東欧スロバキア・スピシュ城とレヴォチャ地区でおすすめの観光プラン特集!天空の城ラピュタがそこに

3,179

views

0

世界遺産に登録されているスロバキアのレヴォチャ地区。小さなこの町にバスで向かっていると突如見えてくるのがジブリの名作「天空の城ラピュタ」のモデルとなったと言われているスピシュ城です。ヨーロッパの多くの城と異なるのはスピシュ城が廃墟だという点。今回は朽ちゆく美しい城と共に周辺のレヴォチャ地区についてもご紹介します。

スピシュ城と周辺地区

スピシュ城(Spišský Hrad)

スピシュ城は小高い丘の上に威風堂々と佇む廃墟。元はタタール人の襲撃から守る要塞として作られたロマネスク様式の城です。その後、ルネッサンス、バロックと時代と共に様々な様式での増築を重ねていましたが、1780年に火災があり、現在のような廃墟に。その後、1993年に世界遺産に登録され、多くの観光客がその退廃的な美しさを見るために足を運んでいます。

スピシュ城の見どころはなんといってもその美しさ。城のすぐ近くから見るのも素敵ですがおすすめはやはり遠目から見ること。昼だけでなく夕暮れ時やライトアップされる夜の幻想的な風景も魅力です。

スピシュ城(Spišský Hrad)
住所:
Nam Majstra Pavla c 40 | Spisske Podhradie, Levoca 05304, Slovakia
営業時間:
4・10月 9:00~17:00 5~9月 9:00~19:00 11月 10:00~16:00
休業日:
12~3月
電話番号:
(053)469 9078
料金:
5ユーロ
アクセス:
レヴォチャ(Levoča)からバスにてスピシュスケー・ポドフラディエ(Spišské Podhradie)下車。さらに徒歩で40分。

スピシュスケー・ポドフラディエ(Spišské Podhradie)

出典: mapio.net

スピシュ城にアクセスするために必ず立ち寄らなくてはいけないのが経済の中心として栄えたスピシュスケー・ポドフラディエ(Spišské Podhradie)という小さな町。スピシュ城に行くにはこの町から徒歩40分ほど歩く必要があります。

スピシュスケー・ポドフラディエ(Spišské Podhradie)
住所:
Mariánske nám.34
インフォメーション営業時間:
5~10月 9:00~18:00、11~4月 9:00~16:00
定休日:
11~4月の土日
インフォメーション電話番号:
(053)469-9078
アクセス:
レヴォチャ(Levoča)からバスにて約20分

スピシュスカー・カピトゥラ(Spišská Kapitula)

出典: mapio.net

さらにスピシュスケー・ポドフラディエからスピシュ城までの道のりの間に、壁に囲まれた小さな町スピシュスカー・カピトゥラ(Spišská Kapitula)が。スピシュスカー・カピトゥラは第二次世界大戦後まで聖職者が暮らしていた町で宗教の中心地として栄えており、2本の塔が印象的な聖マルティン教会(Kostol sv.Martina)が目を引きます。

聖マルティン教会(Kostol sv.Martina)
住所:
Prešovský kraj, okres Levoča, Spišské Podhradie
営業時間:
1~4月(火~金) 11:00~15:00、5~10月 10:00~16:00(
日は13:
00~)、11~12月 11:00~15:00
定休日:
11~4月 土~月
料金:
大人2ユーロ
アクセス:
スピシュスケー・ポドフラディエ(Spišské Podhradie)周辺

レヴォチャ(Levoča)

1993年に世界遺産登録されたスピシュ城と周辺文化財に加わる形で2009年に世界遺産登録されたのがレヴォチャ歴史地区。一度タタール人の侵略を受けたため、のちにこの地を治めたハンガリー王は城壁で囲み防御を強化。何度も火災に見舞われましたがそのたびに修復を重ね、現在でもルネッサンス様式の美しい街並みを見ることができます。

聖ヤコブ教会(Chram sv.Jakuba)

レヴォチャ歴史地区のオススメ観光地は聖ヤコブ教会。スロバキア最大の教会である聖ヤコブ教会は中にある美しい木彫りの装飾が見どころ。パヴォルという名工が作った世界最大の聖壇があり、最後の晩餐やキリスト、聖母マリアなどが彫られています。

聖ヤコブ教会(Chram sv.Jakuba)
住所:
Namestie Majstra Pavla, Levoca
営業時間:
月~土 11:30~16:00 日 13:00~16:00
休業日:
11~3月の日曜
料金:
大人 2ユーロ
アクセス:
レヴォチャの中心地マイステル・パヴォル広場(Namestie Majstra Pavla)内

旧市庁舎(Spissky muzeum)

また、現在スピシュ博物館として運営されている旧市庁舎も人気の観光スポット。この建物の一部は聖ヤコブ教会の聖壇を手掛けたパヴォルの住居であったため、パヴォルの作品や使用していた道具などを見ることができます。

旧市庁舎(Spissky muzeum)
住所:
Nam. majstra Pavla, Levoca
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
053-451-2449
無休
料金:
大人 3.5ユーロ
アクセス:
レヴォチャの中心地マイステル・パヴォル広場(Namestie Majstra Pavla)内

小さな町に見どころがたくさん

レヴォチャを含め、スピシュ城に行くまでの町は決して大きなものではないですが小さいながらにスロバキアの絶景を楽しめる場所。町からみるスピシュ城の絶景や、スピシュ城から見る町の風景など様々な角度から美しい風景を楽しめます。スピシュ城の雄大さを見るとこの地がかつてどれだけ栄えていたかがよくわかります。歴史や火災に翻弄されながらも力強く生き残った風景をぜひ堪能してみてください。

mi-7

海外旅行と絶景が大好きな1児のママです!特にヨーロッパや南国が大好きで、ただただ風景を見つめたりその地の歴史に思いを馳せる時間が最高の幸せです。素敵な景色や貴重な体験が楽しめる旅行先をご紹介していきますね!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 洞窟に氷穴!スロバキア旅行で行くべき自然観光スポット3選

    スロバキアには、隣国ハンガリーから続くカルスト群はヨーロッパ最大規模を誇り世界遺産に登録されているほど!見渡す限りの洞窟や鍾乳洞、氷穴など自然が作り出した美しすぎる神秘の絶景に出会うことができます。日本ではあまり知られていないこれらの洞窟。ぜひその魅力を味わってみてください。

  • スロバキア基本情報 【気候・服装編】

    スロバキアは中央ヨーロッパに位置する美しい国です。国土のほとんどが山の中にあり、四季の風景を楽しむことができます。ここではそんなスロバキアの気候と、訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • 天空の城ラピュタのモデル!スロバキア・スピシュ城が素敵すぎる

    スピシュ城はスロバキア東部に位置し、丘にそびえ立つ中欧最大級の古城です。世界遺産に登録されているこの城は、その外観からスタジオジブリの「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われています。そんなスピシュ城の魅力についてご紹介していきます。

  • 東欧スロバキア・スピシュ城とレヴォチャ地区でおすすめの観...

    世界遺産に登録されているスロバキアのレヴォチャ地区。小さなこの町にバスで向かっていると突如見えてくるのがジブリの名作「天空の城ラピュタ」のモデルとなったと言われているスピシュ城です。ヨーロッパの多くの城と異なるのはスピシュ城が廃墟だという点。今回は朽ちゆく美しい城と共に周辺のレヴォチャ地区についてもご紹介します。

このエリアの新着記事
  • スロバキア基本情報 【気候・服装編】

    スロバキアは中央ヨーロッパに位置する美しい国です。国土のほとんどが山の中にあり、四季の風景を楽しむことができます。ここではそんなスロバキアの気候と、訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • 洞窟に氷穴!スロバキア旅行で行くべき自然観光スポット3選

    スロバキアには、隣国ハンガリーから続くカルスト群はヨーロッパ最大規模を誇り世界遺産に登録されているほど!見渡す限りの洞窟や鍾乳洞、氷穴など自然が作り出した美しすぎる神秘の絶景に出会うことができます。日本ではあまり知られていないこれらの洞窟。ぜひその魅力を味わってみてください。

  • 天空の城ラピュタのモデル!スロバキア・スピシュ城が素敵すぎる

    スピシュ城はスロバキア東部に位置し、丘にそびえ立つ中欧最大級の古城です。世界遺産に登録されているこの城は、その外観からスタジオジブリの「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われています。そんなスピシュ城の魅力についてご紹介していきます。

  • 東欧スロバキアで訪れたい世界遺産観光スポット大特集!中世...

    スロバキア共和国は東ヨーロッパの小国。国土面積は日本の約7分の1ですが、7つものユネスコ世界遺産を擁しています。地方の小さな町に王朝時代の面影が数多く残る国、スロバキアの世界遺産めぐりは中世へのタイムスリップです。

新着記事