三重県津市のご当地グルメ「津ぎょうざ」がウマすぎる!オススメのお店5選

32,294

views

0

三重県津市に「津ぎょうざ」という直径15cmの皮で具を包んで揚げる、ジャンボサイズのご当地餃子があるのはご存知ですか?その発祥は学校給食。現在では津ぎょうざ協会も発足し、「直径15cmの皮を使用すること」「揚げ餃子であること」という定義を満たした約20店舗が加盟し販売しています。その津ぎょうざ協会加盟店からオススメの5店舗をご紹介いたします。

①氷花餃子 高野尾店

出典: tabelog.com

氷花餃子という中華料理店のチェーン店になります。お店の名物は氷花餃子なのですが、津ぎょうざももちろん人気。

1万円札と並べると、その大きさがよ~くわかりますよね。

豚肉と玉ねぎがギッシリ入ったボリューム満点の美味しい餃子です。他には、松坂牛ビーフ津ぎょうざ、黒豚カレー津ぎょうざもありますよ。

氷花餃子 高野尾店
住所:
三重県津市高野尾町1179
営業時間:
ランチ11:00~14:30(土・日・祝11:00~15:30)ディナー17:00~23:30
アクセス:
下庄駅から3,069m
定休日:
年中無休
電話番号:
059-230-4688
料金:
津ぎょうざ1個280円

②金鍋 本店

出典: tabelog.com

そもそもはお店に併設するみかさ旅館がはじまり。津市に大相撲の巡業が来ていた時は、立浪部屋の常宿だったそうです。大相撲が大好きな女将さんが開いたちゃんこ屋さんがこちらの金鍋。

出典: tabelog.com

出典: tabelog.com

これがこちらの津ぎょうざ。もちろんお肉がぎっしりで、ちゃんこ鍋に使われている秘伝のスープが練り込まれています。とってもジューシーで、タレを付けなくても食べられるほど味もしっかりついています。

出典: tabelog.com

珍品の「津ぎょうざ茶漬け」。お椀の中にお米が入ってないと思ったら、なんと津ぎょうざの中からお米が登場!津ぎょうざを崩して食べるお茶漬けです。出汁と津ぎょうざの香ばしさがマッチしてクセになる美味しさです。

金鍋 本店
住所:
三重県津市南丸の内9-43
営業時間:
ランチ11:30~14:00 ディナー17:00~22:00
アクセス:
近鉄津新町駅から徒歩5分
定休日:
不定休
電話番号:
059-224-0075
料金:
津ぎょうざ1個250円、津ぎょうざ茶漬け300円

③みえやに

出典: tabelog.com

出典: tabelog.com

地産地消にこだわった郷土料理のお店。地産地消は食材だけでなく、メニューブックから店内のインテリアにまでおよびます。メニューブックの表紙は三重県の杉、出入り口のアーチは桜の原木と、できる限り三重県のものを使っているそうです。

出典: tabelog.com

これが「極★津ぎょうざ」。すべて手作りで、注文を受けてから皮に包んで揚げるため、できたてアツアツ。しっかりと味付けされた旨みたっぷりのジューシーな餃子なので、タレを付けずとも美味しいですよ。

みえやに
住所:
三重県津市栗真町屋町449
営業時間:
17:00~
アクセス:
江戸橋駅から徒歩15分
定休日:
元日
電話番号:
059-233-3882
料金:
極★津ぎょうざ380円

④BRIXTON

出典: tabelog.com

テレビでも紹介されたことのある人気のパン屋さん。意外にも津ぎょうざが食べられてしまうんですよ。

出典: tabelog.com

出典: tabelog.com

パン屋さんなので、津ぎょうざがパンに挟んであると思っちゃいますよね。ところがどっこい、パンと同じように陳列されているんです。しかし、やはり形はパン屋さんの津ぎょうざですね。少し変わっています。中身は豚キャベツで、味付けもシンプルに塩コショウなのですが、だからこそ冷めても美味しいんです。もちろん温め直しても美味しいですよ。

BRIXTON
住所:
三重県津市渋見町414-1
営業時間:
10:00~20:00
アクセス:
津駅から1,744m
定休日:
年中無休
電話番号:
059-226-6050
料金:
津ぎょうざ210円

⑤いたろう

出典: tabelog.com

有名人も訪れる人気の有名ラーメン店。積極的にいろいろなイベントにも参加されていますよ。

出典: tabelog.com

こちらの津ぎょうざは、干しエビとラーメンスープが練り込んであるんです。干しエビとスープの旨みにお肉のジューシーさが相まって、ジャンボサイズなのに何個でも食べられてしまう美味しさです。

普通のラーメンとのセットもあるのですが、せっかくなら究極の炭水化物ON炭水化物&津ぎょうざの「津ぎょうざ丼定食」はいかがでしょう?単品でも美味しいですが、もちろんご飯との相性も抜群。ラーメンも美味しいお店ですので、このボリュームでもペロッと食べつくしてしまいますよ。

いたろう
住所:
三重県津市丸之内4-20
営業時間:
昼11:30~14:00/夜17:30~21:00
アクセス:
近鉄津新町駅から徒歩7分
定休日:
月曜、日曜夜(他、臨時休業あり※HPで要確認)
電話番号:
059-223-1600
料金:
津ぎょうざ1個300円、津ぎょうざ丼定食1000円

いかがでしたか?

津ぎょうざは、それぞれお店の個性が出ています。今回は、その中でもオススメのお店をご紹介しました。ぜひ津ぎょうざ巡りをしてみてくださいね。

三重のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 三重県津市のご当地グルメ「津ぎょうざ」がウマすぎる!オス...

    三重県津市に「津ぎょうざ」という直径15cmの皮で具を包んで揚げる、ジャンボサイズのご当地餃子があるのはご存知ですか?その発祥は学校給食。現在では津ぎょうざ協会も発足し、「直径15cmの皮を使用すること」「揚げ餃子であること」という定義を満たした約20店舗が加盟し販売しています。その津ぎょうざ協会加盟店からオススメの5店舗をご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • 津市で個室がある人気ランチスポットTOP22!ゆっくりランチを...

    個室のあるレストランは、タバコの影響を考慮する方や周囲の視線を気にすることなく食事を楽しみたい方からの需要が多いです。そこで今回は三重県の津市で安全かつ気軽にランチを楽しめるような個室のあるレストランやカフェを紹介していきます。

この記事のキーワード
新着記事