ドミニカ共和国おすすめ観光スポット9選!カリブ海リゾートでコバルトブルー満喫プラン

5,531

views

0

ドミニカ共和国はカリブ海に位置するイスパニョーラ島に属し、同じ島の西側にはハイチが隣接しています。コバルトブルーの美しい海や陽気な音楽に加え、大航海時代の歴史も色濃く残っている多彩な国。日本人にあまり馴染みのないドミニカ共和国の魅力をご紹介いたします!!

サントドミンゴ

ドミニカ共和国の首都サントドミンゴは、スペインによる新大陸最古の植民地都市で、現在ではカリブ海有数の近代都市となっています。
中世ヨーロッパのようなコロニアル調の建物が立ち並び1990年には「サントドミンゴの植民都市(Colonial City of Santo Domingo)」として世界遺産に登録されています。

エル・コンデ通り

まず行きたいのが旧市街の入口とも言われているエル・コンデ通り!
植民地時代のコロニアル調の建物が並ぶ長い通りにはお土産屋、オープンテラスのあるカフェやレストラン、バーにホテル、ギャラリーなどオシャレなお店が立ち並び、どこからともなくメレンゲやサルサなどの音楽が流れてきます。

なんとその長さは約1㎞!
青と赤と白のドミニカ共和国の国旗がたくさん飾られ、カラフルな雑貨や絵画などのお土産ものと共に陽気なムードを感じる事が出来ます。

サントドミンゴにはお土産屋が少なく購入するなら空港かエル・コンデ通り。
歩行者だけの通りになっているので車の心配もなくゆっくりショッピングしちゃいましょう!

エル・コンデ通り(Calla El Conde)
住所:
Calle El Conde,Santo Domingo,República Dominicana
営業時間:
0:00~24:00
アクセス:
ラス・アメリカス国際空港から車で約30分でコロン公園まで行きインペンデンシア公園までコロン通りが続く。
定休日:
年中無休

サンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂

旧市街で見ておきたいのが1540年に建設された新大陸最初の教会施設サンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂(別名アメリカ首座大司教座聖堂)!
1992年までコロンブスの遺言にそって遺体が安置された場所でもあります。

なんと建物は全てサンゴ石で作られており天井は高く開放的!
アーチ型の柱がとても美しく訪れた人々を魅了します。

サンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂(Cathedral de Santa Maria)/アメリカ首座大司教座聖堂(Catedral Primada de America)
住所:
Calle Isabel La Catolica Santo Domingo, Dominican Republic
営業時間:
9:00~16:00
アクセス:
ラス・アメリカス国際空港から車で約30分。
定休日:
日曜日
電話番号:
+1 809-682-3848
料金:
無料

プンタカナ

ドミニカ共和国の中でも一番注目されているビーチリゾートが東部にあるプンタカナです。
大型リゾートホテルの多くがオールインクルーシブタイプ!
美しい海と共に食べ放題・飲み放題・無料アクティビティを楽しんで優雅な休日をすごしちゃいましょう。

ババロビーチ

真っ白なパウダー状の砂にコバルトブルーの透明な海!
それがババロビーチ!
この海の素晴らしさは美しさはもちろんのことくリゾートとしての総合的な完成度の高さにあります。

欧米から進出してきている数々のリゾートホテルは全てビーチ沿いに立ち並んでおりジュースやカクテルを片手に波の音を聞きながら癒しのひと時を過ごすことが出来ます。

各ホテルの広大な敷地の中にはカジノやゴルフ場、テニス場にマリンアクティビティ受付カウンター、豪華で美味しいレストランなど充実した休日を過ごすため施設が完備されています。
何日でも連泊して極上のひと時を味わっちゃいましょう!

夕暮れ時には真っ赤な太陽が水平線に沈み空はオレンジやピンクに彩られます。
夜はヤシの木越しに見える無数の星々が感動的。
一生忘れないロマンティックな時間を過ごすことが出来ますよ。

ババロビーチ(Playa Bavaro)
住所:
Playa Bavaro, La Altagracia, República Dominicana
営業時間:
0:00~24:00
アクセス:
プンタカナ国際空港から車で約30分。
定休日:
年中無休

サオナ島

ホテルやマリンショップから申し込んで行けるのがサオナ島。
バヤイベビーチから船に乗るとまず見えてくるのがパルケ・ナショナル・デル・エステという国立公園の緑!
まるでソーダのような色の海とのコントラストがとても美しいです。

その後マングローブの林を見たり透明度抜群の海でお魚とスノーケリングしたりカリブ海の自然を楽しむ事が出来ます。
サオナ島に上陸するとそこには純白でサラサラの砂と水色の海が!
物売りもラテンミュージックもない波の音だけの心地よい癒しの時間があなたを待っています。

帰り際にはパロミージャ(日本語で天然プールという意味)と呼ばれる浅瀬で水遊びしてリラックス。
別名「パラダイスアイランド」と言われているサオナ島で充実した1日を過ごしてみませんか?

サオナ島(Isla Saona)
住所:
Isla Saona, La Altagracia, República Dominicana
営業時間:
9:00~16:30(ツアー催行時間)
アクセス:
ホテルやマリンアクティビティショップで1日ツアーを申し込んだ後バヤイベ港からボートで約1時間半でサオナ島到着。
定休日:
各ツアー会社による(ローシーズンは毎日催行していないので要確認。)
料金:
平均US$65~100

プエルトプラタ

北部に位置し首都サントドミンゴから車で片道4時間で行けるのがプエルトプラタです。
ドミニカ共和国の中で最も観光開発の進んでいる地域でオールインクルーシブのホテルが立ち並び美しいビーチはもちろんのこと、公園や歴史的建造物に博物館など街歩きにも充実しています。

サンフェリペ要塞

16世紀にフランスやイギリスの海賊から街を守るために造られたのがこのサンフェリペ要塞です。
ドミニカ共和国の英雄の一人グレゴリオ・ルペロンの像が要塞の目の前にあります。

要塞からは青い海とプエルトプラタの港町が見渡せ眺めは抜群。
建物内には大砲なども設置されており当時の雰囲気を味わうことが出来ます。

サンフェリペ要塞(Fortaleza San Felipe)
住所:
Avenida General Gregorio Luperón、Puerto Plata
営業時間:
8:45~16:45
アクセス:
グレゴリオ・ルーペロン国際空港から車で約30分。
定休日:
日曜日
電話番号:
+1 809-261-6043
料金:
RD$(ドミニカンペソ)100

琥珀博物館

杉やヒノキの樹液から出来た宝石・化石である琥珀(アンバー)で有名なドミニカ共和国。
実は映画ジュラシックパークの舞台にもなりました。
プエルト・プラタの琥珀博物館は個人のコレクションとして世界でも例がない程膨大にあります。

通常の琥珀は明るい黄色からオレンジや赤や茶色とされていますが、ドミニカ共和国ではアンバーアスールと言われる青みがかった希少なものも発掘されています。
2階が展示室、1階がショップになっているのでお土産に一つ買ってみては?

琥珀博物館(Museo del Amber Dominicano)
住所:
Duarte、Puerto Plata 57000
営業時間:
9:00~18:00
アクセス:
グレゴリオ・ルーペロン国際空港から車で約30分。
定休日:
日曜日
電話番号:
+1 809-244-4895
料金:
US$3

いかがでしたか?
日本ではあまり知られていないドミニカ共和国は美しい海と自然と歴史の宝庫!
ラテンミュージックを聞きながらカリブ海の癒しの時間を堪能してみませんか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ドミニカ共和国基本情報 【お金編】

    ドミニカ共和国はカリブ海にある国です。ここではドミニカ共和国を訪れる際に必要なお金に関する情報についてまとめてみました。通貨、両替、チップ、物価などドミニカ共和国を訪れる時は参考にしてください!

  • ドミニカ共和国基本情報 【気候・服装編】

    ドミニカ共和国はカリブ海にある国で、ハイチと国境を接しています。欧米からの観光客も多く、人気のリゾート地です。ここではそんなドミニカ共和国の気候や訪れる際の服装について紹介したいと思います。

  • ドミニカ共和国のエコツーリズム徹底ガイド!ただいま人気急...

    ドミニカ共和国は首都サント・ドミンゴの旧市街やビーチリゾートで有名なカリブ海の国。最近ではエコツーリズムが欧米からの旅行者に大好評。熱帯雨林のジャングルや、クジラやイルカがいる海をアクティブに楽しむツアーです。

  • ドミニカ共和国 サント・ドミンゴでおすすめの人気レストラン...

    ドミニカ共和国の首都のサント・ドミンゴはスペイン人が建設した新大陸最古の街。そう!ここは新大陸でもっとも早くヨーロッパ料理が持ち込まれた街でもあるのです。そんなわけで、サント・ドミンゴは昔からカリブ海料理とヨーロッパ料理が混在する食の都。どんな料理があるのか、この街で注目のレストランをご紹介しながら見ていきましょう。

  • ドミニカ共和国基本情報 【治安・情勢編】

    カルビ海に浮かぶイスパニョーラ島の東半分がドミニカ共和国です。比較的治安がいい国とされていますが、訪れる際には気を付けたいこともあります。ここではドミニカ共和国の治安に関する情報をまとめてみました。

  • ドミニカ共和国基本情報 【時差・空港編】

    カリブ海にあるドミニカ共和国。日本からは直行便がなく、アメリカの都市を経由して行くのが一般的です。ここではドミニカ共和国と日本の時差、フライト、国際空港などについて詳しく紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • ドミニカ共和国基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海に浮かぶドミニカ共和国では、毎年2月に行われる熱いカーニバルが有名。ここではそんなドミニカ共和国の祝日や祭日、イベント、ビジネスアワーなどについて詳しく紹介しましょう!

  • ドミニカ共和国基本情報 【時差・空港編】

    カリブ海にあるドミニカ共和国。日本からは直行便がなく、アメリカの都市を経由して行くのが一般的です。ここではドミニカ共和国と日本の時差、フライト、国際空港などについて詳しく紹介しましょう。

  • ドミニカ共和国基本情報 【治安・情勢編】

    カルビ海に浮かぶイスパニョーラ島の東半分がドミニカ共和国です。比較的治安がいい国とされていますが、訪れる際には気を付けたいこともあります。ここではドミニカ共和国の治安に関する情報をまとめてみました。

  • ドミニカ共和国基本情報 【お金編】

    ドミニカ共和国はカリブ海にある国です。ここではドミニカ共和国を訪れる際に必要なお金に関する情報についてまとめてみました。通貨、両替、チップ、物価などドミニカ共和国を訪れる時は参考にしてください!

  • ドミニカ共和国基本情報 【気候・服装編】

    ドミニカ共和国はカリブ海にある国で、ハイチと国境を接しています。欧米からの観光客も多く、人気のリゾート地です。ここではそんなドミニカ共和国の気候や訪れる際の服装について紹介したいと思います。

  • ドミニカ共和国 首都サント・ドミンゴで人気の歴史スポット探...

    カリブ海のど真ん中に浮かぶイスパニョーラ島。コロンブスの探検隊が上陸して以降、この島を拠点にしてスペイン風の街が数多くカリブ海で作られるようになります。ドミニカ共和国はイスパニョーラ島の東側を占める国。とりわけ首都のサント・ドミンゴにはカリブ海の歴史そのものを物語る建物がたくさん集まっています。そんな歴史がギュギュっと凝縮された街の歴史探訪に出かけてみましょう。

  • ドミニカ共和国 サント・ドミンゴでおすすめの人気レストラン...

    ドミニカ共和国の首都のサント・ドミンゴはスペイン人が建設した新大陸最古の街。そう!ここは新大陸でもっとも早くヨーロッパ料理が持ち込まれた街でもあるのです。そんなわけで、サント・ドミンゴは昔からカリブ海料理とヨーロッパ料理が混在する食の都。どんな料理があるのか、この街で注目のレストランをご紹介しながら見ていきましょう。

  • ドミニカ共和国のエコツーリズム徹底ガイド!ただいま人気急...

    ドミニカ共和国は首都サント・ドミンゴの旧市街やビーチリゾートで有名なカリブ海の国。最近ではエコツーリズムが欧米からの旅行者に大好評。熱帯雨林のジャングルや、クジラやイルカがいる海をアクティブに楽しむツアーです。