フランス統治時代のセネガルの古都!世界遺産サン=ルイ島を散策

1,385

views

0

世界遺産サン=ルイ島。1638年にアフリカでフランス人が建てた最初の町で、1854年にフランス領セネガルの首都になった歴史ある町です。アフリカに居ながら漂う西洋感、橋を隔てた向こう側のまた違う雰囲気…不思議な魅力いっぱいのサン=ルイ島をご紹介します。

サン=ルイ島への行き方は?

首都ダカールからタクシーで向かいます。タクシーは、7placeと呼ばれる乗合タクシーです。ダカールのピキンと呼ばれる地方行きターミナルからサン=ルイ島へは7placeで約5時間かかります。狭い車中なので移動は辛いです。予算に余裕があれば、一番後ろの席を3席分購入すれば、少し快適に移動できます。

サン=ルイ島の異国情緒あふれる町並み

さすが元フランス領ということもあり、建物は西洋風なデザイン。ダカールの町並みと比べると、サン=ルイ島は街全体が非常にカラフルでした。レストランはもちろん、アフリカの生地で作られた洋服が販売されているフェアトレードのアパレルショップなどもあり、観光も十分に楽しめる都市です。

オススメのアイスクリーム!

サン=ルイ島の中心街に位置する、Hotel Ra Laresidence。ホテルとバー、レストランが併設されています。街の中心地に立地しているため、利便性の良さは抜群です。サン=ルイ島は暑いので、歩くのに疲れた時に小休憩で利用してみてください。
オススメはアイスクリーム!味はバニラ、チョコ、マンゴーなどなど。店内もリゾートホテルのような内装で、非常におしゃれです。

Hotel Ra Laresidence
住所:
Senegal, Saint-Louis

半島側のサン=ルイの景色

サン=ルイ島はセネガル河の中洲に浮かぶ小さな島で、本土とは橋一本でつながっています。この小さな島が世界遺産です。整然と整備されており、観光地的な雰囲気が漂っています。そして、実はこの世界遺産サン=ルイ島からもう一本橋を渡ると、また違った雰囲気のサン=ルイ島を感じることができるんです。

世界遺産サン=ルイ島の半島側は、もう世界遺産の街ではありません。橋一本隔てた反対側には、地元民が暮らす日常景色、大西洋に面した漁村が広がっています。そして、セネガル河沿岸には、あちこちに漁業用の船が見受けられます。アフリカらしいカラフルで派手な船たち…アーティスティックな雰囲気と、スラム街のような雰囲気が混じり合い、独特な空気感です。

地元の人々は移動手段に馬車を使います。観光ついでに、馬車でサン=ルイ島の半島側を回ってみてもいいかもしれません。

最後に

サン=ルイ島では、たくさんの物乞いの子供たちを目にします。彼らはタリベと呼ばれるイスラム信徒の子供たちです。日本ではなじみのない文化ですが、セネガルでタリベは広く知られた存在です。

タリベたちは、義務教育を受けず、毎日コーランの勉強しながら物乞いをして暮らしています。タリベになる子供たちの理由はそれぞれなので、タリベたちが見せる表情も一人一人異なります。世界遺産サン=ルイ島の街でタリベは切り離せない存在。たった橋を一本隔てるだけで街の雰囲気が随分異なるので、サン=ルイ島に行かれた際は、是非この違いも肌で感じてほしいと思います。

asuka

ルワンダの現在や、ルワンダの人々の暮らし、素晴らしい景色や大自然など、なかなか知る事の出来ないルワンダの魅力をお届けします!!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • セネガルの絶景「ラックローズ」!ピンクの湖の存在はおとぎ...

    西アフリカのセネガルに「ラックローズ」というバラ色の湖があることを御存知ですか?本当にピンク色なのです。そんなおとぎ話に出てくるような風景に出会えるのですから、見てみたい、行ってみたいと思うのも自然なことですね。どれほど美しい湖なのか、どうしてバラ色なのか、などラックローズについてわかりやすくご紹介します。

  • セネガルの首都、ダカールで食い倒れの旅!おすすめグルメまとめ

    アフリカ大陸最西端セネガル。実はローカルフードが非常に美味しいんです!元フランス領である、大西洋の新鮮な海鮮にも恵まれ、隠れた美食国家セネガル。そんなセネガルの人々は、何を食べているのでしょうか?美味しくて手頃なローカルフードを紹介します!

  • セネガルの砂漠リゾート、ロンプールで過ごす素敵なひと時

    大西洋に面するセネガルはサハラ砂漠西南端に位置する国。海と砂漠を見られる国であり、今回ご紹介するロンプールにはセネガルで唯一の砂丘が広がります。そんなロンプールにある素敵な砂漠リゾートを紹介します。

  • アフリカ大陸最西端、セネガルの負の世界遺産ゴレ島へ

    アフリカ大陸最西端の国セネガル。大西洋沿岸に位置し、かつて黒人奴隷の積み出し拠点となっていた悲しい歴史をもつ国です。そんなセネガルに残る負の世界遺産、ゴレ島の現在をお届けします。

このエリアの新着記事
  • セネガルの首都、ダカールで食い倒れの旅!おすすめグルメまとめ

    アフリカ大陸最西端セネガル。実はローカルフードが非常に美味しいんです!元フランス領である、大西洋の新鮮な海鮮にも恵まれ、隠れた美食国家セネガル。そんなセネガルの人々は、何を食べているのでしょうか?美味しくて手頃なローカルフードを紹介します!

  • セネガルの砂漠リゾート、ロンプールで過ごす素敵なひと時

    大西洋に面するセネガルはサハラ砂漠西南端に位置する国。海と砂漠を見られる国であり、今回ご紹介するロンプールにはセネガルで唯一の砂丘が広がります。そんなロンプールにある素敵な砂漠リゾートを紹介します。

  • アフリカ大陸最西端、セネガルの負の世界遺産ゴレ島へ

    アフリカ大陸最西端の国セネガル。大西洋沿岸に位置し、かつて黒人奴隷の積み出し拠点となっていた悲しい歴史をもつ国です。そんなセネガルに残る負の世界遺産、ゴレ島の現在をお届けします。

  • セネガルの絶景「ラックローズ」!ピンクの湖の存在はおとぎ...

    西アフリカのセネガルに「ラックローズ」というバラ色の湖があることを御存知ですか?本当にピンク色なのです。そんなおとぎ話に出てくるような風景に出会えるのですから、見てみたい、行ってみたいと思うのも自然なことですね。どれほど美しい湖なのか、どうしてバラ色なのか、などラックローズについてわかりやすくご紹介します。

この記事のキーワード