グルジア(ジョージア)のおすすめ観光スポットまとめ!ワインの発祥地を巡ろう

6,311

views

0

2015年にジョージアと日本での呼称の変更があった、ワインの発祥地でもある国、グルジア。日本の相撲に同国出身の力士がいて、国名ぐらいは聞いたことがあるかもしれない。しかしあまり関係が強くないがゆえに、日本の旅行者の知名度は低い。物価が非常に安く、美しい人も多いとされる、グルジアの見どころを紹介しましょう。

1. ゲルゲティトリニティ教会

ロールプレイングゲームのような容姿に2000年の歴史を見る

14世紀に建立。現在の建物は18世紀に改築。個別にある鐘楼は、教会と同じ時期に建立。自然の広大さに囲まれた険しい山の孤立した場所に存在。ソ連時代は一切の宗教行事の禁止が言い渡されたが、人気の観光地としてあり続けた。

かつて、17世紀ごろにグルジアがペルシャ人やオスマン人からの侵攻の対象になったとき、グルジア正教会の主要シンボルである葡萄十字は、この教会に確保されていた時期があった。教会から見えるカズベキの山々は必見。

ゲルゲティトリニティ教会(Gergeti Trinity Church)
住所:
Stepantsminda, Georgia
アクセス:
ステッパンツミンダ市街から車で30分。
定休日:
無し
料金:
無し
おススメの時期:
春と秋

2. エリアル・トラムウエイ

トリビシの広大な景色を楽しめるアトラクション

2012年にオープンし、ロープウエイはナリカラ要塞とクラ川の左岸にリケ公園を結ぶ。ムタツミンダ山へ向かう。ロープウエイ沿いには聖ダビデ教会。

ロープウエイの大きな窓からは市内の素晴らしい景色を見つめることが出来、快適な乗り心地。メトロカード2回分で乗れる。地下鉄と同じ、ICカード対応。ナリカラ要塞への行きはこのロープウエイ、帰りは徒歩がお勧め。

エリアル・トラムウエイ(Aerial Tramway in Tbilisi)
住所:
Tbilisi, Georgia
営業時間:
11:00~23:00
アクセス:
地下鉄ルスタヴェリ駅からロープウエイ乗車口まで徒歩15分程度。
定休日:
無し
電話番号:
995322980000
料金:
1ラリ
おススメの時期:
春と秋

3. 公衆浴場アバノータバニ

日本の硫黄温泉と似た匂いで心を休める

旧市街に隣接する温泉エリア。トリビシの語源は「温かい」から来ている。泉質はミネラル分が高く、関節炎などの病気の治療の補助として使用されている。単なるハマム(トルコ式風呂)ではなく、ここは温泉(硫黄泉)で、湯船がある施設も多いのが特徴。

共同浴場だけでなく、個室浴場もあり、大体2~3人用。3ラリ程度の共同浴場に比べ10ラリ~50ラリ程度。マッサージやアカスリを行う店舗もあり、10ラリ程度。鍵がかかるロッカーがあるので安心。

公衆浴場アバノータバニ(Abanotubani)
住所:
Tbilisi, Georgia
営業時間について:
日中。
アクセス:
トリビシ市街から徒歩10分程度。
定休日:
無し
電話番号:
272-1066
料金:
3ラリ程度(共同浴場)
おススメの時期:
夏(7~8月)以外

4. スターリン博物館

ゴリにスターリンの生き様を見る

博物館は2つの建物で構成されており、1937年開業のスターリンの生家と、1957年開業の博物館本体。博物館の建物はジョージ王朝様式の建築家のプロジェクトによって建設。赤い大理石で彩られた玄関ホールは印象的。

出典: ciml.250x.com

スターリンの生活や活動は6ホールにわたって展示。スターリンのデスマスクやプレゼントされた各品、彫刻や手紙などの遺品、ポツダム会議の出席の際に利用した専用列車。専用列車の内部は赤い木で装飾され、にはバスルームや会議室も。

スターリン博物館(J.Stalin's State Museum)
住所:
Stalin ave. 32, 1400 Gori, Georgia
営業時間:
10:00~18:00
営業時間について:
10:00~18:00(11月~3月は10:00~17:00)
アクセス:
ゴリ市街から徒歩10分程度。
定休日:
正月、イースター
電話番号:
+995 (370) 22-53-98
料金:
入場料0.6ラリ、ガイド料2.0ラリ
おススメの時期:
夏(7~8月)以外

5. スヴェティツホヴェリ大聖堂

「生命を授ける」という意味の大聖堂にグリジアの歴史を見る

ムツヘタの王宮の庭にあった木造聖堂の跡地に、キリスト教がイベリア王国教となりし後、建立。グルジアの聖堂の中では古さと大きさの点で圧倒的。前にあった木造聖堂の柱がニノの祈りで直立したという伝説にちなむことから、「生命を授ける」という意味の名前。

1010年から1029年に再建されたものが現存。その後も修復や改築。首都がトビリシに移った後も、王の戴冠式などもこの大聖堂で挙行され続けていた。1994年に世界遺産登録。観光案内所で英語のパンフレット入手可能。有料トイレあり。

スヴェティツホヴェリ大聖堂(Svetitskhoveli Cathedral)
住所:
Mtskheta, Mtskheta-Mtianeti, Georgia
営業時間について:
日中
アクセス:
トリビシからマルシュルートカ(乗り合いバス)で30分程度。
定休日:
無し
電話番号:
599988815
料金:
無料
おススメの時期:
夏(7~8月)以外

いかがでしたか?ワインの発祥地とは趣の違った名所が目白押しですね!グルジアの旅を旅行の一端に加えてみるのはいかがでしょうか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 息を呑むほどの絶景!ジョージア奥地「復讐の塔」の待つ秘境 ...

    雄大な自然を誇るコーカサスの国ジョージア。この国には、ここでしか見ることができない秘境の絶景があります。今回は、「復讐」という穏やかではない名前をつけられた塔と、コーカサスの大自然が相俟ってつくり出す、息を呑むほどの絶景を見られるジョージア奥地の町メスティアをご紹介します。

  • ジョージアの首都トビリシに行ったら必ず訪れるべき観光スポ...

    南コーカサスに位置し、アルメニア、ロシア、トルコなどと国境を接する秘境の国ジョージア。その首都トビリシは、古くからのジョージア正教の教会、大聖堂や、旧ソ連時代の雰囲気を残す少し影のある町並、そしてわれわれ日本人が愛してやまない温泉などたくさんの見どころがあります。今回は知られざるジョージアの首都トビリシで見るべき10個のスポットをご紹介します。

  • ジョージア(グルジア)でオススメの人気料理メニュー5選!南...

    コーカサスにあるジョージアは旅人にとって楽園の一つ。もともとはグルジアという国名で呼ばれていた国です。自然豊かで物価が安く、ハマムという共同浴場があり、ワインも有名。そんなジョージアですが、実は料理もとっても美味しいんです!特に日本人に合うその味は、旅中に出会った人が口ぐちに言う「ジョージア料理が一番美味しい!」と言う声からもわかります。今回はジョージアでオススメの料理を5つご紹介します。

  • グルジア・チアトゥラの観光スポット「天国に一番近い教会」...

    日本人にはあまり知られていない東ヨーロッパの国、グルジアのチアトゥラという田舎町に、世界で一番天国に近い教会があります。天国に一番近いってどんな所なんでしょう?東ヨーロッパへ旅行に行かれる際、ぜひ寄ってみてください。

  • ヨーロッパの歴史的建築物がたくさん!ジョージア・クタイシ...

    コーカサスの国ジョージア西部の都市クタイシ。10~12世紀にかけてジョージア王国の首都だったクタイシには、ジョージア(グルジア)正教に関連する多くの歴史的な建築物がたくさんあります。今回はそんなクタイシで訪れるべきスポットを3つ、ご紹介します。

  • グルジアのムツヘタに世界遺産の教会を見に行ってみよう!

    グルジアの古都ムツヘタ。今でこそ小さな田舎町ですが、ここは昔からグルジア正教にとって重要な場所であるため、立派な教会がいくつもあります。世界遺産にも登録されており、一見の価値があります!

このエリアの新着記事
  • グルジアのムツヘタに世界遺産の教会を見に行ってみよう!

    グルジアの古都ムツヘタ。今でこそ小さな田舎町ですが、ここは昔からグルジア正教にとって重要な場所であるため、立派な教会がいくつもあります。世界遺産にも登録されており、一見の価値があります!

  • グルジア・チアトゥラの観光スポット「天国に一番近い教会」...

    日本人にはあまり知られていない東ヨーロッパの国、グルジアのチアトゥラという田舎町に、世界で一番天国に近い教会があります。天国に一番近いってどんな所なんでしょう?東ヨーロッパへ旅行に行かれる際、ぜひ寄ってみてください。

  • ジョージアの首都トビリシに行ったら必ず訪れるべき観光スポ...

    南コーカサスに位置し、アルメニア、ロシア、トルコなどと国境を接する秘境の国ジョージア。その首都トビリシは、古くからのジョージア正教の教会、大聖堂や、旧ソ連時代の雰囲気を残す少し影のある町並、そしてわれわれ日本人が愛してやまない温泉などたくさんの見どころがあります。今回は知られざるジョージアの首都トビリシで見るべき10個のスポットをご紹介します。

  • 息を呑むほどの絶景!ジョージア奥地「復讐の塔」の待つ秘境 ...

    雄大な自然を誇るコーカサスの国ジョージア。この国には、ここでしか見ることができない秘境の絶景があります。今回は、「復讐」という穏やかではない名前をつけられた塔と、コーカサスの大自然が相俟ってつくり出す、息を呑むほどの絶景を見られるジョージア奥地の町メスティアをご紹介します。

  • ヨーロッパの歴史的建築物がたくさん!ジョージア・クタイシ...

    コーカサスの国ジョージア西部の都市クタイシ。10~12世紀にかけてジョージア王国の首都だったクタイシには、ジョージア(グルジア)正教に関連する多くの歴史的な建築物がたくさんあります。今回はそんなクタイシで訪れるべきスポットを3つ、ご紹介します。

  • ジョージア(グルジア)でオススメの人気料理メニュー5選!南...

    コーカサスにあるジョージアは旅人にとって楽園の一つ。もともとはグルジアという国名で呼ばれていた国です。自然豊かで物価が安く、ハマムという共同浴場があり、ワインも有名。そんなジョージアですが、実は料理もとっても美味しいんです!特に日本人に合うその味は、旅中に出会った人が口ぐちに言う「ジョージア料理が一番美味しい!」と言う声からもわかります。今回はジョージアでオススメの料理を5つご紹介します。

この記事のキーワード
新着記事