タンザニア観光ならセレンゲティ国立公園へ!ライオンなどの野生動物鑑賞♪

2,687

views

0

マサイ・マラ国立保護区、ンゴロンゴロ保護区と隣接しているセレンゲティ国立公園。さまざまな動物が約300万頭も生息していると言われています。 自然そのままの景色の中で、動物たちの営みを見ることが出来ます。

セレンゲティ国立公園とは…

セレンゲティ国立公園とは、タンザニア連合共和国北部に位置する、四国と同等の面積を持つ自然保護を目的とした公園です。タンザニア国内で最も古く、人気があります。

果てしなく広がる平原

標高1500mの草原を中心に、低木林、岩山の山地などを含む国立公園で、1981年、ユネスコの世界自然遺産に登録されました。
「セレンゲティ」とは、マサイ語で「果てしなく広がる平原」という意味で、その名の通り見渡す限りの地平線を望むことが出来ます。

これだけは見たい!アフリカのビッグ5

ハンティングが盛んに行われていたアフリカでは、ハンターにとって狩りの難易度が高く、危険な5種類の動物の事をビッグ5と呼んでいました。現在では人気の動物、サイ・ライオン・ゾウ・ヒョウ・バッファローのことを指しています。ビッグ5を見られる確率が高いことが最大の魅力です。

他にはどんな動物がいるの?

人気のビッグ5の他、シマウマ・カバ・キリン・ガゼル・ハイエナなどが生息しています。哺乳動物だけで60種類以上が生息していると言われています。

他にも、ダチョウやフラミンゴ、猛禽類などの大型の鳥や、100種を超えるフンコロガシなどさまざまな昆虫も見られます。

動物を見に行こう!

動物観察をするのなら、動物たちが良く動き回る早朝と夕方がおすすめの時間帯です。サファリカーの目の前を動物が縦横無尽に走り回ります。さらにサファリカーに乗っていれば、カバやワニなど水辺の動物にも近づくことが出来ます!

動物たちの大移動

セレンゲティを代表する動物がヌーです。ヌーだけでも100万頭以上が生息していると言われています。20万頭以上のシマウマ、そして50万頭以上のガゼルなどの草食動物は、グレイト・ミグレーションと呼ばれる大移動をします。

グレイト・ミグレーションの迫力!

年2回の雨季と乾季に、セレンゲティとマサイ・マラ国立保護区内の広い平原を、水と食べ物を求めて走る草食動物たちの大移動は圧巻です!

命がけの大移動

グレイト・ミグレーションの際に渡る、タンザニアとケニアの国境を流れるマラ川には、体長が最大7mにもなる世界最強のナイルワニが生息しています。そして向こう岸には肉食動物。草食動物たちの周辺にはたくさんの危険が待っています。

公園内のいたるところで、野生動物の弱肉強食・食物連鎖が目の前で繰り広げられます。この難関を潜り抜けたものだけが、出産期を迎え、生命をつなぐことが出来るのです。

世界遺産セレンゲティ国立公園は、雄大な自然の中で野生の営みを見ることが出来る場所です。「ヒト」という動物として、一度は訪れたい場所です。たくさんの動物たちに出会い、その迫力を肌で感じましょう!

セレンゲティ国立公園(Tanzania National Parks)
住所:
Tanzania National Parks P.O Box 3134 Arusha, Tanzania
営業時間:
6:00~18:00
アクセス:
タンザニア北部のアルーシャ州から、車で8時間、軽飛行機で1時間。
電話番号:
+255 27 250 3471
料金:
50$~(変更の場合があるので要確認)
おススメの時期:
12月~7月(ヌーの大移動)、6月~10月(肉食動物が活発な時期)、1~2月(出産時期)
umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アフリカの楽園へ行こう!タンザニアのザンジバル島が絶景すぎる

    アフリカというとサファリとかサバンナとか乾いたイメージですが、もちろん海に囲まれた大陸ですので、海沿いに発展した町もあります。東アフリカ・タンザニアにあるザンジバル島はまさに世界文化遺産に登録されているストーン・タウンに、「楽園」と呼ばれるビーチと、一度で二度おいしい絶景スポット!その魅力をご紹介します。

  • タンザニア・ザンジバル島の世界遺産ストーンタウン!おすす...

    アフリカの東海岸インド洋に浮かぶ珊瑚礁の島ザンジバル。この島にはかつて東西貿易の要として栄えたストーンタウンという街があります。白亜の建築が並ぶこの街にはさまざまな文化を融合させた独自のもので、世界遺産にも登録されているんです。今回は異国情緒あふれる街の魅力をたっぷりとご紹介します。

  • タンザニアの秘境オルドイニョ・レンガイ火山をトレッキング...

    オルドイニョ・レンガイ火山はタンザニア北部の活火山で、マサイ族の聖地・神の山です。アフリカの大地にそびえ立つ標高2900mの山はまさに秘境!他に類を見ない真っ黒な溶岩は冷えると白くなり、まるで冠雪のようです。さらに山頂から眺めるサバンナの絶景は一見の価値あり!

  • タンザニアの自然保護区でサファリツアー!初アフリカなら安...

    ライオン、ゾウ、キリン、シマウマなど、野生動物の生の姿に触れるなら、お勧めはタンザニア。 雄大なサバンナの自然は、動物園では決して味わうことの出来ない驚きと感動を与えてくれます。 そこで今回は、アフリカの中でも初めての方におすすめな、セレンゲティ国立公園をご紹介します。

  • 登山にコーヒー、日本でも有名なキリマンジャロとはどんな場所?

    日本人でも知らない人はいない世界的に有名な山といえば、キリマンジャロ。しかし、どこの国にあるのか、そこがどんな場所なのかというのを知らない人も多いかと思います。今回はそんなキリマンジャロの魅力を詳しくご紹介します。

  • ツアーで行きたいタンザニア・ンゴロンゴロって?人類発祥の...

    ンゴロンゴロ保全地域はタンザニアの北部に広がる大草原。中でも、一際目を引くのが巨大なンゴロンゴロクレーターです。クレーター内にはたくさんの野生動物が生息しており、「世界の動物園」と呼ばれています。またこの地は、マサイ族が昔ながらの生活を営んでいることでも有名です。自然、動物、人間が共存するンゴロンゴロ、どんな場所なのかご紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • タンザニアの秘境オルドイニョ・レンガイ火山をトレッキング...

    オルドイニョ・レンガイ火山はタンザニア北部の活火山で、マサイ族の聖地・神の山です。アフリカの大地にそびえ立つ標高2900mの山はまさに秘境!他に類を見ない真っ黒な溶岩は冷えると白くなり、まるで冠雪のようです。さらに山頂から眺めるサバンナの絶景は一見の価値あり!

  • 登山にコーヒー、日本でも有名なキリマンジャロとはどんな場所?

    日本人でも知らない人はいない世界的に有名な山といえば、キリマンジャロ。しかし、どこの国にあるのか、そこがどんな場所なのかというのを知らない人も多いかと思います。今回はそんなキリマンジャロの魅力を詳しくご紹介します。

  • タンザニアの自然保護区でサファリツアー!初アフリカなら安...

    ライオン、ゾウ、キリン、シマウマなど、野生動物の生の姿に触れるなら、お勧めはタンザニア。 雄大なサバンナの自然は、動物園では決して味わうことの出来ない驚きと感動を与えてくれます。 そこで今回は、アフリカの中でも初めての方におすすめな、セレンゲティ国立公園をご紹介します。

  • タンザニア旅行で行くべき「ンゴロンゴロ」!旅行野生動物の...

    タンザニアの北部にあるンゴロンゴロ。そこは数百年前の火山活動によりできた大きなカルデラです。周囲は山に囲われ外部と遮断されているため独自の生態系が存在しています。そんな自然の作り出したンゴロンゴロの魅力についてご紹介していきます。

  • ツアーで行きたいタンザニア・ンゴロンゴロって?人類発祥の...

    ンゴロンゴロ保全地域はタンザニアの北部に広がる大草原。中でも、一際目を引くのが巨大なンゴロンゴロクレーターです。クレーター内にはたくさんの野生動物が生息しており、「世界の動物園」と呼ばれています。またこの地は、マサイ族が昔ながらの生活を営んでいることでも有名です。自然、動物、人間が共存するンゴロンゴロ、どんな場所なのかご紹介したいと思います。

  • タンザニア・ザンジバル島の世界遺産ストーンタウン!おすす...

    アフリカの東海岸インド洋に浮かぶ珊瑚礁の島ザンジバル。この島にはかつて東西貿易の要として栄えたストーンタウンという街があります。白亜の建築が並ぶこの街にはさまざまな文化を融合させた独自のもので、世界遺産にも登録されているんです。今回は異国情緒あふれる街の魅力をたっぷりとご紹介します。

  • アフリカの楽園へ行こう!タンザニアのザンジバル島が絶景すぎる

    アフリカというとサファリとかサバンナとか乾いたイメージですが、もちろん海に囲まれた大陸ですので、海沿いに発展した町もあります。東アフリカ・タンザニアにあるザンジバル島はまさに世界文化遺産に登録されているストーン・タウンに、「楽園」と呼ばれるビーチと、一度で二度おいしい絶景スポット!その魅力をご紹介します。

新着記事