ルクセンブルク基本情報 【お水事情編】豊かな水に恵まれた山間の小国

4,066

views

0

ベルギー、ドイツ、フランスに3方を囲まれた内陸の小国ルクセンブルク。美しい森や湖と、その自然に溶け込むようにたたずむ古城、中世の面影が残る街並みなど見どころがたくさんあります。景色の中には豊富な水があるルクセンブルクですが、飲料用水についてはどのようでしょうか。ご案内しますね。

ルクセンブルク大公国(Groussherzogtum Lëtzebuerg)

ヨーロッパにはイギリスやフランス、ドイツなどといったメジャーな大国の他に、日本の県と同じくらいの面積の小国がたくさんあります。その中の1つ、ルクセンブルク大公国は南はフランス、北西はベルギー、東はドイツの3国に囲まれたヨーロッパの内陸にある立憲君主制国家。ベルギー、オランダと組んだベネルクス3国のうちの1国でもあります。

「ルクセンブルク」という国名は砦を表す「小さな城」という意味の言葉が由来。ルクセンブルクの見どころの1つは、緑の森の中にたたずむヨーロッパ建築の古城があげられます。一方で近代的なモダンな街並みもあり、村から街へ移動するだけでタイムトリップしたかのような感覚を楽しめるでしょう。静かで穏やかな雰囲気の国で根強い人気があります。

ルクセンブルクの水事情

ルクセンブルクは丘と低い山々が広がる国土で、山間の谷には豊かな水を湛えた川や湖がたくさんあり、美しい景観を作っています。

ルクセンブルクは夏暑くなり過ぎず、冬も寒くなり過ぎないという穏やかな西岸海洋性気候。温帯気候の中では降水量が比較的少なめではありますが、ほぼ年間を通して安定して雨が降ります。水不足の心配はありません。

ルクセンブルクは水道水の美味しさランキング世界第3位で、水質の安全面も問題ないとのこと。けれども、石灰分を含むかなりの硬水で、人によっては口に合わなかったり、体質に合わなかったりすることがあります。

水道水は料理や飲料にそのまま使っても問題ない状態なのですが、ルクセンブルクの住民は好みでペットボトルの水を買って飲んでいる人が多いそうです。

軟水のペットボトルはフランス産の「ボルビック(volvic)」が有名です。もし、日本のお水と同じようなお水が飲みたいという時には、こちらをどうぞ。

ルクセンブルクを含めヨーロッパの水はほぼ硬水で、日本は沖縄県を除いてほぼ軟水。その違いは地層の違いからできるそうです。ヨーロッパでも日本でも降る雨は軟水。降った後の雨水が、石灰分の多い地層を通るヨーロッパではミネラル分の多い硬水になり、水が通り抜けやすくミネラルがとけ込む時間が短い火山岩質の地層を通る日本では軟水となるのです。

飲料以外で使用する時にも注意が必要です。硬水の水道水はミネラル分が多いため、お風呂やお洗濯で、石鹸の泡立ちがあまりよくなかったり、洗う効果が落ちたりすることも特徴。日本でお洗濯する時には水量に対してだけ、洗剤の分量を考えればいいのですが、ヨーロッパでは水質の違いでも分量が変わってきます。

最後に

小国とはいえ世界でも指折りの裕福な国と言われるルクセンブルク。お水も美味しいという評判なので、訪問したら試しに飲んでみるのも思い出になりますね。ただし、ミネラル分の多い水によりお腹の弱い人は下痢になる恐れもあるので、注意が必要です。旅先では万全の体調でありたいもの。たかが水とあなどらずに慎重に試してみてください。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ノートルダム大聖堂だけじゃない!ルクセンブルクのオススメ...

    天然の要塞と城壁の中に旧市街。中世の美しい建築物と現代的なものが見事に融合した街並みのルクセンブルク。パリやブリュッセルなどの大きな都市に比べて、なかなか訪れることのない場所でもある。そんなルクセンブルクの見どころをご紹介します。

  • ルクセンブルク基本情報 【気候・服装編】四季の変化が美しい...

    ヨーロッパの古い街並みを楽しむことができるルクセンブルク。静かで落ち着いた雰囲気が旅行者に人気があります。中世の石造りの建造物や、豊かな水をたたえた川や湖、四季折々で変化する美しい森の景色は本当に感動ものでしょう。そんなルクセンブルクの気候や服装についてご案内します。

  • 城塞都市ルクセンブルクの人気観光スポット6選!欧州最小国の...

    その恵まれた地理的条件からローマ帝国、フランク王国、ゲルマンをつなぐ要衝だったルクセンブルク。さまざまな国から狙われてきたという激動の歴史を持つ国です。城壁に囲まれた、ヨーロッパで1番小さなこの国に詰まっている魅力を余すことなくお届けします。

  • ルクセンブルク基本情報 【お水事情編】豊かな水に恵まれた山...

    ベルギー、ドイツ、フランスに3方を囲まれた内陸の小国ルクセンブルク。美しい森や湖と、その自然に溶け込むようにたたずむ古城、中世の面影が残る街並みなど見どころがたくさんあります。景色の中には豊富な水があるルクセンブルクですが、飲料用水についてはどのようでしょうか。ご案内しますね。

  • ルクセンブルク基本情報 【治安・情勢編】穏やかで安全な美し...

    ルクセンブルクは現在、世界で唯一の立憲君主制の大公国。「北のジブラルタル」と称される城塞都市で激動の歴史を歩んできました。現在はEUの中心地の1つとして機能し、小国ながら1人あたりのGNPが世界一で、裕福で穏やかな国です。そんなルクセンブルクの治安・情勢についてご案内しましょう。

このエリアの新着記事
  • ルクセンブルク基本情報 【気候・服装編】四季の変化が美しい...

    ヨーロッパの古い街並みを楽しむことができるルクセンブルク。静かで落ち着いた雰囲気が旅行者に人気があります。中世の石造りの建造物や、豊かな水をたたえた川や湖、四季折々で変化する美しい森の景色は本当に感動ものでしょう。そんなルクセンブルクの気候や服装についてご案内します。

  • ルクセンブルク基本情報 【ビザ・大使館・税関編】美しく裕福...

    フランス、ベルギー、ドイツに囲まれたルクセンブルクは神奈川県ほどの面積で、1人あたりのGNPが世界1位の裕福な国。古き良きヨーロッパの面影を多分に残した街並みや城塞が見どころです。そんなルクセンブルク旅行で気になるビザや税関、困った時の大使館などの情報をご案内します。

  • ルクセンブルク基本情報 【治安・情勢編】穏やかで安全な美し...

    ルクセンブルクは現在、世界で唯一の立憲君主制の大公国。「北のジブラルタル」と称される城塞都市で激動の歴史を歩んできました。現在はEUの中心地の1つとして機能し、小国ながら1人あたりのGNPが世界一で、裕福で穏やかな国です。そんなルクセンブルクの治安・情勢についてご案内しましょう。

  • 城塞都市ルクセンブルクの人気観光スポット6選!欧州最小国の...

    その恵まれた地理的条件からローマ帝国、フランク王国、ゲルマンをつなぐ要衝だったルクセンブルク。さまざまな国から狙われてきたという激動の歴史を持つ国です。城壁に囲まれた、ヨーロッパで1番小さなこの国に詰まっている魅力を余すことなくお届けします。

  • ノートルダム大聖堂だけじゃない!ルクセンブルクのオススメ...

    天然の要塞と城壁の中に旧市街。中世の美しい建築物と現代的なものが見事に融合した街並みのルクセンブルク。パリやブリュッセルなどの大きな都市に比べて、なかなか訪れることのない場所でもある。そんなルクセンブルクの見どころをご紹介します。

この記事のキーワード
新着記事