必見デヴェタシュカ洞窟!ブルガリア絶景スポットが凄かった

10,495

views

0

「死ぬまでに一度は行きたい」と噂のデヴェタシュカ洞窟は東欧の国ブルガリアあった!というこでブルガリアについて少し調べてみました。ブルガリアの絶景と首都ソフィアにある教会をご紹介します。

ブルガリア秘境の巨大洞窟「デヴェタシュカ洞窟」

デヴェタシュカ洞窟 Devetashkata Bulgaria Cave

7万年以上もの大昔に誕生したといわれている、ブルガリアにある天然洞窟。
全長は約2400メートル、高さは約60メートルを誇る。

ヨーロッパで3本の指に入るといわれるほどの、コウモリの生息地なんだとか。

首都ソフィア近くのロべチという町に洞窟はあるそうで、近年前まで住民たちもあまり知らなった秘密の場所だったようです。

美しいブルガリアについて少しお勉強してみる

日本でイメージするブルガリアとは、ヨーグルトと琴欧洲関の出身地、そしてバラの国として有名な国。あまりにメジャーになった明治ブルガリアヨーグルトのイメージは凄い。

そんなブルガリアは、14世紀後半から500年の間、隣国トルコに支配されていた時代がある。その後ロシアによって解放され旧ソビエト寄りに、現在は民主化の流れにより人々の意識も変わってきている。

正式名称「ブルガリア共和国」通称ブルガリア

バルカン半島の中央に位置し、黒海に面しているブルガリア。隣接国はトルコ、ギリシャ、マケドニア、セルビア、ルーマニア。日本の約3分の1の大きさの国土、人口は770万人ほど。近年に見つかった遺跡が、歴史的な価値として考古学界でも世界的に熱い注目を浴びている。

ブルガリアへのアクセス

日本から直行便はなく、日本からヨーロッパの各都市、フランクフルト、ウィーン、パリ、ロンドンなどを経由するのが一般的。陸路からトルコ、ギリシャ、マケドニア、セルビア、ルーマニアからも入国できる。

言語:ブルガリア語。
観光用ホテル、レストラン、ビジネスでは英語も比較的通じる。キリル文字。

通貨:レフ/BGN(複数形はレヴァ)
ブルガリアの治安は、世界治安危険度ランキングは163カ国中37 位。海外旅行へある程度行き慣れた人向きかとおもわれます。

歴史がつまったヨーロッパ最古の都市ソフィア

アレクサンダル・ネフスキー大聖堂 Alexander Nevsky Cathedral

首都ソフィアの中心は徒歩で回れる範囲に見どころがたくさん集まっている。アレクサンダル・ネフスキー大聖堂は、ブルガリア最大の規模を誇るソフィアのシンボル。

アレクサンダル・ネフスキー大聖堂 (Alexander Nevsky Cathedral)
住所:
Aleksander Nevski Square, Sofia, Bulgaria
アクセス:
スール・ランナ門から徒歩約30分
電話番号:
+359 2 988 1704
開館時間:
5月~9月、8時から19時まで。(土曜は20時まで)
休館日:
10月~4月
入館料:
無料

奇跡者聖ニコライ・ロシア教会 Russian Church of St Nicholas the Miracle-Worker

ロシア革命後、たくさんのロシア移民はブルガリアへ。その精神の拠り所となった奇跡者聖ニコライ・ロシア教会は、最後のロシア皇帝ニコライ2世から寄贈された8つのベルがある。

聖ニコライ ロシア教会 (St. Nicholai Russian Church)
住所:
St. Nicholai Russian Church Sofia, Bulgaria
営業時間:
7:45~18:30
アクセス:
アレクサンダル・ネフスキー大聖堂から徒歩5分程
休館日:
無休
入館料:
無料(寄付歓迎)

バーニャ・バシ・モスク Banya Bashi Mosque

オスマントルコ時代(1566年)に建造されたモスクです。

バーニャ バシ ジャーミア (Banya Bashi Dzhamiya)
住所:
Maria Louiza Boulevard at Triyaditsa Ulica, Sofia
営業時間:
10:00~23:00頃
アクセス:
アレクサンダル・ネフスキー大聖堂から徒歩10分ほど、マリアルイザ通りに面している。
休館日:
無休
入館料:
無料

ソフィア シナゴーグ Sofia Synagogue

丸天井から巨大なシャンデリアが吊り下がるソフィア・シナゴーグは、バルカン半島最大のユダヤ教寺院。

ソフィア シナゴーグ (Sofia Synagogue)
住所:
Exarch Joseph Street 18, 1000 Sofia, ブルガリア
営業時間:
8:30〜12:30~13:00〜16:30
アクセス:
アレクサンダル・ネフスキー大聖堂から約15分ほど。エクザルフ・ヨシフ通りとワシントン通りの交差点にある。
休館日:
無休
開館料:
2BGN

聖ネデリャ教会 St Nedelya Church at Night

ブルガリア正教会ソフィア主教職の聖堂。

イヴァン ヴァゾフ国立劇場 Ivan Vazov National Theater

ブルガリアの国民的作家の名前を付けた国立劇場。正面入り口前には広々とした公園が広がり、ちょっとした噴水があり、晴れた日にのんびりするにはとてもいいところ。アレクサンダー・ネフスキー大聖堂からは歩いて数分。

Saint All Saints Church

Tsarevets

Strandzha Nature Park

世界遺産の一つ!古代都市ネセバルは黒海のリゾート地

中世ビザンチン教会の宝庫であるネセバルは、黒海沿岸のリゾート地であり世界遺産に登録される古都。紀元前1000年にはすでにトラキア王が住み、王の名をとってメナブリア(メナス王の町)と呼ばれている。黒海沿岸の町ブルガスから1時間に2本ほどバスが出ている。

Nessebar -St. Stephen Church

まとめ

気になるデヴェタシュカ洞窟を!動画で確認

出典:youtube

デヴェタシュカ洞窟はやはり圧巻の絶景!そんなデヴェタシュカ洞窟はシルヴェスター・スタローン主演のアクション映画「エクスペンダブルズ2」のロケ地に使用され近年注目される。ということで、映画の予告編でデヴェタシュカ洞窟を動画で確認してみるのも面白い。

ブルガリア出身の琴欧洲 関こと鳴戸親方

ブルガリア共和国ヴェリコ・タルノヴォ州ヴェリコ・タルノヴォ市出身
ブルガリアの実家にいた頃、毎日約2キロのヨーグルトを食べていた。

愛称はカロヤン。
2015年に鳴戸を襲名。

個人的に今日もお世話になったブルガリアヨーグルトですが、また違った意味のブルガリアを知ることができ、妄想旅行しかり、実際その目で確かめてみたいデヴェタシュカ洞窟‼いつの日か行ってみたいリストに入れてみるのもアリでしょうか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 必見デヴェタシュカ洞窟!ブルガリア絶景スポットが凄かった

    「死ぬまでに一度は行きたい」と噂のデヴェタシュカ洞窟は東欧の国ブルガリアあった!というこでブルガリアについて少し調べてみました。ブルガリアの絶景と首都ソフィアにある教会をご紹介します。

  • ブルガリア基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    皆さんはブルガリアにどんなイメージを持っていますか?ヨーグルト、と答える人が多いかもしれません。でもブルガリアには豊かな自然とたくさんの世界遺産があり、フレンドリーな人々も多いんです。ここではブルガリアの言語について見ていきましょう。

  • ブルガリア基本情報 【気候・服装編】

    日本ではヨーグルトの産地として知られているブルガリア。バラの産地としても有名で、バラのエッセンスオイルなどがよく知られています。そんなブルガリアは地形も変化に富み、美しい光景を見せてくれます。ここではブルガリアの気候と訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • ブルガリア基本情報 【治安・情勢編】

    ヨーグルトで有名なブルガリアですが、観光スポットが盛り沢山!世界遺産に登録されている「古代都市セネバル」を始めとした美しい街並みが見どころなんです。この記事ではそんなブルガリアの治安や情勢、防犯情報についてご紹介します。

  • ブルガリア基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    東ヨーロッパの黒海に面した国ブルガリア。本記事では、ブルガリアへ渡航する際に知っておきたいビザに関する情報や大使館、税関についての基本情報をお届けします。

  • ブルガリア基本情報 【時差・空港編】

    東ヨーロッパのバルカン半島に位置するブルガリア。本記事では、ブルガリアを旅するときに知っておきたい、日本とブルガリアとの時差や、ブルガリアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。

このエリアの新着記事
  • ブルガリア基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    皆さんはブルガリアにどんなイメージを持っていますか?ヨーグルト、と答える人が多いかもしれません。でもブルガリアには豊かな自然とたくさんの世界遺産があり、フレンドリーな人々も多いんです。ここではブルガリアの言語について見ていきましょう。

  • ブルガリア基本情報 【治安・情勢編】

    ヨーグルトで有名なブルガリアですが、観光スポットが盛り沢山!世界遺産に登録されている「古代都市セネバル」を始めとした美しい街並みが見どころなんです。この記事ではそんなブルガリアの治安や情勢、防犯情報についてご紹介します。

  • ブルガリア基本情報 【気候・服装編】

    日本ではヨーグルトの産地として知られているブルガリア。バラの産地としても有名で、バラのエッセンスオイルなどがよく知られています。そんなブルガリアは地形も変化に富み、美しい光景を見せてくれます。ここではブルガリアの気候と訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • ブルガリアの必見観光スポット「リラ修道院」特集!ポップで...

    ブルガリアの苦難の歴史の中、たくさんのキリスト教徒の信仰を支えてきたリラ修道院。なのに、そんな波乱を経験してきたとはとても思えないほどのかわいらしい建物の数々に驚きと興味が湧きます。こんな宗教施設、見たことありますか?個性あふれるリラ修道院をご紹介します。

  • ブルガリア屈指の絶景が広がる「ピリン国立公園」特集!美し...

    氷河によって造り上げられた大自然の芸術品ブルガリアの「ピリン山系」。半円形に削り取られた谷間にたくさんの氷河湖が彩りを添えるその姿は、まさにおとぎの国の景観!静かにたたずめば、神々の息吹も感じられるような…そんなピリンの魅力をご紹介します。

  • ブルガリア基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    東ヨーロッパの黒海に面した国ブルガリア。本記事では、ブルガリアへ渡航する際に知っておきたいビザに関する情報や大使館、税関についての基本情報をお届けします。

  • ブルガリア基本情報 【時差・空港編】

    東ヨーロッパのバルカン半島に位置するブルガリア。本記事では、ブルガリアを旅するときに知っておきたい、日本とブルガリアとの時差や、ブルガリアまでの所要時間などの基本情報をお届けします。

新着記事