サンフランシスコのお土産おすすめ15選!人気雑貨からコスメ・アクセサリーまで旬な情報をお届け!

37,209

views

0

サンフランシスコはアメリカ西海岸に位置する一大観光スポット。お土産にはオーガニックコスメやアートな雑貨、港町ならではのアクセサリーはいかがですか?サンフランシスコが発祥のメッセンジャーバッグや起業家精神あふれるコーヒー豆など15品を厳選!

ダンデライオン・チョコレートのチョコレート

ダンデライオン・チョコレート(Dandelion Chocolate)がサンフランシスコのガレージの片隅で創業を始めたのは2010年。IT産業の起業家として成功を収めた二人のチョコレート好きの青年が転身し、古くからのレシピを試したり、美味しいチョコレートとは?と食べ歩きをしたりしながら試行錯誤して生まれたのが始まりです。ダンデライオン・チョコレートの特徴は今話題のビーントゥバー(Bean to Bar)であるということ。

Bean to Barとはカカオ豆の状態から板チョコレートが出来上がるまでの全ての過程を自社で行うことです。ダンデライオン・チョコレートでもドミニカやマダガスカルの生産者から直接カカオ豆を買い付け自慢のチョコレートを製造しています。

サンフランシスコで生まれジワジワと地元で人気に火がついたダンデライオン・チョコレート。現在では東京や鎌倉にも店舗があるんですよ。こだわりの美味しいBean to Barチョコレートを購入することが出来る第1号店のサンフランシスコ店では、地域のパティシエたちとのコラボ商品の限定販売もあるのでお土産におススメです。

エクアドル産のカカオ豆を使ったコスタ・エスメラルダス、エクアドル70% (56g)はダンデライオン・チョコレートスタッフが豆の品質のこだわりに感動を覚えて出来た一品。ファッジブラウニーとチェリーの2フレーバーがあり参考価格は$8.50。

ダンデライオン・チョコレート(Dandelion Chocolate)
住所:
740 Valencia St (at 18th) San Francisco, CA 94110
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
(415) 349-0942
月曜日から土曜日の営業時間は午前8時-午後6時
日曜日の営業時間は午前10時-午後5時

ミエッテのカラフルお菓子

フランス語でパン粉を意味するミエッテ(Miette)というお菓子屋さんの創業を始めたのはメグとケイトリンという二人の女性。2001年にサンフランシスコから車で30分ほどの都市バークレーのファーマーズマーケットで店を始めたのがきっかけで成功し、現在ではオークランドなどに3店舗を展開しています。

パリのパティスリーを訪れた際にインスピレーションを受けたというミエッテの店内は優しいパステル調の色使いで、とってもオシャレ!人気メニューはチョコレートエクレアやマカロンなどなど。マカロンは1つ$1.85。

カラフルでポップな色合いのキャンディやマシュマロ、メレンゲが並ぶミエッテの店内。製品を作る時に心がけているのは、出来る限りオーガニックの食品を使うことだそう。お店の看板には南カリフォルニア海岸の酪農家「Straus Family Creameryを使用」の文字が!家族経営のストラウス・ファミリー・クリーマリー(Straus Family Creamery)はアメリカで初めてオーガニック100%の酪農家として承認された事で知られています。

小さな袋に入った食べ切りサイズが嬉しいヴァニラマシュマロは$4.00。近隣のオーガニック農園で栽培されたラベンダーを使ったラベンダーショートブレッドは控えめな花の香りが楽しめる一口サイズ($5.00 )。食意識の高いサンフランシスコでお菓子をお土産にするなら是非ミエッテへ!

ミエッテ(Miette)
住所:
1 Ferry Bldg, Ste 10 San Francisco, CA 94111
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
(415) 837-0300
土曜日の営業時間は午前8時-午後7時
日曜日の営業時間は午前10時-午後5時

サモヴァ・ティー・ラウンジの紅茶

街中で人波に疲れたらサンフランシスコ名物のケーブルカーを降りて徒歩5分、市立公園イェルバ・ブエナ・ガーデンズ(Yerba Buena Gardens)へ足を運んでみては?すぐそばにはサンドイッチやワッフルなどのブランチがテイクアウトでも楽しめるサモヴァ・ティー・ラウンジ(Samovar Tea Lounge )が。

近年、お茶ブームを迎えているサンフランシスコで一足お先に、とばかりに店をオープンしたのはIT業界でキャリアウーマンをしていた経歴も持つ女性オーナーのジェシーさん。

ジェシーさん曰く「自分は80年代に豆腐サンドイッチと海藻ラップをランチのお弁当に持っていくような人気のない生徒だった」そう。このお店を通じて「人間であるということの意味を思い出す手伝いをしたい」と抱負を語っています。店名にもなっている「サモヴァ」とはロシアの湯沸かしポットのこと。白茶やウーロン茶、ハーブティーなど本格的な茶葉をお店で味わうも良し。気に入ったら購入するのも勿論良し!

アールグレイや黒茶などフレイバー豊富な茶葉は57g$14から。シナモンとブラックペッパー香るチャイティーは忙しい人におススメの紙パック入り$12.95。

サモヴァ・ティー・ラウンジ(Samovar Tea Lounge)
住所:
730 Howard St, San Francisco, CA 94103
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
(415) 227-9400
木曜日から土曜日の営業時間は午前10時-午後9時

ブルーボトルコーヒーのコーヒー豆&日本未入荷トート

「コーヒーが一番おいしいのは焙煎してから48時間」という信念のもと2002年に創立したブルーボトルコーヒー。実はブルーボトルコーヒー創業者のジェームスさんは、先ほどご紹介したお菓子店ミエッテを立ち上げたケイトリンさんの旦那さまなんです!ファーマーズマーケットで知り合った事がきっかけだそうですよ。なんだか素敵ですね。

ブルーボトルコーヒーでも、やはり製品に対する熱い信念と責任を持って調達した最高品質の豆だけを提供するというスローガンを掲げています。

海外進出も果たし日本にも複数の店舗を持つブルーボトルコーヒー。国内での支持も高く2017年12月に新たにオープンした California Streetの店舗には開店前に既に行列が!厳選されたコーヒー豆は170グラム$8.0から購入可能です。サンフランシスコベイエリアのフェリーターミナル店では日本未入荷の限定トートバッグの販売も。

意識高い系すぎる、と侮ることなかれ!サンフランシスコを訪れた際は是非ブルーボトルコーヒーを味わってみてくださいね。自宅で使えるマグカップ($25.0)もおススメですよ♪

ブルーボトルコーヒー・フェリービルディング店(Blue Bottle Coffee Ferry Building Marketplace)
住所:
Ferry Building Marketplace, Shop #7, Ferry Building, San Francisco, CA 94111
営業時間:
07:00~19:00
電話番号:
(415)-956-3331
日曜日の営業時間は午前7時-午後6時

グリーンズ・レストランのレシピ本

サンフランシスコ、マリーナ地区にあるレストランで安心安全なオーガニック料理を食べたいならおススメなのがグリーンズ・レストラン(Greens Restaurant)。ベジタリアン(菜食主義)の先駆け的なレストランで過去にはニューヨーク・タイムズに紹介された事も。スタッフの対応も良いと評判でオーシャンビューで頂く色とりどりの料理は目にも美味しくて眼福!

人気店でいつも混んでいるという口コミも多いですが、ウェブ上から予約が出来るので絶対にお店で食べたい方は事前の予約がおススメです。

美味しかったグリーンズ・レストランの味を自宅でも。そんな方におススメしたいのが、こちらで監修し販売している料理本です。ベジタリアン向けのレシピ本も出版されているのですが野菜だけでは満足できないかもという方もいるのでは!?ご安心を!「タサハラ・ブレッド・ブック(The Tassajara Bread Book)」ではペイストリーやマフィン、デザートの作り方が紹介されています。

お値段は$32.0。お洒落な表紙が可愛らしくて自然志向のお友達に喜ばれそう!是非手に取ってみてください。

グリーンズ・レストラン(Greens Restauran)
住所:
2 Marina Blvd, Building A, San Francisco, CA 94123-1284
営業時間:
11:45~14:30
電話番号:
(415)-771-6222
●ランチの営業時間●
火曜日-金曜日 11:
45-14:30
●ブランチの営業時間●
土曜日11:
00-14:30
日曜日10:
30-14:00
●ディナーの営業時間
月曜日-木曜日 17:
30-21:00
金曜日-日曜日 17:
00-21:00

ドッグパッチ・ワインワークスのワイン

強い日差しと恵まれた温暖な気候で葡萄作りに適しているカリフォルニアの大地。その葡萄を使って生産されたカリフォルニアワインは旅行客にも人気のお土産です。これまでサンフランシスコのワイナリー訪問と言えばナパやソノマへの日帰りツアーが定番でした。ところが最近ではウォーターフロントの倉庫街ドッグパッチでそれが楽しめると言うのです。

ドッグパッチ・ワインワークス(Dogpatch WineWorks)は起業家精神あふれるこの地区に2012年にオープンしました。

ドッグパッチ・ワインワークス(Dogpatch WineWorks)のテイスティングルームは日曜日のみの営業ですが、ネット上で個人予約をしてプライベートテイスティングの予約も可能。普段はイベントスペースとして使われているテイスティングルームはラグジュアリーな雰囲気が◎!ワイン好きなあの人にカリフォルニアワインを買って帰りたいのにナパまで行く時間はない、という方に是非おススメです。

豊富なメニューより$2.50~テイスティングが出来ます。2009 Pug Cabernet Sauvignonのグラス1杯$5(参考価格)。

ドッグパッチ・ワインワークス(Dogpatch WineWorks)
住所:
2455 3rd St. San Francisco, CA 94107
営業時間:
12:00~18:00
電話番号:
(415)-525-4440
上記はテイスティングルームの営業時間(日曜日のみ)
その他、事前ウェブ予約対応あり

シェルセラーの貝小物

よくアメリカ映画で耳にする「脱出不可能な刑務所・アルカトラズ島」。このアルカトラズへはフィッシャーマンズワーフという港から出るフェリーで降り立つ事が出来ます。30分おきに出ているフェリーの待ち時間に是非ブラブラと散歩して欲しいフィッシャーマンズワーフ。お手頃な値段でシーフードを食べられる屋台やお土産物店が軒を連ねています。

おススメしたいのは貝を使った可愛らしい雑貨やオーナメントが所狭しと並ぶシェルセラー(The Shell Cellar)。

フグのオーナメントや夏に大活躍しそうなウィンドチャーム、貝が美しくあしらわれたアクセサリーケースなど、女性の心をくすぐる小物が並ぶ店内。フェリーの待ち時間なんて忘れてついついお買い物に没頭してしまいそう。貝のアクセサリーは$20~(参考価格。お友達や家族へのお土産に是非どうぞ!

サンフランシスコへ旅行に行ったら一度は訪れたいショッピングモールPIER 39にお店があります。アシカが頻繁に出没する桟橋のお散歩も楽しんでくださいね♪

シェルセラー(The Shell Cellar)
住所:
39 Pier Space P-9 San Francisco, CA 94133 Fisherman's Wharf, North Beach/Telegraph Hill
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
(415)-433-3285

リックショー・バッグワークスのメッセンジャーバッグ

先ほどご紹介したワイナリー、ドッグパッチ・ワインワークスのご近所にある工場で、サンフランシスコ発のバッグ製品を生み出しているのはリックショー・バッグワークス(Rickshaw Bagworks)。2007年に設立されて以降、高品質の素材を使いシンプルかつ機能性の高いデザインのバッグを生み出してきた鞄屋さんです。

定番品となり大ヒットしたメッセンジャーバッグは日本のセレクトショップBEAMSでも販売されていました。

こちらはiPadメッセンジャーバッグ、$79.00。フロントのポケットにiPadかiPad miniを収納することが出来る仕様になっています。グレーやモスグリーンなど5色展開なのですが、$89.00のカスタマイズバージョンでは表面はツイード&内側は千鳥柄で、など自分だけのオンリーワンをオーダーする事も可能です。

工場兼ストアのリックショー・バッグワークスは一見の価値あり!オンリーワンのバッグを手に入れてくださいね。

リックショー・バッグワークス(Rickshaw Bagworks)
住所:
904 22nd St @ Minnesota San Francisco, CA 94107
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
(415)-904-8368
上記は月曜日から金曜日の営業時間
土曜日・日曜日の営業は12:
00-16:00

ティンバック・ツー(Timbuk2)のバックパック

サンフランシスコ生まれのおススメバッグブランドを更にもうひとつご紹介します。ロブ・ハニーカットが1989年に創業を開始したティンバック・ツーも、やはりメッセンジャーバッグの先駆けとして有名です。と言うのも、創業者のロブは自身も自転車で街を走り抜けるバイクメッセンジャーだったのです。

物作りへの真摯な姿勢が認められティンバック・ツーは現在メッセンジャーバッグ以外の製造も手掛けています。

デザインと生産をサンフランシスコの自社工場で行っているティンバック・ツー。ニューヨークやシカゴなどに店舗を持っていますが、おひざ元サンフランシスコでは高級ブティックが立ち並ぶヘイズバレー にお店があります。上品なレザーのラップトップ・バックパックは大容量なのにスタイリッシュ! お値段$278.00。

都会の雰囲気を思わせるショルダーバッグやトートバッグなど品揃えも豊富で男性向けのおススメお土産です。

ティンバック・ツー(Timbuk2)
住所:
506 Hayes Street San Francisco, CA 94102
営業時間:
11:00~18:00
電話番号:
(415) 252-9860
営業時間
日曜日・月曜日 11:
00-18:00
火曜日-金曜日11:
00-19:00
土曜日10:
00-19:00

リーバイスのデニムアイテム

1850年にアメリカ・サンフランシスコで生まれた世界屈指のデニムブランドリーバイス(Levi’s)。現在もサンフランシスコに本社があり、本店の1階には貴重な世界最古のジーンズが展示された博物館があります。歴代のデニムや著名人の為に作られたモデルなどが飾られており、正にジーンズファンの聖地と呼ぶにふさわしいスポット!

博物館への入館は無料ですのでデニムフリークではない方も気軽に立ち寄ってみても良いかもしれません。

さすが本店だけあって品揃えが豊富!と口コミの評価も高いリーバイス本店は高級ショッピングモールや百貨店が並ぶマーケットストリートにあります。1階は先にご紹介した博物館、2階と3階がメンズ・レディースのリーバイスショップになっています。「この店でようやく体にフィットした最上のジーンズを見つけた」なんて感動のコメントを見かけたことも。さて素敵なジーンズは見つかるでしょうか?

ボトムスだけでなく、ジャケットなどのアウターも是非試着してみて!極上のデニムが手に入るかもしれません。

リーバイス・マーケットストリート(Levi's MARKET ST)
住所:
815 Market Street San Francisco, CA, 94102
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
(415) 501-0100
上記は月曜日から土曜日までの営業時間
日曜日の営業時間は10:
00-20:00

1887ダンスショップのダンス用品

サンフランシスコの高級住宅街・カウホロー地区に足を踏み入れたら、是非立ち寄っていただきたいのがユニオンストリートにあるダンス用品店1887ダンスショップ(1887 Dance Shop)。個人経営のお店なのですが、ダンスに関するものなら何でも手に入ること請け合いです。特に力を入れているのがキッズバレエの衣装。見てください、この可愛らしさ!

うちの娘はバレエしていないのよ、というお母さま方も必見。学芸会で使える衣装が手に入るかもしれません。是非立ち寄ってみて。

子どもたち向けのコスチュームの他にも、トゥシューズが可愛らしくあしらわれたキルティングバッグやソックスの取り扱いもあるのでウィンドウショッピングにもおススメです。ダンス用品店ということで様々なダンスに対応した商品を販売。大人の女性向けのタップシューズやバレエシューズ、ズンバの商品などもあります。

高級住宅街にあり敷居が高いかと思いきや店内のディスプレイは意外に雑多で、入店のしやすさも◎お子さんのハロウィンのコスプレ衣装も発掘できるかもしれませんよ♪

1887ダンスショップ(1887 Dance Shop)
住所:
2206 Union Street San Francisco , CA 94123
営業時間:
10:00~18:30
電話番号:
(415) 441-1887
上記は月曜日-土曜日の営業時間
日曜日の営業時間は11:
00-16: 30

スリー・フィッシュ・スタジオの版画ワークショップ&グッズ

サンフランシスコ都市部から鉄道で30分のところにあるサンセット地区はリーズナブルなカフェやレストランが立ち並ぶ街。オーシャンビーチの波を楽しむサーファーが多く行きかうこの街道でエリックさん・アニーさん夫妻は2007年にスリー・フィッシュ・スタジオ(3 Fish Studios)というアトリエ兼アートショップの経営をスタートさせました。

夫のエリックさんは版画家、妻のアニーさんは画家。この青い看板が目印です。ポップな文字に心が躍ってしまいますね!

アトリエ兼ショップでは夫妻のアート制作現場に立ち会えることもしばしば!勇気を持って英語で質問してみるのも良いかもしれません。気さくなお2人が実践しながら制作過程を教えてくれると評判です。こちらのアトリエでは版画のワークショップも開催しているので、出来上がった作品が素敵な想い出土産になりそうですね。ワークショップは$150.00。事前にウェブ予約可能です。

ポストカードのセット($10.00~)やマグネット($10.00)、トートバッグ($40.00)などのオリジナル商品もおススメです。

スリー・フィッシュ・スタジオ(3 FISH STUDIOS)
住所:
4541 Irving St San Francisco, CA 94122 b/t 46th Ave & 47th Ave Outer Sunset
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
(415) 242-3474
営業日は水曜日から日曜日
月曜日と火曜日は定休日です

サンフランシスコ近代美術館の照明器具

折角だから旅先ではいつもと違うことがしたいもの。普段は現代アートなんて、と敬遠している人もサンフランシスコ観光の際には是非サンフランシスコ近代美術館(San Francisco Museum of Modern Art)、通称SFMOMAを訪ねてみて!1935年にオープンしたSFMOMAは拡張工事を終えて2016年に再オープン。建築にはノルウェーのオスロ・オペラハウスなどを手掛けた建築事務所スノヘッタが携わりました。

「全ての人にアートを」と謳うSFMOMA。広々とした空間にはチケットを買わずとも観覧できる作品が展示してあり、ちょっと一息つくのもOK。

SFMOMAのミュージアムショップにはモダンでお洒落なマグカップや置時計などインテリア商品がたくさん!中でもゲットしたいのはランプなどの照明器具。こちらは Mr. Maria Studioがデザインした「Lia Lamp」。誰も愛なしには生きられないから愛を広めるのを少しだけ簡単にするお手伝いを、という想いが込められています。

ピンクのハート型が可愛らしいランプの大きさは意外と大きめの17.5㎝ x 11.2㎝ x 16.5㎝。お値段は$189.00で、これで愛が買えるならお安いもの??

サンフランシスコ近代美術館(San Francisco Museum of Modern Art)
住所:
151 Third Street San Francisco, CA 94103
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
(415)-357-4000
●ミュージアムショップの営業時間●
金曜日-火曜日 10:
00-18:00
水曜日10:
00-17:00(美術館は閉館日)
木曜日10:
00-21:30

ナパ・ソープ・カンパニーの男性向けコスメセット

カリフォルニアワインの産地・ナパバレーで育ったシェリアさんは3人の子どもを育てるお母さん。もともと環境保全やアロマテラピーへの関心が高かった彼女がナパの特産品を使った製品で小規模ビジネスが出来ないだろうか?と考えて生まれたのがナパ・ソープ・カンパニー(Napa Soap Company)の石鹸。試案から製品開発までに2年を費やしたそう。

ナパで収穫できるラベンダーの精油を使ったシアバターの石鹸は一度に50個ほどしか生産できない完全手作り!ひとつ$9.95。

お肌を美しく保ちたい女性向けの商品が多いのかな?と思いきやナパ・ソープには男性向けのデイリーローションやシェイビングクリームの販売もあるんです。何と狸の毛で出来たシェイビングブラシがセットになったギフトセットまで!ナパのワイナリーに一緒に来たがっていたけど留守番を頼まれたお父さんにピッタリのお土産かも!?

男性用デイリーローションは$21.95。狸の毛のブラシもセットになった男性向けギフトセットは個別で買うよりお得な$55.00。

ナパ・ソープ・カンパニー(Napa Soap Company)
住所:
655 Main St Saint Helena CA 94574
営業時間:
10:00~17:30
電話番号:
(707)-963-5010

100%ピュアのオーガニックコスメ

オーガニック製品に関心の高いサンフランシスコの女性たちを夢中にさせているのは人工香料、合成着色料、合成化学物質不使用のオーガニックコスメ、100%ピュア(100% Pure)。最近では日本でもオーガニックコスメが注目を集めていて、世界中から自然派化粧品をセレクトしたコスメキッチンが大人気ですよね。直接肌にのせるものだからこそ、体によい成分で出来た製品を選びたいものです。

100%ピュアの製品は購入から30日以内であれば使用後も返品・返金OK。自社製品へのプライドの高さと自信が覗えます。

100%ピュアの設立者スージーさんは学生時代、ランチ代を我慢して買った有名デパートコスメのビタミンCセラムが、ひとたび瓶を開けるとすぐに酸化が始まり変色していくことに気づいたそう。これが肌に優しいコスメ作りのミッションへのスタート地点だったようです。製品を作る過程で動物実験不実施、ソーラー発電100%使用などサスティナビリティにも貢献している注目ブランドです。

写真のアイシャドウフルーツ・ピグメンテッド(Fruit Pigmented)は$47.00。その他アイライナー$30.00、ファンデーション$38.00などラインナップは豊富です。路面店の他、サンフランシスコ国際空港にもお店があるので手に取ってみてくださいね!

100%ピュア サンフランシスコ国際空港店(100% PURE SAN FRANCISCO INTL AIRPORT)
住所:
Terminal 3 Area F Gate 74 San Francisco, CA
営業時間:
06:00~22:00
電話番号:
(650) 821-0145

サンフランシスコで素敵なお土産を沢山買ってくださいね!

アメリカ西海岸に位置するサンフランシスコには、豊かな土壌と日差しに恵まれたカリフォルニアワインや起業家精神あふれる人たちが自信とプライドを持って作るオーガニックコスメなど、買って帰りたいお土産がたくさん!友達にはコレを買って渡そう、両親にはコレをあげよう、とお土産プランの参考になれば嬉しく思います。サンフランシスコで楽しい想い出をたくさん作ってきてくださいね!

AoiMakoto

読者の皆さんとTapTripで世界1周を目指します!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • インスタフォロワー1万人越の私が教える!ロサンゼルスのフォ...

    "Insta Worthy"とはインスタする価値のあるという意味の現代語!可愛いカフェや綺麗な場所にいったらインスタしたいのは世界共通。私は元LA在住ですが、その後も遊びに行く度に”これぞLA”って感じの写真を撮ってインスタにアップ♪また有名Instagrammerが多いのもLA。ブロガーたちのポストには写真のインスピレーションがいっぱい。アイコニックな場所を訪れて、記憶に残るLA旅行の様子を収めましょう!この記事ではLAで行くべき撮影スポットを5つご紹介!

  • ビバリーヒルズでセレブの豪邸を見に行こう!

    カリフォルニア州ロサンゼルスの西部にあるビバリーヒルズ は、高級住宅街として有名な場所だけあって大スターのお宅を巡るツアーなんてのもあるほど。 ”ビバリーヒルズに住む”それこそがスターの証とも言える、この場所に居を構える誰しもが知る有名人の豪邸を紹介します。

  • ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのおすすめお土産特集

    アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるユニバーサルスタジオ ハリウッドは映画を題材にしたテーマパークです。日本でもおなじみのテーマパークですが、ユニバーサルスタジオ ハリウッドでは敷地内に現在も使われている映画スタジオがあることでも有名。今回は日本の倍以上も広いユニバーサルスタジオ ハリウッドで購入したいお土産を紹介します。

  • ロサンゼルス「メルローズ・アベニュー」で買い物ならココ!...

    ロサンゼルスといえばファッションの街!お洒落で美容意識が高い人が多く、ロスにあるストアもお洒落なところが多いです。アメリカに行ったら、日本未発売のお洒落ファッションアイテムを手に入れたいところですよね。そこで今回は、ハリウッド・メルローズ・アベニューでオススメのファッション・ストア4店をご紹介していきます!

  • サンフランシスコ観光を100%満喫する!行かなきゃ損な鉄板コ...

    写真好きの人におすすめしたい街サンフランシスコ!今回ご紹介する鉄板観光スポットで、思う存分写真を撮ってみませんか?どこを切り取ってもフォトジェニックな街ですが、さらにさらに素敵な一枚が狙えますよ。お気に入りのカメラとの二人旅に出かけましょう!

  • ロサンゼルスで映画「ワイルドスピード」のロケ地巡り5ヵ所!

    人気・カーアクション映画「ワイルドスピード」は日本でも人気の映画です。シリーズは7作の上映がされており、作中には日本車や、東京がメインとなったシリーズもあり、日本にも何かと縁のある作品です。今回はそんなワイルドスピードのロケ地巡りに行ってみましょう!

このエリアの新着記事
  • サンフランシスコ・ミッション地区バレンシアストリートのお...

    サンフランシスコは、エリアによって非常に特徴のある町です。今回紹介するのは、ミッション地区のバレンシアストリートに立地するレストランやお店です。さまざまな人種の人たちが住んでいることもあり、多種多様の風景や文化を感じ取ることができるのではないでしょうか?

  • 【ロサンゼルス】メルローズ&ラ・ブレア地区のレストランお...

    LAで人気のショッピングエリアと言えば、LAメルローズ(Melrose)&ラ・ブレア(La Brea)地区。実は、買い物が楽しめるショップだけでなくレストランも充実しているのです。買い物途中のランチに、買い物終わりのディナーに、ぜひ立ち寄りたいレストランをご紹介します!

  • ロサンゼルスに旅行に来たら必ず行きたいセレブの集まるレス...

    ハリウッドスターや有名ミュージシャンなどのセレブはどんなお店で楽しい一時を過ごしているのでしょうか?老舗から今話題の最新スポットまでご紹介!

  • カリフォルニアディズニーランドリゾート・ダウンタウン・デ...

    カリフォルニアディズニーランドリゾート内のダウンタウン・ディズニーはショップやレストランが建ち並ぶエンターテイメントエリア。その中でも、特におすすめのレストラン「Tortilla Jo's」と限定商品が手に入る「World of Disney」をご紹介します!

  • サンフランシスコ・ユニオンスクエアで人気のステーキ&グリ...

    たくさんのホテルやショップ、レストランが集まるユニオンスクエアは、サンフランシスコでも観光の中心地のひとつです。今回はその中でもおいしいアメリカ料理を味わえるお店をご紹介します。分厚いお肉が食べたい!そんな衝動に駆られたときに行ってみて欲しいレストランです♪

  • ロサンゼルスで人気の二大メキシコ料理チェーン店エル・チョ...

    ロサンゼルスは、アメリカの中でとくにメキシコ系の住民が多いエリア。メキシコ料理が食べられるお店も数多く存在します。老舗のエル・チョロ(El Cholo)とニューウェーブのピンク・タコ(Pink Taco)はロサンゼルスのグルメ界でも評判のメキシカンチェーン店。それぞれのタコスとエンチラーダを比較し、さらにおすすめの1品をご紹介します。

  • サンフランシスコ観光ならアラモ・スクエアへ!「フルハウス...

    オルセン姉妹が子役として知名度をあげたアメリカのシットコム「フルハウス」のロケ地でも有名なペインテッド・レディース(19世紀のビクトリア建築)の家並みとその向こうに見えるダウンタウンを一枚の写真に収めなきゃ、サンフランシスコ観光は語れない!?

  • ロサンゼルス・ハリウッドのお土産ショッピングスポット&人...

    アメリカ西海岸ロサンゼルスにある映画産業で栄えたハリウッド。テレビでもよく使用されているハリウッドサインは、「1度は見てみたい!」という人も多いはず。観光の合間、食事やカフェ休憩も必要ですし、買い物したいお店をその場で探すのも一苦労。今回は、今から知っておくべき選りすぐりの5店をご紹介します!

  • カリフォルニアディズニーランドのファンタジックなショーが...

    カリフォルニア州にある世界で一番最初に出来たディズニーランド。ここで見られる夢に溢れたファンタジックなエンターテインメントをご紹介します♪

  • 60th記念!カリフォルニア・ディズニーのダイヤモンド・セレ...

    1955年7月17日にオープンしたカリフォルニア・ディズニーランドは今年で60周年を迎えます。ダイヤモンド・セレブレーションと名付けスタートしたこのスーパーイベントは大盛況!絶対に見逃せないイベントとなっています。

このエリアの人気記事
新着記事