【熊本】SL好きにはたまらない♪人吉の鉄道スポット4選

727

views

0

大人になっても鉄道が好き!という人は多いですよね。迫力満点で走り抜ける姿が魅力的なのはもちろんのこと、車内から見える大パノラマも見逃せません。ここでは、熊本県の人吉にあるおすすめの鉄道スポットを4つご紹介します。鉄道好きにはたまらないはずなので、ぜひ足を運んでくださいね!

人吉で蒸気機関車を堪能しよう!

蒸気機関車とは、文字どおり蒸気機関を原動力として走る機関車のことです。SL(Steam Locomotive)とも呼ばれ、蒸気機関車がほとんど利用されなくなった現代でもたくさんのファンがいます。
熊本県の人吉は、鉄道好きにとってはたまらない場所。迫力満点の蒸気機関車や魅力たっぷりの観光列車を楽しむことができ、さらに鉄道をテーマにしたミュージアムもありますよ!

①SL人吉

熊本と人吉をむすぶ、「SL人吉」。煙を豪快に吹きあげながら力強く走り抜ける姿が人気の蒸気機関車です。停車駅は、熊本駅、新八代駅、八代駅、坂本駅、白石駅、一勝地駅、渡駅、人吉駅。
パノラマ展望ラウンジからの眺めも魅力の一つで、エメラルドグリーンに輝く球磨川にはため息が漏れるほどです。

SL人吉ではフォトサービスを行っており、客室乗務員の帽子をかぶって写真撮影ができます。旅の思い出にぴったりの1枚になりますよ。

SL人吉
運行区間:
熊本駅〜人吉駅
乗車券:
1,820円
指定券:
820円

②田園シンフォニー

田園シンフォニーは、人吉温泉駅から湯前駅までを約1時間25分かけてゆっくりと運行する観光列車です。
人吉温泉駅を発車して最初に停車する川村駅では、お土産や物産品を購入できますよ。おかどめ幸福駅は、日本の現行の駅で唯一駅名に「幸福」がつきます。ぜひ幸福祈願鈴を鳴らしてください。

その次のあさぎり駅では、九州で唯一の通票閉塞を見学できます。そして、新鶴羽の竹で作られた風情ある珍しい駅舎も見逃せません。最後の湯前駅に着いたら、神社に訪れて夫婦円満・子宝祈願をしてくださいね。きっとご利益があるはずです。
美しい景色と温かいおもてなしには、ほっこりとした気分にさせられるはずです。心豊かな観光列車を楽しんでみてはいかがでしょうか。

田園シンフォニー
運行区間:
人吉温泉駅〜湯前駅
乗車料金:
片道2,500円 往復3,000円

③いさぶろう・しんぺい

熊本駅と吉松駅をむすぶ、いさぶろうとしんぺい。吉松行きがいさぶろう、熊本行きがしんぺいと呼ばれています。いさぶろう・しんぺいの魅力は、車窓から臨む霧島連山の大パノラマ。長野の篠ノ井線や根室本線旧線とともに、日本三大車窓と呼ばれています。

旅の途中には、フォトパネルを使ったフォトサービスがあります。気軽に乗務員に声をかけてくださいね。また、車内では可愛らしいいさぶろう・しんぺい携帯ストラップやいさぶろう・しんぺい立体キーホルダーを販売しています。お土産に一つ購入してはいかがでしょうか。

いさぶろう・しんぺい
運行区間:
熊本駅〜吉松駅
乗車券:
2,480円
特急券:
1,450円

④人吉鉄道ミュージアム MOZOCAステーション868

鉄道ファンであれば必ず訪れてほしいのが、JR人吉駅横にある人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868です!この施設は、明治時代からずっと続いている肥薩線の価値と魅力を伝えるために建設されました。子供はもちろんのこと、大人も十分に楽しむことができますよ。

鉄道模型や鉄道グッズ、こどもシアター、カフェなどがありますが、なんといっても目玉はミニトレイン。施設と人吉駅の間をつないでいます。運賃は100円とお手軽なので、ぜひ子供と一緒に乗ってくださいね。

人吉鉄道ミュージアム MOZOCAステーション868
住所:
人吉市中青井町343番地14
アクセス:
JR人吉駅から徒歩2分
定休日:
水曜
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
0966-48-4200
入館料:
無料

まとめ

人吉の鉄道スポットを4つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。どこか懐かしさを感じる鉄道は、新幹線などとはまた違う魅力がありますよね。人吉を訪れたら、ぜひこれらのスポットに立ち寄ってくださいね!

熊本のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事