志摩スペイン村の料金・アクセス・ホテルまで全てまとめてお届け!

139

views

0

三重県の伊勢志摩にある志摩スペイン村を紹介します。アトラクションなどの見どころをはじめ、入園料金やアクセス、おすすめのホテルなどを案内します。1日で回りきれないほど広いテーマパークを思いっきり堪能しましょう。今回は志摩の地に「スペイン」の世界を再現したテーマパークの魅力を徹底解説します。

志摩スペイン村の概要

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村は、三重県志摩市にある複合リゾートです。伊勢神宮や鳥羽水族館などの観光地と、非常に近いところにあるのでセットで遊びに行きましょう。
主力となるテーマパーク「パルケエスパーニャ」は、34haの敷地面積があり、東京ドーム7個分の広さを持っています。また、付随するホテルゾーンと温泉ゾーン、未開発の緑地なども加えると113haの敷地面積があります。基本理念を「こころの再発見」とし「新しいスタイルを提案」というコンセプトに、テーマを「スペイン」としました。

スペインを選んだ理由は次の通りです。
まず、三重県とスペインがそれぞれ観光立県・観光立国という共通点がありました。
スペイン北西部と志摩半島のリアス式海岸が同じだったことに加え、計画当時ちょうど、スペインのバルセロナオリンピックやセビリア万博の開催と重なったことなどがあげられます。
しかし、最も大きな理由としては、志摩とスペインにはどちらも「明るい太陽と海辺」という共通したイメージがあったからです。またそれまでスペインについて、日本ではあまり紹介されていなかったことが決定打となりました。

そして晴れた日の志摩地域の青空と青い海は、どことなくスペインの地中海あたりのイメージに通じるものがあり、実際のテーマパーク内にあるスペインの町並みにも、何ら違和感はありません。

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村開発の経緯は次の通りです。
1946年に伊勢志摩エリアが国立公園に指定されて以降、沿線に鉄道路線を持つ近畿日本鉄道(近鉄電車)は、リゾート開発をすべく土地の取得を開始しました。本格的な開発を始めたのは、1970年の大阪万博のころです。
それまで独立していた近鉄志摩線と本線とをつないで、特急列車が賢島(かしこじま)まで走れるようにしました。そして、伊勢神宮や鳥羽水族館に代わる、新しい大規模なリゾートの開発を計画します。
90年代以降のバブル景気の崩壊でリゾートの規模は若干縮小したものの、計画はおおむね予定通り進められ、スペイン語で「スペイン公園」を意味するパルケエスパーニャが、1994年にオープンしました。

パルケエスパーニャは、4つのエリアで構成されています。
都市のスペインをイメージした「シウダード」では、バルセロナのランブラス通り、マドリードのマヨール広場を再現しました。
大地のスペインをイメージした「ティエラ」は、フランシスコザビエルが生まれ育った城の景観を再現。また、旧石器時代の壁画(アルミタラ洞くつの壁画)のレプリカなどを再現しました。
海のスペインをイメージした「マール」には、ピカソが生まれたマラガをイメージした広場「コロンブス広場」があります。ここには、新大陸発見の報告をしたコロンブスをイメージして、スペイン各地に作られた「コロンブスの塔」を、モチーフにした像があります。
祝祭のスペインをイメージした「フィエスタ」は、アトラクションが数多くあり、バルセロナのグエル広場(ガウディ作)をモチーフにしました。

志摩スペイン村の入場料金

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村の入場料・チケットについて説明しましょう。
志摩スペイン村ではチケットを「パスポート」と呼んでいます。
1日入場可能なパスポートの料金は大人5,300円、中人(中学高校生)4,300円、3歳以上の小人3,500円、60歳以上のシニアが3,500円です。
1日ではすべて回れないこともあって、2日間有効の「2DAY」パスポートがあり、これは大人6,600円、中人5,300円、小人4,500円、シニア4,500円となるので、旅行者には大変値打ちがあるでしょう。

また午後14時以降の利用者向けにアフタヌーンパスポートが用意され、大人2,300円、中人・小人・シニアはそれぞれ1,700円と、非常にお得になっています。
通常は9時30分から17時までが営業時間ですが、GWや夏休みなどの期間になるとナイター営業が行われ、その時は21時まで営業が延長されます。その際には、16時以降に入場できるムーンライトパスポートが用意されており、こちら大人3,200円、中人2,600円、小人・シニアは2,100円で入れます。

また、パルケエスパーニャは福祉に関する割引も行っています。
「障がい者手帳」を持っている本人とその付添い1名は割引料金になりますので、該当者はぜひ入場時に窓口で提示しましょう。
具体的にはパスポートが大人2,650円、2DAYパスポートが大人3,300円、ムーンライトパスポートが大人1,600円で入場できます。

出典: www.jalan.net

もし志摩地方の近くにお住まい、もしくはスペインの文化が好きで何回も行きたい場合は、1年間何度でも楽しめる年間パスポートを購入しましょう。この年間パスポートは、1年間に3回以上パルケエスパーニャに行くのなら、お得になっています。料金は大人と中人が12,000円、小人とシニアが8,000円です。ただし一部の施設は、別途料金がかかるので注意しましょう。

年間パスポートを提示すると施設内のホテルやショップ、レストランが割引になります。
その他、志摩スペイン村と提携しているオフシャルホテルの宿泊者は、2DAYパスポートが割引になります。料金はあらゆる年代共通で3,300円で利用できます。

その他、近鉄電車利用者には乗車券などとセットで割引になるチケットがあります。志摩スペイン村以外の伊勢志摩観光地と、セットで回る旅行者にもお得なチケットが発売されているので、旅行前には必ずチェックしておきましょう。
その他にもJAF会員、近鉄のKIPS会員は、会員証提示で優待サービスが受けられます。また、学校団体や一般団体向けのお得なプランもありますので、計画があれば事前に問い合わせておきましょう。

そして、最もお得といえるのが、誕生日にパルケエスパーニャを利用した時です。生年月日のわかる証明書提示で、誕生日当日は無料で入園できます。その際にもらえるバースデーシールを貼れば、園内のキャラクターやキャストが、お祝いをしてくれるでしょう。

志摩スペイン村までのアクセス

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村までのアクセス方法を紹介します。
志摩スペイン村には、公共交通(電車・バス)と車の両方で行くことができます。
それでは、行き方を一つずつ見ていきましょう。

電車

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村に電車で行く方法は、最寄駅の鵜方(うがた)駅まで向かいましょう。これは近鉄志摩線の駅で、特急列車が停車します。志摩方面への近鉄特急は、大阪、京都、名古屋から出ています。
それ以外の東京などから行く場合は、名古屋で乗り換えましょう。
チケットの関係でJRを中心に利用する場合は、鳥羽までしか駅はありません。その場合は、鳥羽駅で近鉄志摩線の各駅停車に乗り換えてください。
近鉄特急を利用した場合の、鵜方までのおおよその所要時間ですが、大阪難波駅からは2時間30分、京都駅からは2時間40分、近鉄名古屋駅からは2時間5分です。

バス

出典: cdn.jalan.jp

鵜方駅まで到着したら、スペイン村まではバスを利用しましょう。
バスは直通バスが運行しており、所要時間は13分で志摩スペイン村に到着します。運賃は片道大人380円で、平日は30分に1本(休日は20分に1本)の割合で運行しています。
また近鉄志摩線終着駅の賢島からも、路線バス(三重交通)が、鵜方駅、志摩観光ホテル、志摩マリンランドなどを経由しながら運行するバス便があるので利用しましょう。これは1時間1本程度の割合で運行しています。

鵜方駅には志摩観光案内所があるので、バスの待ち時間があれば立ち寄って情報収集をしましょう。
また事前予約制で、伊勢内宮から志摩スペイン村に直行する、パールシャトルバスが運行しています。料金は1000円で、所要時間は40分で到着します。
伊勢と志摩を回る観光客にとっては、またとないアクセス手段でしょう。

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村まで、車で行く方法を紹介します。
東京を含め全国各地から、志摩スペイン村まで車で行くためには、最初に伊勢を目指すのが一般的です。伊勢には伊勢自動車道の伊勢ICがあるので、まずはそこを目指しましょう。より具体的には、東京方面からの場合、東名高速と東名阪自動車道を経由すれば伊勢自動車道に入ることができます。伊勢ICからは伊勢二見鳥羽ラインと第二伊勢道路を利用し、白木ICから国道167号線に入れば、志摩スペイン村はすぐ目の前です。

また、伊勢ICより伊勢内宮を経由して伊勢道路を使えば、最短距離で志摩スペイン村に行けます。途中には天岩戸などのパワースポットがあり、伊勢の山の中、神々の息吹を感じながら走ることができるでしょう。
また、少し遠回りになりますが、途中の松下JCTから鳥羽を経由し、パールロードを使う方法もあります。リアス式海岸の志摩半島の絶景を見ながら、のんびりスペイン村を目指すのも楽しいでしょう。

ちなみに鳥羽港と伊良湖岬港を結ぶ、伊勢湾フェリーが就航しています。例えば浜松あたりから、名古屋に向かわずに愛知県の伊良湖岬を経由し、伊良湖岬からの船旅を加えると、全体の距離も短縮され、代わりに旅情気分が倍増するでしょう。
鳥羽からは、近鉄志摩線沿いに続く国道167号線が便利です。

なお、伊勢スペイン村の駐車場ですが、3つの駐車場があり、合計4200台の収容能力を誇りますので、安心して車を利用しましょう。乗用車の駐車料金は第1駐車場が1,200円、やや離れている第2・3駐車場は1,000円です。
また、レンタカーを利用して、志摩スペイン村など伊勢志摩を回る時には次のリンク先がおすすめです。

志摩スペイン村の見どころ

出典: www.jalan.net

ここからは、志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」の見どころについて紹介します。
パルケエスパーニャは「スペインの街並み」「アトラクション」「パレードとショー」「レストラン」「ショップ」が主に楽しめます。
それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

志摩スペイン村の見どころ①スペインを感じられる街並み

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村で最初に押さえておきたいのは、スペインの街並みです。
このテーマパークのメインスポットといえる場所は、三重県の志摩にスペインの世界感を見事に再現しました。本物のスペイン旅行をする前の予行演習で、訪れるのも良いでしょう。
セビーリャのアルカサルの背後に残る古い町並み「サンタクルス通り」の街並みを、完璧なまでに再現しました。レトロな雰囲気のある建物と、見るだけで楽しい気持ちにさせてくれる、彩り鮮やかな花壇の姿には、思わず息をのむ思いです。スペインの雰囲気を忠実に再現していますので、街並みを散歩をしていると日本にいる事実を忘れてしまいそうです。

また、入り口付近にあるバルセロナのエスパーニャ通りの雰囲気も不思議と楽しい空気が流れているでしょう。
ヨーロッパらしい大広場を再現したマニョール広場には、現地では1616年に制作したという、フェリペ3世の騎馬像も再現しており、威厳ある姿から不思議なオーラの様なものを感じ取れます。
そしてアメリカ大陸を発見したコロンブスの像を、中心にした広場「コロンブス広場」は、あの天才芸術家パブロ・ピカソが生まれ育った、スペイン南部地中海の町「マラガ」の街並みを再現しました。

出典: www.jalan.net

スペインの雰囲気を彷彿させるものとして、忘れてはいけないのは、ドンキホーテとサンチョパンサ像でしょう。
ミゲル・デ・セルバンテスが世に送り出した名作の主人公は、スペイン・スペイン文化の象徴として人気があり、志摩スペイン村にあるのは、マドリードのエスパーニャ広場の物を再現しました。
また、マドリードの大通りにあるシべレス像は重厚な雰囲気ごと再現され、威圧感を覚えるかもしれません。

スペイン語でザクロを意味しながら、南部スペインでの歴史的な名前となった「グラナダスの門」や、スペイン北西部ガリシア地方で見られる穀物倉庫「オレオ」も再現しました。
日本にキリスト教を初めて布教した、フランシスコザビエルの生誕の地であるハビエル城は、アルミタラ洞窟壁画などのスペイン文化・歴史が紹介されている、博物館なので必見です。

さらに、南スペイン・アンダルシアのコルドバの門、元はトレドの町の防壁として造られたカンブロン劇場、カタルーニャの建築家、アントニオガルディーの世界が見られるグエル広場など、スペインの歴史・文化・芸術好きにはたまらないものがそろっています。その他、スペイン文化の基礎とも言えるローマ帝国の遺跡も再現しました。

志摩スペイン村の見どころ②全世代が楽しめるアトラクション

出典: www.jalan.net

パルケエスパーニャに限らず、テーマパークの魅力を最大限に引き出しているものが、アトラクションの数々です。志摩スペイン村のアトラクションは、大人も子供も楽しめる全世代向けになっています。
代表的なものとして大画面から迫力あふれる映像からスペインの世界遺産や歴史・文化を紹介するカンブロン劇場はぜひ鑑賞しましょう。
名作・くるみ割り人形の世界を再現したイルミネーションライドは、小さなお子様も楽しめるのでファミリーに大人気です。

また360度立体映像の迫力ある不思議な世界を体現できる、ダルのファンタジーワールド360も見逃せません。
フィエスタ広場を周遊するフェスタトレイン、アリスの魔法体験ができる不思議の国のアリス、夏場にはぜひ行きたい氷点下の氷の城も小さななお子さまと一体になって遊べるでしょう。

また、特に大人が気になるのが、ワインとビールの欧州紀行です。ここは、スペインを含めた、ヨーロッパのワインやビールを紹介している史料館です。ワインやビールの歴史をパネルでわかりやすく展示しています。ラベルの読み方の解説もありますので、ここで得た知識を後日ワインやヨーロッパのビールと共に、味わう際の参考にしましょう。

出典: www.jalan.net

より遊園地にあるような絶叫系のアトラクションも、志摩スペイン村にはあります。
暗闇の中を高速で走り抜けるインドアコースター「スティームコースターアイアンブル」の迫力は最高でしょう。
バルセロナのアートの中を疾走するキッズコースター「キディモンセラー」もほかとは違った爽快なスリルが味わえます。

岩山を駆け抜けるグランモンセラー、急流滑り台のスプラッシュモンセラーも、ぜひチャレンジしましょう。
ライド系のスィングサンタマリア、あるいは遊園地の顔ともいえるメリーゴーランド「ガウディカルーセル」も、ファミリーの楽しい味方です。
緑の中を散歩しながら物語の世界を訪ねられる「クエントスの森」、ボートでスペインのお祭りや季節の花々などを巡回する、フェリスクルーズも楽しいひと時が過ごせるでしょう。

そして「ピエロ・ザ・サーカス」内にも、子供が楽しめるアトラクションがそろっています。空中散歩しながらシューティングが楽しめる「空中サーカスアドベンチャー」、消防士の気分でタワーに放水できるファイヤーシュートなどです。
空飛ぶガリオン船に乗って旅する「ドンキホーテ冒険の旅」も、ファンタジーあふれる世界観を体験するだけで、日頃のストレスも完全に消し去ってくれるでしょう。

志摩スペイン村の見どころ③パレードとショー

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村パルケエスパーニャでは、パレードが行われます。その時間になったら、ぜひパレードをチェックしましょう。
パレードの名前は「エスパーニャカーニバル『アデランテ』」です。このパレードはスペイン人エンターティナーたちのパフォーマンスを見ながら、見ている方も一緒に踊りたくなります。
シべレス広場をスタートし、パレードマスターを先頭に、スペインのイメージをコラージュした「ロゴフロート」、馬祭りのパレードをイメージした「シェリーフロート」と続きます。

闘牛場のイメージが全開の「ブルフロート」と、フラメンコダンサーが華麗に舞う「フェリアクイーンフロート」まで来ると盛り上がりが最高潮になるでしょう。そして締めくくりの「フィナーレフロート」は、スペインのアートをイメージした華やかなパレードで締めくくります。

パレードの上映時間は30分で、12時45分から行われます。途中、ゲストと一緒にダンスタイムもあるので、一緒に楽しみましょう。
またフォトハウス「フォトファンタスティカ」では、ひとり2,000円で、シェリーフロートとブルフロートに乗ることができます。記念写真付なので、これは最高の旅の思い出になるでしょう。

出典: www.jalan.net

パレードの他にも、楽しいショーが志摩スペイン村にはあります。
南スペイン・カディスの街を舞台にした、フラメンコショー「エントレ・ドス・アグアス」では、スペイン人ダンサーによる、本場スペインのフラメンコを心ゆくまで堪能できます。出演者との一体感も魅力的でしょう。

ゲストも巻き込んで一緒に盛り上げるストリートミュージカル「バイレ・デル・カビタン」は、お祭りの主役「カピタン」が急遽いなくなって、新しいカピタンを探すという設定です。
キャラクターショーの「ドンキホーテのアー・ベー・セー・デー・エスパーニャ!」は、パルケエスパーニャのキャラクターたちが、総出でスペイン文化・食べ物を紹介してくれるミュージカルです。

また、ナイト営業が行われる時には、夜のショーも行われるので、そのタイミングに合わせるのも良いでしょう。2019年4月に登場し、プロジェクションマッピングや花火も登場するナイトパレード「ナイトスペクタル」は圧巻です。スペイン初代女王イサベルをテーマにした、音と光のエンターテーメント「イサベルの光」は幻想的で心が洗われる気持ちになるでしょう。

またピエロザサーカスの中央で行われるショーステージ「スパニッシュパフォーマンス」の大道芸人ショーも楽しいです。
地味ながらも、子供にとっては良き思い出になる、キャラクターとのふれあいキャラクターグリーティングも見逃さないようにしましょう。

志摩スペイン村の見どころ④各国料理が楽しめるレストラン

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村で意外に見落としがちなのが、レストランの存在です。志摩スペイン村にはいろんなジャンルのレストランがあるので、どれを選べば良いかついつい迷ってしまうかもしれません。
イチオシは、本格的なスペイン料理です。やはり「スペイン」が満喫できるスペイン村で、本場のグルメを味わうことで、よりスペインへの親近感がわいてきます。

レストラン「アルハンブラ」は、マヨール広場にある本格派スペインレストランで、店内に入ると現地の食堂の雰囲気が体験できるでしょう。味に加え、素材にこだわったメニューはどれもおすすめです。その中でも、本場伊勢志摩産の伊勢海老を使ったパエリャセットは、数量限定の25周年アニバーサリーメニューです。イベリコ豚のグリル食べ比べセット、海のシーフードパエリャセットもお得でしょう。

またホテル志摩スペイン内にある、スペインレストラン「ヒラソル」は、軽食から本格スペイン料理まで自由に食べられます。営業は朝から夜まで行っており、朝のセットメニュー、昼の喫茶、軽食タイムでリッチなひと時が過ごせます。
そして、夜の時間になれば、本格的なスペインのコース料理が味わえます。キッズメニューもあるので小さなお子様ずれでも利用しやすいレストランです。

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村は、本格的スペイン料理店よりもカジュアル料理店が多いので、あまり食べ物で冒険したくない人も安心です。
スペインの雰囲気を残しながらもパスタやカレーメニューもある「サルー」、スペインバルをイメージした「トレロ」で、スペインビールやワインと共にいただくのも楽しいでしょう。

子供や大食漢も納得のバイキング式レストラン「コメドル」では、和洋中30種類以上も用意しています。
ファーストフードコーナーとカフェテラスがあるレストラン「アミーゴ」には、テラス席もあり、開放的な空間で食事が楽しめます。
380席もある広々としたレストラン「エルパティオ」、パンやスイーツもおすすめなカフェ「ミ・カサ」も休憩にもバッチリです。
肩ひじ張らずにサクッといただける「ファストフード」は3店、テイクアウト専門のスモールバルは園内に5か所あるので、見つけたら利用しましょう。

そして、スペイン文化が好きでも食べ物は和食という人もご安心ください。ジャパニーズレストラン「的矢(まとや)」は、数寄屋造りの店内で、蟹ちらし寿司定食や伊勢海老長寿鍋御膳などをいただけます。
スペインの街並み「マヨール広場」の中から一歩入ればいきなり和の世界が広がるので、あたかも現地スペインにある日本料理店に来たようです。

志摩スペイン村の見どころ⑤見るだけでも楽しいショップ

出典: www.jalan.net

スペインの文化や遊び、そして食などを体験し、いよいよ帰る前にお土産などショップに立ち寄るところですが、スペイン村には素敵なショップがいくつもあります。志摩スペイン村でしか手に入らない、オリジナル商品を扱っているお店だけでも3軒あるので、店を選び放題です。

エスパーニャ通りにある、スーベニアショップ「アスタラビスタ」は、25周年を記念したピンバッチやプレートなどを販売しています。ゴーフルやチョコクッキーもお土産に最適でしょう。
フェイエスタ広場にある、ファンシーショップ「ファンタシア」では、ダルのファンタジーワールド案内人ダルが愛用しているコンパクトを販売しています。
パルケエスパーニャのキャラクターのぬいぐるみは、他ではなかなか手に入りません。ジャグリング道具のディアボロも販売していているので、持って帰って大道芸人ごっこも楽しめるでしょう。

菓子工房「ポルボロン」では、このキーワードを3回唱えると幸せが来るという、スペイン伝統菓子を販売しています。4種類の味があるポルボロンの他にも「酔っ払いのケーキ」の意味を持つ、アルコール入りの「ビスコッチョボラーチョ」やバターパイ、レーズンサンドなども販売しています。
お土産に困ることはないでしょう。

出典: www.jalan.net

他県からの旅行者にとっては、またとない三重県特産品を求めるなら、アスタラビスタに行きましょう。赤福餅やおかげ犬サブレ、伊勢海老みそ汁、伊勢醤油、伊勢うどん、松坂牛ラーメンなど、三重県・伊勢のお土産を購入できます。
また、スペインのワインや世界のビール三重の地酒・クラフトビールなども扱っているので、じっくりと店内を見まわりましょう。

本場スペインの輸入菓子や食品を取り扱っているのが「ファポリト」で、珍しいスペインの食品や雑貨類が購入できます。
スペインの輸入雑貨店はこのほか3店あり、陶芸工房「カンタロ」、ファッションギャラリー「マエストロ」、エンジョイライフショップ「ラ・ファミリア」があります。また本物ならではの一品を扱っている店が2店あるので、ぜひ立ち寄りましょう。
スペイン・バレンシア生まれのインテリア雑貨の「リヤドロ」、伊勢志摩が誇る真珠ブランド「ミキモト」のジュエリーを扱っている「マルガリタ」も侮れません。
ほかにも「マノマノ」は、サンタクルス通りにある手作り体験のお店です。ジュエルキャンドルなどが自分で作れますので、オンリーワンのお土産を手に入れることができるでしょう。

志摩スペイン村周辺のホテル

志摩スペイン村パルケエスパーニャは、2DAYパスポートをわざわざ発行しているほど、1日では回りきれないほど内容が充実しています。
そこで、ぜひ近くで1泊して2日間利用したいところですが、志摩に数多くあるホテルの中でも、特におすすめのホテルを2か所厳選しました。
ひとつずつ紹介しましょう。

志摩スペイン村周辺のホテル① ホテル志摩スぺイン村

出典: www.agoda.com

ホテル志摩スペイン村は、パルケエスパーニャと同じスペイン村の中にあるオフィシャルホテルです。パルケエスパーニャで、存分に2日間遊ぶのに最も適したホテルといえます。南スペインのリゾートホテルをイメージしたホテルなので、引き続きスペインの世界にどっぷりつかれるでしょう。
客室は、スペインの雰囲気に満ちあふれたツインルーム、パルケエスパーニャのキャラクターが室内に数多くいるキャラクタールーム、8名まで宿泊可能なファミリールームに、最高峰のスイートルームがあります。

レストランは5か所もあり、本格スペイン料理のヒラソルやバイキング専門レストラン、スペイン風居酒屋、フレスコ画の並ぶレストラン、そして安心の和食料理店です。
施設はこのほかスーベニアショップやロッカールーム、カラオケバー&ルーム、ゲームコーナーなど遊び足りない時も安心です。テニスコートやインドアプール、ガーデンプールもあるので、充実したホテルライフが送れるでしょう。

ホテル志摩スぺイン村
住所:
三重県志摩市磯部町坂崎
営業時間:
15:00~11:00
電話番号:
0599-57-3511
アクセス:
志摩スペイン村直結
※営業時間はチェックイン・チェックアウト時間です。

志摩スペイン村周辺のホテル① Fiore Shima Hotel(フィオーレ志摩)

出典: www.agoda.com

Fiore Shima Hotel(フィオーレ志摩)は、別荘地に来たような非日常が味わえるホテルです。最大のメリットはわんちゃんと一緒に泊まれることで、愛犬家にはたまりません。
客室も、独立した戸建てとなっており、ウッドな雰囲気が心まで温かいものにしてくれるでしょう。
4タイプの部屋はそれぞれ、2階建てで4台のベッドがある「プライベートヴィラ」、ワンちゃんなど共に過ごせる「ペットと泊まれる4ベッド」、「トラディショナルコテージ」、「テンダーコテージ」があります。いずれのタイプもキッチンやダイニング、バストイレがついています。

夜は屋内外ともに利用な可能なグリルがレンタルできるので、みんなで楽しいBBQが楽しめるでしょう。
朝はレストランにて、本格アメリカンブレックファーストが食べられますが、前日までに予約が必要です。
その他共同施設として、夏場はプールが使えます。手前を浅くしていますので、小さなお子様連れでも安心してプールに入れるでしょう。

Fiore Shima Hotel(フィオーレ志摩)
住所:
三重県志摩市阿児町神明1916-60
営業時間:
15:00~10:00
電話番号:
0599-77-0079
アクセス:
志摩スペイン村より車で12分
※営業時間はチェックイン・チェックアウト時間です。

志摩周辺の観光スポット

志摩スペイン村の他にも伊勢志摩には、それぞれが看板になるような観光スポットが林立しています。
伊勢志摩に旅行に行く際には、志摩スペイン村だけでなく、他の観光スポットと日程を増やしてでも回ってみましょう。

まとめ

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村は、三重県志摩市にあるテーマパークです。近鉄電車がリゾート開発を行い、1994年にパルケエスパーニャが完成しました。東京ドーム7個分もある巨大なテーマパークで、チケットは1日パスポートの他に、2DAYパスポートも発行されています。さらにお得な年間パスポートや、近鉄電車利用などでお得なチケットもあります。

公共交通で便利なのは近鉄電車で、大阪・京都・名古屋から特急に乗りましょう。最寄駅の鵜方駅は特急停車駅で、そこからは直通バスで志摩スペイン村に行くことができます。
車の場合は、伊勢自動車道から行くことができます。伊勢内宮から山間を通るルートや、鳥羽から海沿いを走るパールロードなど、伊勢からスペイン村に行くルートはいくつかあります。東京方面からなら、伊良湖岬経由でフェリーを使うと距離がショートカットできるでしょう。

出典: www.jalan.net

志摩スペイン村パルケエスパーニャは、見どころが5つあります。
イチオシはスペインの街並みで、スペインの歴史的な街並みが忠実に再現され、歴史文化にゆかりある像などを見ることができます。
テーマパークに必須なアトラクションも充実しており、3世代が楽しめるものや絶叫系、小さな子供が楽しめるものまで幅広く用意されています。
さらに、毎日昼間にパレードが行っているので、これはぜひ見ておきましょう。パレードの他にも各種ショーが行われ、ナイト営業が行われる時には、夜のショーもあります。
レストランは多数あり、本格スペイン料理からカジュアルレストランまでいろいろ選べます。日本料理店もあるので安心でしょう。
また、ショップもオリジナルグッズの店から三重県特産品、スペイン直輸入品など、ショップめぐりだけでも相当な時間がかかります。

そんな志摩スペイン村を存分に楽しむために、同じ敷地内にあるホテルや、別荘感覚で泊まれるコテージなど宿泊してゆっくり過ごせる空間があります。
志摩スペイン村に行けば、思わずスペイン好きになるだけでなく、本物のスペインに行きたくなるでしょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事