志摩へ行ったらぜったい行きたい!おすすめ人気観光スポット15選

122

views

0

三重県志摩エリア。南部にある町で、去年、伊勢志摩サミットが行われたこともあり、記憶に新しい方もいるのではないでしょうか?観光スポットとしても人気があり、週末や休日には、多くの観光客を訪れるエリアです。今回は、そんな志摩エリアにある人気観光スポットを一挙紹介したいと思います。

①志摩スペイン村 パルケエスパーニャ

出典: www.jalan.net

志摩エリアの定番観光スポットいえば、ココではないでしょうか?
1994年にオープンしたテーマパークで、テーマパークの他にもホテル志摩スペイン村や天然温泉、ひまわりの湯の3つの施設がある複合施設です。
志摩半島で本格的な町の開発が始まったのは戦後のことで、それまでは主に海の町として知られていました。
1960年代に東京オリンピックが開催されるのに伴い、この志摩半島エリアも本格的なゴルフやホテルのリゾート開発が始まりました。
1970年代には、伊勢神宮などに多くの観光客が集まるようになり、比較的地理的にも近い志摩エリアも、何か人気のスポットをつくろうとミキモト真珠博物館や鳥羽水族館がオープン。
それから数十年経った後、このテーマパークもオープンすることになりました。

でも、どうしてスペインをイメージしたテーマパークがオープンしたのか気になりませんか?
実は、色々な説がある中で、オープン当時の社長は、当時まだ日本人にとってスペインが身近な国ではなかったこと、日本人のスペインのイメージがこの志摩と一致した等を理由に挙げています。
確かに、スペインというと、明るくて情熱的な国を想像しますよね?
このテーマパークの他にも、スペインをテーマにした優雅なホテルも隣接しているので、日帰りだけでなく泊まりでも十分楽しめる施設です。
平日は比較的すいているので、ゆっくりとアトラクションや設備を楽しみたい方にはおすすめです。

志摩スペイン村 パルケエスパーニャ
住所:
三重県志摩市磯部町坂崎
営業時間:
9:30~17:00
電話番号:
0599-57-3333

②志摩マリンランド

出典: www.jalan.net

ここも志摩の人気スポットです。
パルケエスパーニャよりももっと早くオープンした施設で、1970年にオープンした賢島にある水族館です。
ここでは、海の動物達を見学することができるだけでなく、古代水族館が併設されていて、シーラカンスなどの古代魚の化石、カブトガニやオウムガイなどの生きている化石も展示していて、実際に触ることもできます。
また、この水族館のメインとして、マンボウの飼育もされています。
元々、このエリアでは、マンボウがたくさん生息していることから、少しでもマンボウについて多くの人達に知ってもらおうと、飼育が始まったそうです。

出典: www.jalan.net

マンボウが専門に飼育されてるエリアでは、全長3メートルほどの大きなマンボウをみることができます。
結構間近でみると大きいです。
また、重さは数トンと重く、迫力があります。
そんな大きな体格に対し、顔はのほほんとした愛嬌があり、訪れた来場者にも大人気です。
他にもペンギン、サンゴ、淡水魚などのエリアもあります。
館内で一番大きな水槽では、約50種以上、約2500匹の魚が泳いでいます。
獲付けは、実際に海女さんが磯着姿で水槽の中に入るので、見学時間が合えば実際にその瞬間を見ることもできます。

志摩マリンランド
住所:
三重県志摩市阿児町神明賢島723−1
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
0599-43-1225

③横山展望台

1999年4月にオープンした公園で、志摩エリアの人気スポットです。
高台にある展望台で、ここからはリアス海岸が美しい英虞湾を眺望することができます。
その景色の美しさから、今までミシュラン・グリーンガイドで一つ星を獲得したこともあるそうです。
一帯は、緩やかな傾斜で軽いハイキングやウォーキングにもピッタリの場所で、ちょっとしたエクササイズもすることができます。
横山展望台意外にも、他に3ヶ所の展望台があり、それぞれのスポットから違う眺めを楽しめます。
パノラマ展望台では、360度美しい町並みの景色と共に、野生の鳥達のさえずりなども聞こえます。

出典: www.jalan.net

また、更にスポットを散策していくと、美しいしょうぶ園にたどり着きます。
ここは、伊勢志摩国立公園にも指定されていて、約15000株ほどのしょうぶの花を見ることができます。
ピークは、毎年5月から6月頃だと言われているので、もししょうぶの花を見たい方は、その時期に合わせて訪れてみると良いでしょう。
この展望台エリアは24時間オープンしていますが、夜はライトアップや電気などが一切つかないため、出来るだけ日が沈む前までに訪れるといいと思います。
志摩の自然と風景を楽しみたい方には、ピッタリではないでしょうか?

横山展望台
住所:
志摩市阿児町鵜方875-20
電話番号:
0599-46-0570

④志摩地中海村

出典: www.jalan.net

伊勢神宮から車で1時間内で行けることから、伊勢とセットで訪れる人達も多いです。
ここは、地中海の雰囲気をリアルに表現したエリアです。
英虞湾の豊かな自然に囲まれていて、見渡す限り広大な敷地が広がります。
その広さは、なんと約10,000坪と言われています。
地中海の雰囲気がありますが、志摩市にはスペインをテーマにしたパルケエスパーニャがあるので、ここのつくりも主にスペインをイメージしています。
エリア内は3つのゾーンで構成されていて、アンダルシアの街、サルジニアの街、カスティーリャの街の3つを楽しめます。

3つのゾーンとも特徴的でありながらも、美しい町並みが広がっています。
ここでは、レストラン、カフェ、ホテルなどがあります。
料理もスペイン料理がメインですが、本格的な料理が楽しめます。
サミット開催、そして開催後に合わせて作られた特別なメニューもあります。
また、志摩といえば、新鮮なシーフードがとれることで有名です。
そのため、ここでは美味しいシーフード料理なんかも楽しめます。
贅沢なスイートルームに宿泊して、美味しいスペイン料理を食べて、食後には優雅なデッキで美しい海の景色を満喫できるなんて、最高のひとときを味わえることでしょう。

志摩地中海村
住所:
三重県志摩市浜島町迫子2619-1
営業時間:
9:00~18:00
電話番号:
0599-52-1226

⑤英虞湾

出典: www.jalan.net

上記に少し紹介しましたが、この英虞湾では真珠養殖が昔から盛んです。
リアル式海岸で、奈良時代頃から真珠をとることが出来たそうです。
明治時代に入り、養殖技術が発展したことに伴い、真珠ビジネスも本格的に始まりました。
湾内には、様々な大きさの島が約60ヶ所あります。
有人島と無人島があり、賢島や間崎島といった比較的大きい広さを持つ島には、現在も少ないながらも人が住んでいます。
特に、賢島は、奥志摩観光の拠点にもなっていて、本州とも公共交通機関を利用して行くことができます。

出典: www.jalan.net

このエリア周辺を見てみたい観光客向けに、人気クルージングツアーもあります。
英虞湾島クルージングは、所要時間は約1時間で、ゆっくりと島々を見てまわることができます。
また、クルーズ船も色々選べて、少しでもゆったりと過ごした方は、エスペランサという名前の3本マストの帆船タイプの船がおすすめです。
スペイン大航海時代をイメージしてつくられた船で、少し追加料金を払うと特別室を利用することもできます。
3階には、オープンデッキも付いていて、天気が良い日は最高の眺めを楽しめます。

英虞湾
住所:
三重県志摩市大王町波切2199 

⑥伊雑宮

出典: www.jalan.net

三重県は、伊勢神宮が有名ですよね?
実は、ここも伊勢神宮と深い関わりがあります。
伊雑宮は、昔から天照大御神の御魂を祀っています。
この神は、昔から海の幸、山の幸の豊富を願うために祈られてきました。
創立は約2000年前と、かなり長い歴史があります。
鎌倉時代には、源頼朝が神宮に祈願した際、神馬を伊雑宮におくったという記録も残されています。
現在も伊勢神宮を参拝後に、この場所を訪れる人も少なくありません。
敷地内にはこのほかにも、佐美長神社と佐美長御前神社四社があります。

佐美長神社は、伊雑宮から約1キロメートルほど離れていますが、大歳神が祀られています。
その昔、真名鶴が稲穂を加えて飛んでいる中、ここでその穂を落としたため、穂落社と呼ばれることもあります。
また、佐美長神社の前には、4つの小さなお社が並んでいます。
これは、佐美長御前神、また、地元の神である伊佐波登美命とその子孫を祀っていると言われています。
三重県の伊勢志摩エリアは、昔から伊勢神宮があるように、他の都道府県と比べて神教の信者がとても多いです。
ここも伊勢神宮と関わりがあり、とても落ち着く場所なので、ぜひ訪れてみましょう。

伊雑宮
住所:
志摩市磯部町上之郷374
電話番号:
0599-55-0038

⑦天の岩戸

出典: www.jalan.net

天の岩戸の神話についてご存知でしょうか?
岩でできた洞窟のことで、日本神話に登場します。
実は、天岩戸と呼ばれる場所は全国各地にあります。
三重県内には伊勢市に2ヶ所、そして志摩市に1箇所あり、今回紹介するスポットがその場所になります。
別名、恵利原の水穴とも呼ばれていて、1985年に名水百選の一つにもなりました。
ここでは、天照大神が隠れ住まわれたという言い伝えがあります。
森の中にあるスポットで、入り口からしてとても神秘的な雰囲気を感じることができます。
人気スポットというより、隠れスポット的なので、観光客もあまりいません。

出典: www.jalan.net

川沿いの遊歩道を歩いていくと、橋が見えてきます。
橋を渡った後に、鳥居があります。
この鳥居をくぐると水穴があって、この水が名水と言われています。
水穴の横には神様が祀られています。
この一帯は足場は結構不安定なので、歩く際には注意が必要です。
また、ここを管理している人は誰もいません。
ちなみに、毎年3月下旬から4月上旬にかけて不定期で、地元の人達がお花見会を開催しているそうです。
ここで汲まれた神聖な水を使った抹茶と和菓子がいただけるそうです。
先着500名と早い者順です。

天の岩戸
住所:
三重県志摩郡磯部町恵利原

⑧大王崎灯台

出典: www.jalan.net

伊勢志摩公園内にある灯台です。
志摩半島の東南端にあり、遠州灘と熊野灘の荒波を二分するかのような、結構危険な場所として知られています。
そのため、昔から漁師達の安全目的に、1927年にこの灯台が建てられてました。
第二次世界大戦や伊勢湾台風なども経験した歴史的な灯台です。
2004年には、灯台として任務を担っていた燈台守が、最新レーダーの設置により役目を終えることになります。
灯台としての役目はしていないものの、現在は観光スポットして大人気です。
中まで入れるため、階段で頂上まで上ることができます。

頂上から眺める景色は最高です。
高さは約20メートルで、南西の方には米子浜、麦崎灯台、北方面には安乗埼灯台など遠方の島々まで見渡せます。
特に、新年の日の出の際は、多くの観光客が集まります。
また、灯台について色々学べるミュージアムもあり。
灯台の歴史から役割、また灯台の共に変化していった地元の人々の生活スタイルなどを色々展示しています。
季節限定のイベントなども行われていて、毎年11月1日は灯台記念日となっているそうです。
そして、毎年海の日には、地元の人達の協力によって、手こね寿司やさざえのつぼ焼きといった無料試食会が行われます。

大王崎灯台
住所:
三重県志摩市大王町波切490-3
電話番号:
0599-72-0789

⑨御座白浜海岸

出典: www.jalan.net

志摩半島内でも、特に美しいビーチスポットとして知られています。
白い砂と遠浅の海岸で、透明度が抜群です。
夏になると、全国各地から人々がこのビーチへ遊びに訪れます。
日本の水浴場88選の一つにも選ばれていて、太平洋側にあるビーチの中でも有数の遠浅の波がおだやかで、きめが細かな砂、また透き通った青色の水がとても人気です。
2010年の水質調査では、最高水準を獲得しました。
海水浴場として一般開放されるのは、毎年7月~8月にかけてです。
この時期には海の家がオープンします。またオートキャンプ場を利用している人達も見かけます。

マリーンスポーツも大変人気です。
ただ、この海水浴シーズンは、たくさんの人達が訪れるため、駐車料金やシャワー料金などが有料になります。
駐車場は1日1000円前後です。
公共交通機関を利用するよりは、車を利用した方が便利な場所にあるので、友人やファミリーで一緒に行くと良いかもしれません。
また、夏休みの週末は特に混雑が予想されるので、ゆっくり海水浴を楽しみたい方は、時間にゆとりをもって行くと良いでしょう。
素敵なひと夏の思い出が作れるのではないでしょうか?

御座白浜海岸
住所:
三重県志摩市志摩町御座697-3
電話番号:
0599-88-3039
Gigi

在住歴10年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 志摩へ行ったらぜったい行きたい!おすすめ人気観光スポット15選

    三重県志摩エリア。南部にある町で、去年、伊勢志摩サミットが行われたこともあり、記憶に新しい方もいるのではないでしょうか?観光スポットとしても人気があり、週末や休日には、多くの観光客を訪れるエリアです。今回は、そんな志摩エリアにある人気観光スポットを一挙紹介したいと思います。

  • 伊勢志摩観光・伊勢神宮参拝に大人気!近鉄観光特急「しまか...

    「志摩に吹く風の爽やかさ」をイメージして名付けられた近畿日本鉄道の観光特急「しまかぜ」に乗って、人気の伊勢志摩観光・お伊勢参りはいかがでしょうか?鉄男さん・鉄子さんもおひとり様でもご家族ででも納得の、その設備やサービスなどをご紹介していきます。

今週の人気記事