エルサルバドル首都サン・サルバドルで人気の観光スポット特集!中米を代表する観光立国の魅力

1,657

views

0

エルサルバドルと聞いて具体的に何かをイメージできる人は相当なエルサルバドル通と言えるでしょう。日本人にとってなじみ深いとは言えない国ですが、意外にも中米を代表する観光立国。特に首都のサン・サルバドルは見どころ満載の街です。そんんあエルサルバドル観光のスタートとなる首都の見どころスポットを紹介しましょう。

メトロポリタン大聖堂(Catedral Metropolitana)

中南米は、植民地時代の大聖堂が多く残っているエリア。でも、サン・サルバドルの大聖堂は、コロニアル風というよりモダンで都会的な趣です。1873年に大地震が起きて、それまで建っていた大聖堂は全壊。その後、再建されたのが現在の大聖堂です。

この大聖堂には、地震による損壊と再建を繰り返してきた歴史があります。1986年と2001年にも、地震で外壁などが部分的に崩落。でも、白亜の大聖堂は、そのつど美しくよみがえってきました。サン・サルバドル市民にとって、大聖堂は復興の象徴となる存在なのです。

堂内は天井が高くて、とても広々とした空間。内陣を飾るレタブロには、色鮮やかな聖画がまつられています。静まり返った堂内にいると、自然と心が洗われるような感覚になるでしょう。

メトロポリタン大聖堂(Catedral Metropolitana)
住所:
Calle Ruben Dario, Zona Centro
アクセス:
シビカ広場(Plaza Cívica)の北側正面
電話番号:
2221 0003
見学時間:
6:00~18:00
閉鎖日:
無休

国立考古学博物館(Museo Nacional de Antropología)

この博物館も1986年の大地震で崩壊。その後、コンペで博物館のデザインが決まり、2001年に新たな装いとして生まれ変わりました。サン・サルバドルは、実は美術館や博物館が数多く点在する街。そのなかでも、この博物館は最大の規模を誇っています。

エルサルバドルは、スペイン人が到来する以前からマヤ系の民族が暮らしていた地。館内には、国内の遺跡から集められた発掘品が展示されています。
画像はジャガーをかたどった石像。大きな耳と牙が特徴的ですね。神様の化身として崇められていたそうです。

この鎧かぶとは、墓地だった遺跡から発掘されたもの。諸説ありますが、身分の高い指揮官と一緒にお墓に納められた副葬品だったそうです。

考古学博物館ですが、展示品にはこんな壁画も。スペイン人と先住民の戦いを表現した壁画。制作したのは、エルサルバドルの現代アートをリードしたホセ・メヒーア・ビデス。力強く勇敢な先住民の姿が印象的です。

Museo Nacional de Antropología
住所:
Avenida De La Revolucion s/n
アクセス:
フェリア・ロサ・ショッピングセンター(Centro Comercial Feria Rosa)から徒歩およそ5分
電話番号:
2243 3750
開館時間:
火曜日~日曜日10:00~18:00
閉館日:
月曜日

平生三郎公園(Parque Saburo Hirao)

サン・サルバドルは、日本の企業とゆかりの深い都市。公園の名前になっている平生三郎さんは、東洋紡の社長を歴任した人物。
この公園は、東洋紡がサン・サルバドル市議会の承認を得て1976年に建造したものです。日本庭園は本格的な作り。

公園のなかにはエルサルバドルで発掘された石像のレプリカも。緑が豊かな公園なので、散歩をするのに最適のスポット。都市部にありながらも、ゆっくりと自然が満喫できる貴重な公園です。

公園のなかには、子供向けのアトラクションエリアや博物館もあります。画像は自然歴史博物館の建物。中南米原産の動植物が、歴史や地域ごとに展示されています。

平生三郎公園(Parque Saburo Hirao)
住所:
Final calle Los Viveros, colonia Nicaragua
アクセス:
シビカ広場(Plaza Cívica)から車でおよそ15分
電話番号:
2270 1116
開園時間:
水曜日~日曜日9:00~16:00
閉園日:
月曜日・火曜日

いかがでしたか?サン・サルバドルは、過去と現在の建物がバランス良く共存している隠れた観光都市。サン・サルバドルを知れば、中米への視野が一気に開けてきます。その足掛かりとして、ぜひこの都市を訪れてみてください!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 南米エルサルバドルへ観光に行こう!豊かな自然とマヤ遺跡の...

    ”エルサルバドル”は中央アメリカに位置する日本の四国よりちょっと大きいくらいの国土。良く名が挙がる観光地とはまた違った魅力で溢れています。大自然に溢れ国土に火山が20超も存在。世界文化遺産となる「マヤ遺跡」も当時のままの姿とは驚きです!太古の昔からの、土地そのものを感じられる数少ない国なんです。

  • エルサルバドル基本情報 【気候・服装編】

    エルサルバドルは中央アメリカに位置する国です。太平洋に面している四国ほどの大きさの国で、自然の宝庫として知られています。そんなエルサルバドルの気候や、エルサルバドルを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【時差・空港編】

    エルサルバドルは中南米にある国です。日本からは直行便がないので、アメリカの都市を利用して行きます。ここではエルサルバドルの時差、国際空港、アクセス方法などについて紹介しましょう。

  • エルサルバドル観光サンタ・アナの見どころスポットまとめ!...

    サンタ・アナはエルサルバドル観光で注目を浴びているコロニアル風の街。植民地時代に築かれた趣のある街並みは、散歩をするのに最適なエリア。しかも街の周囲には、中米で最高との呼び声が高い風光明媚な自然も広がっています。歴史あり、自然ありと、魅力たっぷりのサンタ・アナを紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    エルサルバドルは中米にある国です。日本からは直行便がないため、アメリカや南米の都市を経由して行きます。ここではエルサルバドルに入国する際に必要なビザや手続きなどについてまとめてみました。

  • エルサルバドル基本情報 【治安・情勢編】

    中米にあるエルサルバドルは見所も多い国ですが、残念ながら治安はあまりよくありません。ここではエルサルバドルの治安と、訪れる際に注意したいことをまとめてみました。エルサルバドルでは身の回りの安全に注意し、楽しい旅にしてください。

このエリアの新着記事
  • エルサルバドル基本情報 【治安・情勢編】

    中米にあるエルサルバドルは見所も多い国ですが、残念ながら治安はあまりよくありません。ここではエルサルバドルの治安と、訪れる際に注意したいことをまとめてみました。エルサルバドルでは身の回りの安全に注意し、楽しい旅にしてください。

  • エルサルバドル基本情報 【気候・服装編】

    エルサルバドルは中央アメリカに位置する国です。太平洋に面している四国ほどの大きさの国で、自然の宝庫として知られています。そんなエルサルバドルの気候や、エルサルバドルを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【お金編】

    エルサルバドルは中央アメリカ中部に位置します。古代遺跡などがあり、治安の強化が進められていて、観光立国を目指しています。ここではそんなエルサルバドルにお金に関する情報をまとめてみました。通貨、両替、チップ、クレジットカードなどエルサルバドルを訪れる際には役立ててください。

  • エルサルバドル基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    エルサルバドルは中米にある国です。日本からは直行便がないため、アメリカや南米の都市を経由して行きます。ここではエルサルバドルに入国する際に必要なビザや手続きなどについてまとめてみました。

  • エルサルバドル基本情報 【時差・空港編】

    エルサルバドルは中南米にある国です。日本からは直行便がないので、アメリカの都市を利用して行きます。ここではエルサルバドルの時差、国際空港、アクセス方法などについて紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    エルサルバドルは中南米に位置し、明るい陽気な国です。ここでは、エルサルバドルのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどを紹介しましょう。

  • 南米エルサルバドルへ観光に行こう!豊かな自然とマヤ遺跡の...

    ”エルサルバドル”は中央アメリカに位置する日本の四国よりちょっと大きいくらいの国土。良く名が挙がる観光地とはまた違った魅力で溢れています。大自然に溢れ国土に火山が20超も存在。世界文化遺産となる「マヤ遺跡」も当時のままの姿とは驚きです!太古の昔からの、土地そのものを感じられる数少ない国なんです。

  • エルサルバドル観光サンタ・アナの見どころスポットまとめ!...

    サンタ・アナはエルサルバドル観光で注目を浴びているコロニアル風の街。植民地時代に築かれた趣のある街並みは、散歩をするのに最適なエリア。しかも街の周囲には、中米で最高との呼び声が高い風光明媚な自然も広がっています。歴史あり、自然ありと、魅力たっぷりのサンタ・アナを紹介しましょう。

新着記事