静岡県静岡市の人気市営浴場「湯ノ島温泉浴場」へ行こう!美肌効果にもうビックリ

1,819

views

0

静岡県静岡市にある「湯ノ島温泉浴場」。露天風呂はなく、内湯のみの日帰り入浴施設ですが、大浴場の窓が大きく外の景色がよく見えるので開放感があります。また、お湯は肌がツルツルになったり、保湿効果も高く、お肌に悩みを持つ方に自信をもっておすすめできる入浴施設です。

静岡県・静岡市「湯ノ島温泉浴場」

静岡県静岡市にある湯ノ島温泉浴場は、市営の日帰り入浴施設で、お風呂は内湯のみという形態で営業されています。露天風呂がないのが少し残念ですが、ここの温泉は、源泉にほとんど加水していないため、他の温泉に比べると温泉成分の濃度が高い事が特徴です。

湯ノ島温泉浴場へ行くには、車がおすすめ!

公共交通機関を利用の方は、JR静岡駅から静岡鉄道バス日向行きに乗り、終点で下りてください。一番最寄りのバス停ですが、そこから徒歩30分の所にありますので、少し遠いです。
車を利用の際は、建物の隣に60台ほどの駐車スペースがあるので、そちらを利用しましょう。

年季の入った木造の入口に、営業時間や定休日などが書かれています。休館日や営業時間外でなければ、そのまま入りましょう。

湯ノ島温泉浴場・館内

館内に入ると、清掃の手が行き届いていて、清潔に保たれているのが分かります。受付を済ませたら、お風呂へ向かいましょう。

入口から奥へ進んで行くと、男湯・女湯ののれんがかかっているので、それぞれののれんの場所から脱衣所に入ります。

脱衣所も清掃が行き届いていて綺麗です。貴重品を安心して入れられる鍵付きロッカー、お風呂には欠かせない体重計など、必要最低限の物も完備されています。

温泉分析書もしっかり掲示されており、温泉の内容が分かるようになっています。
気になる効能は、リウマチ、神経痛、冷え性、皮膚病です。

準備ができたら、お風呂へ行こう♪

出典: www.at-s.com

大浴場に入ると、外の景色がよく見える大きな窓があるので、半露天風呂感覚でお風呂に入れます。洗い場には、ボディソープやシャンプーなどが置いてあるので、事前に準備しなくていいのがポイント高いです。

男湯・女湯ともに同じ造りになっています。
ここのお湯は、肌がツルツルになる美肌・美人の湯として有名ですので、女性の方にはうれしい泉質です。また、保湿効果も高いようですので、乾燥肌の方にも人気があります。

お風呂上りは広々とした休憩所でまったり~♪

お風呂上りは、広々とした休憩所でゆっくりとくつろいでいきましょう。浴場の隣に「玄国茶屋」というお食事・お土産屋さんがあるのですが、そこから出前をとって食事をすることもできるそうなので、お風呂上りに利用してみてはいかがでしょうか?

湯ノ島温泉浴場
住所:
静岡市葵区湯ノ島304-3
営業時間:
9:30~16:30
アクセス:
JR静岡駅から静岡鉄道バス日向行きで1時間10分、終点下車、徒歩30分
東名高速道路静岡ICから県道84号、国道1・362号、県道60号を井川湖方面へ32km
定休日:
毎週木曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末年始
電話番号:
054-291-2177
料金:
大人500円、小人200円
おススメの時期:
いつでも

湯ノ島温泉浴場をご紹介しましたが、いかがでしたか?お風呂の種類が内湯のみと寂しい感じがしますが、そこは質の高いお湯がカバーしてくれています。入浴施設には、お食事処はありませんが、隣のお食事処から出前がとれるというのは、いいアイデアですね。是非足を運んでみてください。

静岡のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 静岡駅周辺で買いたい話題のお土産15選 イマドキお茶だけじ...

    富士山やお茶の印象が強い静岡県!そんな静岡県の玄関口である静岡駅で人気のお土産を集めてみました。お茶や富士山だけでない静岡県の魅力あふれるお土産をご紹介。

  • 静岡・大江戸温泉物語「天下泰平の湯すんぷ夢ひろば」の全貌...

    静岡県静岡市といえば、もともと関東と関西を結ぶ城下町としての役割を担い、歴史的にも重要な街として知られています。温泉もあることから全国から観光客が訪れます。そんな静岡市には、天然温泉をはじめ全23のお風呂を楽しめる施設「大江戸温泉物語 すんぷ夢ひろば 天下泰平の湯」という温泉テーマパークがあります。今回はその魅力をお伝えしたいと思います。

  • 静岡・日本平動物園の展示工夫が斬新で楽しい!日本一長いス...

    緑に囲まれた自然豊かな土地に位置する日本平動物園は、市政80周年記念事業として1969年(昭和44年)に開園しました。動物の躍動感を効果的に見せる生態的展示は、他の動物園に影響を与えました。そんな日本平動物園自慢の施設を紹介します。

  • 静岡県静岡市「南アルプス赤石温泉 白樺荘」まとめ!アルプス...

    静岡県静岡市にある「静岡市南アルプス赤石温泉 白樺荘」。2009年にリニューアルされた白樺荘は、以前とは比べ物にならないほど綺麗になりました。また、露天風呂から眺める景色は絶景!天気の良い日に訪れたいスポットです。館内にお食事処もあるので、入浴後のグルメも楽しみな施設です。

  • 静岡県静岡市「口坂本温泉浴場」の泉質が凄い!トロ~っとし...

    静岡県静岡市にある「口坂本温泉浴場」。静岡市とは思えない山奥で営業されている市営の日帰り入浴施設で、大自然の恵みを肌で存分に味わえる温泉です。市街地から離れているので行くのに苦労しますが、ここのお湯に浸かればアクセスの疲れも吹き飛ぶこと間違いなし!稀に珍客が訪れることもある口坂本温泉浴場をご紹介します。

  • 静岡県静岡市の人気市営浴場「湯ノ島温泉浴場」へ行こう!美...

    静岡県静岡市にある「湯ノ島温泉浴場」。露天風呂はなく、内湯のみの日帰り入浴施設ですが、大浴場の窓が大きく外の景色がよく見えるので開放感があります。また、お湯は肌がツルツルになったり、保湿効果も高く、お肌に悩みを持つ方に自信をもっておすすめできる入浴施設です。

このエリアの新着記事
  • 静岡県静岡市「清水西里温泉浴場 やませみの湯」!緑いっぱい...

    静岡県静岡市にある温泉施設「静岡市清水西里温泉浴場 やませみの湯」のご紹介です。森林公園の中にある温泉施設なので自然が豊富!山々を眺めながらゆったりと温泉に浸かることができますよ。

  • 静岡県静岡市「口坂本温泉浴場」の泉質が凄い!トロ~っとし...

    静岡県静岡市にある「口坂本温泉浴場」。静岡市とは思えない山奥で営業されている市営の日帰り入浴施設で、大自然の恵みを肌で存分に味わえる温泉です。市街地から離れているので行くのに苦労しますが、ここのお湯に浸かればアクセスの疲れも吹き飛ぶこと間違いなし!稀に珍客が訪れることもある口坂本温泉浴場をご紹介します。

  • 静岡県静岡市で人気の「三保園ホテル 」!松原近郊で源泉掛け...

    静岡県静岡市にある「三保園ホテル 」のご紹介です。三保の松原で有名な三保半島の先端にある温泉ホテルの特徴は源泉かけ流しの天然温泉が楽しめることと豪華な海鮮を中心としたお食事!静岡旅行の拠点にぴったりのホテルですよ♪

  • 静岡駅徒歩1分!子連れで楽しむ静岡科学館「る・く・る」に行...

    静岡科学館「る・く・る」は「みる・きく・さわる」をテーマにした体験型の科学館。サイエンス・ナビゲーターにいろいろ質問して、自分で触って体験して、科学の面白さに触れることができる場所です。る・く・るでの体験を通して家族できっと科学が好きになりますよ!

  • 静岡・日本平動物園の展示工夫が斬新で楽しい!日本一長いス...

    緑に囲まれた自然豊かな土地に位置する日本平動物園は、市政80周年記念事業として1969年(昭和44年)に開園しました。動物の躍動感を効果的に見せる生態的展示は、他の動物園に影響を与えました。そんな日本平動物園自慢の施設を紹介します。

  • 静岡県静岡市「南アルプス赤石温泉 白樺荘」まとめ!アルプス...

    静岡県静岡市にある「静岡市南アルプス赤石温泉 白樺荘」。2009年にリニューアルされた白樺荘は、以前とは比べ物にならないほど綺麗になりました。また、露天風呂から眺める景色は絶景!天気の良い日に訪れたいスポットです。館内にお食事処もあるので、入浴後のグルメも楽しみな施設です。

  • 静岡・大江戸温泉物語「天下泰平の湯すんぷ夢ひろば」の全貌...

    静岡県静岡市といえば、もともと関東と関西を結ぶ城下町としての役割を担い、歴史的にも重要な街として知られています。温泉もあることから全国から観光客が訪れます。そんな静岡市には、天然温泉をはじめ全23のお風呂を楽しめる施設「大江戸温泉物語 すんぷ夢ひろば 天下泰平の湯」という温泉テーマパークがあります。今回はその魅力をお伝えしたいと思います。

  • 静岡駅周辺で買いたい話題のお土産15選 イマドキお茶だけじ...

    富士山やお茶の印象が強い静岡県!そんな静岡県の玄関口である静岡駅で人気のお土産を集めてみました。お茶や富士山だけでない静岡県の魅力あふれるお土産をご紹介。

  • 静岡に行くならここに泊まりたい!おすすめホテル15選

    日本のほぼ中央に位置し、世界文化遺産の富士山をはじめ、南アルプス、伊豆、箱根などの自然、400年の歴史を誇る国宝・久能山東照宮、そしてお茶の産地としても有名な静岡。見どころがいっぱい詰まった静岡を旅するのにぜひ利用したい人気ホテルをご紹介します。

新着記事