静岡駅周辺で買いたい話題のお土産15選 イマドキお茶だけじゃない!

82,852

views

0

富士山やお茶の印象が強い静岡県!そんな静岡県の玄関口である静岡駅で人気のお土産を集めてみました。お茶や富士山だけでない静岡県の魅力あふれるお土産をご紹介。

バリ勝男クン

新しい静岡のお土産として話題沸騰中なのがこちら。日本有数のカツオの水揚げ量を誇る、静岡県焼津産のカツオを使ったカツオぶしチップです。ピーナッツも入っていて食感が最高と大評判。テレビやラジオでも取り上げられてご存じの方も多いのでは。手でつかんで食べられるかつおぶしは話のネタにもなるので◎。記憶力アップに効果があると言われるDHAがたっぷりで、ネーミングから受験生にもおすすめ。

JR静岡駅構内ギフトキヨスクなどで購入でき、5袋入りで¥772(税込)と手に取りやすい値段というところもおすすめポイント。2010年に開催された第21回全国水産加工品品評会では東京都知事賞に輝くなど、美味しさはお墨付き!
お酒のおつまみにおすすめな「辛口バリ勝男クン。辛いけどウマイ編」やチーズ好きにおすすめの「バリ勝男クン。ハイッ!チーズ編」など味のバリエーションも豊富です。

オーシャンプリンセスホワイトツナ

JR静岡駅ビル パルシェ食彩館にて購入できる、ツナ好きにぴったりなお土産「オーシャンプリンセスホワイトツナ」。
実は静岡県清水は日本で最初にツナ缶を作ったツナ缶ゆかりの地!昔から伝わる製法を守っている「オーシャンプリンセスホワイトツナ」は最高級の夏びん長マグロだけが使われていて、高級感たっぷり。お世話になっている人へのお土産におすすめです。

食べやすい大きめにカットされた綿実油(フレーク)は90gで¥314(税込)。その他身がたっぷりの手間暇かかったソリッドタイプもあるので贈る相手に合わせて選んでみましょう。どれも選びきれないという人にはお得なギフトセットもあるのでそちらを選んでもいいですね。
他のツナ缶との違いを感じるためにも、まずは何もつけずにそのまま食べるようにしましょう。ワインにもよく合うと大評判です。

お茶の葉クッキー

静岡でも有名な玉露の産地である、岡部産の抹茶が入ったクッキーです。北海度で作られたバターや生クリームなど無添加の原材料だけを使われているお菓子なので、小さい子どもがいる家庭にもおすすめです。
パッケージに登場しているあおむしくんが、添加物がないので、パクパク食べたという証拠に小さな穴があるのがとってもユニーク!JR静岡駅構内にあるキヨスクなどでゲットできます。

4枚入りから24枚入りと贈る相手によって枚数を選べるところもいいですね。スタンダードな12枚入りは¥972(税込)です。
静岡市の地域資源を生かした商品や製品に贈られる「しずおか葵プレミアム」に認定されているお土産でもあるので、静岡らしさをアピールできるお土産と言えるでしょう。お菓子作りの工程もタイミングや混ぜ方などをしっかりと研究しているところも好感が持てます。

追分羊かん

300年を超える歴史のある昔から定番の静岡のお土産です。5代将軍徳川慶喜公や清水の次郎長も好んで食べたそうです。静岡を出身のちびまる子ちゃんの作者でもあるさくらももこさんの好物でも有名です。映画版のちびまる子ちゃんで人気のある、「大野君と杉山君」の原作特別描き下ろしの表紙に店が描かれているので、ちびまる子好きなら一度はチェックしておきたいところ。

静岡駅のキヨスクで購入できて¥1,050(税込)です。こだわりの小豆を使って作られたあんが本物の竹の皮で包まれているのが特徴的。昔ながらの製法で蒸されていて甘さ控えめなところも魅力です。もっちりとした食感にしみじみと懐かしさを感じる事でしょう。竹皮の上から切って食べます。家族団らんの時間に静岡産のお茶と一緒に食べると、昔話で盛り上がることでしょう。

桜えびの舞

モンドセレクションを2011年から4年連続で受賞している、エビ好きには堪らないお菓子です。静岡県の駿河湾の深海で採れた桜エビは富士山の湧き水の影響で美味しいと大評判。桜えびの舞は濃いエビの味がしてくせになる美味しさと歯ごたえの良さで口コミでも話題になっています。お茶だけでなくお酒との相性も抜群です。パッケージも上品で年配の人にもおすすめのお土産です。

JR静岡駅構内にあるキヨスクやASTY静岡西館などで購入できます。12枚、21枚、30枚と枚数の幅が広いので会社や学校用のバラまきお土産としても優秀。12枚入りは¥702(税込)で販売されています。
割れやすいので食べやすいのですが、持ち運びには気を付けた方が無難。賞味期限も約1カ月程度と長いところも魅力です。開けた瞬間のエビの香りも存分に楽しみましょう。

うなぎいもタルト

土に、食べられないうなぎの骨や頭を利用して作られた肥料を使って、その栄養分で育てられた浜松産のサツマイモ「うなぎいも」。そんなうなぎいもを原料にして作られた今話題のスイーツ系のお土産です。普段なら捨ててしまううなぎの部分を有効活用し、伝統的に作られてきた郷土食材サツマイモのコラボとして開発されました。ボリューミーでおなかいっぱいになること間違いなし!

うなぎいもをスウィートポテトにしてしぼりしっかり焼き上げられています。昭和52年に誕生した静岡で愛されているお菓子屋さん「たこ満」を代表するスイーツにまで成長したうなぎいもタルトは、子どもや女性に大人気。
静岡駅のキオスクでも購入可能で4個入り¥650(税込)です。パッケージのうなもちゃんもキュートで大好評。しっとりした食感を楽しめるのでブレイクタイムにもいかがですか?

あげ潮

静岡県浜松出身の人気アイドルグループももいろクローバーZの百田夏菜子さんも大好きというあげ潮も、静岡県のお土産にぴったり。食感が程よい軽さなのでサクサク食べることができ、気がつけば止まらなくなる美味しさです。サクサクする食感の秘密はコーンフレークが生地にまぶされていること!レーズン、クルミ、オレンジピールが生地に練りこまれ、香りも食欲をそそります。

あげ潮という名前は、満ち潮のように運気が良くなるようにとの願いを込めて付けられました。ハンドメイドで作られていて、家庭的な美味しさを感じられます。
ASTY静岡西館グランドキヨスク静岡で購入できて180g袋入で¥675(税込)。自分へのお土産や仲の良い仲間への手土産にぴったり。1949年創業の静岡で愛される、老舗まるたや洋菓子店の看板商品をぜひ地元に持って帰ってみては。

半熟ぷりんロール

絶対にお土産選びは外したくないけど定番すぎるものはいやだという人におすすめなのがこちら。JR静岡駅ビルパルシェ食彩館で17cmが¥890(税込)で購入できる半熟ぷりんロールは、プリンとロールケーキが合体した究極の一品。静岡で25年以上ケーキを作り続けている魔法のケーキ屋さんぷるみえーるの代表作です。甘さ控えめで甘いものが苦手な人にもぜひ一度食べてもらいたい名品です。

お店人気No.1商品である半熟ぷりんがスポンジ生地と生クリームでロールされていて、しっとりふわふわした食感を楽しめます。半熟ぷりんはイタリア製の窯で焼き上げられ、氷砂糖や濃縮牛乳が材料に使われていてとっても濃厚な味のぷりんです。半熟ぷりんロールぷりんも食べたいけどロールケーキも食べたいというわがままをかなえてくれます。
本店は静岡市内にあるので時間がある人はのぞいてみては?

うなぎパイ

静岡のお土産として絶対に押さえておきたい定番中の定番「うなぎパイ」。昭和36年から愛される名品で、今なお10年の鍛錬を積んだベテラン職人の手で作られています。フレッシュバターの美味しさに夢中になって食べた人も多いのでは。うなぎエキスやガーリックがブランドされ深い味わいを楽しむことができます。JR静岡駅では構内のキヨスクなどで購入可能です。

キャッチフレーズである「夜のお菓子」は、一家団欒で夕方の時間を過ごしてほしいという社長の願いから付けられたそうです。うなぎパイは栄養価が高いので最近お疲れ気味のあの人へのお土産にしてみてはいかがでしょうか。
12本入りで¥962(税込)。最近では姉妹品である、ブランデーとマカダミアの風味が感じられるうなぎパイ V.S.O.P.なども販売されているので、ぜひ手に取ってみてください。

しらすパイ

夜のお菓子「うなぎパイ」と一緒におすすめしたいのが昼のお菓子「しらすパイ」です。うなぎパイを製造している春華堂が販売しています。静岡県産のしらすが使われているパイで、話のネタにもおすすめ!辛口と甘口の2種類あります。グラニュー糖がまあぶされている甘口は子どもへのお土産にぴったり。わさびをほんのり感じる辛口はお酒のおつまみにもなるので大人へのお土産におすすめです。

8枚入り税込¥432で購入できる手軽さも人気の秘密!長さは約10cm程度なので一口で食べることも。サクサクとした食感で手を汚さずに食べられるので、職場へのバラまき用のお土産にぴったりです。静岡駅の他春華堂の店舗などで販売されています。
甘口と辛口と両方持ち帰って食べ比べしてみるのもいいですね!新しいものにチャレンジしたいというあの人にもお土産として持ち帰ってあげてください。

こっこ

静岡市といえば、南アルプス山系で育まれた澄んだ水が流れていることでもおなじみですよね。そんな静岡のおいしい水と厳選された卵で作られた生地の中にミルククリームが入っていて、うなぎパイと並ぶ静岡の銘菓と称されるこっこも要チェック!中身はふんわりとしっとりのバランスがとれた蒸し菓子です。
JR静岡駅構内のキオスクやJR静岡駅ビルにあるパルシェ食彩館内などでゲットしましょう。

黄色いパッケージとこっこのキャラクターのこっこちゃんが印象的なパッケージが目印。開けると個別包装されているのでばらまきお土産にぴったりです。8個入りで¥864(税込)で販売中。また抹茶こっこやチョコバナナこっこ、季節限定味などバリエーションも豊富なところもおすすめポイントです。冬場には電子レンジで温めてから食べるとよりおいしく感じるのでお試しあれ!

茶ってら

カステラ好きにおすすめのお土産です。カステラの本場長崎で誕生した文明堂のDNAを受け継いだ、浜松文明堂が作っています。茶ってらは文明堂の不動のエース「ハニーカステラ」と牧ノ原指定農園で作られた静岡茶を材料にして作られたお茶カステラが一つになって包まれているカステラ巻きです。ぜいたくさと上品さを感じられるのが特徴的!
JR静岡駅ビルパルシェ食彩館で販売されています。

お値段は10個入りで¥1,188(税込)。かしこまった席の手土産にもぴったりです。緑と黄色のコントラストも美しいですよね。外側のカステラと中身のやわらかさの違うところが味のアクセントに。
静岡県内限定の取り扱いで、遠方の地域に住んでいる人にお土産として渡すと珍しいと喜ばれること間違いなしです。常温では20日間保存できるなど賞味期限が長めなところもいいですね。

8の字

昭和の初期の「めがね」という小麦粉と砂糖が使われた駄菓子をベースに、卵がプラスされて作られ、誕生から90年を超える超ロングセラーです。クッキーでもなくせんべいでもない味に、幼稚園のころ夢中になって食べたという人も多いのでは。無添加で安心して子どもに食べさせられるところも魅力的。
ASTY静岡西館グランドキヨスク静岡で120g¥378(税込)でゲットできます。

口の中にいれると一瞬で溶けていく口どけの良さにも定評があります。甘すぎないので甘いものが苦手な人にもおすすめ。お茶はもちろん、コーヒー・紅茶・焼酎とも良く合うと大評判です。
また近年では人気男性アイドルグループ関ジャニ∞のファンが∞と8が似ていると、こぞって購入することでも有名!周りに関ジャニ∞ファンがいる人はぜひお土産にすると喜ばれますよ。

源氏パイ ピアノブラック

世界モンドセレクションでゴールドメダル受賞し、全国的な知名度を誇る源氏パイ。静岡県浜松市にある三立製菓が手掛けています。そんな源氏パイの静岡限定商品で大人気なのが源氏パイピアノブラックです。浜松といえば日本が世界に誇る楽器メーカー「ヤマハ」をイメージする人も多いはず。ピアノと源氏パイがコラボレーションした非常にレアな商品でネットでも話題です。

気になる中身はチョコレート味になっています。源氏パイのサクサク感はそのままに大人向けに生地にチョコレートが練りこまれていて優雅な気分に。カカオニブが食感のアクセントになっていて止まりません!
静岡駅の他、静岡空港や浜松駅でも手に入れることが可能です。お値段は¥648(税込)と普通の源氏パイに比べると高級的。同じく限定商品のメープル味のピアノブラウンもあります。

安倍川もち

徳川吉宗の大好物としても有名な、江戸時代から伝わる安倍川もち。安倍川もちという名前を付けたのは徳川家康ではないかという説があるほど昔から静岡周辺で愛されている伝統和菓子です。東海道の名物として旅人の心をがっちりつかんでいて、江戸時代に書かれた有名な東海道中膝栗毛にも登場します。
JR静岡駅構内のキオスクで購入でき、さまざまなメーカーから販売されているのでお気に入りを見つけましょう。

現在ではきな粉が上からふりかけられた餅とこしあんと混ぜたものの2種類が並べられているのが特徴的です。戦中や戦後に物資が手に入らなくなり一時は伝統が途絶えるかと思われましたが、静岡復興のシンボルとして復活し現在に至ります。現在では持ち帰りやすいように食べきりサイズで個包装されているものが主流です。人気のメーカーやまだいちの安倍川もちは3人前で¥750(税込)。

静岡駅のお土産、いかがでしょう?

静岡駅では構内のキオスク、改札を出たところにあるGRAND KIOSK、静岡駅直結の駅ビルパルシェやASTY静岡など、お土産を購入できる場所がたくさんあります。駅ナカのお土産やさんについては、浜松駅とよく似た構造になっているのでご注意を。ぜひ、静岡駅に立ち寄った際には今回ご紹介したお土産を持ち帰って、静岡で体験したお土産話とともに盛り上がりましょう。

静岡駅
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町
電話番号:
050-3772-3910
アクセス:
東京駅から約1時間40分

静岡のおすすめ記事はこちら

さとひろろ

鉄道好きの夫と全国を鉄道で飛び回っています。娘と息子を鉄子にするか悩んでいる今日この頃。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 静岡・大江戸温泉物語「天下泰平の湯すんぷ夢ひろば」の全貌...

    静岡県静岡市といえば、もともと関東と関西を結ぶ城下町としての役割を担い、歴史的にも重要な街として知られています。温泉もあることから全国から観光客が訪れます。そんな静岡市には、天然温泉をはじめ全23のお風呂を楽しめる施設「大江戸温泉物語 すんぷ夢ひろば 天下泰平の湯」という温泉テーマパークがあります。今回はその魅力をお伝えしたいと思います。

  • 静岡県静岡市「南アルプス赤石温泉 白樺荘」まとめ!アルプス...

    静岡県静岡市にある「静岡市南アルプス赤石温泉 白樺荘」。2009年にリニューアルされた白樺荘は、以前とは比べ物にならないほど綺麗になりました。また、露天風呂から眺める景色は絶景!天気の良い日に訪れたいスポットです。館内にお食事処もあるので、入浴後のグルメも楽しみな施設です。

  • 静岡・日本平動物園の展示工夫が斬新で楽しい!日本一長いス...

    緑に囲まれた自然豊かな土地に位置する日本平動物園は、市政80周年記念事業として1969年(昭和44年)に開園しました。動物の躍動感を効果的に見せる生態的展示は、他の動物園に影響を与えました。そんな日本平動物園自慢の施設を紹介します。

  • 静岡駅徒歩1分!子連れで楽しむ静岡科学館「る・く・る」に行...

    静岡科学館「る・く・る」は「みる・きく・さわる」をテーマにした体験型の科学館。サイエンス・ナビゲーターにいろいろ質問して、自分で触って体験して、科学の面白さに触れることができる場所です。る・く・るでの体験を通して家族できっと科学が好きになりますよ!

  • 静岡県静岡市「口坂本温泉浴場」の泉質が凄い!トロ~っとし...

    静岡県静岡市にある「口坂本温泉浴場」。静岡市とは思えない山奥で営業されている市営の日帰り入浴施設で、大自然の恵みを肌で存分に味わえる温泉です。市街地から離れているので行くのに苦労しますが、ここのお湯に浸かればアクセスの疲れも吹き飛ぶこと間違いなし!稀に珍客が訪れることもある口坂本温泉浴場をご紹介します。

  • 静岡に行くならここに泊まりたい!おすすめホテル15選

    日本のほぼ中央に位置し、世界文化遺産の富士山をはじめ、南アルプス、伊豆、箱根などの自然、400年の歴史を誇る国宝・久能山東照宮、そしてお茶の産地としても有名な静岡。見どころがいっぱい詰まった静岡を旅するのにぜひ利用したい人気ホテルをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 静岡県静岡市「清水西里温泉浴場 やませみの湯」!緑いっぱい...

    静岡県静岡市にある温泉施設「静岡市清水西里温泉浴場 やませみの湯」のご紹介です。森林公園の中にある温泉施設なので自然が豊富!山々を眺めながらゆったりと温泉に浸かることができますよ。

  • 静岡県静岡市「口坂本温泉浴場」の泉質が凄い!トロ~っとし...

    静岡県静岡市にある「口坂本温泉浴場」。静岡市とは思えない山奥で営業されている市営の日帰り入浴施設で、大自然の恵みを肌で存分に味わえる温泉です。市街地から離れているので行くのに苦労しますが、ここのお湯に浸かればアクセスの疲れも吹き飛ぶこと間違いなし!稀に珍客が訪れることもある口坂本温泉浴場をご紹介します。

  • 静岡県静岡市で人気の「三保園ホテル 」!松原近郊で源泉掛け...

    静岡県静岡市にある「三保園ホテル 」のご紹介です。三保の松原で有名な三保半島の先端にある温泉ホテルの特徴は源泉かけ流しの天然温泉が楽しめることと豪華な海鮮を中心としたお食事!静岡旅行の拠点にぴったりのホテルですよ♪

  • 静岡県静岡市の人気市営浴場「湯ノ島温泉浴場」へ行こう!美...

    静岡県静岡市にある「湯ノ島温泉浴場」。露天風呂はなく、内湯のみの日帰り入浴施設ですが、大浴場の窓が大きく外の景色がよく見えるので開放感があります。また、お湯は肌がツルツルになったり、保湿効果も高く、お肌に悩みを持つ方に自信をもっておすすめできる入浴施設です。

  • 静岡駅徒歩1分!子連れで楽しむ静岡科学館「る・く・る」に行...

    静岡科学館「る・く・る」は「みる・きく・さわる」をテーマにした体験型の科学館。サイエンス・ナビゲーターにいろいろ質問して、自分で触って体験して、科学の面白さに触れることができる場所です。る・く・るでの体験を通して家族できっと科学が好きになりますよ!

  • 静岡・日本平動物園の展示工夫が斬新で楽しい!日本一長いス...

    緑に囲まれた自然豊かな土地に位置する日本平動物園は、市政80周年記念事業として1969年(昭和44年)に開園しました。動物の躍動感を効果的に見せる生態的展示は、他の動物園に影響を与えました。そんな日本平動物園自慢の施設を紹介します。

  • 静岡県静岡市「南アルプス赤石温泉 白樺荘」まとめ!アルプス...

    静岡県静岡市にある「静岡市南アルプス赤石温泉 白樺荘」。2009年にリニューアルされた白樺荘は、以前とは比べ物にならないほど綺麗になりました。また、露天風呂から眺める景色は絶景!天気の良い日に訪れたいスポットです。館内にお食事処もあるので、入浴後のグルメも楽しみな施設です。

  • 静岡・大江戸温泉物語「天下泰平の湯すんぷ夢ひろば」の全貌...

    静岡県静岡市といえば、もともと関東と関西を結ぶ城下町としての役割を担い、歴史的にも重要な街として知られています。温泉もあることから全国から観光客が訪れます。そんな静岡市には、天然温泉をはじめ全23のお風呂を楽しめる施設「大江戸温泉物語 すんぷ夢ひろば 天下泰平の湯」という温泉テーマパークがあります。今回はその魅力をお伝えしたいと思います。

  • 静岡に行くならここに泊まりたい!おすすめホテル15選

    日本のほぼ中央に位置し、世界文化遺産の富士山をはじめ、南アルプス、伊豆、箱根などの自然、400年の歴史を誇る国宝・久能山東照宮、そしてお茶の産地としても有名な静岡。見どころがいっぱい詰まった静岡を旅するのにぜひ利用したい人気ホテルをご紹介します。

この記事のキーワード
新着記事