中東国「オマーン」は砂漠だけじゃない!美しいアラブ文化を堪能

4,897

views

0

かつては中東随一の貿易拠点であったオマーン。一時期は鎖国体制も敷かれましたが、現在は開国化で経済も大きく発展を遂げています。観光地としては中東だから砂漠?と思われがちですが、これからの観光が期待できるオマーンの見どころをご紹介しましょう。

1. カーブース王大モスク

モスクに興味がなくても壮麗で美しく幻想的な世界に誘われる

カブース王からの寄贈で2001年5月に建立された、オマーン最大のモスク。2万人収容可能。建物面積は4万平方メートルでモスク内にミナレット(礼拝告知を行う塔)が5本もあり、外国人観光客に最も人気。ムスリムでなくても見学可能。

白い大理石、スワロフスキーで飾られた世界一大きなシャンデリア、数百人の女性が2年余をかけて縫った、施設の絨毯としては世界で2番目に大きいイラン産のペルシャ絨毯、ステンドグラスと見どころ満載。スタッフも優しく、また庭の手入れが出来ているのもこの国の象徴。

カーブース王大モスク(Sultan Qaboos Grand Mosque)
住所:
Sultan Qaboos St, Muscat, Oman
営業時間について:
金曜日以外の8:00~11:00。
アクセス:
マスカット国際空港からタクシーで20分程度。
定休日:
金曜日
料金:
無料
おススメの時期:
夏季(4月~10月)以外

2. ロイヤル・オペラ・ハウス

湾岸諸国初を誇示した豪華絢爛なオペラハウス

2011年に開館した、カブース国王肝いりのオペラハウス。建物はオマーンの伝統とモダンの融合。またオマーンの教育・文化のインフラの象徴。

構内には「オペラ・ギャラリア」というショッピングモールがあり、国際的ブランドやダイニングが一通り揃う。このモールは午前10時~午後10時まで営業。レストランは週末や祝日には朝8時~深夜12時まで稼働。オープンハウスとしてのコミュニティイベントも開催。

ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)
住所:
Royal Opera House, Al Kharjiyah St, Muscat, Oman
営業時間について:
構内ツアーは8:30~10:30。開園時間は公演により異なる。
アクセス:
マスカット国際空港からタクシーで30分程度。
定休日:
無し
電話番号:
+968 24 403300
料金:
3階席の最低グレードで10 OMR
おススメの時期:
夏季(4月~10月)以外

3. ニズワ城砦

かつてのオマーンの首都に現在も息づく人々を見る

オマーン3大城砦の1つ。城砦の博物館があり、他の城砦と比べて親切な説明版やディスプレイ。城砦の建物周辺にあちこちある落とし穴は、敵から身を守るため、ナツメヤシの蜜を熱くしたものを吹くようになっているとか。

ニズワでは金曜日に開催される、数百年続く伝統のゴート・スーク(ヤギ市)が有名。午前中には終わってしまうので早起きが肝心。ニズワは内陸のため、マスカットと違い夏でも過ごしやすい。

ニズワ城砦(Nizwa Fort)
住所:
Nizwa, Oman
営業時間について:
金曜日以外は9:00~16:00、金曜日は8:00~11:00
アクセス:
マスカット市街からタクシーで90分程度。マスカットからの現地ツアーがお勧め。
定休日:
無し
料金:
600バイザ(1 OMR=1000バイザ)
おススメの時期:
通年

4. ベイト・アル・ズベア・ミュージアム

オマーンの古代文明と伝統工芸の証跡を辿る

ズベア家の古代文明や伝統工芸についての個人コレクションを1998年に公開。3つの大陸と4つの海に囲まれた国家らしく、インド、中国、ペルシャ、イエメン、古代ローマ、ギリシャ、シバとの異文化が融合された製造技術により醸成された工芸物が見もの。

先代から代々受け継がれてきた物や寄付された物、具体的にはオマーン武器、宝飾品、衣装、家庭用品、家具、アートコレクション、コイン、切手、楽器、文書など。ギフトショップでは、オマーンや博物館の展示品をイメージした工芸品や葉書、宝飾品や衣装などを購入可能。

ベイト・アル・ズベア・ミュージアム(Bait Al Zubair Museum)
住所:
100 Muscat,Oman
営業時間について:
金曜日以外の9:30~18:30(休日とラマダン月は特別時間帯となる)
アクセス:
マスカット国際空港からタクシーで1時間程度。
定休日:
金曜日
電話番号:
+968 24 736 688
料金:
1 OMR (ただし10歳以下の子供、事前予約した団体や教育機関の団体は無料)
おススメの時期:
夏季(4月~10月)以外

5. マトラ・スーク

暑くない朝と夜に活気づく人々の活性場

アラビア半島最大級のスーク。観光客も地元の人も利用。ゴールド製品、サフランなどのスパイス、乳香、短剣、衣装などの販売店があまり広くない場所に軒を連ねる。ほとんどの店が日陰なので日中もそんなに暑さを感じずに店を回れるが、昼間は大概の店が閉店。夜に女性や子供が歩けるほど治安は良い。

インド系の商人が多く、英語を話せる環境。アラブ人でも運が良ければ英語を話せるかも。夜は観光客がホテルに帰ってしまって少ないので、ローカルな雰囲気を感じやすい。

マトラ・スーク(Mutrah Souq)
住所:
Hellat Scoral Lawatiya, Muscat,Oman
営業時間について:
午前、夕方~夜(店により異なる)。昼間(16時ぐらいまで)は大半が閉店。
アクセス:
マスカット国際空港からタクシーで30分程度。
定休日:
無し
おススメの時期:
夏季(4月~10月)以外

いかがでしたか?砂漠だけじゃなく、古代からの文明から現代までを感じさせるものがありますね。このアラビア半島の東端の国を旅行の一端に加えてみてはいかがでしょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • オマーン基本情報 【お金編】

    オマーンは中東の中でも比較的治安がいい国です。一度は訪れてみたい国のひとつですね!ここではオマーンのお金や両替、チップなどについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【気候・服装編】

    オマーンはアラビア半島にある砂漠の国です。海岸沿いにはリゾートホテルが並び、のんびりと過ごすには最適の場所。ここではオマーンを訪れる際に知っておきたい気候や服装などについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【時差・空港編】

    オマーンはアラビア半島の東に位置する国です。国土のほとんどが砂漠ですが、首都マスカットにはリゾートホテルもあり快適に過ごすことができます。ここではオマーンの時差や、マスカット国際空港などについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    アラビア半島の東端に位置するオマーン。のどかな風景が広がる砂漠の国です。首都マスカットの海岸沿いにはリゾートホテルも並び、休日には近隣諸国から多くの人が遊びにやって来ます。ここではそんなオマーンの祝日・祭日やビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【治安・情勢編】

    オマーンは中東の中でも治安がいい国とされ、安全に旅行を楽しめる国です。遺跡やビーチリゾートもあり、近隣諸国から一年を通じて多くの人が訪れています。ここではそんなオマーンの治安や注意することをまとめてみました。

  • オマーンの田舎町バルカの魚市場が超新鮮でスゴい‼みどころ&...

    オマーンの首都マスカットから約80km西方に位置するBarkaバルカという小さな町に、めっちゃ素晴らしい魚市場があります。なんと言っても品揃えと鮮度がピカイチ。その理由とは!

このエリアの新着記事
  • オマーン基本情報 【気候・服装編】

    オマーンはアラビア半島にある砂漠の国です。海岸沿いにはリゾートホテルが並び、のんびりと過ごすには最適の場所。ここではオマーンを訪れる際に知っておきたい気候や服装などについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【治安・情勢編】

    オマーンは中東の中でも治安がいい国とされ、安全に旅行を楽しめる国です。遺跡やビーチリゾートもあり、近隣諸国から一年を通じて多くの人が訪れています。ここではそんなオマーンの治安や注意することをまとめてみました。

  • オマーン基本情報 【お金編】

    オマーンは中東の中でも比較的治安がいい国です。一度は訪れてみたい国のひとつですね!ここではオマーンのお金や両替、チップなどについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    アラビア半島の東端に位置するオマーン。のどかな風景が広がる砂漠の国です。首都マスカットの海岸沿いにはリゾートホテルも並び、休日には近隣諸国から多くの人が遊びにやって来ます。ここではそんなオマーンの祝日・祭日やビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • オマーン基本情報 【時差・空港編】

    オマーンはアラビア半島の東に位置する国です。国土のほとんどが砂漠ですが、首都マスカットにはリゾートホテルもあり快適に過ごすことができます。ここではオマーンの時差や、マスカット国際空港などについて紹介しましょう。

  • オマーンの田舎町バルカの魚市場が超新鮮でスゴい‼みどころ&...

    オマーンの首都マスカットから約80km西方に位置するBarkaバルカという小さな町に、めっちゃ素晴らしい魚市場があります。なんと言っても品揃えと鮮度がピカイチ。その理由とは!