beylerbey Sarayi下車、所要時間15分。
休業日:
月、木曜日
電話番号:
+90 216 321 9320
料金:
20TL(0~6歳無料)

クズ塔 (Kız Kulesi)

ボスフォラス海峡の小島に立つ塔。クズ・クレは「乙女の塔」という意味で、かつては要塞、税関の監視塔、灯台、検疫所など、様々に利用されていました。現在は展望台とレストランになっていて、対岸のサラジャックから渡し船に乗って上陸することができます。

この塔にはある言い伝えが残っています。ある王女が、18歳になったとき蛇にかまれて死ぬであろうと予言をされました。娘を溺愛していた王様は海の真ん中にクズ塔を改築し、彼女をここに住まわせました。しかし運命を変えることは出来ず、18歳になった王女はぶどうの籠に潜んでいた蛇に噛み付かれ、死んでしまったといいます。王様は娘のために鉄の棺を作らせてアヤソフィアの門の上に備えたそうです。

クズ塔 (Kız Kulesi)
住所:
Üsküdar Salacak Mevkii, 34668 Üsküdar/İstanbul, トルコ
アクセス:
カバタス(Kabatas)とウスキュダル(Üsküdar)からボートにて移動
営業時間:
9:30~19:00(渡し船は9:00~18:45、土・日曜は9:30~)
休業日:
なし(レストランは日曜休業)
電話番号:
+90 216 342 4747
料金:
15トルコリラ(渡し船往復、塔の入場のみ)、0~6歳無料、7歳~学生6TL、65歳以上10TL

ミフリマ・スルタン・ジャミイ (Mihrimah Sultan Camii/Mihrimah Sultan Mosque)

このモスクは中央ドームを支える巨大アーチ4つがステンドグラスになっていて、161もの窓から光が差し込む美しい作りになっています。建築家であったシナンの手によって、彼の叶わない想い人であった王女ミフリマ・スルタンのために建てられたものです。日の出と日没の位置を正確に計算して建築位置が決められており、年に1度、ミフリマフ・スルタン王女の誕生日には、美しい景色を見ることが出来ます。

ミフリマ・スルタン・ジャミイ (Mihrimah Sultan Camii)
住所:
Karagümrük Mh.、34091 Fatih/İstanbul、トルコ
アクセス:
ウルバトゥル(Ulbatli)駅から徒歩10分
休業日:
なし
料金:
無料

アナドル・ヒサール (Anadolu Hisarı)

アナドル・ヒサールは、1390年代、スルタン・ベヤズィット1世の命により建築された城塞です。息子であるスルタン・メフィット2世は1452年にこれを拡張し、もう一つの城塞であるルメリ・ヒサールと共に、海峡封鎖の為に利用したと言われます。イスタンブール征服後はその役割を失い、現在は塔が1つと城壁だけが残され、公園になっています。

アナドル・ヒサール (Anadolu Hisarı)
住所:
Yahya Kemel Cad No.42 Rumelihisari Sariyer, Istanbul
アクセス:
タクシム(Taksim)広場から車で1時間
休業日:
水曜日
電話番号:
+90 212 263 5305
料金:
:5TL(12歳以下無料)

バーダット通り (Bağdat Caddesi/Bağdat Avenue)

カドゥキョイから南へ10km以上続く大通りです。17世紀、イラクのバクダードを征服したムラト4世の軍がこの通りを通ったことにちなんで、この名前が付けられました。現在はルイ・ヴィトンをはじめとする高級ブランドショップや、おしゃれなカフェが並ぶストリートに変身しています。

バーダット通り (Bağdat Caddesi)
住所:
Bagdat Cad Kadıkoy, Istanbul
アクセス:
トラムErenköyより徒歩20分
休業日:
なし
料金:
無料

カナート・ロカンタス (Kanaat Lokantasi)

ウスキュダルにある、創業70年以上の老舗の大衆食堂。各種ドリンクや30種のスイーツのほか、100種以上の料理など、メニューの豊富さで有名です。カウンターのショーケースを見ながら、メニューを選ぶことができます。とりわけイシュケンベスープが美味しいと評判で、このスープを目当てに来る人も少なくありません。モツ料理を食べることができるお店としても有名で、米と羊のモツを油で包んだクズ・ジエーリ・サルマが人気のメニューです。

カナート・ロカンタス (Kanaat Lokantasi)
住所:
Sultantepe Mah. Selman-i Pak Cad. No:9, Kuzguncuk Uskudar Istanbul
営業時間:
06:30~23:00
アクセス:
ウスキュダル(Üsküdar)フェリー乗り場より徒歩5分
電話番号:
+90 216 553 3791

旧市街(歴史地区)

旧市街は、イスタンブールの中でも多くの観光施設が集中している地区。その中にはユネスコ世界遺産に指定されている「イスタンブール歴史地区」も含まれています。古くから残る街並みが美しい、観光にはうってつけのエリアです。旧市街はトラムも整備されていて移動も楽ですが、歴史ある景観を守るためにあまり手が入れられておらず、道はあまり整備されてはいないので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。観光名所がぎゅっと詰まった賑やかな街を散策してみましょう♪

キュチュック・アヤソフィア・ジャーミイ (Küçük Ayasofya Camii)

キュチュックはトルコ語で「小さな」という意味を持ちます。知名度の高いアヤソフィアと同様、もともとはキリスト教の教会として建設された建物を、のちにイスラム教のジャーミィへと転用したもの。572年に作られた、実に1000年以上もの歴史を持つ建物です。

キュチュック・アヤソフィア・ジャーミイ (Küçük Ayasofya Camii)
住所:
Küçük Ayasofya Mh.、34122 Fatih/İstanbul、トルコ
電話番号:
+90 212 227 4480
アクセス:
トラムKumkapı駅より徒歩19分
営業時間:
お祈りの時間は入場禁止
料金:
無料

ソコルル・メフメト・パシャ・ジャーミィ (Sokullu Mehmet Paşa Camii)

こちらも歴史のあるモスクのひとつ。静かな場所にひっそりと建つこのモスクは1572年に建設されたもの。壁面や、ペンデンティブと呼ばれるアーチ上方の曲面三角形が、イズニック産の美しいタイルで飾られています。

ソコルル・メフメト・パシャ・ジャーミィ (Sokullu Mehmet Paşa Camii)
住所:
Küçük Ayasofya Mh.、34122 Fatih/İstanbul、トルコ
アクセス:
トラムKumkapı駅より徒歩21分
営業時間:
お祈りの時間は入場禁止
電話番号:
+90 212 524 6410
料金:
無料

考古学博物館 (Arkeoloji Müzesi)

イスタンブールの国立考古学博物館は、トプカプ宮殿の第一庭園のちょうど内側にあり、トルコの歴史的遺産が数多く展示されている施設。展示品の中には、あの名高いアレクサンダー大王の石棺、アテナ神殿の正面もあり、シュメール、バビロニア、アッシリア、ハッティ、ヒッタイト文明の遺物が展示されています。

考古学博物館 (Arkeoloji Müzesi)
住所:
Cankurtaran Mh 34122 Istanbul
営業時間:
09:
00~17:00
アクセス:
トラムCankurtaranより徒歩12分
営業時間:
09:
00~17:00(チケット販売は16:00まで)
休業日:
なし
電話番号:
+90 212 520 7740
料金:
15TL
キリトビ

二十代。ヨーロッパ在住でしたが、現在は主に日本国内を旅行しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 【トルコ】古代史をひっくり返す大発見!ヒッタイト帝国の首...

    20世紀の初頭まで、エジプト古王国とも互角にわたりあえる巨大国だったにも関わらず歴史の中で完全に闇に葬られていた謎の帝国、ヒッタイト。首都ハットゥシャの遺跡の発見は、古代オリエント史をくつがえすものとなりました。ここではオリエント最強ともうたわれるヒッタイト帝国の文化を今に残すハットゥシャ遺跡について、ご紹介していきます。

  • 【トルコ・オルタヒサール】孤立感漂う美しいバルカンの谷で...

    オルタヒサール城の下にはバルカンの谷と呼ばれる場所があります。以前は観光客がたくさん訪れていましたが、10年ほど前に近郊のイブラヒム・パシャ村やカワック村の下水が通るようになってからは夏場の臭いがひどく、人がほとんど来なくなりました。 しかし、現在は2015年に下水工事が実施され、臭いはほぼしなくなっています。

  • トルコ・オルタヒサールから行く「ウサギの教会」フレスコ画...

    オルタヒサールの町から5キロ以上離れた畑の中にあるため、見つけるのが難しい教会があります。建物がなく、目印になる看板もありません。メインの田舎道には左右にいくつもの道があり、どれも似ていてどこへ進めばよいか分かりません。筆者も3回目にして、やっと見るけることができました。ただ、正しい道を選んで進めば、道なりにウサギの教会へたどり着くことができます。

  • トルコで独特な形の奇岩を見るなら!ラブバレーを遊歩してみよう

    カッパドキアはハイキングやトレッキングが好きな人には最高の場所です。 5月にはグミ科のイーデの花がよい香りを漂わせ、タイムやセージもあちらこちらに見られます。 渓谷内の太い木は年代ものです。 花の香り、鳥の声を楽しみながら、奇岩の中を遊歩してみましょう。

  • トルコの世界遺産「ベルガマ」アクロポリス遺跡の見どころ&...

    2014年に世界遺産へ登録されたトルコのベルガマ(Bergama)。首都イスタンブールから300km以上離れたこの地は、ペルガモン王国の都として非常に繁栄した歴史を持つ。都会の喧騒から離れ、郊外都市ベルガマ(Bergama)でヘレニズム文化をはじめ、当時の王国が残した芸術に触れてみる。

  • 【トルコ】国旗が並ぶ!「ネヴシェヒル戦没者公園」を観光しよう

    ネヴシェヒルのバスターミナルから車で5分のところにある戦没者公園は2006年のトルコの勝利記念日の8月30日にオープンしました。 バスでネヴシェヒルからギョレメや他の町へ移動する際に、トルコ国旗がいくつも翻る公園を見たら、そこが戦没者公園です。

今週の人気記事

  • 箱根に行ったら買って帰りたい!人気のお土産15選

    神奈川を代表する人気の観光地といえば、やっぱり箱根。自然に恵まれた箱根には美味しいお土産がたくさんあります。可愛い雑貨と一緒にぜひ買って帰りたい箱根土産をご紹介します。

  • 激安コスメがおすすめ・新大久保の人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。

  • 京都で占いするならココ!本当によく当たると評判のお店ベス...

    占い激戦区京都!本当によく当たると評判のお店で人生相談したいという人におすすめのお店をご紹介します。どのお店も口コミで大評判。あなたの人生の迷いもスパッと解決間違いなし!

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • 福岡で本当に当たる占いはここだ!人気占い師紹介!

    みんな占いって好きですよね?悩んだ時や気になることがある時つい頼りたくなりますよね!占い師のところへ行ってみたことはありますか?実際にあって話してズバッと当てられたりするとビックリしますよね。でも当たる占い師ってわかりませんよね?そんな方のためにみんなの口コミや体験談を調べ、厳選してオススメの占い師を紹介します!福岡に行ったらこの方達のところへ行ってみてはいかがでしょうか?