ロサンゼルスで人気の二大メキシコ料理チェーン店エル・チョロ VS ピンク・タコ!気になる人気のメニューとは

7,474

views

0

ロサンゼルスは、アメリカの中でとくにメキシコ系の住民が多いエリア。メキシコ料理が食べられるお店も数多く存在します。老舗のエル・チョロ(El Cholo)とニューウェーブのピンク・タコ(Pink Taco)はロサンゼルスのグルメ界でも評判のメキシカンチェーン店。それぞれのタコスとエンチラーダを比較し、さらにおすすめの1品をご紹介します。

正統派のメキシカンで勝負――エル・チョロ(El Cholo)

ウェスタン・アベニューやサンタ・モニカなど、ロサンゼルスの主要なエリアに店舗を展開するエル・チョロ。看板には「スパニッシュ・カフェ」の文字が。でも、手間ひまかけて作られる料理は、正統派のメキシカンスタイル。それもそのはず、1923年にメキシコ人が創業したお店で、当時のレシピを受け継いだ料理が、つねにお店の看板メニューとなっているからです。

出典: elcholo.com

内装は店舗ごとに異なりますが、全体的に洗練されたカントリー調のデザイン。とくにメキシコ色が強いというわけではなく、楽しく食事ができる空間を演出しているようです。

メキシコ料理と言えば、まずはタコス。こちらは牛肉のタコスセット。具材は牛肉、ベーコン、玉ねぎ、チーズ、トマト、アボカドで、いたってシンプル。「これが本場のタコスだ!」と言わんばかりのオーソドックスな仕上がりです。とはいえ、味は折り紙つき。酸味の効いたピリ辛風のサルサソースが、タコスと絶妙にマッチしています。

エンチラーダもメキシコ料理の定番。トルティーリャに青トウモロコシを使っているので、独特の色合いが鮮やか。アボカド風味のサルサソースはとてもなめらかで、お肉やチーズの味を見事に引き立たせています。付け合せのサワークリームと混ぜれば、よりさっぱりとしたフレーバーに。メキシコ料理をよりおいしくしようと工夫を凝らす、お店の強いこだわりが感じられる逸品です。

もう1品おすすめなのはタマル。トウモロコシの粉をペースト状にこね、そこに肉を入れてからトウモロコシの葉っぱで包んだ蒸し料理です。トウモロコシの香ばしい風味が特徴。ほのかに甘いペーストはもっちりの食感で、スパイスの効いたお肉との相性が抜群です。サルサソースをかければピリ辛風になりますが、煮豆のフリホーレスをのせれば一段とまろやかな味に変わります。

エル・チョロ(El Cholo)
住所:
1121 S Western Avenue, Los Angeles 
アクセス:
Wilshire / Western駅から南へおよそ1km(タクシーが便利)
電話番号:
323 734 2773
営業時間:
日曜日・月曜日11:00~21:00 火曜日~木曜日11:00~22:00 金曜日~土曜日11:00~23:00
*上記データはウェスタン・アベニュー店
*営業時間は各店舗により異なる

前衛的なメキシカンレストラン――ピンク・タコ(Pink Taco)

エル・チョロが正統派なら、ピンク・タコはどこかアヴァンギャルドのような雰囲気を持つお店。1999年に1号店をラスベガスにオープンした後、ロサンゼルスには2007年に進出してきました。店名の通り、店舗の外観はピンクを基調にした斬新なデザイン!

店舗ごとに内装は違いますが、これはサンセット・ストリップ店のもの。色とりどりのネオンが輝き、友達や家族とわいわいにぎやかに食事をするにはぴったりの雰囲気です。それでいて、磨き上げられたフロアは落ち着いた色調。独自の世界観をとことん演出する、そんなコンセプトをピンク・タコは貫いているようです。

こちらはセンチュリー・シティの店内。大きなガイコツの絵が存在感をひときわ放っています。奇抜な絵と思いきや、この絵はメキシコ近代芸術を代表する巨匠ホセ・グアダルーペ・ポサーダ(José Guadalupe Posada)のもの。さりげなくこんな風にメキシコ色を出してくるあたりに、センスのよさがうかがえます。

名前も店舗もピンク。ならば、その流れで当然タコスもピンク色! 徹底的にピンクにこだわる姿勢には脱帽です。とはいえ、たんに奇をてらった演出ではなく、味は本場メキシコのタコスを目指しているかのよう。具材はエル・チョロとほぼ同じ。若干ピンク・タコの方が、辛みがあるかも。おそらく、サルサソースに刻んだハバネロのピクルスが入っているからでしょう。とにかく、おいしいの一言!

もちろんタコスがおすすめです。
種類もいくつかあるので食べ比べをしてみるといいかもしれません。

ピンク・タコでぜひ味わっておきたいのがワカモーレ。メキシコ料理ではマストの前菜です。アボカドのサラダで、日本でもよく知られた料理と言えるでしょう。ピンク・タコのワカモーレはトロトロ系で、アボカド本来の濃厚な味が十二分に引き出されています。それでいて、ライムの酸味でさっぱりとした味わい。濃淡の味の組み合わせが絶妙なのです! 「ピンク・タコ、おそるべし!」といった感じ。

ピンク・タコのワカモーレは、タコスチップにディップしても相性ぴったり。クリーミーなアボカドが、チップの香ばしさにマッチしています!

ピンク・タコ(Pink Taco)
住所:
8225 Sunset Blvd, West Hollywood, Los Angeles
アクセス:
Sunset Plazaからおよそ1.5km(タクシーが便利)
電話番号:
323 380 7474
営業時間:
月曜日12:00~22:00 火曜日~木曜日12:00~24:00 金曜日12:00~2:00 土曜日11:00~深夜2:00 日曜日11:00~22:00
*上記データはサンセット・ストリップ店のもの

いかがでしたか?ロサンゼルスはアメリカの中でも屈指のグルメ激戦区。そんなところで好評を得ているだけあって、どちらのお店でも、本場をしのぐメキシカンが味わえるでしょう。ロサンゼルス発メキシカンに、トライしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ビバリーヒルズでセレブの豪邸を見に行こう!

    カリフォルニア州ロサンゼルスの西部にあるビバリーヒルズ は、高級住宅街として有名な場所だけあって大スターのお宅を巡るツアーなんてのもあるほど。 ”ビバリーヒルズに住む”それこそがスターの証とも言える、この場所に居を構える誰しもが知る有名人の豪邸を紹介します。

  • インスタフォロワー1万人越の私が教える!ロサンゼルスのフォ...

    "Insta Worthy"とはインスタする価値のあるという意味の現代語!可愛いカフェや綺麗な場所にいったらインスタしたいのは世界共通。私は元LA在住ですが、その後も遊びに行く度に”これぞLA”って感じの写真を撮ってインスタにアップ♪また有名Instagrammerが多いのもLA。ブロガーたちのポストには写真のインスピレーションがいっぱい。アイコニックな場所を訪れて、記憶に残るLA旅行の様子を収めましょう!この記事ではLAで行くべき撮影スポットを5つご紹介!

  • ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのおすすめお土産特集

    アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるユニバーサルスタジオ ハリウッドは映画を題材にしたテーマパークです。日本でもおなじみのテーマパークですが、ユニバーサルスタジオ ハリウッドでは敷地内に現在も使われている映画スタジオがあることでも有名。今回は日本の倍以上も広いユニバーサルスタジオ ハリウッドで購入したいお土産を紹介します。

  • ロサンゼルス「メルローズ・アベニュー」で買い物ならココ!...

    ロサンゼルスといえばファッションの街!お洒落で美容意識が高い人が多く、ロスにあるストアもお洒落なところが多いです。アメリカに行ったら、日本未発売のお洒落ファッションアイテムを手に入れたいところですよね。そこで今回は、ハリウッド・メルローズ・アベニューでオススメのファッション・ストア4店をご紹介していきます!

  • カリフォルニアディズニーランドだけのお土産をゲット!人気...

    せっかく海外のディズニーランドに来たのなら、お土産にもこだわりたいところ。カリフォルニアでしか買えないグッズが手に入るお土産ショップを5つご紹介します♪

  • サンフランシスコ観光を100%満喫する!行かなきゃ損な鉄板コ...

    写真好きの人におすすめしたい街サンフランシスコ!今回ご紹介する鉄板観光スポットで、思う存分写真を撮ってみませんか?どこを切り取ってもフォトジェニックな街ですが、さらにさらに素敵な一枚が狙えますよ。お気に入りのカメラとの二人旅に出かけましょう!

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事