バハマ基本情報【お金編】

10,277

views

0

カリブ海でも特に人気のビーチリゾート「バハマ」。毎日アメリカ本土の多くの都市から渡航便が乗り入れ、マイアミからは大型のクルーズ船が寄港する人気の観光地です。今回はバハマで楽しく過ごすために必要な「お金」の情報、特に現地での両替やチップの習慣について紹介します。

バハマの通貨と種類

バハマの通貨はバハマドル(BS$)。通貨の単位はドルとセントです。レートはアメリカのドルと等価。

紙幣の種類はBS$1、5、10、20、50、100の6種類があって、硬貨の種類は¢1、5、10、25の4種類になっています。デザインが南国ならではのヨットやイルカ、パイナップルやヒトデなど。

バハマはショッピング天国

バハマでは、どこでもアメリカドル(US$)が使えます。現地では買い物の際にアメリカドルで支払って、おつりはバハマドルということも。アメリカドルとクレジットカード、トラベラーズチェックを持っていけばOKです。ただし、クレジットカードの中でもJCBカードが使用できない場合があるので注意しましょう。

物価は島国のため値段が少し高めですが、バハマはタックスヘイブンで買い物が楽しめるショッピング天国。ナッソーのダウンタウンには高級ブランド店も軒を連ねています。

両替はどうする?

バハマでは日本円からバハマドルへの両替ができません。なので、アメリカ経由でバハマに入国する場合は、出発前かアメリカに滞在中にアメリカドルに両替しておく必要があります。ただし、バハマドルはアメリカでは使用できませんし、日本に戻ってからの両替も難しいので、滞在中に使ってしまった方がいいでしょう。

クレジットカードについては、ほとんどの場所で使えますが、小さな島ではカードが使えないときもあるので、現金を用意しましょう。クレジットカードを使用してアメリカドルをキャッシングすることは可能。ATM(現金自動預払機)はナッソー市内のローソンスクエア近くのscotiabank、またはパラダイスアイランドにあるアトランティスのカジノにあります。

チップの習慣は?

バハマにはチップの習慣があります。チップはサービスしてくれたことに対してお礼の意味も込めて渡すのがマナー。バハマは長くイギリスの統治下にあったこともあってイギリス式のマナーが浸透しています。支払うときは小銭で渡したら失礼にあたるので、最低でも紙幣で1ドルを。1ドルは日本円で100円ほどです。

ホテルの客室での清掃時には枕の下に1ドル札を入れておけば大丈夫ですよ。ほかにもルームサービスはかかった金額の15%ほどが相場ですが、伝票にサービス料が含まれている場合は支払う必要なし。ベルボーイが荷物を運んでくれた場合には、荷物ひとつに2ドルを渡せばOK。

ホテル以外のレストランでは料金に15%のサービス料が含まれていることがほとんど。なのでチップの支払いがない場合が多いのですが、レシートを確認してサービス料の記載がないときには15%程度のチップを渡しましょう。タクシーについても支払時に運賃にプラス1ドル支払えばOKです。

最後に

ここまでバハマのお金に関してご紹介しました。美しく透き通ったカリブ海のリゾートを満喫できるバハマへ行ってみませんか?楽しい旅行になるためにも事前の情報は必要です。ぜひ参考にしてみて下さいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • バハマのおすすめのお土産5選!これだけは必ず買いたい!

    青い海が魅力的なカリブ海に浮かぶバハマ。お土産にはラム酒やラムケーキ、雑貨などがおすすめです。街にはバハマらしいお土産がたくさんあります。じっくりと選んでくださいね!本記事ではおすすめのバハマ土産を紹介しましょう!

  • バハマ基本情報【お金編】

    カリブ海でも特に人気のビーチリゾート「バハマ」。毎日アメリカ本土の多くの都市から渡航便が乗り入れ、マイアミからは大型のクルーズ船が寄港する人気の観光地です。今回はバハマで楽しく過ごすために必要な「お金」の情報、特に現地での両替やチップの習慣について紹介します。

  • 憧れのバハマ・ナッソーで贅沢旅を!~カリブ海と豪華ホテル...

    ここ近年、ハネムーン旅行の行き先として人気急上昇中のカリブ海に浮かぶ美しい島国バハマ。同国内の秘境、ロングアイランドを最終目的地とし、そのついでに立ち寄った首都ナッソーの街についての個人旅行記をTapTrip編集長よりお届けいたします♡

  • 大人も子供も大満足!カリブ海のマリンパラダイス「バハマ」

    カリブ海の北に位置し約700の島々と2500の岩礁からなる国バハマ。欧米人のリゾートとして名高いこの国は日本人には知られていない魅力がいっぱい!そんなバハマで行っておきたい・やっておきたい6つのポイントを教えちゃいます!

  • バハマの秘境ロングアイランド!カリブ海の絶景で癒し旅

    日本から24時間以上の長旅の行く末に広がるカリブ海の秘境、バハマ・ロングアイランドをご存知でしょうか。そこは世界でも有数の美しいブルーホールがある大自然に囲まれたとてものどかな島。観光客も極めて少なく、世界一とも呼ばれる美しいビーチはほぼ独占状態!海が大好きなネイチャー派の旅行上級者に自信を持っておすすめします。

  • カリブ海の陽気なバハマ・ナッソーで人気のおすすめレストラ...

    バハマはカリブ海に浮かぶ島々のなかでも大人気の観光地。地元のカリブ海料理もいいけど、ときには食べ慣れたイタリアンとか和食が恋しくなりますね。そこで、ナッソーで絶品グルメが堪能できるレストランを、カリブ海料理、イタリアン、和食の3ジャンルから厳選して紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • バハマ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海に浮かぶバハマ。リゾート地として世界中から多くの旅行者が訪れます。そんなバハマではさまざまなお祭りが行われていて、地元の人と一緒に楽しめます。ここではバハマの祝日・祭日、主なお祭り、オフィスアワーについて紹介しましょう。

  • バハマ旅行のベストシーズンは?基本情報【気候・服装編】 

    バハマはマイアミからは飛行機で1時間ほど。毎日大型のクルーズ船が寄港し、多くの観光客が訪れています。年間を通じて温暖でマリンスポーツが楽しめるカリブ海屈指のビーチリゾート。今回はバハマの気候と現地で過ごす際の服装などについてご説明します。

  • バハマのおすすめ人気の観光スポット15選 !カリブ海での休日...

    バハマ諸島は、珊瑚礁と美しい海に囲まれた、素晴らしい景観を持つ国です。しかし、バハマは海だけではないんですよね、海以外にも魅力のある観光スポットがいっぱいあります。バハマの海でマリン・リゾートも素敵ですが、様々な観光スポットめぐりも外せませんね。バハマで人気のおすすめ観光スポットを15選でご案内します。

  • バハマ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    カリブ海に浮かぶバハマは美しいビーチを持つリゾート地で、世界中から多くの人が訪れます。日本からはカリブ海クルーズで訪れることも多いでしょう。ここではそんなバハマのビザや出入国手続き、税関、大使館などについて紹介します。

  • バハマ基本情報 【治安・情勢編】

    バハマはカリブ海に浮かぶ島国です。クルーズ船の寄港地としても知られていて、一年を通じて世界中から多くの旅行者が訪れます。ここではそんなバハマの治安と気をつけたいことについてまとめてみました。バハマを訪れる際に参考にしてください。

  • バハマのおすすめのお土産5選!これだけは必ず買いたい!

    青い海が魅力的なカリブ海に浮かぶバハマ。お土産にはラム酒やラムケーキ、雑貨などがおすすめです。街にはバハマらしいお土産がたくさんあります。じっくりと選んでくださいね!本記事ではおすすめのバハマ土産を紹介しましょう!

  • バハマでおすすめなビーチリゾート「エルーセラ島」ピンクの...

    バハマはカリブ海に浮かぶ観光地のなかでも、頭ひとつ抜きん出た存在。とりわけ観光の中心となるナッソーには、大型の豪華客船が停泊できる超ラグジュアリーホテルが建ち並んでいます。そんなナッソーの隣に浮かんでいるのがエルーセラ島。時間がゆったりと流れているこの島は、極上の景色が広がる隠れたパラダイスなのです。

  • バハマの秘境ロングアイランド!カリブ海の絶景で癒し旅

    日本から24時間以上の長旅の行く末に広がるカリブ海の秘境、バハマ・ロングアイランドをご存知でしょうか。そこは世界でも有数の美しいブルーホールがある大自然に囲まれたとてものどかな島。観光客も極めて少なく、世界一とも呼ばれる美しいビーチはほぼ独占状態!海が大好きなネイチャー派の旅行上級者に自信を持っておすすめします。

  • カリブ海の陽気なバハマ・ナッソーで人気のおすすめレストラ...

    バハマはカリブ海に浮かぶ島々のなかでも大人気の観光地。地元のカリブ海料理もいいけど、ときには食べ慣れたイタリアンとか和食が恋しくなりますね。そこで、ナッソーで絶品グルメが堪能できるレストランを、カリブ海料理、イタリアン、和食の3ジャンルから厳選して紹介しましょう。

  • 憧れのバハマ・ナッソーで贅沢旅を!~カリブ海と豪華ホテル...

    ここ近年、ハネムーン旅行の行き先として人気急上昇中のカリブ海に浮かぶ美しい島国バハマ。同国内の秘境、ロングアイランドを最終目的地とし、そのついでに立ち寄った首都ナッソーの街についての個人旅行記をTapTrip編集長よりお届けいたします♡

新着記事