エルサルバドル基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

2,143

views

0

エルサルバドルは中南米に位置し、明るい陽気な国です。ここでは、エルサルバドルのビジネスアワーや祝日・祭日、主なお祭りなどを紹介しましょう。

ビジネスアワー

銀行

銀行は一般的に月~金曜9:00~16:00の営業です。一部8:30から営業する銀行もあります。また土曜は一部の銀行で営業。日曜、祝日は休業です。

官庁・一般企業

官庁や会社は月~金曜7:30~12:00、13:00~15:30の営業です。

ショップ

商店は毎日8:00~18:00の営業です。店によっては日曜休みとなることがありますが、都市部や観光地の民芸品店などは無休の店も多くあるそう。大型スーパーは毎日22:00までの営業で、土日もオープンしています。

レストラン

レストランは一般的に毎日10:00~15:00、18:00~22:00の営業です。

エルサルバドルの祝日・祭日

エルサルバドルの祝日・祭日は次の通りです。※は慣習休日で、それ以外は法定休日です。セマナ・サンタ(復活祭)は年によって日にちが変わります。

1月1日 新年
3月(3月24日~27日) セマナ・サンタ(復活祭)
5月1日 メーデー
5月10日 母の日※
6月17日 父の日※
8月3~6日 守護天使の祭
9月15日 独立記念日
11月2日 死者の日
12月24~25日 クリスマス

エルサルバドルの主なお祭り

セマナ・サンタ

セマナ・サンタ(復活祭)はキリスト教徒の大切な行事です。エルサルバドルでは連休となり、日本のゴールデンウィークのように多くの人が旅行に出かけます。この時期は都市部でも商店やレストランが休業となることが多いので注意してください。また、ホテルの予約が取り難くなるので、この時期に旅行を計画している人は早めにホテルの手配をしましょう。

火の玉祭り

(画像はイメージ)

首都サンサルバドルから北へ20キロのネハパでは、毎年8月に「火の玉祭り(Fireball Festival)」が行われます。この街の守護神である聖ジェロニモを讃える為に、19世紀中頃に始まったそうです。また、1658年に起きたサンサルバドル火山の噴火による被害を忘れないための大切なお祭りとなっています。

この祭りは男たちがヤシの実やゴム等を丸めガソリンを浸した火の玉を投げ合うもので、「世界で最も危険な祭り」とも言われています。

死者の日

「死者の日」は亡くなった人の魂を慰めるお祭りで、日本のお盆のような意味合い。「エルサルバドルでは「死者の日」の前夜に、仮装した人々が街を練り歩くパレード「ラ・カラビウサ(La Calabiuza)」が盛大に行われます。中南米ならではの陽気なお祭りです。

クリスマス

キリスト教徒が多いエルサルバドルでは、クリスマスが近づくと街中がイルミネーションやクリスマスツリーで輝きます。クリスマスイブは、街のあちらこちらで爆竹を鳴らしクリスマスを祝うのだそうです。

最後に

エルサルバドルでは日本では見られない、珍しいお祭りもあります。もしお祭りの時期にエルサルバドルを訪れたら、地元の人と一緒に楽しんでみてください。

MINK

いろいろな土地の魅力をお伝えできたらと思います。よろしくお願いします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 南米エルサルバドルへ観光に行こう!豊かな自然とマヤ遺跡の...

    ”エルサルバドル”は中央アメリカに位置する日本の四国よりちょっと大きいくらいの国土。良く名が挙がる観光地とはまた違った魅力で溢れています。大自然に溢れ国土に火山が20超も存在。世界文化遺産となる「マヤ遺跡」も当時のままの姿とは驚きです!太古の昔からの、土地そのものを感じられる数少ない国なんです。

  • エルサルバドル基本情報 【気候・服装編】

    エルサルバドルは中央アメリカに位置する国です。太平洋に面している四国ほどの大きさの国で、自然の宝庫として知られています。そんなエルサルバドルの気候や、エルサルバドルを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【時差・空港編】

    エルサルバドルは中南米にある国です。日本からは直行便がないので、アメリカの都市を利用して行きます。ここではエルサルバドルの時差、国際空港、アクセス方法などについて紹介しましょう。

  • エルサルバドル観光サンタ・アナの見どころスポットまとめ!...

    サンタ・アナはエルサルバドル観光で注目を浴びているコロニアル風の街。植民地時代に築かれた趣のある街並みは、散歩をするのに最適なエリア。しかも街の周囲には、中米で最高との呼び声が高い風光明媚な自然も広がっています。歴史あり、自然ありと、魅力たっぷりのサンタ・アナを紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    エルサルバドルは中米にある国です。日本からは直行便がないため、アメリカや南米の都市を経由して行きます。ここではエルサルバドルに入国する際に必要なビザや手続きなどについてまとめてみました。

  • エルサルバドル基本情報 【治安・情勢編】

    中米にあるエルサルバドルは見所も多い国ですが、残念ながら治安はあまりよくありません。ここではエルサルバドルの治安と、訪れる際に注意したいことをまとめてみました。エルサルバドルでは身の回りの安全に注意し、楽しい旅にしてください。

このエリアの新着記事
  • エルサルバドル基本情報 【治安・情勢編】

    中米にあるエルサルバドルは見所も多い国ですが、残念ながら治安はあまりよくありません。ここではエルサルバドルの治安と、訪れる際に注意したいことをまとめてみました。エルサルバドルでは身の回りの安全に注意し、楽しい旅にしてください。

  • エルサルバドル基本情報 【気候・服装編】

    エルサルバドルは中央アメリカに位置する国です。太平洋に面している四国ほどの大きさの国で、自然の宝庫として知られています。そんなエルサルバドルの気候や、エルサルバドルを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • エルサルバドル基本情報 【お金編】

    エルサルバドルは中央アメリカ中部に位置します。古代遺跡などがあり、治安の強化が進められていて、観光立国を目指しています。ここではそんなエルサルバドルにお金に関する情報をまとめてみました。通貨、両替、チップ、クレジットカードなどエルサルバドルを訪れる際には役立ててください。

  • エルサルバドル基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    エルサルバドルは中米にある国です。日本からは直行便がないため、アメリカや南米の都市を経由して行きます。ここではエルサルバドルに入国する際に必要なビザや手続きなどについてまとめてみました。

  • エルサルバドル基本情報 【時差・空港編】

    エルサルバドルは中南米にある国です。日本からは直行便がないので、アメリカの都市を利用して行きます。ここではエルサルバドルの時差、国際空港、アクセス方法などについて紹介しましょう。

  • 南米エルサルバドルへ観光に行こう!豊かな自然とマヤ遺跡の...

    ”エルサルバドル”は中央アメリカに位置する日本の四国よりちょっと大きいくらいの国土。良く名が挙がる観光地とはまた違った魅力で溢れています。大自然に溢れ国土に火山が20超も存在。世界文化遺産となる「マヤ遺跡」も当時のままの姿とは驚きです!太古の昔からの、土地そのものを感じられる数少ない国なんです。

  • エルサルバドル観光サンタ・アナの見どころスポットまとめ!...

    サンタ・アナはエルサルバドル観光で注目を浴びているコロニアル風の街。植民地時代に築かれた趣のある街並みは、散歩をするのに最適なエリア。しかも街の周囲には、中米で最高との呼び声が高い風光明媚な自然も広がっています。歴史あり、自然ありと、魅力たっぷりのサンタ・アナを紹介しましょう。

  • エルサルバドル首都サン・サルバドルで人気の観光スポット特...

    エルサルバドルと聞いて具体的に何かをイメージできる人は相当なエルサルバドル通と言えるでしょう。日本人にとってなじみ深いとは言えない国ですが、意外にも中米を代表する観光立国。特に首都のサン・サルバドルは見どころ満載の街です。そんんあエルサルバドル観光のスタートとなる首都の見どころスポットを紹介しましょう。

新着記事