イスラエル基本情報 【気候・服装編】

11,610

views

0

イスラエルのエルサレムは世界三大宗教の聖地。一度は訪れてみたい場所ですね。そのほかにも死海やテルアビブなど、イスラエルは見どころが満載です。ここではそんなイスラエルの気候と訪れる際の服装について紹介しましょう。

イスラエルの気候

イスラエルは北と南で気候が異なります。エルサレムやテルアビブなどの北部は雨が多く、日本と似たような気候です。南部は砂漠地帯となっていて、雨がほとんど降らず乾燥しています。

エルサレムの気候

エルサレムは地中海から内部に入ったところ、標高800mの丘の上に位置します。地中海性気候に区分されていて、日本のように四季の変化があります。

エルサレムのベストシーズンは3月から5月の春と、10月から11月の秋です。雨が少なく、温暖な気候です。ちょうど日本の春と秋のような感じです。

6月から9月の夏は雨がほとんど降らず乾燥しています。日中は非常に暑く、日中と朝夕の寒暖差があります。12月から2月の冬は、東京の冬と似たような気温かやや暖かく、時々雨が降ります。

テルアビブの気候

テルアビブは地中海に面している都市で、イスラエルの空の玄関口にもなっています。テルアビブも地中海性気候で、夏は暑く乾燥しています。冬は気温が下がり、特に12月から2月にかけて雨が多くなります。夏の平均気温はエルサレムよりやや低く、30℃前後です。

死海の気候

イスラエルの内陸部にある死海周辺は一年を通じて温かく、冬でも浮遊体験ができます。夏の7月から8月の平均気温は26℃前後、冬の12月から2月の平均気温は14℃前後です。死海を訪れるベストシーズンは、3月から5月の春と10月から11月の秋です。

イスラエルでの服装

イスラエルを観光で訪れる際、服装に関しては特に厳しいきまりはありません。ただし、エルサレムはいろいろな宗教の聖地なので、あまり肌を露出した服装は慎んだほうがいいでしょう。死海周辺はリゾート地にもなっていて、ホテルでは軽装で過ごすことができます。

イスラエルの夏は日差しが強いので、暑さ対策はしっかり!帽子、サングラス、スカーフ、日焼け止めは必携。肌を保護するためには半袖よりも長袖がおすすめです。また、朝夕の寒暖差が激しいため、ジャケットなど羽織れるものがあるといいでしょう。

また、エルサレムの旧市街は車が入れず、徒歩で観光することになるので、歩きやすい靴がおすすめです。冬は雨の日が多くなるので雨具があるといいでしょう。

最後に

イスラエルは日本からは遠い国ですが、さまざまな宗教のメッカとして巡礼者が多く訪れます。特にエルサレムの旧市街は、世界三大宗教のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地として世界遺産にも登録されている神聖な場所。宗教的な施設も多く、見どころ満載です。
またテルアビブやエルサレムの新市街地はヨーロッパのような街並みが見られる、おしゃれな観光スポットです。機会があったらぜひ訪れてみてくださいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • イスラエルのお土産に超おすすめ!植物由来100%ヒーリングソ...

    まだこのブランドの知名度がない頃、本当は教えたくないけれど…と友人に渡されたガミラおばさんが創り出した洗顔石鹸。お肌しっとり、モチモチ効果抜群で内緒にしたい意味がわかりました。あれからずっと愛用しているこの石鹸を今回はご紹介しちゃいます!

  • イスラエルとヨルダンにまたがる死海の魅力大特集!ミネラル...

    「死海」その名前を聞いてピンとくる人もいるのではないでしょうか?世界でも有名なこの海は塩分濃度が海水に比べて極めて高いことで有名です。また、塩分濃度の高さからプカプカと簡単に浮くことも可能なのはテレビ等で取り上げられており、有名ですよね。今回はそんな死海に行きたくなってしまう死海の魅力を紹介いたします。

  • 中東イスラエルの人気観光スポットおすすめ5選!絶景クレー...

    現在も世界中から注目を浴び続ける中東地域。その中心とも言えるエリアが勢ぞろいしていると言っても過言ではないのがイスラエルです。異なる宗教が織りなす独特の芸術・文化だけでなく、自然環境も他に類を見ないものが多々あります。そんなイスラエルの見どころを紹介しましょう!

  • イスラエル基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    イスラエルにはユダヤ教に基づいた祭事が多く、大きなお祭りの期間は交通機関まですべてがストップします。そこでここでは、日本とは異なった文化を持つイスラエルのお祭りを紹介しましょう。

  • イスラエル基本情報 【時差・空港編】

    イスラエルは世界三大宗教のメッカであるエルサレムや死海など、観光資源が豊富な国です。また首都テルアビブはヨーロッパのような街並みがとても魅力的なところ。ここではそんなイスラエルへのフライトや時差、空港について紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • イスラエル基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    イスラエルにはユダヤ教に基づいた祭事が多く、大きなお祭りの期間は交通機関まですべてがストップします。そこでここでは、日本とは異なった文化を持つイスラエルのお祭りを紹介しましょう。

  • イスラエル基本情報 【時差・空港編】

    イスラエルは世界三大宗教のメッカであるエルサレムや死海など、観光資源が豊富な国です。また首都テルアビブはヨーロッパのような街並みがとても魅力的なところ。ここではそんなイスラエルへのフライトや時差、空港について紹介しましょう。

  • 中東イスラエルの人気観光スポットおすすめ5選!絶景クレー...

    現在も世界中から注目を浴び続ける中東地域。その中心とも言えるエリアが勢ぞろいしていると言っても過言ではないのがイスラエルです。異なる宗教が織りなす独特の芸術・文化だけでなく、自然環境も他に類を見ないものが多々あります。そんなイスラエルの見どころを紹介しましょう!

  • イスラエルのお土産に超おすすめ!植物由来100%ヒーリングソ...

    まだこのブランドの知名度がない頃、本当は教えたくないけれど…と友人に渡されたガミラおばさんが創り出した洗顔石鹸。お肌しっとり、モチモチ効果抜群で内緒にしたい意味がわかりました。あれからずっと愛用しているこの石鹸を今回はご紹介しちゃいます!

  • イスラエルとヨルダンにまたがる死海の魅力大特集!ミネラル...

    「死海」その名前を聞いてピンとくる人もいるのではないでしょうか?世界でも有名なこの海は塩分濃度が海水に比べて極めて高いことで有名です。また、塩分濃度の高さからプカプカと簡単に浮くことも可能なのはテレビ等で取り上げられており、有名ですよね。今回はそんな死海に行きたくなってしまう死海の魅力を紹介いたします。

この記事のキーワード
新着記事