佐世保観光の人気スポット15選!ここに行けば間違い無しの鉄板観光スポットまとめ

8,714

views

0

米軍基地があることで、アメリカの文化が発展している長崎県佐世保市。 また、ヨーロッパをイメージしたテーマパークハウステンボスもあるので異国の雰囲気が存分に味わえます! 一通りの観光施設が揃っているので見どころ盛りだくさん! 海風が吹き抜けるさわやかな佐世保を散策してみませんか?

佐世保は観光地の宝庫!

米軍基地があるのでアメリカンなB級グルメやバーなど、アメリカの文化が発達した佐世保。
また、造船所もあり港町らしい雰囲気が町全体を包んでいます。
戦争遺産や、海上自衛隊関連のものなど、歴史的観点からも大変興味深いスポットが。

また、圧倒的なイルミネーションが全国だけでなく、アジアでも有名なハウステンボスも。
季節により様々なイベントがあるので何度行っても飽きません。
バイオパークなど、動物系の観光地にも特化しているので家族連れにもピッタリです!

1.ハウステンボス

日本国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れるオランダの町並みを再現したテーマパーク、「ハウステンボス」。
園内はヨーロッパ全体をイメージしてあり、一度その中に足を踏み入れるとここが日本であることを忘れてしまいそう。
テーマパークとしての敷地面積は日本最大級!

出典: www.his-j.com

2010年にリニューアルオープンしたハウステンボスは、花と自然を大切にする王国、ゲームとエンターテイメントの王国、健康と美の王国の3つのコンセプトと共に入場料金も大幅に値下げし、何度でも来たくなるような工夫を凝らしています。

その知名度を格段に上げたのは、世界最大となる1300万球のイルミネーションです!
全国イルミネーションランキングでも3年連続1位を獲得し勢いは止まりません。
このイルミネーション、毎年増加しており今では運河の中も光るほどに輝き、リピーター客も変化を楽しみに訪れています。

出典: www.his-j.com

ハウステンボスの街全体が光に包まれる「光の王国」や、色とりどりの花に囲まれる「花の王国」など、いつ行っても楽しめるのもおすすめです。
また2015年には光に飛び込むバンジージャンプも登場し、ここでしか味わえないスリルを満喫することができます。

その他、運河の中を観光船で巡るアトラクションや、湾内のクルーズなどもあります。
これだけ大きいテーマパークであるハウステンボス!
子供から年配者まで楽しめる施設やイベント企画もたくさんあり1日で回りきるのは大変。

しかし、そんな場合でも園内または近隣での宿泊施設も充実!
宿泊できるホテルはハウステンボス内だけでなく、隣接しているホテルがたくさんあり夜遅くまででも安心してゆっくり楽しむことができます。

ハウステンボス
営業時間:
イベント時は変動
    9:
00~21:00(通常)9:00~22:00(夏季)10:00~21:00(冬季)
休園日:
年中無休
料金:
・料金:1DAYパスポート6,500円
      2DAYパスポート11,500円
      散策チケット4,000円 他施設を選ぶチケットあり
電話番号:
0956-58-0080
住所:
長崎県佐世保市ハウステンボス町
アクセス:
JRハウステンボス駅徒歩約5分
    西九州自動車道佐世保大塔ICから車で約10分
    

2.九十九島水族館 海きらら

九十九島パールシーリゾートにある、九十九島の海を再現した水族館、「海きらら」。
2009年にオープンしたばかりのきれいな施設です。
イルカのショーが間近で見られるので迫力満点!

クラゲシンフォニードームでは、九十九島で生息している100種類を超えるクラゲを入れ替えて展示。
幻想的な光に浮かぶクラゲは必見です!
ウミガメも近くで見られるのでまるで海の中にいるかのような気分に。

クラゲシンフォニードームでは、九十九島で生息している100種類を超えるクラゲを入れ替えて展示されており、訪れるたびに違ったクラゲを幻想的な光に浮かぶ姿を見ることができます。
ウミガメも近くで見られるのでまるで海の中にいるかのような気分になって楽しむことができます。

しかしせっかく海きららを楽しむなら水族館の施設の中だけでなく九十九島の景色も一緒に楽しみたいですよね!
海きららでは、滞在時間などから選べるプランが多数用意されており、これに合わせて訪れる人も多いそうです。

プラン内容は、海きららで一日を有効に過ごすための一日まんきつ編、慌てていろいろなところを見て歩くのではなくゆっくりマイペースで楽しめるのんびりコース、海きららのイベントなどに参加できる海きららの「きららプログラム」満喫コース、子どもさんたちと楽しめる夏休み満喫フルコース、その他森&海&遊まるごとコースがあります。

九十九島水族館 海きらら
営業時間:
9:00~18:00(3月~10月)
     9:
00~17:00(11月~2月)
休園日:
年中無休
料金:
大人1,440円子ども720円
電話番号:
0956-28-4187
住所:
長崎県佐世保市鹿子前町1008番地
アクセス:
佐世保駅から240円のシャトルあり市営バスターミナル1番乗り場
    路線バス市営バスターミナル6番乗り場約25分
    西九州自動車道佐世保中央ICから車で約7分

3.長崎バイオパーク

野生に近い環境で過ごす動物たちを観察したり触れ合うことができる「長崎バイオパーク」。
普段通りリラックスした様子が人気です。
ラマやミーアキャットなどが、岩山に立つ姿は異国のよう。

冬季には、テレビなどで一躍有名になったカピパラ温泉を見ることも。
様々な動物を間近に見たり触れたりできるので、家族連れや動物好きに人気のスポットです。

長崎バイオパークでは、園内散策路のいたるところで動物たちに触ることもでき、園内で販売しているエサをキツネザルやリスザル、カピバラなどの他にカバやバクといった大型の動物たちにまでエサをやることができます。
ただ動物を見るだけではなく動物たちと触れ合える体験は、日常では味わうことのできない喜びと感動を与えてくれます。

その他長崎バイオパークでは動物だけでなく園内にあるフラワードームでは、植物や昆虫たちも大事な主役であり生命とのかかわりあいを知ってもらおうと、さまざまな花が咲いている中を優雅に熱帯の蝶が飛びまわり、さらに昆虫館では世界中の珍しい昆虫を観察ができるようになっています。

長崎バイオパーク
営業時間:
9:00~17:00
9:
00~17:30(8月)
休園日:
年中無休
料金:
大人1,700円、中高生1,100 円、3歳~小学生800円
電話番号:
0959-27-1090
住所:
長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
アクセス:
西九州道佐世保大塔ICより西海パールライン経由約30分
     ハウステンボスよりシャトルバスあり

4.佐世保バーガーめぐり

B級グルメの先駆け的存在としても人気の「佐世保バーガー」。
定義としては、地元の食材を使い、注文を受けてから作り始めること。
店舗やメニューによって具材は様々ですが、一般的には目玉焼きが入ることが多いです。

今では全国区になった佐世保バーガーには古い歴史があります。
佐世保ハンバーガーの始まりは日本人の多くがまだハンバーガーという言葉も知らない時代にアメリカ軍によって広められました。

そ戦後、海軍の本拠地であった佐世保にアメリカ軍が進駐しアメリカ人が食べていた本場バーガーの美味しさを、日本人も知りレシピを教えられ佐世保で普及したそう。

ログキットやヒカリ、ミサロッサなどの人気バーガーショップを始め、喫茶店などのメニューにあることも。
条件をクリアした店だけを佐世保バーガーの認定店として認められているそうです。
認定店のバーガーは、佐世保流にアレンジされそれぞれのこだわりを持ち、オーダーを受けてから調理をする佐世保の手作りハンバーガーは、どのお店で食べても同じバーガーというのはありません。
認定店が独自のアイデアと情熱で、それぞれのカタチと味を作り上げており、見た目の大きさもありますがサンドとして使われる素材は国産牛100%のパテや黒豚、ベーコンやチキンカツ、またオムレツなどでパンに挟み込まれる素材は国産品のトマトやレタスを使用しマヨネーズも独特にアレンジしたものを使用するこだわりがあります。
食べ応え充分でボリューム満点ながら、またすぐに食べたくなるおいしさです!
お気に入りの佐世保バーガーをみつける旅、「佐世保バーガーめぐり」を楽しんでみてください♪

佐世保バーガーめぐり
営業時間:
店舗によって様々、だいたい10:00~20:00
店休日:
店舗によって様々
料金:
店舗によって様々、だいたい600円くらい
電話番号:
0956-22-6630(佐世保観光情報センター)
住所:
長崎県佐世保市三浦町21-1(佐世保観光情報センター)

5.海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)

海上自衛隊と大日本帝国海軍について詳しく学ぶことのできる「海上自衛隊佐世保史料館」。
セイルタワーと呼ばれ市内を一望できます。
約1,300点の映像や写真、模型などを常設展示、当時の資料など自衛隊や歴史に興味がある人にはたまりません。

海上自衛隊佐世保史料館では、海上自衛隊と大日本帝国海軍について詳しく学ぶことができます。
約1,300点の映像や写真、模型などを常設展示され旧海軍及び海上自衛隊の歴史や活動などをわかりやすく解説し、艦艇模型や各種史料の展示もあり、当時の歴史を学ぶことができる歴史資料館です。

また佐世保史料館は、当時海軍士官の集会所として建築された佐世保水交社の一部である8角形装飾屋根や蛇腹模様の外観を生かし修復し、日本海軍の遺産を継承する施設として残されています。
さらに新館として増設された7階建ての建物は、正面の青く広大な海原を臨むガラスと純白の帆が特徴的。
旧海軍の遺産を継承する艦艇史料館と共に建物としても見学に多くの人が訪れています。

またここを訪れる人は近くにある、佐世保市の倉島基地内にある岸壁で、海上自衛隊の艦艇を上甲板まで乗船見学できますよ。
旧海軍の歴史と共に乗船体験もできるなんて魅力的なスポットですね!

海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)
営業時間:
9:30~17:00
休館日:
毎月第3木曜日、12月28日~1月4日
料金:
無料
電話番号:
0956-22-3040
住所:
長崎県佐世保市上町114-2
アクセス:
佐世保駅前よりバスで鹿子前・日野峠方面行き元町停留所から徒歩約2分
     西九州自動車道佐世保中央IC降りてすぐ

6.させぼ五番街

うみ・ひと・まちがつながるをコンセプトに、佐世保駅裏、佐世保港に2013年オープンしたばかりのショッピングエリア「させぼ五番街」。
ウォーターフロントのモールなので、海風を感じながら快適に買い物が楽しめそう。
歩きつかれたら港に出入りする様々な船を眺めながらのティータイムもおしゃれ。

させぼ五番街は佐世保駅に隣接し、またすぐ横には護衛艦が見えるさせぼシーサイドパークがあり、地元の人だけでなく多くの観光客などが訪れるスポット。

させぼ五番街には3つのゾーンがあり、ゾーンの中にはファッションやファッション雑貨、ライフスタイル雑貨やサービス、フードやレストラン・カフェなどが入っており、楽しくショッピングや食事をすることもできます。
またその他イベントも多数企画されており、ショッピングや食事の他にそのイベントを楽しみに訪れる人もいて、一日中楽しむことができます。

させぼ五番街
営業時間:
10:00 - 21:00(店舗により異なる)
店休日:
店舗により異なる
料金:
なし
電話番号:
0956-37-3555(させぼ五番街オペレーションセンター)
住所:
佐世保市新港町2-1
アクセス:
佐世保駅より徒歩約1分
     佐世保中央ICより車で約3分
    

7.三浦町カトリック教会

JR佐世保駅からすぐとアクセスしやすい「三浦町教会」。
ゴシック様式の真っ白な建物に映えるステンドグラスの窓が印象的。

三浦町カトリック教会は佐世保駅前の小高い丘の上に立ち、そのゴシック建築のそびえたつ美しさは佐世保を代表する名所となっています。

三浦町カトリック教会は日本人や外国人のカトリック信者が訪れる教会であり、敷地内には長崎純心聖母会経営の聖心幼椎園があり、佐世保の歴史とともに多くの関係者を世におくり出してきた教会です。


今では真っ白な教会も太平洋戦争中には、飛行機からも目立ち攻撃を受けやすいということで、空襲から目を逸らすために真っ黒に塗られたことにより空襲からの被害を免れた大変貴重な歴史を持っている教会でもあります。

佐世保観光には外せないスポットです。

三浦町カトリック教会
営業時間:
7:00~17:00
休館日:
基本的にはなし
料金:
無料
電話番号:
0956-22-5701
住所:
長崎県佐世保市三浦町4-25
アクセス:
JR佐世保駅から徒歩約3分

8.九十九島動植物園 森きらら

九十九島の自然と癒しがテーマの動植物園、「森きらら」。
日本最大の天井水槽が圧巻のペンギン館は2014年にオープンしたばかり!
頭の上をすいすいと泳いでいくペンギンたちはまるで空を飛んでいるように見え、子どもに大人気です!

ここでの見所は、エサやり体験や猛獣探検隊や乗馬体験など、様々な体験ができるところ。
ライオンや像などの動物園おなじみの動物のガイドツアーも。
春と秋のローズフェスティバルでは、約150品種のバラが咲き誇ります!

森きららでは広い敷地内ではキリン等の動物や、ペンギン館では日本最大の天井水槽だけでなく深さ4メートルの深水槽やペンギンの足裏を見ることができる日本初の極浅水槽などもあります。
その他に観賞温室など園内のいろいろなところに植物が植栽されており、バラが咲く季節になると園内は150種のバラの香りでいっぱいになり、年2回のバラの開花に合わせて旅行計画を立て、遠方からの観光客も多数!

この一帯は宿泊施設もあって便利です。

九十九島動植物園 森きらら
営業時間:
9:00~17:15
休園日:
年中無休
料金:
大人820円子ども210円
電話番号:
0956-28-0011
住所:
長崎県佐世保市船越町2172番地
アクセス:
佐世保駅バスターミナル7番乗り場動植物園経由下船越または展海峰行き
     動植物園前下車すぐ佐世保中央ICから
     西九州自動車道佐世保中央ICから車で約10分
     

9.西海橋

西海橋は針尾瀬戸をまたぎ満潮と干潮の時に大きな渦潮ができるので有名な海峡の上にかかっており、西彼杵半島と佐世保市を陸路で結んでいる橋です。

1995年に西海橋が完成した時は固定アーチ橋として世界で三番目の長さを誇り、東洋一と言われた美しい橋で、また橋の眼下には大きくダイナミックに渦を巻くうず潮を見下ろしことができ、多くの人が訪れています。

現在は西海橋と並行して新西海橋ができ、2つの形の違った橋を同時に眺めることもできます。
付近には桜の名所としても有名な観光型公園として西海橋公園があり、大村湾の出入口となる伊ノ浦瀬戸を臨むこともできます。

またうず潮情報の他、イベント情報として秋には公園のごみを拾って美化に協力すると、無料で芋掘りができて持ち帰ることもできるるそう。
期間中は、採れたサツマイモを焼き芋にして販売する屋台などが多数出店され小さなお子様からお年寄りまで十分に楽しむことができます。

西海橋
営業時間:
24時間開放
休園日:
年中無休
料金:
無料
電話番号:
0956-58-2004(西海橋公園管理事務所)
住所:
長崎県佐世保市針尾東町2678
アクセス:
バスで西海橋西口、西海橋東口下車
     西九州自動車道佐世保大塔ICより車で約20分

10.九十九島クルーズ

出典: www.jalan.net

約200以上のの島々が、日本一の密集度で連なる「九十九島」。
「海きらら」のある「九十九島パールシーリゾート」からは、様々な船が出ています。
海賊船のようなヴィジュアルの、日本初の電気推進遊覧船「みらい」や優雅な「パールクイーン」が人気!

九十九島クルーズはいろいろな楽しみ方ができます。
「通常便」ではデザインが海賊船のような船、また女王をイメージした優雅で白い船などが運行し、島々の変化を子どもさんからお年寄りまで家族で楽しめます。
「九十九島リラクルーズ食事付きプラン」では11月から3月までの期間限定ですが、クルーズ船で養殖しているいかだまで行って、いかだの上で九十九島の冬の味覚であるカキやサザエなど炭火で焼いて食べることができます。
「貸し切りクルーズ」では食事や飲み物を自由に持ち込み90分島々の間をクルージングしている間、自分たちのペースで自由に楽しむことができます。
「サンセットクルーズ」では運航日が季節により違いますが、日没に合わせて就航し、船の上から海に沈んでいく夕日の変化を感動しながら見ることができます。
「リラクルーズ航路」では大型遊覧船では通ることのできない航路など九十九島を熟知した船長が、愉快なガイドをしながら巡ります。
またこの船から水面が近いため、海の中の様子や九十九島の四季折々の表情を間近に見ることもできます。
その他、無人島へ上陸して潮だまりに生息する海の生き物の観察や養殖場の魚にエサやりできる体験プログラム、またカヤックや小回りのきく船でのクルーズなど、好みに合わせていろいろな楽しみ方ができます。

また、無人島へ上陸して潮だまりに生息する海の生き物を観察し、養殖場の魚にエサやりできるプログラムも夏休みの子どもの思い出に人気。
カヤックや、小回りのきく船でのクルーズなど、好みに合わせてチョイスできます!

九十九島クルーズ
営業時間:
船によって異なる、だいたい10:00~15:00くらいまで
休園日:
年中無休
料金:
入場は無料
   みらい、パールクイーン大人1,400円子ども700円
   リラクルーズ通常便大人2,050円子ども1,030円
   無人島上陸とエサやり体験クルーズ大人2,050円子ども1,030円
電話番号:
0956-28-4187
住所:
長崎県佐世保市鹿子前町1008
アクセス:
JR佐世保駅から市営バスパールシーリゾート・九十九島水族館行き約25分
     終点パールシーリゾート・九十九島水族館バス停下車すぐ
     西九州自動車道佐世保中央ICより車で約7分

11.眼鏡岩

昼寝から起きた鬼が背伸びをして突き破ってしまったという言い伝えの残る「眼鏡岩」。
天然の奇岩で、空海上人が立ち寄り梵字を刻んだとも言われています。
直径5mと8mの自然の穴は、実際に下を通ることもでき、不思議なスポットとして密かな人気が。

また眼鏡岩は、昼寝から起きた鬼が、背伸びをして足を踏ん張った拍子に足元にあった大きな岩に穴をあけてしまったという伝説が言い伝えられています。
本当のところは昔、この地が海だった頃に波の浸食を受け、その後に隆起し風化したことから現在のような姿があると考えられています。

また眼鏡岩は804年に空海が遣唐使に随行して唐へ渡る際にこの地を通り、眼鏡岩の表面に千手観音像と梵字を刻み、仏教を広めようとしたとされる伝説も残っており、現在ではその像と文字は薄くはなっているものの確認できます。
四国八十八箇所霊場の写し霊場である佐世保八十八箇所霊場の札所などがあるミステリースポットでもあります。

眼鏡岩
営業時間:
24時間開放
休園日:
年中無休
料金:
無料
電話番号:
0956-22-6630(佐世保観光情報センターJR佐世保駅構内)
住所:
長崎県佐世保市瀬戸越町1266-1
アクセス:
JR佐世保駅から市営バス大野行きまたは矢峰行き乗車17分左石下車徒歩約5分
     西九州自動車道相浦中里ICから車で約13分

12.とんねる横丁

軍港佐世保の台所といえばこの「とんねる横丁」。
一見昔ながらの商店街ですが、なんと実際に使われていた防空壕を再利用して店舗を並べてあるんです。
とんねる横丁からそのまま戸尾市場に繋がるので合わせて食べ歩きを。

とんねる横丁はことばの通り昔のトンネルを昔のまま再利用してできた横丁で、軍港佐世保の台所といえばこの「とんねる横丁」と言われる程賑わっています。


とんねる横丁は国道に沿ってあり、またすぐ続いて近辺の東シナ海より水揚げされた海産物をはじめ、水産加工品や青果、日用雑貨や衣料などなどの店が軒を並べている戸尾市場があり、大正時代から佐世保の台所として市民に親しまてきました。
とんねる横丁と共に古き良き昭和のにおいがそこからしてきそうな人情味溢れる商店街で、地元の人達だけでなくレトロを楽しむ観光客が大勢訪れています。

いろいろなテレビ番組でも紹介され、食堂などは順番待ちになる程の人気店もあります。

とんねる横丁
営業時間:
店舗により異なる
店休日:
店舗により異なる
料金:
店舗により異なる
電話番号:
0956-22-6630 (佐世保観光情報センターJR佐世保駅構内)
住所:
長崎県佐世保市戸尾町
アクセス:
JR佐世保駅から徒歩約5分

13.針尾送信所

旧日本海軍が大正11年に作った無線塔、空に向かって伸びる「針尾送信所」。
太平洋戦争開戦を告げる有名な暗号電文「ニイタカヤマノボレ」はここから送信されたとか。
巨大な3本の塔は、国重要文化財に指定されています。

この電波塔は大正時代から建つ自立式電波塔としては高さ・古さともに日本一の電波塔です。

現在針尾送信所は「旧佐世保無線電信所施設」の名称で平成25年に国の重要文化財に指定されており一部公開されています。
3本の配置は約300m間隔の正三角形となっているそう。
近くでは西海橋や新西海橋からも圧倒的な大きさを眺めることができ、さらに3本の電波塔の姿は烏帽子岳や隠居岳などからも確認できるほど壮大な姿が確認できます。

針尾送信所
営業時間:
9:00~12:00、13:00~16:00
休園日:
年中無休
料金:
無料
電話番号:
0956-58-2718(針尾無線塔保存会)
住所:
長崎県佐世保市針尾中町750
アクセス:
西海パールライン針尾ICから車で約15分

14.無窮洞

戦争遺産のひとつ、第二次世界大戦中に教師と小学生たちが手で掘った巨大防空壕「無窮洞」。
500人もの生徒が避難できる大きさの洞窟は、中で生活や授業ができるよう、教室、炊事場、食料倉庫やトイレ、天皇陛下の写真を飾る御真影部屋まで作ってあります。
当時の生活を偲ぶと考えさせられるものが。

無窮洞は当時の4年生以上の児童がツルハシで堀りながら進み、女子生徒がノミで仕上げたといわれ、工事は終戦の昭和20年8月15日まで2年間続けられていました。この無窮洞は500人もの生徒が避難できる大きさで幅約5m、奥行き約20mもある大きさで、中で生活や授業ができるよう、教壇まで備えた教室があり、また炊事場や備蓄するための食料倉庫やトイレもあります、さらに天皇陛下の写真を飾る御真影部屋まで作られており当時の先生と生徒たちの一生懸命作っている姿が偲ばれてくる場所です。

この無窮洞の天井をよく見ると小学生の手で作られたとは思えないほど、美しいアーチを描き、平和の祈りが聞こえてきそうな趣があり、市街地からは少し離れますが平和な現在だからこそ、当時の戦争遺産の中でも小学生が授業を続けるために先生方と力を合わせて真剣に終戦を迎えるまで造り続けていたこの遺産を特別な想いを持って訪れる人が多いところです。

無窮洞
営業時間:
9:00~17:00
休園日:
年末年始
料金:
無料
電話番号:
0956-59-2003(無窮洞詰所)
住所:
長崎県佐世保市城間町
アクセス:
長崎自動車道東そのぎICから車で約25分

15.SASEBOナイトツアー

米海軍基地がある佐世保には、外国人向けのバーが多くあります。
英語の飛び交うアメリカンスタイルのバー、個人的にお店のドアを開けるにはちょっと勇気が…なんて人にも毎週末、ナイトツアーが催されているので安心です!
是非佐世保ならではの空気を味わってください!

せっかくアメリカンな雰囲気が感じられる佐世保で、外人向けのバーをもっと多くの人達に気軽に楽しんでもらいたいということでSASEBOナイトツアーが企画されました。

SASEBOナイトツアーは佐世保観光コンベンション協会が主催する地元を知り尽くしたガイドが佐世保の町と外国人バーまたはJAZZバーを案内するので安心し参加することができ、
集合場所は一直線のアーケードとしては日本一の長さを誇る「さるくシティ4○3(ヨンマルサン)アーケード」のほぼ中央にある、MR松浦鉄道の「佐世保中央駅」前で、毎週金・土・祝前日に行われ日曜は休みで、アルバカーキ橋から佐世保公園を巡り外国人バーまたはJAZZバーに入店し最初のオーダー後は自由解散となるツアーです。

SASEBOナイトツアー
開催時間:
19:30集合
開催日:
毎週金・土・祝日前夜
料金:
ガイド料1,000円(飲食代は別途自己負担)
電話番号:
0956-22-6630(佐世保観光情報センター)
住所:
MR松浦鉄道佐世保中央駅前集合
アクセス:
MR松浦鉄道佐世保中央駅前

異国の空気を感じる佐世保の観光地、いかがでしたか?
動物や魚と触れ合えるスポットもたくさんあって、家族と、恋人と、友達と楽しめると思います!
目玉観光地から、歴史のある観光地まで数多くあるので是非足を運んでみてくださいね♪

u9yy

国内外問わず旅行が好きです。
リゾートやアジア、最近は小さい島がお気に入り。
写真を撮ることも好きなので活かせたら嬉しいです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 佐世保のお土産はこれ!外さない人気のオススメお土産15選

    長崎県を代表する観光都市「佐世保」。ハウステンボスや牡蠣小屋が有名で観光で足を運ぶ人も多いのでは?そんな佐世保に行ったときにお土産にすると喜ばれるお薦め商品をご紹介します。お土産選びに悩まずに観光に時間を掛けたい人必見です。

  • 長崎県佐世保でおすすめの美味しいイカの店5選!佐世保グルメ...

    長崎県佐世保の名物といえば佐世保バーガー!だけではありません。美味しいイカも見逃せませんよ!新鮮プリプリの美味しいイカが食べられる佐世保の名店を5店厳選してご紹介します。長崎県が誇る新鮮なイカを是非ご堪能あれ~!

  • 長崎・佐世保バーガーのおすすめ店5選!食べなきゃ損の絶品ぞ...

    地元バーガーの生みの親ともいうべき存在が、長崎県の佐世保で生まれた「 佐世保バーガー 」です。 アメリカのハンバーガーを連想させるほど、BIG! バンズと野菜、肉ともにそこらのハンバーガーよりもはるかに大きいそのサイズは、日本全国でも珍しいハンバーガーです。 ちなみに、佐世保市内で作られているハンバーガーは「 手作り 」「 作り置きをしない 」の2カ条があるので、どこで食べてもパンはふわふわ、野菜はシャキシャキ、パティは肉汁ジュワ~な味! あなたの食欲を刺激する、長崎グルメの佐世保バーガーを今回は

  • 【長崎】佐世保で食べれる洋食グルメ!おすすめ絶品4選!

    長崎県佐世保市。北部の中心都市で、長崎市に次ぐ第二の都市だと言われています。そんな佐世保市は昔から造船および国防の町として知られている他、ハウステンボスといった人気レジャースポットもあります。そんな今回は、佐世保市の洋食グルメについて紹介したいと思います。

  • 佐世保に行ったらここに泊まりたい!おすすめのホテル15選

    佐世保といえば、なんといってもハウステンボスが有名ですね。日本だけではなく、世界中から多くの人々が訪れています。今回は、そんな佐世保でおすすめのホテルをご紹介!雰囲気重視の場所からコスパがいいところまで色々ありますよ。

  • 長崎県佐世保市のご当地B級グルメ「佐世保バーガー」おすすめ...

    長崎県佐世保市のご当地バーガー「佐世保バーガー」はご存知ですか?佐世保市で生まれたこのバーガーは、手作りで作りたてを提供するのが特徴です。しかしながら有名になりすぎ、偽物が多くなったために①コンセプト②独自性・主体性③信頼性④地産地消⑤将来性という5つの認定基準が設けられ、認定店は認定証とともに佐世保バーガーマップ掲載されるようになりました。今回は認定店の中からオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • 佐世保のお土産はこれ!外さない人気のオススメお土産15選

    長崎県を代表する観光都市「佐世保」。ハウステンボスや牡蠣小屋が有名で観光で足を運ぶ人も多いのでは?そんな佐世保に行ったときにお土産にすると喜ばれるお薦め商品をご紹介します。お土産選びに悩まずに観光に時間を掛けたい人必見です。

  • 長崎県佐世保でおすすめの美味しいイカの店5選!佐世保グルメ...

    長崎県佐世保の名物といえば佐世保バーガー!だけではありません。美味しいイカも見逃せませんよ!新鮮プリプリの美味しいイカが食べられる佐世保の名店を5店厳選してご紹介します。長崎県が誇る新鮮なイカを是非ご堪能あれ~!

  • 長崎県佐世保市のご当地B級グルメ「佐世保バーガー」おすすめ...

    長崎県佐世保市のご当地バーガー「佐世保バーガー」はご存知ですか?佐世保市で生まれたこのバーガーは、手作りで作りたてを提供するのが特徴です。しかしながら有名になりすぎ、偽物が多くなったために①コンセプト②独自性・主体性③信頼性④地産地消⑤将来性という5つの認定基準が設けられ、認定店は認定証とともに佐世保バーガーマップ掲載されるようになりました。今回は認定店の中からオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 長崎・佐世保バーガーのおすすめ店5選!食べなきゃ損の絶品ぞ...

    地元バーガーの生みの親ともいうべき存在が、長崎県の佐世保で生まれた「 佐世保バーガー 」です。 アメリカのハンバーガーを連想させるほど、BIG! バンズと野菜、肉ともにそこらのハンバーガーよりもはるかに大きいそのサイズは、日本全国でも珍しいハンバーガーです。 ちなみに、佐世保市内で作られているハンバーガーは「 手作り 」「 作り置きをしない 」の2カ条があるので、どこで食べてもパンはふわふわ、野菜はシャキシャキ、パティは肉汁ジュワ~な味! あなたの食欲を刺激する、長崎グルメの佐世保バーガーを今回は

  • 佐世保に行ったらここに泊まりたい!おすすめのホテル15選

    佐世保といえば、なんといってもハウステンボスが有名ですね。日本だけではなく、世界中から多くの人々が訪れています。今回は、そんな佐世保でおすすめのホテルをご紹介!雰囲気重視の場所からコスパがいいところまで色々ありますよ。

  • 【長崎】佐世保のご当地グルメ!ご佐世保バーガーを食べよう...

    佐世保のご当地グルメとして有名な佐世保バーガー。米軍基地ができた時に基地のアメリカ人にレシピを聞いて提供したのが、その始まりと言われています。また、佐世保バーガーには認定基準があり、作り置きせず手作りしたものしか佐世保バーガーとは呼べないとの事。そんなこだわりの認定店からおすすめの6店をご紹介!

  • 長崎県編・佐世保周辺のおすすめ温泉旅館6選

    長崎県といえば、ハウステンボスや九十九島パールシーリゾートといった人気スポットがあることで知られていますね。また、ちょっとユニークな場所といえば、軍艦島や壱岐島などもあります。今回は、そんな長崎県の佐世保エリアにある、おすすめの温泉宿を紹介したいと思います。

  • 【長崎】佐世保で食べれる洋食グルメ!おすすめ絶品4選!

    長崎県佐世保市。北部の中心都市で、長崎市に次ぐ第二の都市だと言われています。そんな佐世保市は昔から造船および国防の町として知られている他、ハウステンボスといった人気レジャースポットもあります。そんな今回は、佐世保市の洋食グルメについて紹介したいと思います。

新着記事