ギリシャ基本情報 【トイレ編】~使用後の紙はゴミ箱へ~

18,436

views

0

海外の旅行先で気になるのがトイレ事情。急にお腹の具合が悪くなったり、トイレに行きたくても外国だからどこにあるかわからない…といったこともあると思います。本記事では、ギリシャのトイレに関する情報をお届けします。

トイレは外出前に済ませよう

ギリシャには日本のように駅やコンビニのトイレ、公衆トイレなどは設置されていません。そのため、なるべく外出前にトイレを済ませて出ることをおすすめします。

紙は便器に流さない!

ギリシャでは細い排水管が原因で水道トラブルが良く起こります。そのため、トイレで使用した紙(トイレットペーパー)は便器に流さずに便器横のゴミ箱へ捨てます。

最近の建物なら実は問題ない!?

築15年ぐらいの建造物であれば、排水管も太くなっているので紙が詰まることもなく流せます。ただし、アテネ市内の建物はリフォームされていても構造自体が古いため、排水管も古いままのようです。そういった場合は、トイレットペーパーを捨てるごみ箱がトイレ内に設置されているはず。そちらに捨てるようにしましょう。

飲食店は自らトラブルを回避する

アテネ市内の新築ビル内にある飲食店は太い排水管のため紙詰まりの問題もないのですが、トイレにはごみ箱が設置してあります。これは万が一の紙詰まりを回避する目的と、ギリシャ人の中には便器になんでも流していいと勘違いする人もいるため、トラブルを避けるためにゴミ箱を設置しています。

出先でトイレに行きたくなったら

出先でトイレに行きたくなった時は、ホテル・ファストフード店・カフェのトイレを利用しましょう。現地の人も注文せずにトイレを借りる人がけっこういます。ファストフード店やカフェでは、トイレが上の階や下の階にある場合も多いです。
※小さなカフェなどはトイレの使用が有料の場合もあります。使用前に店員さんに声を掛けることが望ましいでしょう。

ティッシュペーパーとウェットティッシュはお守り代わりに

ギリシャ全土に言えることですが、田舎町やエーゲ海の島であっても基本的にトイレットペーパーは置かれています。しかし、万が一のことも考えて、ティッシュペーパーとウェットティッシュはお守り代わりに常備することをおすすめします。

女性トイレはなぜ汚い

ギリシャでは女性用トイレの便座が上がっていることがよくあります。これはトイレを使用する女性が便座を汚さないため、便座を上げて用を足すからです。中には便座に座りたくないから空気椅子の体勢のまま用を足し、便器周りを拭き取らずに出て行く人もいます。これではトイレが汚れて当然ですね。日本のように次の人のことを考えるといった発想がないのは習慣の違いと言えます。

ギリシャ人は掃除好き

多くのギリシャ人は綺麗好きなので、自分のもの(自宅)は常に清潔さを保ちます。しかし、出先では日本のように次に使用する人のことを考える習慣がないので、使用後のトイレが汚れているのも習慣の違いと捉えれば納得できます。

トイレは使用料不要

ギリシャにはトイレの前で使用料を徴収するスタッフはいないので、そのままトイレを利用できます。ただし、カフェなどによっては、トイレのみ使用する場合は使用料を請求される場合もあることは覚えておきましょう。

最後に

ギリシャ以外にも、外国ではトイレに紙を流してはいけない国がたくさんあります。現地でのトイレ使用は慣れるまで戸惑うこともあるかもしれません。しかし、トラブルを避けるためにもギリシャのトイレでは「紙はゴミ箱へ!」をお忘れなく!

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 映画「マンマ・ミーア!」のロケ地!エーゲ海に浮かぶスコペ...

    架空の島「カロカイリ島」に住む母と娘、そして彼女たちをとりまく友人や恋人たちの間に巻き起こる騒動をコミカルに描いた映画「マンマ・ミーア!」。この物語のロケ地に選ばれたのは、青い海と美しい景色が広がるギリシャ「スポラデス諸島」の島々でした。今回は、その中でも特に有名なスコペロス島をご紹介します!

  • ギリシャ・エーゲ海のミコノス島!白い壁と猫のお洒落すぎる...

    青い空と海、連なる白壁の家並み……。そんな地中海ならではの美しい景色を見ることができるのが、エーゲ海に浮かぶ島「ミコノス島」です。今回はこの島の魅力をたっぷりとご紹介します。どこを見ても絵になる街並みは本当にロマンチックで、感動すること間違い無しですよ!

  • ギリシャ基本情報 【気候・服装編】~エーゲ海を優雅に過ごす...

    「ギリシャに旅立つその前に!」知って得するギリシャの基本情報をご紹介。ギリシャの気候、雨季・乾季情報、服装、湿度など、お役立ち情報を事前にインプットしておけば、きっと楽しいギリシャ旅行になります。

  • 絶対に見たい!ザキントス島のナヴァイオビーチの絶景 in ギ...

    ギリシャにはたくさんの観光名所がありますが、その中に船でしかたどり着けないナヴァイオビーチという筆舌しがたいくらい美しいビーチがあります。その海の透明度と鮮やかさはたくさんの人を魅了しつづけています。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれているナヴァイオビーチ。今回はそんな絶景であるナヴァイオビーチと青の洞窟をご紹介します。

  • ギリシャ・エーゲ海で人気の島5選!サントリーニ島もあるキ...

    風車が回るミコノス島、青い屋根が特徴的なサントリーニ島、ミロのヴィーナスで有名なミロス島など、キケラデス諸島には魅力がいっぱい。エーゲ海の太陽が輝く海と、島々の絶景を是非味わってください。

  • ギリシャ・サントリーニ島徹底ガイド!エーゲ海に浮かぶ憧れ...

    青い空、エーゲ海の透き通る海、そして白壁の家々のコントラストが惚れ惚れするほど美しい一生に一度は行きたい絶景リゾートと言えば、ギリシャのサントリーニ島!その美しい街並みと景色は世界中の旅行者を魅了してやみません。さあ、一生モノの絶景を見に行きましょう♪

このエリアの新着記事
  • ギリシャの世界遺産メテオラってどんなところ?岩上の修道院...

    ギリシャ神話、アテネオリンピックで有名なギリシャ。その山の奥深くに数多くの巨大な石の塔が立ち並ぶ文化遺産メテオラという地域があります。俗世とは完全に隔離された独特な世界が広がるメテオラ。私たちの日常とは180度異なるメテオラの絶景についてご紹介します。

  • ギリシャ・アテネで人気の古代遺跡観光を!アクロポリスに見...

    古代ギリシャにおいてもっとも繁栄したポリスを形成したアテネ。その政治体制や文化は近代民主主義の見本となり、西洋の哲学や芸術の祖となりました。人類の文化の基礎を作り上げたとも言えるアテネのアクロポリスについて、今回は余すところなくご紹介します。

  • ギリシャ・エーゲ海で人気の島5選!サントリーニ島もあるキ...

    風車が回るミコノス島、青い屋根が特徴的なサントリーニ島、ミロのヴィーナスで有名なミロス島など、キケラデス諸島には魅力がいっぱい。エーゲ海の太陽が輝く海と、島々の絶景を是非味わってください。

  • 絶対に見たい!ザキントス島のナヴァイオビーチの絶景 in ギ...

    ギリシャにはたくさんの観光名所がありますが、その中に船でしかたどり着けないナヴァイオビーチという筆舌しがたいくらい美しいビーチがあります。その海の透明度と鮮やかさはたくさんの人を魅了しつづけています。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれているナヴァイオビーチ。今回はそんな絶景であるナヴァイオビーチと青の洞窟をご紹介します。

  • 映画「マンマ・ミーア!」のロケ地!エーゲ海に浮かぶスコペ...

    架空の島「カロカイリ島」に住む母と娘、そして彼女たちをとりまく友人や恋人たちの間に巻き起こる騒動をコミカルに描いた映画「マンマ・ミーア!」。この物語のロケ地に選ばれたのは、青い海と美しい景色が広がるギリシャ「スポラデス諸島」の島々でした。今回は、その中でも特に有名なスコペロス島をご紹介します!

  • ギリシャ基本情報 【お金編】

    古代遺跡や修道院、エーゲ海に浮かぶ島々が魅力的な国ギリシャ。今回は魅力あふれる国、ギリシャの通貨や両替、チップなどお金に関する情報をご紹介します。ぜひ旅行のお役に立ててくださいね!

  • ギリシャ基本情報 【交通手段編】

    ギリシャ国内を移動する手段として、バスや鉄道、飛行機などがあります。また、離島へは飛行機やフェリーで渡ることができます。本記事ではギリシャを観光する際に役立つ交通機関にういて紹介しましょう。

  • ギリシャ基本情報 【時差・空港編】~市内へアクセスが便利な...

    旅行前にチェックしておきたい、日本からギリシャまでの行き方や飛行時間についてご案内。直行便の有無や日本との時差、サマータイムなどについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • ギリシャ基本情報 【治安・情勢編】~アテネでは注意!田舎や...

    ギリシャといえば、経済危機やシリア難民といったニュースが世界中のメディアで報道されています。そんなギリシャを旅行しても危険はないのだろうかと思う方も多いはず。ここでは、ギリシャ旅行時に役立つギリシャの基本情報(治安・情勢)を紹介します。

  • ギリシャ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】~キリス...

    ギリシャ旅行をお考えならまずチェックすることは、ギリシャの祝祭日やビジネスアワーの情報確認です。現地で観光地やお店が閉まっていたのでは、旅のプランを変更しなければなりません。ここでは、2017年度のギリシャの祝祭日とビジネスアワーについてご案内します。

このエリアの人気記事
新着記事