ノートルダム大聖堂だけじゃない!ルクセンブルクのオススメ観光スポットガイド

9,746

views

1

天然の要塞と城壁の中に旧市街。中世の美しい建築物と現代的なものが見事に融合した街並みのルクセンブルク。パリやブリュッセルなどの大きな都市に比べて、なかなか訪れることのない場所でもある。そんなルクセンブルクの見どころをご紹介します。

古い街並みと要塞群がやっぱり凄かった

西ヨーロッパに位置するルクセンブルクは、フランス・ドイツ・ベルギーに囲まれた大公国。首都ルクセンブルクの街の一部が「ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群」として1994年に世界遺産に登録されている。

出典: dlift.jp

旧市街はペトリュス渓谷の断崖を利用、その上に城塞を築き街をつくった要塞都市。難攻不落だったことから「北のジブラルタル」ともいわれている。

正式名称「ルクセンブルク大公国」

ルクセンブルクはほぼ神奈川県ほどの大きさの小さな国、人口は50万人強ほど。EUの中心的機関がベルギーとルクセンブルクにほぼ集中、銀行業や金融サービスを中心とした金融大国である。世界で最も富裕な都市の1つとされている。

ルクセンブルクへの行き方

日本からルクセンブルクへの直行便は無く、ロンドンやパリ、コペンハーゲン経由でルクセンブルク・フィンデル空港の利用が便利。(フライト時間はパリ経由で最低13時間ほど)

電車の場合は、ベルギーのブリュッセルから訪れるか、パリからTGVに乗車しパリ東駅から2時間強。「世界の車窓から」のような変わりゆく風景を楽しむ旅行も面白い。

言語:ドイツ語・フランス語・ルクセンブルク語
英語は通じやすい国
通貨:ユーロ 1€=136.3 円 (10/14)
治安はとてもよい。
4月-10月が乾燥し過ごしやすいベストシーズン。

ルクセンブルクの見どころ

見どころ:①アドルフ橋とペトリュス渓谷

アドルフ橋は旧市街と新市街をつないでおり、ペトリュス渓谷の上を結ぶ橋の高さは45mほどある。渓谷は自然公園として遊歩道などがある他、ミニトレインが通るルートになっている。ミニトレインは期間限定ですが、憲法広場から下に広がるペトリュス渓谷を抜け、ボックの砲台まで往復する。

見どころ:②ボックの砲台

出典: dlift.jp

周辺各国の侵略を受けたルクセンブルクの歴史は、多くの悲劇を経験している。その名残を含め、時代と各地の文化が融合した伝統と新しさを兼ね備えた美しい街並を堪能するこができる。

見どころ:③ノートルダム大聖堂

旧市街にそびえたつノートルダム大聖堂は、様々な建築様式が使われている。王室の金庫室とジョン公爵の巨大な石棺がある。

大公世子ギヨームとベルギー貴族の娘ステファニー・ド・ラノワ伯爵令嬢が2012年10月20日に挙式をあげた教会でもあり、ジャン前大公とベルギーのジョセフィーヌ・シャルロット王女の婚礼も行われた教会。

イスパノ・モレスク様式(イスラム教徒支配下のスペインの芸術)に彫られた柱の模様が特徴的。

見どころ:④ルクセンブルク大公宮殿

スペイン・ルネサンスの影響を受けた大公宮殿は、大公の住まい兼執務場所、迎賓館としても使われている。ここはギヨーム2世広場に面しており、広場にあるルクセンブルク大公ギヨーム2世=オランダ国王ウィレム2世の騎馬像が王宮の方角を向いている。

ルクセンブルク大公ご一家 (2015年)

ルクセンブルク大公国 大公オフィシャルホームページ

ベルグ(schloss berg)城

出典: www.wort.lu

世界で大公がいるのはルクセンブルクのみ。現在ベルグ城とルクセンブルク旧市街の大公宮殿は、大公ご一家の住まいとルクセンブルク国憲法44条に明記されている。

ルクセンブルクの古城たち

ヴィアンデン城 (Vianden Catsle )

クレルヴォー(Clerf )城

ボーフォール(Befort)城

城塞式の古城は、夏の新緑も良いが、秋の紅葉の美しさはヨーロッパならでの荘厳さが感じられる。フランスでもなく、ベルギーともドイツとも少し異なる街並みはまるでおとぎの国のようだ。

ルクセンブルク王室御用達のお菓子

オーバーワイス(Oberweis)のトリュフショコラが有名

オーバーワイス(Oberweis)/Luxembourg
住所:
Gare Luxembourg ville Luxembourg
営業時間:
5:30~20:00
アクセス:
ルクセンブルグ中央駅構内
定休日:
無休
営業時間:
月曜〜金曜 6:00〜18:00、土曜〜日曜 6:00〜18:00
電話:
+352 40 31 40

いかでしたか?ベルギー同様に、チョコレートのイメージが強いルクセンブルク。それもそのはず、古くからオーバーワイス(Oberweis)出身の日本人パティシエも多く、知らずにトリュフショコラなど食べていました。風そよぐ中世の古城や美しい街並みがあふれる本場ルクセンブルクのカフェでまったりするのもいいですね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ルクセンブルク基本情報 【気候・服装編】四季の変化が美しい...

    ヨーロッパの古い街並みを楽しむことができるルクセンブルク。静かで落ち着いた雰囲気が旅行者に人気があります。中世の石造りの建造物や、豊かな水をたたえた川や湖、四季折々で変化する美しい森の景色は本当に感動ものでしょう。そんなルクセンブルクの気候や服装についてご案内します。

  • ルクセンブルク基本情報 【お水事情編】豊かな水に恵まれた山...

    ベルギー、ドイツ、フランスに3方を囲まれた内陸の小国ルクセンブルク。美しい森や湖と、その自然に溶け込むようにたたずむ古城、中世の面影が残る街並みなど見どころがたくさんあります。景色の中には豊富な水があるルクセンブルクですが、飲料用水についてはどのようでしょうか。ご案内しますね。

  • 城塞都市ルクセンブルクの人気観光スポット6選!欧州最小国の...

    その恵まれた地理的条件からローマ帝国、フランク王国、ゲルマンをつなぐ要衝だったルクセンブルク。さまざまな国から狙われてきたという激動の歴史を持つ国です。城壁に囲まれた、ヨーロッパで1番小さなこの国に詰まっている魅力を余すことなくお届けします。

  • ルクセンブルク基本情報 【治安・情勢編】穏やかで安全な美し...

    ルクセンブルクは現在、世界で唯一の立憲君主制の大公国。「北のジブラルタル」と称される城塞都市で激動の歴史を歩んできました。現在はEUの中心地の1つとして機能し、小国ながら1人あたりのGNPが世界一で、裕福で穏やかな国です。そんなルクセンブルクの治安・情勢についてご案内しましょう。

  • ルクセンブルク基本情報 【ビザ・大使館・税関編】美しく裕福...

    フランス、ベルギー、ドイツに囲まれたルクセンブルクは神奈川県ほどの面積で、1人あたりのGNPが世界1位の裕福な国。古き良きヨーロッパの面影を多分に残した街並みや城塞が見どころです。そんなルクセンブルク旅行で気になるビザや税関、困った時の大使館などの情報をご案内します。

このエリアの新着記事
  • ルクセンブルク基本情報 【気候・服装編】四季の変化が美しい...

    ヨーロッパの古い街並みを楽しむことができるルクセンブルク。静かで落ち着いた雰囲気が旅行者に人気があります。中世の石造りの建造物や、豊かな水をたたえた川や湖、四季折々で変化する美しい森の景色は本当に感動ものでしょう。そんなルクセンブルクの気候や服装についてご案内します。

  • ルクセンブルク基本情報 【ビザ・大使館・税関編】美しく裕福...

    フランス、ベルギー、ドイツに囲まれたルクセンブルクは神奈川県ほどの面積で、1人あたりのGNPが世界1位の裕福な国。古き良きヨーロッパの面影を多分に残した街並みや城塞が見どころです。そんなルクセンブルク旅行で気になるビザや税関、困った時の大使館などの情報をご案内します。

  • ルクセンブルク基本情報 【お水事情編】豊かな水に恵まれた山...

    ベルギー、ドイツ、フランスに3方を囲まれた内陸の小国ルクセンブルク。美しい森や湖と、その自然に溶け込むようにたたずむ古城、中世の面影が残る街並みなど見どころがたくさんあります。景色の中には豊富な水があるルクセンブルクですが、飲料用水についてはどのようでしょうか。ご案内しますね。

  • ルクセンブルク基本情報 【治安・情勢編】穏やかで安全な美し...

    ルクセンブルクは現在、世界で唯一の立憲君主制の大公国。「北のジブラルタル」と称される城塞都市で激動の歴史を歩んできました。現在はEUの中心地の1つとして機能し、小国ながら1人あたりのGNPが世界一で、裕福で穏やかな国です。そんなルクセンブルクの治安・情勢についてご案内しましょう。

  • 城塞都市ルクセンブルクの人気観光スポット6選!欧州最小国の...

    その恵まれた地理的条件からローマ帝国、フランク王国、ゲルマンをつなぐ要衝だったルクセンブルク。さまざまな国から狙われてきたという激動の歴史を持つ国です。城壁に囲まれた、ヨーロッパで1番小さなこの国に詰まっている魅力を余すことなくお届けします。

新着記事